LINEのビデオ通話を録画する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

LINEのビデオ通話を録画する方法まとめ【iPhone/Android/PC】

LINE(ライン)のビデオ通話をする中で、「話した内容を記録したい」「盛り上がった様子を動画に残してSNSにアップしたい」と考える人も多いはずです。

本記事では、LINEビデオ通話の録画方法について、iPhone・Androidスマホ・PC(パソコン)の各デバイス向けにそれぞれ解説します。

LINEビデオ通話を録画する手段はある?

ビデオ通話中の画面を録画する機能は、LINEアプリ自体には実装されていません(PC版LINEにはGIFアニメのキャプチャ機能あり)。

ただし、iPhoneでもAndroidスマホでもスクリーンを動画でキャプチャする方法(いわゆる画面録画・画面収録)はいくつか確立されているため、それらを活用すれば録画に近いことは可能です。また、原則として、iPhoneではLINEビデオ通話の音声は録れません。

WindowsパソコンやMacに備わっている画面収録の機能ならビデオ通話の音声も録音できるので、録音が必要な場合はPC版LINEでビデオ通話を利用するのも手でしょう。

LINEビデオ通話 録画

もしAndroidスマホユーザーではなく、かつパソコンも持っていない場合は、同じように無料でビデオ通話ができる「Zoom」や「Skype」などのアプリを使うのがおすすめです。アプリ内に録音もできる録画機能が実装されています。

LINEのビデオ通話を画面録画しても、相手に通知やメッセージが届くといったことはありません。とはいえ、勝手にビデオ通話を録画されることに抵抗がある人も少なくないでしょう。録画する際には、相手にその旨を伝えておいたほうが無難です。

LINEのビデオ通話をスマホで録画する方法

LINEのビデオ通話を録画する方法について、iPhoneAndroidスマートフォンPC(パソコン)それぞれのやり方を解説します。

iPhone:iOSの画面収録機能を使う

iPhoneの標準機能である「画面収録」を使うと、iPhoneの画面を動画で簡単に撮影(動画キャプチャ)できます。

通常は、iOSの画面収録機能はマイクをオンにすることで音声も録音できる仕組み。しかし、LINEのビデオ通話や音声通話に限っては、マイクオンの状態で収録しても音声は録音できません。プライバシーに配慮した仕様なのか、LINEのビデオ通話では音声録音が制限されているようです。

1コントロールセンターに画面収録ボタンを配置する

最初に、画面収録のボタンをコントロールセンターに追加します(初期設定では画面収録のボタンが非表示になっています)。

iPhone:iOSの「画面収録」機能を使うiPhone:iOSの「画面収録」機能を使う

「設定」アプリを開いて[コントロールセンター]へと進んだら、画面を下へスクロールしていき、「画面収録」の横にある[+]をタップします。

iPhone:iOSの「画面収録」機能を使う

これにより、画面を録画するための画面収録ボタンがコントロールセンターに追加されます。

2LINEのビデオ通話を開始する

iPhone:iOSの「画面収録」機能を使う

画面収録ボタンを設定できたら、ビデオ通話を開始しましょう。相手とのトーク画面の電話マークから[ビデオ通話]をタップしてください。

なお、ビデオ通話中でもメッセージのやりとりや設定などの操作はできますが、画像や動画などを閲覧するとカメラがオフになり、相手側に映像が届かなくなってしまうので注意しましょう。

3画面収録を開始する

iPhone:iOSの「画面収録」機能を使うiPhone:iOSの「画面収録」機能を使う

録画したいタイミングでコントロールセンターを呼び出し、画面収録のボタンをタップしてください。

画面収録のボタンをタップすると、ボタン上に「3、2、1」のカウント表示がされたあと、「ピン」というサウンドが鳴って録画がスタートします。

4録画を停止(終了)する

iPhone:iOSの「画面収録」機能を使うiPhone:iOSの「画面収録」機能を使う

録画を終了するには、画面左上の収録中ボタンをタップして[停止]を選択すればOKです。

録画したデータは動画として端末に保存され、写真アプリなどから確認できます。

Androidスマホ:スクリーンレコード機能を使う

端末のバージョンがAndroid 11以降であれば、スクリーンレコード機能が標準搭載されています。これを利用すれば、LINEのビデオ通話を画面録画できます。録画開始時に録音(マイク)をオンにすれば、音声の収録も可能です。

スマホがAndroid 10以下のユーザーは、専用アプリを使って画面録画する方法もあります。詳しくは下記記事を参考にしてください。

Androidスマホで画面録画する方法──専用アプリやAndroid 11標準機能でスクショ動画を撮影

1クイック設定パネルにスクリーンレコードのボタンを配置する

まずは、クイック設定パネルに「スクリーンレコード」を追加します(初期設定ではスクリーンレコードのボタンが非表示になっています)。

Androidスマホ:スクリーンレコード機能を使うAndroidスマホ:スクリーンレコード機能を使う

画面を上部から下に向かってスワイプし、クイック設定パネルを表示します。パネル下部をさらにもう一度下にスワイプするとフルサイズ表示になるので、左下にある編集ボタンをタップします。

Androidスマホ:スクリーンレコード機能を使うAndroidスマホ:スクリーンレコード機能を使う

パネル未追加の項目に「スクリーンレコード」があります。この「スクリーンレコード」を長押ししてドラッグしながら、追加済みパネル部分へ持っていけばOKです。

タイルは好きな配置にできます。縮小パネルでも表示される場所にスクリーンレコードを置くのがおすすめです。

2LINEのビデオ通話を開始する

Androidスマホ:スクリーンレコード機能を使う

スクリーンレコードを設定できたら、ビデオ通話を開始しましょう。相手のホーム画面またはトークの電話マークから[ビデオ通話]をタップしてください。

3画面収録(スクリーンレコード)を開始する

Androidスマホ:スクリーンレコード機能を使うAndroidスマホ:スクリーンレコード機能を使う

録画したいタイミングでクイック設定パネルを表示させ、スクリーンレコードのボタンをタップしてください。確認画面が表示されるので、録画(マイク)の項目をオンにしておきます。これで、音声も一緒に録画可能です。

準備ができたら、[開始]を選択します。

Androidスマホ:スクリーンレコード機能を使う

3秒カウントの後、録画がスタートします。

ビデオ通話中でもメッセージのやりとりや設定などの操作がおこなえます。ただし、カメラがオフになり、相手側に映像が届かなくなってしまうので注意しましょう。

4録画を停止する

Androidスマホ:スクリーンレコード機能を使う

録画を終了するには、画面左上の収録中ボタンをタップし、[タップして停止]を選択すればOKです。

録画したデータは動画として端末に保存され、アルバムアプリなどから確認できます。

LINEのビデオ通話をパソコン(PC)で録画する方法

ここからは、パソコンでLINEのビデオ通話を録画する方法を紹介します。Windows PCMacに標準で備わっている画面収録機能を使えば、長時間の録画と録音が可能です。オンラインミーティングなどで話したことを記録したい場合に活用できるでしょう。

また、ビデオ通話の様子をインスタグラムなどのSNSにアップする目的なら、PC版LINE自体に実装されているキャプチャ機能もおすすめ。ビデオ通話の動画が自動でGIFアニメ化されます。

Windows 10の「ゲームバー」機能(動画キャプチャ)を使う

Windows 10には標準機能として、パソコン画面の動画キャプチャ(ゲームバー)機能が搭載されています。おもにゲーム動画を録画することを想定した機能ですが、LINEのビデオ通話も録画可能です。この方法の最大のメリットは、映像も音声も同時に録ることができる点です。

1ゲームバーの設定でマイクを有効にする

動画キャプチャの操作パネルは、キーボードの「Windows」+「G」を同時に押すことで表示できます。

ビデオ通話を録画する前に、マイクの設定だけ確認しておきましょう。

LINE ビデオ通話 録画 Windowsパソコン

操作パネルの歯車ボタンをクリックし、設定画面の「キャプチャ中」の項目にある「録音するオーディオ」で[すべて]を選択しておきましょう([ゲーム]でも通話音声を拾えますが、念のためすべての音声を録音できるようにします)。

その後、PC版LINEでビデオ通話を開始しましょう。パソコンでのLINEビデオ通話の使い方については下記記事を参照してください。

2ビデオ通話中にキャプチャの操作パネルから録画開始ボタンをクリック

LINE ビデオ通話 録画 Windowsパソコン

映像が表示されているウィンドウを最前面にし、録画開始ボタンをクリック

ビデオ通話中は、通話画面(相手や自分が映っているウィンドウ)を最前面に出してアクティブ化してください。このアクティブウィンドウが動画キャプチャされます。

あとはキーボードの「Windows」+「G」で操作パネルを呼び出し、「キャプチャ」パネルにある録画開始ボタンをクリックするだけ(こちら側の音声も録画で拾いたい場合、マイクボタンはオンの状態にします)。ビデオ通話の録画がスタートします。

3画面録画の停止後、「キャプチャ」フォルダに動画が保存される

LINE ビデオ通話 録画 Windowsパソコン

ビデオ通話中は、通常どおり会話を楽しみましょう。録画を終了するときは、表示された録画停止用のパネルから停止ボタンをクリックしてください。

録画したビデオ通話の動画は、「ビデオ」フォルダ内にある「キャプチャ」フォルダに保存されています。

macOSの「画面収録」機能を使う

macOSには、標準機能としてパソコン画面の撮影(動画キャプチャ)機能が搭載されています。

ここではmacOS Mojaveで画面収録する手順を紹介しますが、OSによる画面収録機能が使えない場合は「QuickTime Player」アプリを開いて、メニューバーから[ファイル]→[新規画面収録]の順にクリックして画面収録をおこなってください。

1画面収録のコントローラーを表示し、マイクや録画範囲の設定をおこなう

LINE ビデオ通話 録画 Mac PC

LINEビデオ通話中、キーボードの「shift」+「command (⌘)」」+「5」を押すと画面収録のコントローラーが表示されます。

画面全体を収録したい場合はコントローラーの(1)ボタンを、選択部分だけを録画したい場合は(2)ボタンをクリックしてください。

LINE ビデオ通話 録画 Mac PC

続いて、コントローラーの[オプション]ボタンをクリックし、「マイク」の項目にある[〜のマイク](〜はデバイス名だったり内蔵マイクだったりします)にチェックを入れます。これで、ビデオ通話の音声も録音される設定になりました。

2ビデオ通話中にコントローラーから「収録」ボタンを押す

コントローラーの一番右にある[収録]をクリックしましょう。

すぐにLINEビデオ通話の収録が開始されます。選択部分の点線やフィルターが残っている場合は、「esc」ボタンを押すと改善されます。

3画面収録の停止ボタンを押せば、自動的に動画が保存される

LINE ビデオ通話 録画 Mac PC

収録を停止するには、メニューバーの収録停止ボタンをクリックするか、「command (⌘) 」+「control」+「esc」キーを押します。これで、収録したビデオ通話の録画データが自動保存されます。

PC版LINEの「キャプチャ」機能を使う

PC版LINEにはアプリ自体にキャプチャ機能が備わっており、画面を数秒間撮影してGIFアニメ化し、保存することが可能です。ただし、キャプチャ機能では録音や長時間の録画には対応していません。

PC(パソコン)版LINEの使い方──ダウンロードからログイン、便利テクまで全ガイド

1トークルームのメニューからキャプチャマークをクリック

LINEビデオ通話 録画

GIFキャプチャを撮影するには、トークルームの入力欄にあるキャプチャマークをクリックします。

初めてGIFキャプチャを利用する場合は、LINEでの画面収録を許可する必要があります。このとき、ビデオ通話を一度終了するように求められる点に注意してください。

ビデオ通話を開始する前に、トークやホーム画面をキャプチャしておくといいでしょう。

2ビデオ通話画面をキャプチャの範囲に選択

LINEビデオ通話 録画

マウスを左クリックしたままカーソルを移動して、ビデオ通話画面を選択します。選択した領域の色が変わるので、それでキャプチャ範囲を確認しましょう。

3GIFマークをクリックして撮影開始

LINEビデオ通話 録画

範囲の選択が完了すると、キャプチャ画面の右下にメニューバーが表示されます。

GIFマークをクリックするとGIFアニメの撮影が開始され、チェックマークをクリックすれば画像としてスクリーンショットが撮影されます。

4ダウンロードボタンでGIFアニメを保存できる

LINEビデオ通話 録画

数秒間、選択した範囲のGIFアニメが撮影され、自動で生成されます。

LINEでGIFを作る

GIFアニメ化が完了すると、再度メニューバーが表示されます。ダウンロードボタン[]のクリックで、パソコン内のフォルダにGIFファイルが保存されます。

メニューバーからチェックマークをクリックすれば、GIFアニメのファイルがトークルームに添付されるので、そのまま相手に共有することも可能です。

検証したLINEのバージョン:iOS版11.3.0、Android版11.4.1、Windows版6.6.0、Mac版6.7.1

EDITED BY
MOEGI
BOTAN