Androidスマホのあらゆる履歴を削除/残さない方法まとめ

Androidスマホのあらゆる履歴を削除/残さない方法まとめ

Androidスマホにはさまざまな履歴が保存されていますが、こうしたプライベートな情報を誰かに見られたら困るという人も少なくないはず。

そこで本記事では、ブラウザのネット閲覧(Chrome)からGoogle検索、通話、ダウンロードしたアプリ、文字入力の予測変換、コピペ、YouTube、マップまで、あらゆる履歴の消し方や残さないようにする方法をまとめました。

iPhoneの履歴を消す/残さない方法まとめ

検索履歴・サイト閲覧履歴を削除する方法

Googleでおこなった検索や、Chromeでアクセスしたウェブサイトなどは次の方法で削除できます。

Googleの検索履歴を削除する

Android 履歴削除

Googleの検索窓(ウィジェットの検索バーなども含む)をタップすると、以前に検索したキーワードなどの履歴が表示されます。これらの検索履歴は、なるべく他人には見られたくないものでしょう。気になる場合は、定期的に削除しておくのがおすすめです。

検索履歴を個別に削除する

Android 履歴削除 Android 履歴削除

Googleでの検索履歴を1件ずつ消したいときは、上述のように検索履歴が表示された状態で消したい履歴を長押しします。あとは[削除]をタップすれば、該当する検索履歴を削除できます。

ただ、この方法で1件ずつ削除していくのは手間ですし、時間もかかります。そこで覚えておきたいのが、複数ある履歴の中から特定のものを選択削除する方法と、まとめて一括削除する方法です。

期間を指定してまとめて削除する

Android 履歴削除 Android 履歴削除

「設定」アプリから[アカウント]へ進み、任意のgoogleアカウントを選択。[Google アカウント] を開きます。

[データとカスタマイズ] タブをタップし、[アクティビティとタイムライン] で [マイアクティビティ] を選択します。なお、下記リンクからでもマイアクティビティにアクセスできます。

Googleマイアクティビティ

Android 履歴削除 Android 履歴削除

検索バーの右側にあるメニューボタン[]から[アクティビティを削除する基準] をタップします。

履歴を削除したい期間を選択しましょう。[全期間]を選ぶと、すべての履歴が一括で削除できます。

Android 履歴削除 Android 履歴削除

続いて、履歴(アクティビティ)を削除したい項目を選択します。ここでは「検索」を選択しましたが、必要に応じて画像検索・動画検索などの項目にもチェックを入れておくといいでしょう。

削除される履歴が一覧表示されたら、右下の[削除]ボタンをタップ。これで、指定した期間のすべての検索履歴が削除されているはずです。

Chromeでのネット閲覧履歴を削除する

Android 履歴削除

前述したGoogleの検索履歴を消せば、Chromeアプリでの検索履歴も同時に消去される仕組みです。ただしChromeを使ってアクセスしたウェブページは、別途消さなければ記録が残ってしまいます。個別もしくは一括で履歴を消しましょう。

検証したChromeアプリのバージョン:Android版83.0.4103.83

閲覧(アクセス)履歴を個別に削除する

Android 履歴削除 Android 履歴削除

まずChromeを立ち上げます。ページの右上[︙]ボタンをタップし、メニューから[履歴]を選びます。

上の画面のように履歴が表示されるので、消したい履歴の右横にある[×]をタップして1件ずつ削除してください。

期間を指定して閲覧(アクセス)履歴をまとめて削除する

Android 履歴削除 Android 履歴削除

前述の手順で開いた履歴削除の画面で、画面下にある[閲覧データを削除]をタップします。

[閲覧履歴]のチェックボックスをオンの状態にします。続いて、[期間] ボタンで削除する履歴の範囲を選択。すべての履歴を削除するには、[全期間]をタップしてください。最後に[データを消去]ボタンを押せば削除完了です。

閲覧履歴以外の「Cookieとサイトデータ」や「キャッシュされた画像とファイル」項目データは、以下を参照して必要に応じて削除しましょう。

Cookieとサイトデータ

入力したIDなどの情報を保存し、ログイン時などに都度入力する手間を省いてくれるものです。便利な機能ですが、個人情報であることや広告トラッキングの対象となっている点などを念頭に、必要に応じてチェックを付けて消去するのがよいかもしれません。

キャッシュされた画像とファイル

Webページを構成する画像などを一時的に保存し、その読み込みを早くする仕組みのことです。こうしたデータはどんどんスマホに溜まっていくため、場合によってはスマホの動作が遅くなる要因になることもあります。

Androidスマホの各機能の履歴を削除する方法

予測文字変換やコピペ履歴のほか、電話の発着信履歴、アプリのダウンロード・検索履歴など、Androidスマホ搭載機能の各種履歴を消す方法を紹介します。

キーボードの予測変換表示・クリップボードを削除する

スマホで文字入力機能を使うと、自動的に予測変換やクリップボードのコピペ履歴などの情報が記録されていきます。これらの履歴が気になる場合は、以下の手順で削除が可能です。

予測変換表示を個別に削除する

Android 履歴削除

スマホを使っていると、よく入力する言葉が上位に表示されるようになります。スムーズな入力の手助けとなってくれるこの機能ですが、時には人に見られたくない予測変換が残ることもあるでしょう。この予測変換表示は、以下の手順でリセットできます。

Android 履歴削除

キーボードの予測変換を個別に消すには、表示された予測文字を長押しします。削除メニューが表示されたら[OK]や[削除]をタップすれば完了です。削除した予測変換はその後、表示されなくなります。

すべての予測変換表示をまとめて削除する

Android 履歴削除 Android 履歴削除

予測変換を一括で削除するには、まず端末の「設定」アプリから[システム]もしくは[一般管理]へ進み、[言語と入力]を選択します。

すると「キーボードと入力」の項目に[仮想キーボード]や[オンスクリーンキーボード]があるので、これを選択しましょう。

Android 履歴削除 Android 履歴削除

キーボードが複数表示される場合は、消したいキーボードデータを選択してください。ここでは、多くのAndroidスマホに入っている「Gboard」を選択しました。

Gboardの場合、設定画面の一番下の[詳細設定]をタップし、メニューから[学習した単語やデータの削除]をタップ。最後に注意事項を確認して問題なければ[OK]を押せば完了です。

キーボードの種類によって操作が異なりますが、基本的には「リセット」や「初期設定にリセット」などの項目で候補の学習を消去したり、予測変換を無効にしたりすることが可能です。

クリップボードのコピペ履歴を削除する

Android 履歴削除

普段何気なく使うコピー&ペースト機能。スマホでコピーした文字列は「クリップボード」と呼ばれる場所に複数記録されます。コピペの内容によっては、このクリップボードの履歴も消しておきたいというケースもあるでしょう。

コピペ履歴の削除はサードパーティ製のアプリを使う方法もありますが、今回は多くのAndroidスマホに入っている「Gboard」での削除方法を紹介します。

Android 履歴削除 Android 履歴削除

Gboardの文字入力画面から、[]をタップしてメニューを開き、[クリップボード]を選択します。

Android 履歴削除 Android 履歴削除

クリップボードに記録された文字列が最大5件表示されるので、右上のえんぴつアイコンをタップ。あとは削除したい文字列を選択し、ゴミ箱アイコンをタップすれば削除完了です。

通話(電話の発着信)履歴を削除する

Android 履歴削除

電話の発着信履歴は、最も人に見られたくないプライベートな情報です。履歴を残さないようにするのは難しいですが、履歴自体は電話アプリの「履歴」タブから簡単に削除できます。

通話履歴を個別に削除する

Android 履歴削除

通話履歴を1件ずつ個別に削除するのはとても簡単。まずは「電話」アプリを開き、「履歴」タブを表示します。あとは消したい履歴を長押しし、[削除]をタップするだけです。

すべての通話履歴をまとめて削除する

Android 履歴削除 Android 履歴削除

すべての通話履歴を一括削除したいときには、右上のメニューボタン[]ボタンから[通話履歴]を選択します。

再度右上のメニューボタン[]ボタンをタップし、[通話履歴を消去]を選択します。 あとは確認画面でOKを押せば全履歴を削除完了です。

アプリの検索・ダウンロード履歴を削除する方法(Google Playストア)

Android 履歴削除

Google Playストアでは、アプリを検索した履歴や過去にダウンロードしたアプリの履歴が残ってしまいます。ここでは、Google Playのアクティビティを削除する方法を紹介します。

検証したGoogle Playのバージョン:Android版20.3.12

アプリの検索履歴をまとめて削除する

Android 履歴削除 Android 履歴削除

「Google Play」アプリを開き、メニューボタン[]から[設定]をタップします。[このデバイスにある検索履歴を消去する] をタップすれば、Google Playの検索履歴がすべて削除されます。

筆者が試した限りでは、Google Playでは検索履歴1件ずつ削除することができないようです。

アプリのダウンロード履歴を削除する

Android 履歴削除 Android 履歴削除

「Google Play」アプリを開き、メニューボタン[]から[マイアプリ&ゲーム]をタップすると、インストール済みアプリや以前ダウンロードしたことがあるアプリが一覧表示されます。

マイアプリ&ゲームの[ライブラリ]のタブには、過去にインストールしたことのあるアプリが一覧で表示されます。右側にある[×]をタップすると、1件ずつですが履歴を消去することが可能です。筆者が試した限りでは、このライブラリの履歴を一括削除する方法は見当たりませんでした。

アプリごとの履歴を削除する方法

YouTubeやGoogleマップは、Googleアカウントでログインして利用するとさまざまな履歴が保存されていきます。

YouTubeの検索/再生履歴を削除する方法

Android 履歴削除

ログイン状態のYouTubeで動画の検索や再生をすると、そのすべてが履歴として記録されます。個人の趣味嗜好を表すともいえるこれらの履歴は、なるべく見られたくないもの。ここでは、YouTubeの検索/再生履歴を削除する手順を紹介します。

検証したYouTubeアプリのバージョン:Android版15.22.33

再生履歴を個別に削除する

YouTube 履歴削除

まず、YouTubeアプリの「ライブラリ」タブから[履歴]をタップします。

YouTube 履歴削除
YouTube 履歴削除

再生履歴が表示されるので、動画の横のメニューボタン[]をタップしてください。展開したメニューから[再生履歴から削除]をタップすれば削除完了です。

再生履歴をまとめて削除する

YouTube 履歴削除 YouTube 履歴削除

まとめて消したい場合は、「ライブラリ」タブから履歴をタップし、画面右上にあるメニューボタン[]を押して「履歴の管理」を選択します。

YouTube 履歴削除

[再生履歴を削除]をタップし、確認画面を一読して[削除]をタップすれば完了です。

検索履歴を個別に削除する

YouTube 履歴削除

YouTubeの検索バーをタップすると検索履歴が表示されます。消したい履歴を長押して、表示されたメッセージで[削除]をタップすれば消去完了です。

検索履歴をまとめて削除する

YouTube 履歴削除 YouTube 履歴削除

まとめて消したい場合は、「ライブラリ」タブから履歴をタップし、画面右上にあるメニューボタン[]を押して「履歴の管理」を選択します。

YouTube 履歴削除

[検索履歴を削除]をタップし、確認画面を一読して[削除]をタップすれば完了です。

Googleマップの検索/ロケーション履歴を削除する

Android 履歴削除

Googleマップではスポットの検索履歴のほか、「ロケーション履歴」として訪れた場所や滞在時間、移動距離・ルートなども保存されます。それぞれ個別で削除するか、指定した期間の履歴をまとめて削除するか選択できるので、好みに合わせて手順を確認してください。

検証したGoogleマップアプリのバージョン:Android版10.41.4

検索・表示履歴を個別に削除する

Googleマップ 履歴 削除

Googleアカウントでログインしているスマホでは、Googleマップで過去に検索した履歴などが保存される仕様です。検索窓をタップすると、検索履歴が表示されてしまいます。

他のサービスと同様、ここで履歴を削除したいところですが、長押しなどでは履歴を削除できません。

Googleマップ 履歴 削除 Googleマップ 履歴 削除

検索履歴を個別に削除するには、Googleマップ右上のアカウントマークをタップ。続く画面で[設定]をタップします。

Googleマップ 履歴 削除 Googleマップ 履歴 削除

設定メニューで[マップの履歴]をタップしたら、「マップのアクティビティ」という画面が表示されます。

下にスクロールするとマップの検索履歴やアクセス履歴が一覧表示されるので、任意の履歴の横にある[]をタップ。あとは、[削除]をタップすれば完了です。

指定した期間の検索・表示履歴をまとめて削除する

Googleマップ 履歴 削除 Googleマップ 履歴 削除

前述の手順と同様に「マップのアクティビティ」にアクセスしたら、検索窓の横にあるメニューボタン[]をタップします。

続く画面で履歴を削除する期間の指定ができるので、任意の期間を選択してください。「全期間」に設定すると、すべての履歴が削除できます。

Googleマップ 履歴 削除

まとめて削除される項目が表示されるので、確認して問題なければ[削除]をタップ。これで履歴をまとめて削除できます。

1日分のタイムライン(ロケーション履歴)を削除する

Googleマップ 履歴 削除

1日の訪れた場所や滞在時間、移動距離・ルートなどが見れる

ロケーション履歴の設定がオンになっている場合、訪れた場所や滞在時間、移動距離・ルートなどが保存されます。便利な反面、万が一他人に見られたら困るので履歴を消したい、というケースもあるでしょう。

Googleマップ 履歴 削除 Googleマップ 履歴 削除

Googleマップを開いたら、右上のアカウントマークをタップ。続く画面で[タイムライン]をタップします。

Googleマップ 履歴 削除 Googleマップ 履歴 削除

画面上の[今日]部分をタップすると、カレンダーが表示されます。履歴を消したい日付をタップして選んでください。

Googleマップ 履歴 削除 Googleマップ 履歴 削除

選択した日付のタイムラインが表示されたら、右上のメニューボタン[]から[1日分をすべて削除]をタップします。

確認メッセージを読み、問題なければ[削除]をタップしてください。これで指定した日付のロケーション履歴は削除されます。

指定した期間のロケーション履歴をまとめて削除する

Googleマップ 履歴 削除

タイムラインの画面に移動し、右上のメニューボタン[]から[設定とプライバシー]をタップします。

Googleマップ 履歴 削除 Googleマップ 履歴 削除

ロケーション履歴の削除項目があるので、指定した期間もしくはすべて削除かを選択してください。「完全に削除しますか?」という確認画面が表示されるので、「理解したうえで削除します」にチェックを入れ、[削除]を押せば完了です。

ちなみに、「ロケーション履歴の自動削除」に設定しておくと、一定期間保存した後に自動的に履歴が削除されるので便利です。

Androidスマホで履歴を残さないようにする方法

そもそも履歴(アクティビティ)が記録されるのは、検索精度をより高めたり、入力を手間を省いたり、スムーズに表示したりと、ユーザーがスマホやサービスを便利に使えるようにするためです。

ただ、プライバシーの観点からむしろ履歴を残さずに使いたいと感じる人もいるでしょう。ここでは、履歴を残さずに各種機能を使う方法ををいくつか紹介します。

各種アクティビティを無効にする

「アクティビティ」とは、Googleアカウントに紐付いているアプリで検索した内容を保存し、別のアプリや端末からでも参照できるようにする機能です。

同じアカウントを使っていれば、複数の端末で履歴が共有できるという優れものですが、有効になっていると、Googleアカウントでログインしている限り履歴が保存されていきますから、履歴を残したくない時には無効にしてしまいましょう。

Android 履歴削除

「設定」アプリから[アカウント]へ進み、任意のgoogleアカウントを選択。[Googleアカウント]を開きます。 データとカスタマイズ タブをタップし、[アクティビティ管理]をタップします。

下記リンクをタップすることでも、アクティビティ管理にアクセスできます。

アクティビティ管理

Android 履歴削除 Android 履歴削除 Android 履歴削除

ここでは、「ウェブとアプリのアクティビティ(=Googleの検索履歴)」「ロケーション履歴(Googleマップ)」「YouTubeの履歴」の3つの項目を停止できます。必要に応じてオフにしましょう。

シークレットモードを使う

Googleマップは、Googleアカウントでログイン(サインイン)することにより検索履歴やロケーション履歴の記録がおこわれます。

Android 履歴削除

シークレットモードは、Googleアカウントからログアウト(サインアウト)しているのとほぼ同じ状態にできる機能です。

シークレットモード使用中は、検索やアクセス、動画の再生などをしても履歴に残りません。さらに、これまでの履歴などもすべて非表示になるので、自分の端末の画面を他人に見せる時など、一時的に履歴を隠したいときにも役立つでしょう。

とはいえ、機能が制御されたり必要な情報も記録されなかったりする場合があるので、注意が必要です。

Chromeでシークレットタブを使う

Android 履歴削除 Android 履歴削除

Chromeを開き、右上のメニューボタン[]から[新しいシークレットタブ]をタップします。このシークレットタブを使用しているときにのみ、プライベートブラウジングとなります。

Chromeのシークレットタブ使用中は、閲覧履歴、Cookie とサイトのデータ、フォームへの入力情報の保存がされません。

Googleマップでシークレットタブを使う

Android 履歴削除 Android 履歴削除

Googleマップアプリ内にも、シークレットモードの機能が実装されています。画面右上にある自身のアイコンをタップし、[シークレットモードをオンにする]を選択してください。

シークレットモードに設定されると、画面上部に「シークレットモードがオンになっています」と表示され、現在地を示す点が黒くなります。Googleマップでシークレットモードがオンのときに無効となる機能は、以下のとおりです。

  • アカウントへのブラウザの閲覧履歴や検索履歴の保存、通知の送信
  • ロケーション履歴または共有中の現在地情報の更新(ある場合のみ)
  • アクティビティを利用したマップのカスタマイズ

YouTubeでシークレットタブを使う

Android 履歴削除 Android 履歴削除

YouTubeアプリを開き、画面右上にある自身のアイコンをタップし、[シークレットモードをオンにする]を選択してください。シークレットモードに設定されると、背景が黒くなり、さまざまな機能が制限されます。

YouTubeでシークレットモードがオンのときに無効となる機能は、以下のとおりです。

  • 検索/再生履歴の保存、通知の送信
  • 動画のチャンネル登録・コメント・評価・お気に入り
  • これまでに登録したチャンネルや再生履歴、「後で見る」リストの閲覧

なお、You Tubeにはシークレットモードのほかに、「再生/検索履歴の一時停止」というプライバシー設定があります。有効にすることで、履歴を残さずに動画を視聴することが可能です。

詳しくは下記記事を参照してください。

検証端末:Xperia 5(Android 10)、Pixel 3/Pixel 3a/Pixel 4(すべてAndroid 10)、AQUOS sense plus(Android 9)、Galaxy A20(Android 9)

EDITED BY MOEGI