ペイディあと払いとは? デメリットや使い方など気になる疑問を徹底解説

実際にAmazonでペイディを使って検証

買い物ごとの利用代金を翌月にまとめて支払える“あと払い”の決済サービス「Paidy(ペイディ)」。AmazonやQoo10をはじめ、さまざまな通販サイトで採用されている注目の支払い方法です。

ただ、クレジットカードや代金引換と比べて、ペイディはまだ世の中に浸透しているとはいえません。「何となく怖い」「よく知らない」といった理由で利用をためらっている人は少なくないでしょう。

そこで本記事では、ペイディとはどんな支払い方法なのを解説。実際の使い方や、利用していて感じたメリット・デメリット、注意点などを詳しく解説します。

Paidy(ペイディ)とは?

ペイディは、東京都に本社をかまえる株式会社Paidyが運営する決済サービス。2021年9月にアメリカの決済会社大手、PayPal(ペイパル)に約3000億円で買収されたことでも話題を集めました。

まずは、ペイディとはどんなサービスなのか簡単に紹介します。

翌月にまとめて支払える「あと払い」サービス

ペイディは、買い物ごとの利用代金を翌月にまとめて支払える「あと払い」ができるサービスです。

ペイディ後払い

ペイディでは、1日〜月末までの利用分をまとめて翌月1日〜10日の間に精算します。たとえば、ペイディを利用して9月10日にAmazonで5000円のバッグを購入、9月20日にQoo10で2000円の洋服を購入、9月28日にSHOPLISTで3000円の帽子を購入した場合、購入総額の1万円を10月1日〜10日までに支払うイメージです。

「欲しいバッグが最後の1点で今買わなければならない。でも給料日前で手持ちのお金が足りない」といった場合、支払いのタイミングを先にずらせると助かります。

ペイディの精算方法
  概要 手数料 精算期間
コンビニ支払い コンビニのレジで現金を支払う 356円(税込) 毎月1日〜10日の間の好きなタイミングで支払う
銀行振込 メールで届く請求書に記載されている口座に振り込む 銀行により異なる(多くは数百円程度) 毎月1日〜10日の間の好きなタイミングで支払う
口座振替 登録した銀行口座から自動で引き落とされる 無料 毎月12日に自動引き落とし

ペイディで利用した金額は、「コンビニ支払い」「銀行振込」「口座振替」のいずれかの方法で精算します。

口座振替なら手数料が発生しないので、手数料無料で利用したい場合は買い物をする前に振り替え用の口座設定をしておくことをおすすめします(手順は後述)。

電話番号とメールアドレスさえあればすぐ利用できる

ペイディの最大の特徴(メリット)は、電話番号とメールアドレスさえあればすぐに利用開始できること。

一般に「後払い」サービスは、手元にお金がなくても買い物ができてしまうため、(事業者には)期日どおり支払いがされなかったり、支払いを踏み倒されたりするリスクがあります。そのため、利用開始にあたっては審査がおこなわれるケースがほとんどです。

後払いサービスの代表ともいえる「クレジットカード」の場合、発行の際には住所や名前だけではなく、勤務先や年収などの個人情報の提供が必要です。

ペイディ 使い方

この点、ペイディはメールアドレスや電話番号などを記入するだけで登録完了。年齢や職業はおろか、住所の入力さえ求められません。追加の本人確認を済ませることでさまざまなオプション機能が使えるようになりますが、メールアドレスや電話番号だけの登録状況でも問題なく使えます。

後述するように、ペイディにも審査がないわけではありません。しかし、他のサービスと比べると利用開始のハードルはかなり低いといえるでしょう。

さまざまなオンラインショップで利用できる

ペイディはAmazonをはじめ、Qoo10やビックカメラ、SHOPLIST、ふるさとチョイスなど多くの通販サイトで利用できます。

ペイディ加盟店の一例

Amazon/Qoo10/Rakutenラクマ/ビックカメラ/BUYMA(バイマ)/SHOPLIST(ショップリスト)/ふるさとチョイス/セカンドストリート/fifth/PEACH JOHN/エアトリ/DMM.com/GLADD/MAGASEEKなど

また、支払い設定が簡単なのもペイディのメリットのひとつ。最初にペイディの利用登録を済ませてしてしまえば、通販サイトに電話番号とメールアドレスを入力するだけで支払いができるようになります。

クレジットカードのように、いちいちカード番号やセキュリティ番号、名義などを入力する必要がないので、利用開始がとてもスムーズです。また、バーチャルカードの「ペイディカード」を発行すると、Visaマークのある通販サイトならどこでも利用可能になります。

Amazonでの支払いに「ペイディ」を使ってみた

ここからは、実際にAmazonでペイディ(あと払い)を利用して、精算するまでの手順を紹介します。なお、手順は他のオンラインショップでもほぼ同じです。Amazon以外を利用する場合でも参考にしてください。

ペイディキャンペーン

現在、Amazonでペイディを使うと最大5%分のAmazonポイントが還元されるキャンペーンが開催中(要エントリー)。以下の通り、あと払い(ペイディ)を利用して決済した金額の総額に応じて還元率がアップします。

Amazonでペイディ使用時のポイント還元率
あと払い (ペイディ) を利用した決済金額の総額(税込) ポイント還元率
1万2000円〜 5%
8000円〜1万1999円 3%
4000円〜7999円 2%
1円〜3999円 1%

ポイントの付与上限は毎月最大1500Pまで。1日~末日までの獲得ポイントが、翌々月中旬頃に一括で付与されます。

キャンペーンに参加するには特設サイトでのエントリーが必須です。以下のボタンよりアクセスし、エントリーボタンを押してください。

「Paidy」アプリをダウンロード

アプリ「Paidy」をダウンロード

iPhoneはApp Store、AndroidスマホはGoogle Playストアで「Paidy(ペイディ)」アプリをインストールしましょう(上のボタンから直接遷移できます)。

登録はWebサイト経由でもおこなえますが、今後明細を確認したり精算したりするのにアプリがあったほうが断然便利です。

電話番号認証を済ませる

ペイディ 使い方
ペイディ 使い方

アプリを起動したら、チュートリアルを一読して[スキップ]をタップ。続く画面で、メールアドレスと電話番号を両方入力して[認証コードを受け取る]をタップしましょう。

端末のSMS(ショートメッセージサービス)に4桁の数字が届いているはずなので、これを30秒以内に入力してください。

初期設定
ペイディアプリ

パスコードやFace ID連携といったセキュリティ設定をおこなえば、初期設定は完了です。Paidyアプリのトップ画面が表示されます。

必要に応じて銀行口座を連携しておく

支払い方法(精算方法)は、デフォルトで「コンビニ払い・銀行振込」に設定されています。口座引き落としで精算したい場合、買い物前に設定を済ませておきましょう。

ペイディ 使い方
ペイディ 使い方

「アカウント」タブから[お支払い方法]に進みます。口座振替の[申し込む]ボタンをタップしたら、案内にしたがって設定してください。

Amazonとペイディアカウントを連携する

人形アイコン
すべてを表示

Amazonにアクセスし、トップ画面右上にある人型アイコンをタップ。「アカウントサービス」横にある[すべてを表示]ボタンを押しましょう。

支払い方法
支払い方法

お客様の支払い方法お支払い方法を追加の順にタップして進みます。

あと払いを追加
次へ進む

[あと払い(ペイディ)アカウントを追加]を選択します。続く画面で、ペイディに登録したメールアドレス・電話番号情報と氏名を入力します。

同意してコードを送信
追加

請求先住所を選択したら、[同意して認証コードを送信する]をタップ。これで、Amazonの支払い方法にペイディを追加できました。

支払い方法を「あと払い(ペイディ)」に指定して商品を注文する

カート
あと払い

Amazonで欲しい商品をカートに入れたら[レジに進む]ボタンをタップ。支払い方法の選択画面で「あと払い(ペイディ)」にチェックを入れ、続行を押します。

あと払い
注文を確定する

最後に、注文確認画面で支払い方法があと払い(ペイディ)になっていることを確認したら、注文を確定するボタンを押します。

なお、ペイディでは決済ごとに与信審査がおこなわれます。ユーザーのサービス利用状況(支払い遅延の有無など)によっては、決済が承認されないこともあるので注意しましょう。

Paidyでは決済ごとに与信審査を行っております。審査結果によってはPaidyをご利用いただけない場合がございます。お手数ですが、「決済が承認されませんでした」というメッセージが表示される場合は、ショップが提供するPaidy以外のお支払い方法をご利用いただきますようお願いいたします。なお、審査基準の詳細は開示できかねますのでご了承ください。

商品の発送完了と同時に決済が確定する

利用金額の確定
利用金額の確定

商品の発送完了と同時に、ペイディから決済確定のメールが届きます。Paidyアプリの「ご利用明細」タブにも確定した金額が記載されているのでチェックしてみましょう。

翌月1日から10日までの期間に精算する

ペイディ

ペイディの1カ月分の請求金額が確定し次第、メールとSMS経由で支払い方法の案内(請求書)が届きます。10日までに以下いずれかの手段で支払いを済ませましょう。

あらかじめ口座引き落とし設定を済ませている人は、毎月12日に利用金額が自動で引き落とされます。請求金額分が口座にあるか確認しておきましょう。

方法1:セブンイレブン・ローソン・ミニストップ・セイコーマートで支払う

ペイディアプリ
ペイディアプリ

精算期間になったら、Paidyアプリを開き「ホーム」タブの[お支払い]ボタンを押します。続く画面で[お支払い方法を選ぶ]をタップしましょう。

コンビニ支払い
支払い方法

すぐにバーコードが表示されるので、この画面を各コンビニのレジでスタッフに提示します。あとは、案内された通りにお金を支払えばOKです。1回の精算につき手数料356円が発生します。

方法2:ファミリーマートで支払う

前述と同じ要領で、「Paidy」アプリを開き「ホーム」タブの[お支払い]ボタンを押します。続く画面で[お支払い方法を選ぶ]をタップします。

ファミリーマート
ファミリーマート

[ファミリーマート]を選択すると、「お支払い受付番号」と支払い方法が表示されます。

ファミリーマート

案内通り、店内にあるマルチコピー機を操作してお支払い受付番号を入力しましょう。発券されたレシートをレジのスタッフに渡して、現金を支払えばOKです。1回の精算につき手数料356円が発生します。

方法3:銀行振込で支払う

前述と同じ要領で、「Paidy」アプリを開き「ホーム」タブの[お支払い]ボタンを押します。続く画面で[お支払い方法を選ぶ]をタップします。

口座振込み
口座振込み

支払い方法の選択画面で「お客様専用振込口座」を選択。あとは記載されている「お客様専用振込口座」に利用金額を振り込めば精算完了です。振り込み手数料はユーザー側の負担となります。

実際に使って感じたデメリットや注意点

最後に、実際にペイディあと払いを使って感じたデメリットや注意点をまとめました。

デメリット1:口座振替以外の方法で精算すると手数料が発生する

コンビニ支払い手数料

前述したように、ペイディの精算方法は「コンビニ支払い」「銀行振込」「口座振替」の3つ。このうち、口座振替以外の方法は手数料が発生してしまいます。

コンビニ支払いの場合は、1回の精算あたり税込356円の手数料が加算されます。現金での精算を希望する人や銀行口座を持っていない人は、残念ながら手数料を避けられません。

また銀行振込で精算した場合も、手数料はユーザー側が負担しなければなりません。振込手数料は自身が利用している銀行によって異なりますが、他行宛て振込だと数百円程度の手数料が発生するケースがほとんどでしょう。

デメリット2:ポイント還元・キャッシュバックなど特典がない

ペイディは利便性に優れたサービスで手軽に利用できるのが魅力ですが、お得感という面では同じ後払い決済のクレジットカードに劣ってしまいます。ペイディにはポイント還元やキャッシュバックなどのシステムがないからです。

クレジットカード支払いのイメージ

還元率1%のクレジットカードを使って買い物した場合の特典イメージ

たとえば、年会費・入会費無料の「楽天カード」なら1%分の楽天ポイント、同じく年会費・入会費無料の「PayPayカード」なら1%分のPayPayポイントが貯まります。1%の還元率というのは、仮に毎月1万円分の買い物をした場合、年間でおよそ1200円分(=100×12)得するということです。

お得感を重視したいなら、ペイディよりもこういった年会費・入会費無料の特典付きクレジットカードを利用するほうがよいでしょう。

楽天カード
楽天カード
年会費初年度:
0

2年目以降:
0
還元率
1.00%
ポイント
楽天ポイント
ウォレット
Apple Pay
Google Pay
電子マネー
QUICPay
楽天Edy
申込条件
18歳以上(高校生不可)
審査/発行
/
最短1週間
支払い

毎月末日締め

/

翌月27日引落

  • 楽天ポイントの基本還元率が1%(100円につき1ポイント=1円相当)。しかも年会費は無料

  • 楽天市場では3%以上の還元率。SPU(スーパーポイントアッププログラム)やお買い物マラソンなどでポイント最大42倍も

  • 楽天ポイントは貯められる、使える店舗・サービスが多い

ただ、各オンラインショップ側でペイディ支払いの特典が付与されるケースもあります。

現在は、Amazonでペイディを使うと最大5%分のAmazonポイントが還元されるキャンペーンが開催中です。自身がよく使うショップでキャンペーンがおこなわれていないかチェックしてみるとよいでしょう。

デメリット3:期日までに精算を済ませないと遅延損害金が発生する

ペイディでは、支払いの期日を過ぎてしまうと遅延損害金が発生します。これはペイディだけでなく、クレジットカードなどすべての後払いサービスに共通しています。

ペイディ利用規約第7条には、支払いが遅延した場合、罰則として年率14.6%の遅延損害金を支払わなければならない旨が記載されています。

利用者が代金等債権のお支払いを遅滞した場合には、当社は利用者に対し、約定返済期日の翌日より支払いに至るまで、年14.6%の割合による遅延損害金をご請求させていただきますので、あらかじめご了承ください。

遅延損害金は「元本」×「14.6%」×「遅延した日数」÷「365日」で割り出されます。これに加えて、回収手数料が1請求あたり153円発生します。

遅延損害金の支払いイメージ

たとえば5000円の支払いを遅延した場合、30日後に支払えば遅延損害金60円+回収手数料153円で最終的に5213円の支払いで済みます。しかし、90日後に支払った場合、遅延損害金は180円に。回収手数料153円と合わせて、請求金額は5333円に膨らんでしまいます。

このように、遅延損害金はすぐに支払えば少額で済みますが、支払いが遅れるほど高額になる仕組みです。何らかの事情で払いが遅れてしまった場合、なるべく早く支払うことをおすすめします。

すぐ払い

また支払いが滞ってしまった場合、「遅延損害金を払えばすべて解決」というわけではありません。ペイディの利用が制限されるのはもちろん、あまりに長期間の遅延が発生すると信用情報に影響を及ぼす可能性もあります。

ペイディでは、支払い期日を待たず好きな時に精算できる「すぐ払い」も可能です。払い忘れによる遅延を回避するため、必要に応じて利用するとよいでしょう。

デメリット4:自己管理能力が問われる

ペイディでは手元にお金がなくても欲しい物を購入できてしまうので、どうしても「お金が減る」という実感を得にくくなります。使いすぎてしまい、「請求金額が収入を超えた」「支払いができなくなった」いうトラブルも珍しくはありません。

特にペイディは登録時に支払い能力の審査や収入制限などがおこなわれるわけではないので、後払いに対する心理的ハードルが低くなってしまいがちです。自身の月収と照らし合わせて、限度額をしっかりと把握しておく必要があります。

EDITED BY
MOEGI