Amazonで領収書を発行する方法と注意点【iPhone/Android/PC】

Amazonで領収書を発行する方法と注意点【iPhone/Android/PC】

Amazon(アマゾン)で商品を買った場合、基本的に領収書は同包されません。領収書は、商品発送後に注文履歴から発行できる仕組みになっています。

しかし、支払い方法によっては、サイト上から発行できなかったり、発行の形式が違ったりするので注意が必要です。そこで本記事では、Amazonでの領収書発行について知っておきたい注意点を解説。そのうえで、実際に領収書を発行する手順を紹介します。

事前に確認しておきたい注意点

Amazonで領収書を発行する前に、知っておきたい注意点をまとめました。

支払い方法によっては「購入明細書」しか発行できない

Amazon.co.jp(Amazonマーケットプレイス出品者含む)で領収書を発行できるのは、商品の代金をクレジットカード/携帯決済/Paidy翌月払い/Amazonギフト券/Amazonポイント/パートナーポイントのいずれかで支払った場合です。

領収書が発行できる支払い方法
  • クレジットカード
  • 携帯決済
  • あと払い(Paidy翌月払い)
  • Amazonギフト券
  • Amazonポイント
  • パートナーポイント
領収書が発行できない支払い方法
  • コンビニ払い
  • ATM払い
  • ネットバンキング払い
  • 電子マネー払い
  • 代金引換

コンビニ/ATM/ネットバンキング/電子マネー/代引きで代金を支払った場合、領収書ではなく「購入明細書」の発行ができます。それでは、領収書と購入明細書にはどのような違いがあるのでしょうか。

領収書

Amazon 領収書

Amazonで発行できる領収書には、以下のような項目が記載されています。

領収書に記載される主な項目
発行日 サイト上で領収書を発行した日付。再発行の場合には、再発行の日付が表示される
注文日 サイト上で商品を注文した日付。実際に届いた日付ではない
宛名 空欄になっている。必要に応じて印刷・ダウンロード後に自身で個人名や社名を記入する
注文商品 Amazon.co.jpに掲載されている名称と同じ商品名。但し書きにあたる
請求金額 送料・手数料を含めた支払い金額
お届け先住所 注文確定時に指定した住所
支払い方法 注文確定時に指定した支払い方法。クレジットカードの場合はカード番号の下4桁と請求先住所も記載される

経費精算や確定申告で提出する書類として必要な項目は、網羅されているはずです。Amazonの公式ヘルプにも「正式な様式の領収書」だと明記されています。

「注文履歴」に表示される印刷可能な税記載領収書は、経費報告書に使用できる正式な様式の領収書です。

Amazon.co.jp ヘルプ: 領収書

なお、Amazonで注文した商品の領収書は、何回でも表示可能です。ただし、2回目以降の領収書には「再発行」と表示され、さらに「発行日」は再発行した日に更新される点に注意してください。

購入明細書

Amazon 領収書

購入明細書には「発行日」と「宛名欄」が記載されません。ただし「注文日」「注文商品」「配送先の住所と名前」「支払い金額」などはしっかり書かれているので、領収書の代用ができる可能性も十分にあります。

とはいえ、会社ごとにルールは異なります。経費精算の書類として提出する場合は、事前に経理担当者に確認しておくのが無難でしょう。

レシートや送り状の控えなども活用できる

Amazon 領収書

Amazonのコンビニ払いをした後に発行されるレシート

先に述べたように、コンビニ/ATM/ネットバンキング/電子マネー/代引きではAmazonのサイト上で「領収書」を発行できません。

しかし、これらの支払い方法でも「金銭を支払った」という何かしらの証明書はもらえます。たとえば、コンビニ支払いでもらえる「受領書」と書かれたレシートや、代金引換の際に配達員に渡される送り状の控え、ATMで発行される利用明細などです。

これらが領収書の代わりとして認められる場合もあります。前述した「購入明細書」を補完する書類としても役立つので、捨てずに保管しておきましょう。

基本的に宛名は空欄になっている

Amazon 領収書

領収書を発行する際に、「宛名」がどう記載されるのかは気になるところ。Amazonのサイト上で発行できる領収書の宛名は、空欄になっています。Amazonが発行した領収書のデータはユーザー側で編集できないので、印刷した後に自分で宛名を記入しなければなりません。

Amazon 領収書

一方、コンビニ/ATM/ネットバンキング/電子マネーの場合は、Amazonアカウントの所有者名が領収書(レシート)に記載される場合とされない場合があるとのこと。実際、筆者がコンビニ払いをした際にもらった受領書(レシート)には、宛名やアカウント情報などは書かれていませんでした。

なお、代引きでもらえる領収書には、Amazonに登録されている「商品届け先」が宛名として印刷されるようです。

コンビニ払い、ATM払い、ネットバンキング払い、電子マネー払い:お支払い先の店舗によっては、Amazonアカウントの所有者名が領収書に記載される場合とされない場合があります。

Amazon.co.jp ヘルプ: 領収書

PC版サイト以外だと表示できない可能性も

Amazon 領収書Amazon 領収書Amazon 領収書

普段あまり意識しないかもしれませんが、Amazonのサイトは「PC版」「モバイル版」「アプリ版」と3つの閲覧方法があります。この3つの閲覧方法のうち、領収書の発行に対応しているのは現状「PC版」だけのようです。

以前はモバイル版でも発行ができましたが、筆者が2021年6月に試したところ「領収書」ボタンが押せなくなっていました。スマホで領収書を発行する際は、PC版サイトに切り替えてからおこなうと確実でしょう。

Amazonで領収書を発行する方法

ここからは、実際にAmazonのサイト上で領収書を発行する手順を紹介します。

1PC版サイトに切り替える(スマホの場合)

Amazon 領収書Amazon 領収書

スマホで領収書を発行する場合、SafariやChromeなどのブラウザでAmazon.co.jpのウェブサイトにアクセスし、自身のアカウントにログインしてください。トップ画面が表示されたら一番下にスクロールし、[Amazon PCサイト]をタップします。

PCを利用している人は、ここのステップは読み飛ばしてください。

アプリが起動してしまうときの対処法

スマホにAmazonショッピングアプリをインストールしている場合、ブラウザでAmazonにアクセスしようとすると強制的にアプリが起動してしまうことがあります。次の方法でアクセスしてみましょう。

iPhoneの場合

Amazonサイト 長押し 新規タブで開く

検索結果画面からAmazon.co.jpのサイトを開く際にページタイトルを長押しし、[新規タブで開く](Safari)や[新しいタブで開く](Chrome)をタップします。

Androidスマホの場合

Amazon 領収書Amazon 領収書Amazon 領収書

Androidスマホの場合、(1)ホーム画面でAmazonアプリを長押しして[ アプリ情報]をタップ、(2)[デフォルトで開く]→[対応リンクを開く]の順にタップ、(3)「その都度確認」あるいは「そのリンクを開くことをアプリに許可しない」のいずれかにチェックを入れた状態で、あらためてAmazonにアクセスしてください。

2「注文履歴」をタップ(クリック)する

Amazon 領収書

PC版サイトを開いたら、画面上部にある[注文履歴]をタップします。

3「領収書」をタップ(クリック)する

Amazon 領収書

領収書を発行したい商品を選択し、[領収書]→[領収書/購入明細書]をタップすると領収書を発行できます。

4印刷する/PDF化してダウンロードする

Amazon 領収書

領収書が表示されたら、必要に応じて[このページを印刷してご利用ください]をタップしてプリントアウトしましょう。

また、PDF形式で端末にダウンロードすることも可能です。使っているデバイスに合わせて、以下の手順を確認してください。

iPhone(Safari)でPDFファイルをダウンロードする方法

Amazon 領収書Amazon 領収書

領収書を表示させた状態で、画面下の共有ボタンをタップ。共有メニューで[オプション]を押します。

Amazon 領収書Amazon 領収書

「PDF」にチェックを入れ、[完了]ボタンをタップ。再び共有メニューが表示されるので[ファイルに保存]を押してください。保存先のファイルを選択して[保存]をタップすれば完了です。

Androidスマホ(Chrome)でPDFファイルをダウンロードする方法

Amazon 領収書Amazon 領収書

Chromeの場合、領収書を表示させた状態でメニューボタン[]→ダウンロードボタン[]の順にタップ。

これで、PDFファイルとしてダウンロードできます。

PC(パソコン)でPDFファイルをダウンロードする方法

Amazon 領収書

パソコンの場合、Mac、Windows共通で領収書ページの「このページを印刷してご利用ください」をクリックします。

Amazon 領収書

Windowsの場合はプリンター、Macの場合は送信先項目の[∨]ボタンをクリックします。表示されるメニューからWindowsは[Microsoft Print to PDF]、Macは[PDFに保存]をクリックし、任意の場所に保存すれば完了です。

EDITED BY
MOEGI