LINEビデオ通話で背景を設定する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

LINEビデオ通話で背景を設定する方法【iPhone/Android/PC】

LINE(ライン)のビデオ通話では、好きな画像を背景として設定できます。デフォルトで数種類の背景が利用できるほか、端末のアルバムにある写真・画像を使ってオリジナル背景の設定もおこなえます。

本記事では、LINEのビデオ通話で背景を設定する方法をまとめて解説。加えて、おすすめの背景エフェクトも紹介します。

LINEビデオ通話で背景画像を設定する際の注意点

LINEのビデオ通話で背景を設定するには、いくつかの注意点があります。利用する前にまず確認しておきましょう。

ビデオ通話の背景(エフェクトとフィルター)が利用可能な環境

ビデオ通話の背景機能(エフェクトとフィルター)は、以下の環境で利用できます。

推奨環境
  • Android:Android 4.4以上の端末(一部の端末では利用できません)
  • iOS:iPhone 6以降、iPad Air以降、iPad mini 4以降の端末

上記条件を満たしていても端末の性能によって利用できない可能性も。その場合、背景エフェクトのアイコン(顔マーク)は表示されません。

またビデオ通話には、新しい背景エフェクトや機能が続々と追加されています。使いたいものが利用できない場合は、LINEアプリのバージョンアップを試してください。

カメラオフの状態では適用されない

LINE ビデオ通話 背景

当然ですが、背景エフェクトやオリジナルの背景設定は、カメラをオンにした状態でのみ動作する機能です。

カメラのオフ状態では、背景を設定しても上のように黒く表示されてしまいます。人物抜きで背景のみ表示してくれるような、保留機能的な使い方はできないので注意しましょう。

人物が動くと一瞬背景がずれることも

LINEのビデオ通話中にオリジナルの背景画像や背景エフェクトを適用すると、自動で人物部分を切り取って背景を適用してくれます。認識精度はかなり高い印象ですが、動いたりすると一瞬後ろの光景が映ってしまうことも。

背景を設定したからといって、すべてを完璧に隠してくれるわけではい点に注意しましょう。

背景画像を適用してビデオ通話する方法

ビデオ通話で背景を設定しておくと、家が散らかっていたり、同居人が入り込んでしまったりといった都合の悪い部分を隠すのに便利です。

また、LINEに用意された背景エフェクトでは、背景を隠すだけでなく肌や輪郭、血色などを自動で補正してくれます。

オリジナルの背景画像をアップロードして利用する

iOS版LINEアプリではバージョン10.13.0以降、Android版LINEアプリではバージョン10.13.2以降で、端末のアルバムにある写真や画像を使ってオリジナルの背景を設定できるようになりました。

現在オリジナル背景の機能は、iOS版およびAndroid版LINEのグループ通話中とPC版LINEでのみ利用できますが、1対1ビデオ通話でも同機能が順次配信されるでしょう。

iOS/Android版LINEのビデオ通話でオリジナルの画像を設定

LINE ビデオ通話 背景

まずは、LINEアプリでグループ通話を開始します。先に述べたように、オリジナル画像をアップロードできるのは「グループビデオ通話」利用中に限られます。

LINE ビデオ通話 背景 LINE ビデオ通話 背景

グループビデオ通話の開始・参加前には、カメラのプレビューが表示されます。ここで[背景]ボタンをタップしてください。

すると端末のアルバムに遷移するので、任意の画像を選びましょう。背景の追加にあたってサイズの制限はないようですが、画面のサイズと一致する画像を選ぶときれいに映るでしょう。

LINE ビデオ通話 背景 LINE ビデオ通話 背景

画像の編集画面が立ち上がるので、必要に応じてスタンプやモザイク、ペイントなどで加工しましょう。[完了]ボタンをタップすると、プレビュー画面に戻り、背景が適用されていることが確認できます。

LINEで写真を加工・編集する方法 全まとめ【2020年最新版】

このまま[カメラをオンにして参加]をタップすれば、背景が適用された状態でグループビデオ通話に参加できます。

なお、オリジナルの背景を設定できるのは、ビデオ通話開始前のプレビュー画面でのみ。ビデオ通話に参加した後からオリジナルの背景を適用することはできない仕様のようです。

PC(パソコン)版LINEのビデオ通話でオリジナルの画像を設定

LINE ビデオ通話 背景

パソコン(Mac/Windows)版LINEのバージョン6.0.0以降なら、1対1でもグループビデオ通話でもオリジナル背景を設定できます。

ビデオ通話中、[ビデオ設定]ボタンから背景エフェクトと進み、[+]をクリックしてください。なおグループビデオ通話なら、開始前のプレビュー画面で背景を設定することも可能です。

LINE ビデオ通話 背景

パソコン内のフォルダが開くので、背景に設定したい画像を選びましょう。

背景の追加にあたってサイズの制限はないようですが、画面のサイズと一致する画像を選ぶときれいに映るでしょう。

LINE ビデオ通話 背景

再びビデオ通話の画面に戻り、オリジナルの背景が追加・適用されていることが確認できます。

削除したい場合は、背景にカーソルをあわせると[×]マークが表示されるのでクリックしてください。

LINEに用意された背景エフェクトを使う

オリジナルの背景を設定しなくても、LINEにはデフォルトで数種類の背景エフェクトが用意されているため、いつでも適用できます。

ただ背景を隠すだけでなく、背景を動かしたり、顔面を加工してくれたりなど、さまざまな背景エフェクトが揃っています。

LINE ビデオ通話 背景 LINE ビデオ通話 背景

左:1対1ビデオ通話右:グループビデオ通話

1対1やグループビデオ通話中に、画面下部の顔マークをタップします。

するとエフェクトの一覧が表示されるので、背景を隠せるエフェクトをタップして選びましょう。以下では、背景として使える主なエフェクトを紹介します。

LINE ビデオ通話 背景 LINE ビデオ通話 背景 LINE ビデオ通話 背景

電車に乗っている様子や機内の風景、夜空に花火が上がる動画など、その場にいるようなリアルな画像が揃います。

LINE ビデオ通話 背景 LINE ビデオ通話 背景

こちらは、背景を隠すだけでなく肌や輪郭、血色などを自動で補正してくれるので、化粧前や寝起きで顔を見られたくないときにも便利です。

LINE ビデオ通話 背景 LINE ビデオ通話 背景

上2つは、カメラの角度にあわせて360度動かせる背景です。その場にいるかのようなリアルな感覚を味わえます。

LINE ビデオ通話 背景 LINE ビデオ通話 背景

自分の顔の表情に合わせて3Dのキャラクターの表情も変化する「キャラクターエフェクト」もおすすめ。背景だけでなく顔や服さえも映らなくなるので、服装がラフすぎる場合など、都合の悪い部分を隠す用途として便利です。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.13.1、Android版10.13.2

EDITED BY MOEGI