【LINE】複数人グループでビデオ通話を使う方法、最大200人まで同時接続可能

【LINE】複数人グループでビデオ通話を使う方法、最大200人まで同時接続可能

LINE(ライン)の無料ビデオ通話は、1対1だけでなくグループや複数人トークのメンバーとの「グループビデオ通話」もできる優れもの。

最大200人と同時接続できるうえ、便利な画面シェア機能が備わっていたり、フィルターやエフェクトで画面の雰囲気を変えたりすることも可能です。PC版LINEならテレビ電話のように利用できるので、会議などにも活用できるでしょう。

本記事では、LINEのグループビデオ通話の概要や注意点などに触れたうえで、その使い方をわかりやすく解説します。

グループビデオ通話の特徴と注意点

LINEでグループビデオ通話をするにあたって、知っておきたい特徴や注意点について確認しておきましょう。

基本の操作や機能は1対1でのビデオ通話と同じ

グループでのビデオ通話をする場合でも、基本的な操作方法やエフェクト・フィルターなどの機能は1対1でのビデオ通話と同じです。

ただ以下のように、グループ通話にしか備わっていない機能や、逆に1対1通話のみで使える機能などがあります。

制限のあるビデオ通話機能
  • 画面シェア:Android版LINEもしくはWindowsPC版LINEでグループビデオ通話をする場合のみ
  • Face Play:Android版LINEもしくはiOS版LINEの1対1ビデオ通話をする場合のみ
  • エフェクト・フィルター:Android 4.4以上、iPhone 6以上、iPad Air以上、iPad mini4以上の端末でLINEバージョン6.8.0 ※PC版LINEは利用不可

最大200人まで参加可能だが画面に映せる人数は上限がある

グループビデオ通話を利用できる人数は、グループビデオ通話に参加中の3人からなんと最大200人。ただし以下の通り、端末のOSや端末ごとに通話画面に一度に表示できる人数上限があります。

  • iOS版LINE:最大4名
  • Android版LINE:最大6名
  • PC版LINE:最大16名

LINE グループビデオ通話 iOS LINE グループビデオ通話 Android

左:iOS版LINEの最大表示数は4人右:Android版LINEの最大表示数は6人

5人ないし7人以上でのグループビデオ通話では、右側に丸いアイコンでプロフィール写真が表示されます。画面表示を入れ替えたい場合は、友だちのアイコンを長押しして、切り替えたい友だちの画面までスワイプしてください。

人数が多くなりすぎると通信が不安定になる可能性がある

ビデオ通話は、同時に接続する人数が増えれば増えるほどデータ量も多くなるので、通信が不安定になり、音声や映像が途切れるといったトラブルも起こりやすくなります。

通信が途切れた画面

ネットワークが不安定な状態で参加人数が多くなると、上の画像のように自動的に音声通話に切り替わってしまうことも。モバイルデータ通信や、多数の人が接続する公共のWi-Fiなどを介してグループビデオ通話をするのはなるべく避けたほうがよいでしょう。

なお、参加人数10人以上の通話では、ビデオをミュートにして音声のみで会話し、必要な時だけビデオ通話に切り替えるのがおすすめです。

グループビデオ通話の使い方

グループビデオ通話の基本的な使い方や便利機能を紹介します。

グループまたは複数人トークにビデオ通話をかける

LINE グループビデオ通話 発信方法

LINEのグループトークないし複数人トーク画面上部にある電話ボタンをタップするとメニューが表示されるので、[ビデオ通話]をタップ。これだけで発信は完了です。

LINE グループビデオ通話 発信方法 LINE グループビデオ通話 発信方法

あとは、メンバーがビデオ電話に参加するのを待つだけです。画面右上のメニューボタン[]から[メンバー]をタップすると、参加中のメンバーと未参加のメンバーを確認できます。

未参加メンバーの名前横にある[招待]ボタンをタップすると、そのメンバーとの1対1トークの画面に招待通知が送られます(招待した側のトーク画面には反映されず、招待された側だけがメッセージを確認できます)。

グループまたは複数人トークのビデオ通話に参加する

LINE グループビデオ通話 参加方法

グループでのビデオ通話がかかってきたら、グループのトーク画面に「グループビデオ通話が開始されました」とメッセージが表示されます。ここで[参加]ボタンをタップすると、グループのビデオ通話に参加できます。

注意したいのは、1対1のビデオ通話と異なり、グループビデオ通話では着信があっても着信画面に切り替わらない点。着信音さえも鳴らない仕様なので、グループビデオ通話の着信にはかなり気づきにくくなっています。

グループビデオ通話から退出する

LINE グループビデオ通話 退出方法 LINE グループビデオ通話 退出方法

ビデオ通話から退出したい場合は、赤い電話のマークをタップすればOK。全員が退出するまでビデオ通話は続くので、一度退出してまた参加するといったことも可能です。

ちなみに、グループ内の誰かが退出すると「○○がグループ通話を退出しました」と表示されるので、退出した事実はメンバーにバレてしまうでしょう。

ビデオ通話の画面分割を変更する

LINE グループビデオ通話 画面分割する LINE グループビデオ通話 画面分割する

画面上部にあるレイアウトのアイコンをタップすると、1人をフォーカスした画面分割に変更できます。下に表示される各参加者をタップすれば、フォーカスする映像を他のメンバーに入れ替えられます。

通話したままLINEトーク画面や他のアプリ画面に切り替える

通話したままLINEトーク画面や他のアプリ画面に切り替える 通話したままLINEトーク画面や他のアプリ画面に切り替える

iOS版LINEでは、ビデオ通話中に斜め矢印のアイコンをタップすると、ビデオ通話の画面が縮小します。通話を繋いだまま、同時にトークなどLINEの別機能を使うことができます。

縮小したビデオ通話画面は、好きな位置にドラッグして移動させられます。縮小画面をタップすると、再び全画面表示に戻れる仕組みです。

通話したままLINEトーク画面や他のアプリ画面に切り替える 通話したままLINEトーク画面や他のアプリ画面に切り替える

Android版LINEの場合は、iOS版のような縮小アイコンはありません。その代わり、(端末の)ホームボタンをタップするとビデオ通話画面を縮小できます。

さらにAndroid版LINEでは、グループビデオ通話を繋ぎながら、LINE以外のアプリを操作することも可能です。全画面表示に戻る場合は、縮小したビデオ通話の画面をタップしましょう。

カメラ・マイクをオフ(ミュート)に切り替える

LINE グループビデオ通話 マイク・カメラのミュート LINE グループビデオ通話 マイク・カメラのミュート

グループビデオ通話中、画面の右下にあるビデオカメラボタン(1)をタップすると、自分のカメラがオフ(ミュート)になり、相手に映像が届かなくなります。また、左下のマイクボタン(2)をタップすると、音声がオフになり、声どころかノイズなども一切拾わなくなります。

カメラをミュートしてるメンバーの画面は、右上の画像のように黒く表示されるのでひと目で分かるでしょう。

フィルターやエフェクト機能を使う(スマホ版LINEのみ)

グループビデオ通話中は、豊富なバリエーションの顔認識エフェクトで喜怒哀楽を表現したり、カメラアプリのようなフィルター機能で画面の雰囲気を変えたりといったことも可能です。

LINE グループビデオ通話 エフェクト LINE グループビデオ通話 エフェクト

画面下部の顔マークをタップして好きなものを選びタップすると、ビデオ通話に映っている自分の顔やその周囲にエフェクトを効かせることができます。

美肌のエフェクトを使えば、肌や輪郭、血色などを自動で補正してくれるので、化粧前や寝起きで顔を見られたくないときにも便利です。

LINE グループビデオ通話 フィルター LINE グループビデオ通話 フィルター

また、メニューボタン[]から[フィルター]をタップすると、映像にフィルター加工ができます。

約50種類ものフィルターが用意されているので、気分やシーンに合わせて好みのものを使いましょう。

画面シェア(画面共有)機能を使う

LINE グループビデオ通話 画面シェア

Android版LINEやPC版LINEなら、グループビデオ通話で「画面シェア」機能を利用できます。

スマホやPCの画面をグループビデオ通話上でシェアするもので、会話では伝えにくい位置情報などをリアルタイムで共有したり、テレビ会議中に資料を共有したりといった場合に便利な機能です。

Android版LINEで画面シェア

LINE グループビデオ通話 画面シェア LINE グループビデオ通話 画面シェア

共有する側は、メニューボタンから[画面をシェアする]をタップすると、すぐに画面共有が開始され、右下にある停止ボタンを押すと、再びビデオ通話の画面に戻ります。共有される(閲覧する)側は、iOS版LINEでもPC版LINEでも問題ありません。

なお、共有中はスマホ操作のすべてがメンバーに見られることになります。ポップアップ通知や、パスワードなどの個人情報の公開には、くれぐれも注意してください。

PC版LINEで画面シェア

LINE グループビデオ通話 画面シェア

PC版LINE(Windows/Mac)のバージョン5.23.0以上なら、グループビデオ通話中にパソコン画面を共有できます。

PC版LINEでグループビデオ通話中、画面左下にあるシェアボタンをクリックし共有したい画面を選択すると、自分のパソコン画面がグループメンバーに共有されます。パソコンで共有された画面は、スマホ版LINEでも受け取ることが可能です。

PC版LINEでグループビデオ通話をする方法

前述のとおり、PC版LINE(Windows/Mac)にもグループビデオ通話の機能が実装されています。

ビデオ通話を利用するには、スピーカーおよびマイク・カメラをLINEに接続する必要があります。これらのデバイスがPCに内蔵されていない場合、別途ヘッドセットやマイク付きイヤホン、ウェブカメラなどを用意しましょう。

PC版LINEからグループビデオ通話をはじめるには

PC版LINE グループ通話

グループビデオ通話のはじめ方はいたって簡単。PC版LINEにログインしたら、該当するLINEグループまたは複数人トークを開き、メッセージ入力欄の右下にあるビデオ通話ボタンをクリックします。

PC版LINE グループ通話

参加する側は、「グループ通話が開始されました」のメッセージにある[参加]ボタンをクリックすればOKです。

PC版LINEでのグループビデオ通話の操作方法

PC版LINE グループ通話

PC版LINEでは、一度に最大16名まで参加者の映像が写ります。

ビデオ通話中、画面の右下にある(1)のボタンをタップすると、マイクがミュートになり音声がメンバーに届かなくなります。(2)をクリックすると他の参加者の音声がスピーカーから聞こえなくなり、(3)のボタンをクリックするとカメラがオフになり他のメンバーに自分の映像が届かなくなります。

PC版LINE グループ通話

画面右上のレイアウトのアイコンをクリックすれば、画面分割を変更できます。参加者全員を表示させたり、誰か1人だけを大きく映し出したりと、用途に合わせたレイアウトに設定しましょう。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.2.1、Android版10.3.2

EDITED BY MOEGI