LINE通話で音声が「聞こえない」「途切れる」ときの対処法まとめ

LINE通話で音声が「聞こえない」「途切れる」ときの対処法まとめ

LINE(ライン)の友だちやグループと実質無料で電話できるLINEの音声・ビデオ通話。非常に便利な機能ですが、通話中に音声が途切れる、ノイズがかかって聞き取りにくい、といったことも結構あります。

本記事では、LINE通話で音声が聞こえない/途切れてしまうトラブルの原因と対処法について紹介。オーディオデバイスの状態やLINE通話の音質を確認できる「テスト通話」の使い方も解説します。

音声トラブル以前に、そもそもLINEで通話を発信/着信できないという場合には、以下の記事を参照してください。

LINEで通話できない? 権限やマイクなどの原因別に対処法を解説

LINE通話で音声が聞こえない/途切れる場合に考えられる原因

ここでは、音声が聞こえない場合に考えられる原因を挙げたうえで、オーディオ環境をチェックできる「テスト通話」機能について解説します。

聞こえづらさの原因はさまざまで特定するのは難しい

LINEの通話で音声が聞こえにくかったり、途切れたりするトラブルの原因は、さまざまなことが考えられます。操作や設定の単純なミスもあれば、通信環境(電波)やBluetooth接続のイヤホンなど外的要因の可能性も。

LINE通話が聞こえない場合の主な原因
  • 自分もしくは相手のマイクがミュートになっている
  • 受話音量が小さくなっている
  • 通信環境(電波)が悪い
  • 通信速度制限を受けている
  • イヤホンなど外部機器とBluetooth接続されている
  • Full HD voice/オーディオモード/OpenSLの設定(Android版LINE)
  • そのほか、LINEアプリのバージョンや端末の不具合、故障など

さらに、音声通話が上手くいかない原因が自分側ではなく相手側にある可能性もあるため、原因を特定するのは難しいところです。

自分か相手のどちらが原因なのかを特定するには「テスト通話」が便利

LINEには、自分のオーディオ環境をチェックできる「テスト通話」という機能があります。これを使えば、音声が聞こえない原因が自分側にあるのか、それとも相手側にあるのか、という点だけでも特定することが可能です。

テスト通話

仕組みは簡単で、テスト通話に話しかけた声が録音・再生されるというもの。

通話相手に聞こえるのと同じ音声が再生されるので、ここで「ノイズがうるさい」「声が聞き取れない」状況であれば、自分側のオーディオ環境や通信環境になんらかの原因があるということになります。

設定 通話 テスト通話 テスト通話の内容は全て録音されます

テスト通話を試すには、LINEアプリの「ホーム」タブから設定ボタン[]→[通話]→[テスト通話]の順にタップ。

「テスト通話の内容はすべて録音されます」といった注意書きが表示されるので、[OK](Androidは[確認])を選択して次に進みます。録音された音声は通話品質の改善目的のみに分析・利用する、と案内されています。

テスト通話中の画面

テスト通話が始まると音声ガイドが流れ、「ピー」という発信音の後に10秒間音声を録音するように指示されるので、それに従って何か適当に話して録音してください。

10秒経つと、録音した音声が再生されます。ここで自分の声が正常に再生されれば、自分側のオーディオや通信環境には問題がないことがわかるため、聞こえづらさの原因は相手にあることが考えられます。

音声が聞こえない/途切れてしまうときに試したい対処法

ここからは、LINE通話が聞こえない/途切れてしまうときの原因とその対処法を順に紹介していきます。

マイクがミュートになっていないか確認する

マイクのミュート状態

マイクのマークが緑色になっていたらミュート状態

マイクがミュート(オフ)になっていると、こちらの音声は相手に届きません。また、逆に相手のマイクがミュートになっていると、相手の音声が一切聞こえなくなります。

ミュート状態では、音声だけでなくノイズや環境音なども一切聞こえなくなります。通話中に不自然なほど静かになったら、相手がなにかの拍子にミュートボタンに触れてしまったことが考えられるでしょう。

受話音量を上げる

相手の声が遠い、小さいという時には、受話音量の問題である可能性が高いです。なお原則、受話音量はゼロにはならない仕様になっているので、まったく聞こえない場合には音量ではなく別の原因が考えられます。

iPhoneで受話音量を上げる

iPhone 音量ボタン

LINEで通話している最中であれば、音量ボタンから受話音量の調節ができます。

iPhoneの場合、受話音量は通話中にのみ音量調整が可能で、電話を切ったあとは変更できません。一時的に音量を大きくしたつもりでも、次に電話を利用するときに音量が大きすぎて驚くことがあるので、注意してください。

Androidスマホで受話音量を上げる

Android 音量ボタン

Androidスマホでも通話中であれば、音量ボタンから受話音量の調節ができます。音量ボタンの位置は端末によって異なりますが、多くは側面にあり、縦長の形状の場合もあれば2つ備わっていることもあります。

通話中以外は、端末の「設定」から音やサウンドなどの項目へ移動し、「通話」項目にある音量調節バーをスライドさせて音量を変更しましょう。

安定したネット環境に接続する

LINEの通話はインターネット回線を利用しているため、周囲の環境によっては聞こえなくなることや音声が途切れてしまうといった現象が発生します。

調子が悪いと感じたら、まずは通信環境を確認し、電波が悪い場合は移動するか、機内モードをオン・オフするなどで通信をリフレッシュしてみましょう。これだけで改善することも多いものです。

インターネット

また、Wi-Fi接続で通話をしていても安心はできません。古いWi-Fiルーターや、多数の人が接続する公共のWi-Fiなどに接続していると、電波が強いような表示が出ていても実際には通信速度が遅いというケースがあります。

そんな時は、Wi-Fiからモバイルデータ通信に切り替えることで改善するケースがあります。

iPhoneでWi-Fi接続を切る AndroidでWi-Fi接続を切る

左:iPhoneのコントロールパネル右:Androidスマホのクイック設定パネル

iPhone、Androidスマホともに、画面を上から下にスワイプすると表示されるパネル(コントロールパネル/クイック設定パネル)から、Wi-Fiのオン/オフを切り替えることができます。

通信速度制限を受けていないかチェックする

月々のパケット使用量を上回ると通信速度制限がかかり、音声・ビデオ通話のような容量の大きなデータは上手くやりとりできなくなってしまいます。今まで快適に通話できていた環境にもかかわらず音声が聞き取りづらいといった現象が起こった時には、データ通信量も確認してみましょう。

スマホの「通信速度制限」とは──いつまで続くのか、解除や確認の方法、回避するための対策など

NTTドコモのデータ通信量確認の画面

NTTドコモのデータ通信量確認の画面

通信量の確認は、キャリアなど通信会社の公式ページ・アプリなどでおこなえます(方法は下記記事を参照)。速度制限が原因で通話の音声が乱れている場合、パケットを追加購入するか、安定したWi-Fiを利用します。

LINEの通話は通話料こそ無料ですが、モバイルデータで利用すれば通信パケットを消費します。特にビデオ通話はそれなりの通信量を消費するので、モバイルデータ通信での長電話は避けたほうが賢明です。

ちなみにLINE公式サイトによれば、10分間の通話で音声が約3MB、ビデオ通話が約51MBの通信量という結果になっています。

イヤホンなど外部機器とのBluetooth接続を切る

端末がBluetooth接続のイヤホンやヘッドホンとペアリングした状態になっていると、音の出力先が切り替わります。そうなると、端末の内蔵スピーカーから音が出なかったり、本体のマイクを使用しての通話ができなかったりといった現象が起こる可能性があります。

AirPods

ただ、イヤホンなどを接続した状態であっても、LINEの通話ができないわけではありません。相手側の声はイヤホンから聞こえますし、マイク付きのイヤホンであればそのまま会話をすることが可能です。

イヤホンを通してではなく、端末のスピーカーとマイクでLINE通話をしたい場合は、外部機器と端末のBluetooth接続を切りましょう。

iPhoneでBluetooth接続を切る iPhoneでBluetooth接続を切る

左:iPhoneのコントロールパネル右:Androidスマホのクイック設定パネル

iPhone、Androidスマホともに、画面を上から下にスワイプすると表示されるパネル(コントロールパネル/クイック設定パネル)から、それぞれBluetoothのオン/オフを切り替えることができます。

Full HD voice/オーディオモード/OpenSLをオフにする(Android版LINE)

LINEの無料通話は、音声通話をより高品質で利用できるモードが各種用意されており、利用可能な環境にあるときに自動的にオンになる仕様になっています。

しかし、一部の端末ではこれらのモードがトラブルの原因になるケースもあるようです。この場合、手動でオフにすることで解決する可能性があります(オフにできるのはAndroidスマホのみ)。

Full HD voice/オーディオモード/OpenSLをオフにする Full HD voice/オーディオモード/OpenSLをオフにする

LINEの「ホーム」タブから設定ボタン[]→[通話]へと進み、[通話の詳細設定]をタップしてください。ここで、[Full HD voice通話]と[OpenSL]のチェックを外します。

続いて、 「オーディオモード」の項目をタップし[コミュニケーションモード]から、[通常モード]に切り替えます。

それでも解決しない場合はLINEアプリのアップデートや端末の再起動をする

以上の点を確認しても解決しない場合、LINEアプリのバージョンアップや端末の再起動によって解決することがあります。また、LINE通話以外のアプリでも音声の調子が悪い場合は、端末の受話口やスピーカー、あるいはマイクの故障も考えられます。一度ショップなどに相談してみましょう。

単に無料通話ができればよいというのであれば、ともにiPhoneユーザーの場合、iOS標準機能の「FaceTime」で無料通話が可能です。

iPhoneの携帯通話料金がタダになる「FaceTime」とは? 初期設定から使い方まで徹底解説

検証したLINEのバージョン:iOS版10.1.1、Android版10.1.1

EDITED BY MOEGI