Netflix(ネットフリックス)のおすすめ韓国ドラマ10選、映画ライターが見どころを紹介

Netflix(ネットフリックス)のおすすめ韓国ドラマ10選

Netflixで話題沸騰中の韓国ドラマ。今回は韓国ドラマから人気作品を厳選し、各種メディアで幅広く活躍する映画ライターの視点で見どころを深く紹介します。

Netflixオリジナル作品のほか、人気のラブコメから史劇まで、幅広いジャンルで本当に評価の高い作品に出会えます。

Netflix(ネットフリックス)のおすすめドラマ・映画、専門ライターが厳選する30作品を紹介

愛の不時着【Netflixオリジナル】

Netflix 韓流ドラマ 愛の不時着

Image:Netflix

韓国と北朝鮮を股にかけた話題のラブストーリー。韓国の財閥の娘で実力も実績も十分な女性経営者ユン・セリは、パラグライダーに乗っている最中、嵐に巻き込まれてしまいます。不時着したのは、南北朝鮮の緩衝地帯「38度線」。そこで北朝鮮将校リ・ジョンヒョクと運命的な出会いを果たすことから物語は始まります。

北と南、相容れない両国の2人の愛の行方はさながら韓国版『ロミオとジュリエット』。韓国に帰りたいヒロインと、侵入させたことがバレたら殺される北朝鮮兵士たちが結託して南へのルートを作りだす展開はスリル満点で、ロマンティックな愛と政治サスペンスが絶妙に絡みあっています。

主人公であるユン・セリが体現する新しい時代の自立したヒロイン像に加え、ヒョンビン演じるリ・ジョンヒョクが命の危険をも顧みず彼女を守り抜く姿には誰しもが心動かされるはず。

また、北朝鮮の兵士が韓国ドラマに夢中になっているシーンなど、報道でしか見たことのない北朝鮮のチャーミングで親近感が持てる描写も大きな魅力の一つです。

【原作・制作】イ・ジョンヒョ、パク・ジウン

【出演】ヒョンビン、ソン・イェジン、ソ・ジヘ、キム・ジョンヒョンほか

梨泰院クラス【Netflixオリジナル】

Netflix 韓流ドラマ 梨泰院クラス

Image:Netflix

ソウルで最も国際色豊かで栄える街・梨泰院(イテウォン)を舞台に、さまざまな個性をもつ若者たちが絆を深め、理不尽な社会に反抗してゆく青春物語。

大手食品会社の会長とその息子の策略により父親を亡くした主人公・セロイは復讐を企て収監されますが、人生をやり直すことを決意。梨泰院で父の夢でもあった自分の店を構え、そこでビジネス展開している食品会社と対立することになります。

セロイのもとにはさまざまなマイノリティの人々が集まります。その中で描かれるのは、ジェンダーや人種差別、経済格差などの問題や、高校時代の同級生とのロマンス、父を殺した会長達への復讐など。多くのストーリーが詰まった非常にエネルギッシュな作品です。

若者が抱えるリアルな悩みや葛藤を盛り込み、現代的な内容であると同時に普遍的な友情や愛を描いています。韓国ドラマは女性人気が高い印象がありますが、本作は男性ファンが多いことでもよく知られています。

BTSのメンバー、Vがソロで発表した曲「Sweet Night」が作中に使用されていることも話題になりました。Vは主演のパク・ソジュンと友人であったことから曲が起用されたそうで、そんな作品の裏側の友情も本作の人気に火をつけたと言えるでしょう。

【原作・制作】キム・ソンユン、チョ・ガンジン

【出演】パク・ソジュン、キム・ダミ、ユ・ジェミョン、クォン・ナラほか

トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜

Netflix 韓流ドラマ トッケビ

Image:Netflix

時空を超える運命の愛を描いた恋愛ファンタジー。タイトルの「トッケビ」とは韓国に伝わる精霊の一種。戦乱の時代に王に裏切られ、悲運の死を遂げた武将キム・シンがその無念から不死のトッケビとなってしまい、900年が経過します。

彼はトッケビを成仏させられるただ1人の存在「トッケビの花嫁」を探し求め続け、現代で霊感を持つ女子高生・ウンタクと出会います。そんな中、突如転がり込んできた死神とともに始まる3人の奇妙な共同生活。ウンタクに惹かれていくトッケビと、ウンタクのバイト先の店長・サニーに恋する死神、次第に4人の運命が交錯していきます。

自分を成仏させてくれる花嫁への恋心から、生きることに対する未練が生まれてしまう、その切ない展開が涙を誘います。果たしてトッケビとウンタクは無事に結ばれることができるのか、最後までまったく先が読めないところがポイントです。

数々のドラマ・映画に主演するコン・ユが900年生きるトッケビを時にコミカルに、時にたくましく演じています。死神役のイ・ドンウクも長身とクールな顔立ちを活かし、トッケビと絶妙な関係性を築いてストーリーを盛り上げます。

【原作・制作】キム・ウンスク、イ・ウンボク

【出演】コン・ユ、キム・ゴウン、イ・ドンウク、ユ・インナほか

よくおごってくれるキレイなお姉さん

Netflix 韓流ドラマ よくおごってくれるキレイなお姉さん

Image:Netflix

年上女性と年下男性のラブストーリー。大手コーヒーチェーン運営会社に勤める35歳のジナは、優秀ながらも上司のセクハラやパワハラに悩まされる日々を送っています。挙げ句、彼氏に浮気をされ人生に行き詰まりを感じていた矢先、親友の弟で小さい頃から親しかったジュニと再会。2人の恋が動き始めます。

小さい頃から家族のように接してきたがゆえに、思い合っていてもなかなか一歩先に踏み出せない、そんな2人のもどかしさをとてもリアルに感じます。年下でもたくましさを兼ね備えるジュニ。無意識ながら年上女性をキュンとさせるポイントもしっかり押さえています。

恋愛描写に加え、実力はあるのに女性だからなかなか認めてもらえない、上司との理不尽な関係に耐えなければならない、など女性が直面している問題を率直に描いたことでも評価が高い作品です。移動の時はスニーカーで、会社に戻る時にヒールに履き替えるシーンなど、働く女性のリアルな描写が特徴的です。

主人公のジナが勤める「コーヒーベイ」は、韓国に実在する大手コーヒーチェーンで、ドラマ人気に後押しされて売上も上昇したそうです。実在する店舗でロケもおこなわれています。一度訪れればドラマの世界に入り込んだような気分が味わえることでしょう。

【原作・制作】アン・パンソク

【出演】ソン・イェジン、チョン・ヘイン、チャン・ソヨン、チョン・ユジンなど

青春時代(Part1・2)

Netflix 韓流ドラマ 青春時代

Image:Netflix

個性豊かな5人の女の子たちが繰り広げる、シェアハウスでの共同生活を描いた青春ドラマ。シェアハウスものといえば、日本ではリアリティ番組の「テラスハウス」が若い世代を中心に人気ですが、本作はドラマ形式で共同生活の面白みと大変さを描いています。

性格、出身、抱える問題も違う人々が、同じ空間を共有することで生まれる濃密なドラマがシェアハウス作品の面白さ。本作は、そんなシェアハウス独特の人間模様を時にコミカルに、時にシリアスに描いています。

地方からソウルに進学した引っ込み思案のウンジェが住む場所に選んだのは、4人の女性が共同生活するシェアハウス。何人もの男と付き合うイナ、男に尽くす性格なのに恋が実らないイェウン、いくつものバイトを掛け持ちしながら報道の勉強をする苦学生ジンミン、下ネタ好きでおしゃべりなジウォンの4人と衝突しながらも楽しく過ごし、問題にぶつかればみんなで解決していくことで友情を育んでいきます。恋愛要素も踏まえつつ友情を中心に描かれ、多くの女性が共感した作品です。

【出演】ハン・イェリ、ハン・スンヨン、パク・ウンビン、リュ・ファヨン、パク・ヘス

花より男子

Netflix 韓流ドラマ 花より男子

Image:Netflix

神尾葉子さんの少女漫画『花より男子』原作ドラマの韓国版リメイク。2001年に製作された台湾版がアジア各国で大ヒットし、日本にも逆輸入されましたが、その後中国版や韓国版も製作されるほどの人気シリーズとなりました。また、人気急上昇中の若手俳優、イ・ミンホの初期作品としてもよく知られています。

名門高校に進学することになった一般家庭育ちの女の子が、学校を牛耳るイケメン4人組「F4」と対立しつつも惹かれ合うようになる、という大まかな筋書きは韓国版でも踏襲されていますが、いじめの描写が壮絶でよりドラマチックに脚色されています。

また学校やお屋敷もとことんゴージャスで、一般庶民であるヒロインとの経済格差も強く強調されています。その分、主人公・ジャンディ(原作では牧野つくし)の意志の強さも際立っており、日本版以上にたくましいヒロインとして描かれています。

主演のヒロインを演じたク・へソンは映画監督としてもデビューし、小説の執筆や絵画制作、歌手活動もおこなうなど多彩な才能の持ち主。そんな彼女が熱演する芯の強いヒロインの姿に注目です。

【原作・制作】チョン・ギサン、ユン・ジリョン

【出演】ク・ヘソン、イ・ミンホ、キム・ヒョンジュン、キム・ボムなど

コーヒープリンス1号店

Netflix 韓流ドラマ コーヒープリンス1号店

Image:Netflix

テコンドーの師範で男の子みたいな女の子・ウンチャンが、食品会社の御曹司と恋に落ちるラブコメディ。

家計を助けるためにいろんなバイトを掛け持ちしているウンチャンは、ふとしたきっかけでイケメンだけを揃えたコーヒーショップ「コーヒープリンス」で働くことに。オーナーであるハンギョルは、ウンチャンのことを男の子だと思いつつも惹かれていく自分に戸惑いを覚えます。そこにハンギョルの優秀な従兄弟・ハンソンとその恋人・ユジュの関係も絡みあい、4人の想いがすれ違いながらも進展していきます。

女だとばれたら関係が終わってしまうと思い、自分を偽り続けるウンチャン。男だと思っているのにどうしても惹かれてしまうハンギョル。両思いなのにすれ違う2人の気持ちがもどかしいながらも、微笑ましくて応援したくなります。

舞台になったカフェはソウルに実在するお店で、ドラマ放送後は観光名所になったそうです。

【出演】ユン・ウネ、コン・ユ、イ・ソンギュン、チェ・ジョンアンなど

チョコレート:忘れかけてた幸せの味【Netflixオリジナル】

Netflix 韓流ドラマ チョコレート

Image:Netflix

幼い頃に出会い、再会を果たした男女がホスピスを舞台に人生と向き合うストーリー。

小さな港町で母と2人暮らしの少年・ガンは、母から無理なダイエットをさせられている少女・チャヨンに無償で料理を振る舞います。チャヨンはその思い出を胸に秘めたまま大人になり、凄腕の医者となったガンと再会を果たすのですが、彼はかつての優しい面影を失っていました。

ガンは財閥の孫として引き取られ、母を亡くし冷遇されたことで心に傷を負っていたのです。幾度かのすれ違いを経て、ホスピスで一緒に働くことになった2人。シェフであるチャヨンとともに、ガンは本来の優しさを取り戻していきます。

ホスピスで出会う、明日死ぬかもしれない人たちの人生を思いながら料理を振る舞うチャヨン。単純なラブストーリーではなく、人生や死について深く考えさせられるのがこの作品の醍醐味です。

度々出てくる豪華な料理も見どころの1つ。2人の出会いのきっかけとなったチョコレート・シャシャも食べたくなるでしょう。

【原作・制作】イ・ヒョンミン、イ・ギョンヒ

【出演】ハ・ジウォン、ユン・ゲサン、チャン・スンジョ、カン・プジャなど

キングダム【Netflixオリジナル】

Netflix 韓流ドラマ キングダム

Image:Netflix

時代劇&ゾンビという異色の取り合わせが話題となったドラマ。総製作費20億円の堂々たる大作で、朝鮮王朝時代を舞台に、ゾンビが大量発生した王国での生き残りをかけた壮絶な戦いと王朝の権力闘争を描いています。

王が死んだという噂が流れ、後継者の世子・チャンが謁見を申し入れるも若い妃と側近はこれを拒否。妃は、これから産む子どもに王の座を継がせるために王の死を偽装し、なんと王をゾンビ化させ生きていることにしていたのです。

ゾンビは増殖し、街はパニックに。本作のゾンビは太陽熱に弱い設定ですが、夜間などにものすごく機敏な動きを見せます。ゾンビとしては珍しく全力疾走で生者に襲いかかり、噛まれた人間を次々とゾンビにしていきます。

チャンは真相究明のさなか逆賊の汚名を着せられるも、ゾンビと王朝の陰謀2つを相手取り、パニックの中で奮闘します。謎のゾンビの生体を探り、解明していく側面もゾンビ作品としては珍しいポイントです。

1話から怒涛の展開で飽きさせず、絢爛豪華な衣装やセットもハリウッド作品さながらのスケール。1話が1時間以上あるものも少なくない韓流ドラマの中では比較的短く、思わずイッキ見してしまいたくなる作品です。

【原作・制作】キム・ウニ、キム・ソンフン、パク・インジェ

【出演】チュ・ジフン、リュ・スンリョン、ペ・ドゥナ、キム・サンホなど

太陽を抱く月

Netflix 韓流ドラマ 太陽を抱く月

Image:Netflix

朝鮮王朝時代を舞台に、王朝内の権力争いと運命の愛を描いた時代劇ラブロマンス。

王の世嗣であるフォンは、美しい少女・ヨヌと出会い惹かれ合いますが、大妃は甥の娘・ボギョンとフォンを結婚させるため策略をめぐらします。ヨヌは死の呪いをかけられるも記憶を失い、巫女・ウォルとして復活。時を経て再びフォンと出会い恋に落ちてゆきますが、権力者の陰謀が2人の前に大きく立ちはだかります。

架空の王朝を舞台にし、史実にとらわれないファンタジックな展開で、過酷な運命を背負った2人の愛を劇的に彩った作品です。

子ども時代のヨヌ役、キム・ユジョンは5歳でデビューし、韓国の国民的子役として数々のドラマや映画に出演しています。王となるフォンを演じたキム・スヒョンは本作でブレイクし、若手実力派俳優として知られるようになりました。絢爛豪華な衣装も見どころ。数奇な運命に導かれた2人の愛に多くの人が涙するでしょう。

【原作・制作】チン・スワン

【出演】ハン・ガイン、キム・スヒョン、チョン・イル、キム・ミンソなど

著者紹介

杉本穂高/映画ライター・ブロガー

本厚木のミニシアター「アミューあつぎ映画.comシネマ(現あつぎのえいがかんkiki)」の元支配人。ハフポスト、リアルサウンド、映画.comなど各種メディアにて連載中。自身のブログ「Film Goes with Net 」では監督や俳優陣へのインタビューのほか、映画ニュース・レビューを日々更新中。

EDITED BY BOTAN, SORA