Netflix(ネットフリックス)料金プランの違いとは? 選び方やプラン変更の方法も解説

おすすめの料金プランはどれ?

世界190カ国以上、2億人を超える会員者数を誇り、今や動画配信サービスの代表格とも言える「Netflix(ネットフリックス)」。とにかく豊富なオリジナル作品のほか、話題の受賞作、人気の新作ドラマや映画・国内外のテレビ番組に至るまで、コンテンツ数の豊富さは群を抜いています。

今回は、Netflixの気になる料金ラインナップを徹底解説。それぞれのプランの特徴から支払い方法、プランの選び方や変更の手順まで詳しく紹介します。

ネットフリックスの料金プランは基本3種類

Netflixには、料金・画質・同時ストリーミング可能なデバイス数によって「ベーシックプラン」「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」の3種類の料金プランが用意されています。加えてauユーザーなら、スマホの通信料金とセットになった「使い放題MAX 5G(4G) Netflixパック」なども選べます。

Netflixの料金プラン
 
プラン 月額料金(税込) 画質 同時再生可能なデバイス数
ベーシックプラン 990円 SD画質(標準:480p) 1台
スタンダードプラン 1490円 HD画質(高画質:720p/1080p) 2台
プレミアムプラン 1980円 HD/UHD 4K(超高画質:2160p) 4台

画質だけでなく、プランによって同時再生可能なデバイスの数が増減するのもNetflixの特徴です。さらに、すべてのプランで作品のダウンロードが可能(ダウンロード対象作品に限る)。外出先でもデータ通信量を気にせず楽しむことができます。

もちろん、すべてのプランで配信コンテンツが見放題。利用中のプランはいつでも変更・解約が可能で、視聴期間の途中で解約手続きをした場合でも、対象となる期間の最終日までコンテンツを楽しむことができます。

Netflixは2022年1月、北米において全プランの料金を値上げしています。日本では、2021年2月5日に月額料金を一部改定して以来、据え置きが続いていますが、今後再び値上がりする可能性は否定できません。

他の動画配信サービスとの月額料金を比較

動画配信サービス各社の月額料金と比較すると、Netflixはベーシックプランであれば標準的ですが、上位プランになるほどやや高めといった印象です。

VOD各社の月額料金などを比較
 
月額料金(税込) コンテンツ数 完全見放題 画質 無料お試し期間
Netflix
  • 990円
  • 1490円
  • 1980円
非公開 SD/HD/4K -

 
dTV 550円 非公開 × SD/HD/フルHD/4K 31日間
Hulu 1026円 7万本以上 SD/HD/フルHD/4K 14日間
U-NEXT 2189円 24万本以上 × フルHD/4K 31日間
Amazonプライムビデオ 500円(年会員だと月額実質408円) 非公開 × SD/HD/フルHD/4K 30日間
dアニメストア 440円 4400作品以上 × SD/HD/フルHD 31日間
ディズニープラス 990円 非公開 × SD/HD/フルHD/4K UHD -
ABEMAプレミアム 960円 約3万エピソード SD/HD/フルHD 14日間

 

※コンテンツ数は見放題の数値

4K対応作品であってもプランによって視聴できないのは残念ですが、大半の動画配信サービスのような個別課金が一切なく、プランを問わず圧倒的なボリュームの作品群が見放題なのは最大の魅力です。

スマホ1台のみで視聴する低解像度のプランから、家族みんながそれぞれのデバイスで高画質映像を楽しめるプランまで。Netflixは、他の動画配信サービスよりもユーザーそれぞれの状況に見合った料金体系を設定しているのがポイントです。

安さにこだわるなら「ベーシックプラン」

3種類あるプランの中で、最もリーズナブルなのが「ベーシックプラン」です。

ベーシックプランの内容
  • 【月額料金】990円(税込)
  • 【画質】SD画質(480p)
  • 【同時再生可能なデバイスの数】1台

ベーシックプランで提供されるSD画質(480p)とは、要するにDVD再生レベルの画質を意味します。HDやフルHD画質に比べるとやや劣りますが、視聴に耐えない程ではありません。

画質に大きなこだわりがなく、普段使っているスマホやタブレットなど、1つのデバイスで移動中に再生する分には十分なプラン。学生ユーザーには最適と言えそうです。

HD画質で2台同時再生可能、バランスがいい「スタンダードプラン」

スマホやタブレットだけでなく、自宅のパソコンやテレビで高画質映像を楽しみたい場合、おすすめなのが「スタンダードプラン」です。

スタンダードプランの内容
  • 【月額料金】1490円(税込)
  • 【画質】HD画質(720p/1080p)
  • 【同時再生可能なデバイスの数】2台

スタンダードプランでは、HD(ハイビジョン)あるいはHD画質の中でも最高解像度のフルHD画質での視聴を楽しむことができます。HDは地デジ相当画質、フルHDはブルーレイ画質を想定すると良いでしょう。

Netflixは各社が提供するNetflix対応テレビのほか、Chromecast(Google)やFire TV Stick (Amazon)といったストリーミングデバイス、PlayStationやXBoxシリーズなどの家庭用ゲーム機を使って、テレビの大画面で高画質映像を楽しむことができます。

移動中だけでなく、家にいるときはパートナーや家族ときれいな画質で映画やドラマを楽しみたい、そんなユーザーには最も適したプランです。

4Kで楽しみたいなら「プレミアムプラン」

最上位プランなら、HD以上の高画質な映像体験を4つのデバイスで同時に楽しむことができます。ただ、プレミアムプランを選択する前にはいくつか注意が必要です。

プレミアムプランの内容
  • 【月額料金】1980円(税込)
  • 【画質】HD/UHD/4K(2160p)
  • 【同時再生可能なデバイスの数】4台

プレミアムプランはHD(1080p)の約4倍の画素数であるUHD/4K画質での視聴が可能なプランです。HDよりもさらに繊細で色鮮やかな映像は、自宅にいながらにして劇場で鑑賞しているかのような臨場感を味わえるかもしれません。

Netflix上で4K対応作品を探すには、「4K」または「UHD」のキーワードで検索

韓国ドラマ再燃の火付け役として脚光を浴びた『愛の不時着』、ゴールデングローブ賞、エミー賞受賞『クイーンズ・ギャンビット』など、直近の話題作は比較的4Kで観られるものが多いですが、4K非対応の作品も目立ちます。

 Netflixで4K作品を視聴するには、60HzのテレビまたはPCモニター(あるいはAndroidの一部機種)のほか、25Mbps以上の安定したインターネット接続速度の確保が必要になります。
 
パソコンで4K作品を楽しむには、さらに以下の要件が必要です(2022年2月現在)。

  • WindowsのMicrosoft Edge
  • Windows 10アプリ
  • MacOS 11.0以降のSafari

auユーザーなら「Netflixパック」にも注目

Netflixの月額利用料が包含されている外部サービスも増えてきています。たとえば、NetflixとKDDIの提携により、auユーザーなら「使い放題MAX 5G(4G)Netflixパック」などのおトクな専用プランが利用できます。

Image

Netflix(ベーシックプラン)のほか、テレビ朝日の作品を中心に独占コンテンツが楽しめる「TELASA」、プライムビデオをはじめとする豊富な会員特典が魅力のAmazonプライムがセットで利用できるお得なプランです。

データ容量は無制限。ただし、テザリング・データシェア・世界データ定額(海外データ定額サービス)などを利用する際には、60GB/月までの制限があります。Netflixのプランは、追加料金をプラスすればスタンダードやプレミアムへのアップグレードも可能です。

ネットフリックスの支払い(決済)方法

Netflixの支払方法は大きく分けると次の4種類になります。各種クレジットカードのほか、「Netflixプリペイド・ギフトカード」や提携企業によるパートナー課金も可能です。

Netflixの支払い方法
  • クレジットカード・デビットカード(Visa、MasterCard、JCB、American Express、Diners)
  • プリペイドカード(Visa、MasterCard、American Express、JCB)
  • Netflixプリペイド・ギフトカード(2000円/3500円/5000円/バリアブル:2000円~3万円)
  • モバイル決済(PayPay)
  • パートナー課金、外部サービスのパッケージプラン(コミュファ光/eo光ネット/日本ケーブルテレビ事業者/J:COM/KDDI(au)/SoftBank/QTnet/東北電力フロンティア)

外部サービスのパッケージプランは、いずれも各社のウェブサイトを通じて新規のNetflixアカウントを登録(または再開)し、Netflixと各社双方のアカウントを連携させる設定が必要です。

また、2022年2月に支払い方法として新たに追加されたPayPayは、NetflixアカウントとPayPayアカウントを連携させることで月額料金の支払いが可能になります。

残高も有効活用できる「Netflixプリペイドカード」

Netflixプリペイドカードは、Netflixの月額料金の支払いに利用できる前払い式のカードです。コンビニやオンラインストアで販売されており、支払いにクレジットカードを利用したくない場合に加え、ギフトとしても最適です。

Netflixプリペイドカードが購入できる場所
 
オンラインショップ
  • Kiigo
  • giftee
店舗
  • セブン-イレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • ビックカメラ
  • ヤマダ電機
  • エディオン
  • ウェルシアグループ
  • ケーズデンキ
  • ジョーシン
  • ドン・キホーテ

Netflixプリペイドカードは、カード裏面(あるいはレシートやメール)に記載されている11桁のコード(あるいは暗証番号)をサイト内で入力後、すぐに使えるようになります。新規登録時はもちろん、既存のアカウントでも利用でき、有効期限などはありません。

1つのアカウントで複数のプリペイドカードが併用できるほか、残高が足りなくなった場合やアカウントを途中でキャンセルした場合でも、残高に相当する1カ月未満分のストリーミング視聴が可能です。カードを無駄にすることなく、最後まで使い切ることができます。

外部サービスのパッケージプランを除いて、他の支払方法と併用できるのも大きな魅力です。

ネットフリックスのプランを変更するには

3種類のプランは、いつでも変更が可能です。アカウント情報の変更は、Netflixのウェブサイトからおこないます。

Androidユーザーの場合、アプリからウェブサイトのアカウントメニューにアクセスできますが、iOS版アプリにその機能はありません。

視聴プランを変更するには、Netflixのウェブサイトにログインし、画面左上のプロフィールアイコンをタップしてアカウントを選択します。パソコンの場合も同様ですが、プロフィールアイコンは画面右上に位置します。

Android版アプリからのアクセス方法

Android版アプリの場合、画面右上のプロフィールアイコンからアカウント情報を選択すると、ウェブサイトのアカウントメニューに移動できます。

アカウントメニューにアクセスしたら、続いてプランの変更をタップします。

変更したいプランを選択し、続けるをタップしましょう。

アップグレードする場合

ダウングレードする場合

変更の確定をタップすれば完了です。

なお、変更したプランが適用されるタイミングには注意が必要です。変更内容によって次のように異なります。

  • 上位プランにアップグレードした場合:変更後すぐに適用され、新しい料金は次の請求日に請求される
  • 下位プランにダウングレードした場合:次回の請求日から適用され、それまで今のプランのまま視聴できる

結局、どの料金プランがおすすめ?

3種類から選べるNetflixの料金プランですが、筆者の感想を率直に述べるならば「スタンダードプランの選択が無難」と言えるでしょう。

プレミアムプランは、対象作品や視聴可能なデバイスが限定されている現状では割高な料金設定のように感じます。3人以上、たとえば家族全員が別々のデバイスで同時再生したいといった場合や、画質にこだわっている人、予算に余裕のある人を除いては強く推奨しません。

またベーシックプランの場合、せっかく毎月課金されるのに、作品を存分に楽しむための環境が画質・デバイスともに制限されてしまうのは少し残念な気がします。

2台同時に高画質再生ができるスタンダードプランであれば、日常的にストレスフリーな映像体験が期待できるのではないでしょうか。プランの変更はいつでも可能です。まずは今の自分に合いそうなプランで登録してみましょう。

EDITED BY
SORA