クリップボードでコピー履歴を確認する方法【Android/iPhone】

クリップボードでコピー履歴を確認する方法【Android/iPhone】

スマホで文章の作成中に「数回前にコピーしたテキストをもう一度使いたい」というシーンはよくあるもの。「クリップボード」にアクセスすれば、コピーしたテキストの履歴がチェックできるうえ、そこからいつでも貼り付けられます。

ただ、クリップボードがどこにあるのか知らないという人も多いでしょう。本記事では、クリップボードにアクセスする方法をAndroidスマホ・iPhoneそれぞれの端末で解説します。

スマホの「クリップボード」とは?

スマホでいう「クリップボード」とは、簡単にいえばテキストのコピー履歴です。クリップボードにアクセスすれば、過去にコピーしたテキストをいつでも呼び出す(貼り付ける)ことができます。

クリップボード Android iPhone

Androidスマホでは、プリインストールされているGoogle製のキーボードアプリ「Gboard」からクリップボードにアクセスできます(OSバージョンによる)。

一方、iPhoneでは標準機能としてのクリップボードにアクセスする方法は存在しません。テキストをコピーするたびに上書きされてしまい、過去にコピーした履歴は残らない仕組みです。そのため、複数のコピー履歴を保持するためには、サードパーティ製のアプリを利用する必要があります。

クリップボードはどこにある? OS別に確認方法を紹介

クリップボードへのアクセス方法をOS別に解説します。自身の使っている端末に合わせて確認してください。

AndroidスマホはGboardで文字入力画面からアクセスできる

クリップボード Android クリップボード Android

まず、メモ帳やメッセージアプリなど適当な文字入力ツールを開いてください。

多くのAndroidスマホにプリインストールされているキーボード「Gboard」の場合、文字入力画面からボードアイコンをタップすればクリップボードが開きます。

クリップボード Android

クリップボードに記録されているテキストをタップすれば、そのテキストをコピーでき、任意の場所に貼り付けられます。ただしGboardのクリップボードは、5つ記録されると自動的に古いものから削除されてしまいます。

そこで頻繁に使うテキストは、消えないように「固定」しておくことのがおすすめです。メールアドレスや住所、定型文などを固定しておけば、入力の手間がかなり省けるでしょう。

クリップボード Android クリップボード Android

固定する方法はいたって簡単。クリップボードを開いたら、固定したいテキストを長押ししてメニューから[固定]を選択します。これで、クリップボードに固定して保存されました。

クリップボード Android

固定したテキストは、通常のクリップボードの下に一覧で表示され、何件テキストをコピーしても上書きされることなく残り続けます。

固定を解除したい場合は、固定したテキストを長押しして「固定を解除」をタップしてください。

iPhoneは専用アプリを使うとアクセスできる

本来、iPhoneにはクリップボード機能はなく、1つのテキストまでしかコピー履歴を保存できません。しかし、専用アプリ「Copy Center 2」を利用すれば、コピー履歴を保存して確認できます。

アプリ「CopyCenter 2」をダウンロード
CopyCenter 2

クリップボード iPhone

コピーしたいテキストの先頭を長押ししてメニューから[コピー]を選択

使い方は簡単。「Copy Center 2」アプリをダウンロードした上で、通常の方法でテキストをコピーするだけです。

クリップボード iPhone クリップボード iPhone

「Copy Center 2」アプリを起動すると、「Copy Center」にコピーした内容が蓄積されていきます。

一覧から任意のテキストをタップすると再びコピーされ、好きな場所にペースト(貼り付け)できる仕組みです。

クリップボード iPhone

コピーしたテキストはメインフォルダに加えて5つのフォルダに保存でき、各フォルダ50個まで(合計最大300個まで)保存可能です。

検証端末:iPhone XS(iOS 14.0)、Pixel 3a(Android 11)、Galaxy A20(Android 10)

EDITED BY MOEGI