LINE通話が聞こえない/相手に声が届かないときに確認すべき3つのこと

不具合? 音声通話がうまくいかないときの対処法

LINEの通話機能は非常に便利ですが、相手の声が聞こえない、もしくは自分の声が相手に届かないといったトラブルが少なくありません。

音声通話が上手くいかない原因は、さまざまなことが考えられます。単純な操作ミスもあれば、通信環境やBluetooth接続のイヤホンなど外的要因の可能性も。また、アップデートなどによって不具合が引き起こされたり、通信障害が発生したりと、LINEアプリ側に原因があるケースも多いです。

不具合? マイク? 真っ先に確認すべき3つのこと

LINE通話が正常に機能しないときには、まず以下3つのことを確認してください。

LINEで不具合・障害が発生していないか確認する

突然LINEの通話機能が正常に動作しなくなった場合、まずはLINEアプリ側の不具合を疑ったほうがいいかもしれません。アップデートなどで不具合が引き起こされたり、一時的にLINEのサーバー等に障害が発生していたりするケースが少なくないからです。

実際、過去に何度か大規模な障害が発生していますし、最近ではAndroid 11へのアップデート直後「通話相手に自分の声が届かなくなった」という不具合報告が散見されています。

あれこれ試す前に、まずはLINEの公式サイトやTwitterアカウント(@LINEjp_official)、Twitterのキーワード検索などで自身と同じような不具合が起きていないか確認してみることをおすすめします。

原因がLINEアプリにある場合、ユーザーは修正版アップデートの配信や障害の復旧を待つほかありません。単に無料通話ができればよいのであれば、別の音声通話サービスの利用も検討しましょう。自分も相手もiPhoneユーザーなら、iOS標準機能の「FaceTime」が便利です。

マイクがオフに切り替わっていないか確認する

次いでありがちなのが、通話画面でマイクがオフになっていること。通話中、何かの拍子にボタンに触れてしまい、意図せずマイクがオフに切り替わるケースが少なくなりません。

マイクアイコンに斜線が入っていたらオフ状態

マイクがオフに切り替わると、こちらの音声は相手に届きません。また、逆に相手のマイクがオフになっていると音声が一切聞こえなくなります。

音声通話がうまくいかない場合は、お互いに一度マイクの設定を確認してみることをおすすめします。

テスト通話で原因が自分なのか相手なのか確認する

LINEには、自分のオーディオ環境をチェックできる「テスト通話」という機能が用意されています。これを使えば、音声が聞こえづらい原因が自分側にあるのか、それとも相手側にあるのか、という点だけでも特定できるかもしれません。

LINEアプリの「ホーム」タブ右上にある設定ボタン​をタップし、通話に進みます。テスト通話を選択すると、すぐにテスト通話が始まります。

テスト通話が始まると音声ガイドが流れ、「ピー」という発信音の後に10秒間音声を録音するように指示されるので、何か適当に話して録音してください。

10秒経つと、録音した自身の音声が再生されます。ここで「ノイズがうるさい」「声が聞き取れない」状況であれば、自分側のオーディオ環境や通信環境になんらかの原因があるということになります。

一方、自身の音声が正常に再生されれば、自分側のオーディオや通信環境には問題ありません。聞こえづらさの原因は相手にあると判断できます。

通話が聞こえない・途切れるときに試したい対処法まとめ

前述の内容を踏まえて、LINE通話が聞こえない/声が届かないトラブルで試したい対処法を順に紹介していきます。

受話音量を上げる

相手の声が遠い・小さい時には、受話音量をチェックしてみましょう。ただし、受話音量はゼロにはならない仕様です。まったく音が聞こえない場合には別の原因が考えられます。

通話している最中なら、iPhone/Androidスマホともに端末にある音量ボタンから受話音量の調節ができます。

Androidスマホの音量ボタンの位置は機種ごとに異なりますが、ほとんどは側面にあるはず。縦長の形状の場合もあれば2つ備わっていることもあります。

インターネットの接続状況を確認する

LINE通話は電話回線ではなく「インターネット回線」を利用するため、モバイルデータ通信やWi-Fi通信の質にかなり左右されます。回線の質によっては正常に通話がおこなえません。

まずはステータスバーで通信環境を確認してください。電波の強度が弱かったり「×」や「!」が表示されていたりする場合は、接続している回線の状態があまりよくありません。

モバイルデータ通信の場合は別のエリアに、Wi-Fi通信の場合はルーターの近くに移動して、あらためて電波強度を確認しましょう。

iPhoneの機内モードボタン

Androidスマホの機内モードボタン

ステータスバーの表示上は正常なのにインターネットにアクセスできない場合は接続不良が起きている可能性もあります。

その場合は、端末を再起動するか、機内モードをオンにしてからオフにしてみましょう。これで、通信接続がリセットされます。

わざわざ「機内モード」にする6つのメリット【iPhone/Android】

通信速度制限を受けていないか確認する

月々のパケット使用量を上回ると通信速度制限がかかり、音声通話/ビデオ通話のような容量の大きなデータは上手くやりとりできなくなってしまいます。

今まで快適に通話できていた環境にもかかわらず、突然音声が聞き取りづらいといった現象が起こった時には、データ通信量も確認してみましょう。

NTTドコモのデータ通信量確認の画面

毎月のデータ通信量の確認は、キャリアなど通信会社の公式ページ・アプリなどでおこなえます。

速度制限が原因で通話の音声が乱れている場合、パケットを追加購入するか、安定したWi-Fiを利用して改めて通話を開始してください。

イヤホンなど外部機器と接続されていないか確認する

端末がBluetooth接続のイヤホンやヘッドホンとペアリングしたままの状態になってい可能性も。そうすると「端末の内蔵スピーカーから音が出ない」「本体のマイクを使用しての通話ができない」といった現象が起こります。

LINEの通話画面でメガホンアイコンをタップし、音の出力先を確認してみてください。

Full HD voice/オーディオモード/OpenSLをオフにする(Android版LINE)

LINE通話は、音声通話をより高品質で利用できるモードが各種用意されており、利用可能な環境にあるときに自動的にオンになる仕様になっています。

しかし、一部の端末ではこれらのモードがトラブルの原因になるケースもあるようです。この場合、手動でオフにすることで解決する可能性があります。

LINEの「ホーム」タブ右上の設定ボタン​→通話へと進み、通話の詳細設定をタップしてください。

ここで「Full HD voice通話」と「OpenSL」のチェックを外します。

続いて [オーディオモード]の項目をタップし、「コミュニケーションモード」から「通常モード」に切り替えてください。

端末/アプリのメンテナンスをする

スマホに起こるあらゆるトラブルは、再起動するだけで改善するケースも少なくありません。すぐに実践できるので、まず試してみることをおすすめします。

iPhoneを再起動・強制再起動する方法 機種別やり方まとめ Androidスマホを再起動・強制再起動する方法

再起動しても改善しない場合は、(1)LINEアプリのバージョンは最新か、(2)ストレージの空き容量が不足していないかの2点をチェックしてみてください。LINEアプリのキャッシュを削除してみるのも有効な手です。

Androidスマホの容量不足を解消する方法 iPhoneの容量不足時に空きストレージを増やす方法

また、LINE通話以外のアプリでも音声の調子が悪いときは、端末の受話口やスピーカー、あるいはマイクなどが故障しているかもしれません。メーカーやショップに相談してみることをおすすめします。

検証バージョン
LINE
iOS
12.1.0
LINE
Android
12.2.2
EDITED BY
MOEGI