Google検索ボックスの履歴を非表示にする方法、保存させない方法も

“何を調べていたかが丸わかり”を防ぐには

GoogleアプリやChromeで検索する際、検索ボックス(検索窓/検索バー)をタップすると、過去に検索したキーワード履歴が候補として表示されます。

同じキーワードで検索するときには便利ですが、検索する度に過去の履歴が表示されるのは煩わしいもの。また、第三者にどんなことを調べているのか目視されてしまうリスクもあります。

本記事では、AndroidスマホやiPhoneでGoogle検索ボックス上の履歴を表示させない設定方法を解説。あわせて、履歴を保存させない方法も紹介しています。

Googleアプリで検索履歴を非表示にする/記録させない方法

まずは、Googleアプリで検索ボックス上の履歴を非表示にする方法を解説します。

多くのAndroidスマホでホーム画面にGoogleアプリの検索ウィジェットが設置されているため、AndroidユーザーはChromeよりもGoogleアプリのほうが馴染みがあるかもしれません。

Googleアプリの場合、設定で「ウェブとアプリのアクティビティ」が有効になっていると、入力したキーワードがログインしているGoogleアカウントに記録されます。

上の画像のようにログイン状態で検索すると、Googleアカウントに記録された履歴が検索ボックスに候補として表示される仕組みです。

方法1:Googleアカウントからログアウトした状態で検索する

Googleアプリの検索履歴は、Googleアカウントでログインすることにより記録されます。

そのため、単純にログアウトした状態で検索すれば、検索したキーワードは記録されませんし、ボックス上に履歴が表示されることもありません。

ログアウト状態だと「コレクション(ブックマーク)」が利用できませんが、そのほかは特に不便なく使えるでしょう。

方法は簡単。Googleアプリを開き、右上に表示されるアカウントアイコンをタップします。

Android版は、そのままメニューからアカウントなしで使用を選べばOK。iOS版では、メールアドレスの横にある▽をタップしてアカウントなしでアプリを使用を押してください。

以降は、検索ボックスに過去の履歴が一切表示されなくなります。

ログイン状態に戻したいときは、再びアカウントアイコンをタップして自身のアカウントを選択してください。

Googleアカウントやパスワードを入力しなくても、すぐにログイン状態に戻すことができます。

方法2:ウェブとアプリのアクティビティをオフにする

「ウェブとアプリのアクティビティ」とは、Googleアカウントに紐付いているアプリ・サービスの情報を保存する機能です。

この設定が有効になっていると、Googleアカウントでログインしている限り履歴が保存され、結果的に検索ボックスに候補として表示されてしまいます。

履歴を残したくないときや、表示したくないときは無効にしておきましょう。

Googleアプリを開いたら、右上のアイコンをタップ。メニューから検索履歴を選択します。

管理タブで「ウェブとアプリのアクティビティ」項目下のオフにするボタンを押しましょう。

確認画面が表示されるので、一読して問題なければ一時停止をタップ。これで設定完了です。

今後Googleアプリで検索しても履歴が残らない上、検索ボックス上の検索履歴も非表示になります。

Chromeアプリで検索履歴を非表示にする/記録させない方法

ブラウザのChromeアプリでは、Googleアカウントと端末の両方に履歴が保存されます。

前述したように、Googleアカウントに保存される履歴への対処は簡単です。一方で、端末に履歴が保存されるシステムを回避する方法は現状ありません。

Chromeの検索ボックスには、Googleアカウントだけでなく、端末に保存されている検索履歴も反映されます。

検索ボックスで各履歴を長押し削除すれば一時的には消えますが、検索する度に履歴が溜まるため、根本的な解決にはならないでしょう。

Chromeアプリの検索ボックスの検索履歴を非表示化できるか検証
  Android版 iOS版
Googleアカウントからログアウト(同期を解除) 効果なし 効果なし
ウェブとアプリのアクティビティ設定をオフ 効果なし 効果なし
自動入力(パスワード、支払い方法、住所)をすべてオフ 効果なし 効果なし
オートコンプリート入力をオフ 効果なし 効果あり
パーソナル検索をオフ 効果なし 効果なし

上表の通り、関連がありそうな設定をすべて試してみましたが、効果があったのは「オートコンプリート」をオフにする方法だけです(後述)。

ただ、Android版ではこの方法でも非表示にはできませんでした。

方法1:オートコンプリート設定をオフにする(iPhone版のみ)

オートコンプリートとは、過去に入力した文字を学習し、次に入力される言葉を予想して表示してくれる機能です。

iOS版Chromeアプリでは、この設定をオフにすることで検索ボックスの履歴を非表示化できました。

方法は簡単。Chromeアプリで新しいタブを開き、右上のアカウントアイコンをタップ。「検索語句やURLをオートコンプリートする」をオフにします。

以降は、検索ボックスに履歴が表示されなくなっているはずです。

方法2:シークレットモードタブで検索する

Androidスマホでも、工夫すれば履歴を表示させないように検索することは可能です。その方法のひとつがシークレットモードの活用です。

シークレットモードタブ使用中は、検索やWebサイトの閲覧をしても履歴に残りません。

また、検索ボックス上の履歴などもすべて非表示になるので、自分の端末の画面を他人に見せるときなど、一時的に履歴を隠したいシーンで役立つでしょう。

iPhone

Androidスマホ

iPhone、Androidスマホともにホーム画面上でChromeアプリを長押しし、メニューからシークレットタブないしシークレット検索を選択すればOKです。

Chromeのシークレットタブ使用中は、閲覧・検索履歴やCookieなどの情報が保存されません。

上記の方法でシークレットタブが開けない場合は、Chromeアプリ右上のメニューボタン​から新しいシークレットタブをタップしてください。

方法3:Chromeのウィジェットを作成する(Android版のみ)

Android限定の方法になりますが、ホーム画面にChromeアプリの検索ウィジェット(ショートカット)を設置するのもおすすめです。

ウィジェットの検索ボックスでは、履歴が表示されません。ここから検索するようにすれば、ふとした瞬間に第三者に履歴を目視される心配はなくなるでしょう。

ただし、新しいタブを開くとChromeのトップ画面に戻ります。トップ画面から検索した場合は、通常どおりボックス下に履歴が表示されてしまうので注意してください。

ウィジェットを追加するには、ホーム画面上でChromeアプリのアイコンを長押しし、メニューからウィジェットアイコンをタップします。

検索ボックスのウィジェットを長押しして任意の場所にドラッグすれば、設置は完了です。

検証バージョン
Googleアプリ
iOS
167.0
Googleアプリ
Android
12.25.10.29
Chromeアプリ
iOS
91.4472.80
Chromeアプリ
Android
91.0.4472.120
EDITED BY
MOEGI