ビデオ通話アプリ おすすめ鉄板まとめ【iPhone/Android】

ビデオ通話アプリ おすすめ鉄板まとめ

離れた場所にいても、対面と同じように会話できるツールとして「ビデオ通話」の需要が高まっています。

そこで本記事では、プライベートからビジネスまで、幅広く使えるビデオ通話アプリをまとめて紹介。どれもスマホとインターネット環境さえあれば簡単に利用できるので、ぜひ参考にしてください。

手軽に使いたいなら「LINE」や「FaceTime」もおすすめ

専門アプリでビデオ通話をするには、アプリのインストールをはじめ、アカウント登録や相手のIDを探したりなど、通話ができるまでにある程度の準備が必要です。

ビデオ通話アプリ

iPhoneとiPad、Macの間で使える標準搭載アプリの「FaceTime」や、多くの人が利用中の「LINE」を使えば、わざわざ専用アプリをインストールしなくても手軽にビデオ通話ができます。

FaceTimeは端末のアドレス帳、LINEは友だちリストからすぐにビデオ通話をかけられるので、事前準備もほとんど必要ありません。サッと手軽にビデオ通話をかけたい人は、これらのアプリを活用するのがおすすめです。

それぞれの詳しい使い方は、以下の記事を参照ください。

面倒な登録いらずで簡単に使える、ビデオ通話アプリの新定番「Zoom」

「Zoom」

おすすめポイント
  • 通話に参加するだけならアカウント作成不要
  • 無料アカウントでも最大100人までの同時接続が可能
  • バーチャル背景やファイル・画面共有など機能性も十分
  • ミーティング予定日を簡単設定、カレンダーにも自動登録してくれる

「Zoom」は、大人数でのビデオ会議から友達同士でのオンライン飲み会まで、さまざまなシーンで利用できるビデオ通話アプリ。面倒な登録や設定を必要とせず、誰でもかんたん使えることが特徴です。

通話に参加するだけなら、アプリのインストールだけで利用可能。主催者(ホスト)から送られてきた「ミーティングID」と「パスワード」を入力し、主催者から承認されればすぐに通話に参加できます。

Zoom  Zoom

無料アカウントでも、最大100人までの同時接続が可能。大人数でのリモートミーティングにも活躍しそうです。

また、「バーチャル背景」もZoomの特徴的な機能。カメラが人物を自動で認識して、背景部分に手持ちの画像や用意された風景を投影できます。

マルチデバイス対応、高い機能性と使いやすさを兼ね備えた「Skype」

「Skype」

おすすめポイント
  • リンクを送るだけで非Skypeユーザーも会話に招待できる
  • グループビデオ通話は50人まで同時接続が可能
  • 録音、画面共有など通話中に使える便利機能が充実
  • 固定電話への国内・国際通話もできる

「Skype」は、スマホ・PCから、ゲーム機のXbox One、スマートスピーカーのAlexaまで、さまざまなデバイスに対応するビデオ通話アプリです。

skype スカイプ

マイクロソフトの傘下であるSkypeの利用には、MicrosoftアカウントもしくはSkypeアカウントによるログインが必要です。

ただし、会話ごとに割り当てられるリンクをメールやLINEで共有すれば、会員登録していない非Skypeユーザーでも1対1またはグループでのチャットや通話・ビデオ通話に参加できます(アプリのインストールは必要)。

skype skype

音声通話・ビデオ通話ともに参加できる人数は、使用するデバイスに関係なく50人まで。

録音や画面共有など、通話中にさまざまな機能を使用できることもSkypeの特徴です。録音データは、Skypeチャットに自動で投稿され、30日の間ならいつでも閲覧できます。

電話番号があればすぐに利用可能、シンプルで扱いやすい「Google Duo」

「Google Duo」

おすすめポイント
  • 電話番号によるSMS認証だけですぐに利用開始できる
  • シンプルな画面配置で、扱いやすいアプリ
  • グループビデオ通話は最大12人まで追加できる
  • 最長30秒間のビデオメモやボイスメモを送れる

「Google Duo」は、Googleが提供する無料のビデオ通話アプリです。Androidだけでなく、iPhoneやiPad、ブラウザによる接続にも対応しています。

Google Duo

Google Duoは電話番号をもとにユーザーを結びつける仕組みを採用しているため、IDやパスワードの設定などの面倒なアカウント登録は必要ありません。

電話番号を入力後にSMS認証をおこない、連絡先と同期するだけでスムーズにアプリの利用準備が完了します。

Google Duo Google Duo

通話中におこなえる操作は、カメラ・マイクのオン・オフと、インカメラとアウトカメラの切り替えのみ。他のアプリに比べて機能は少ないですが、その分、シンプルなUIで、扱いやすいアプリです。

グループには自身を含め、最大12人まで追加することが可能。ただし、現状のバージョンだと、グループ通話はビデオ通話のみ対応しており、グループでカメラをオフにしての通話はできない仕様のようです。

Facebookユーザー向け、ユニークな機能が揃う「Messenger」

「Messenger」

おすすめポイント
  • Facebookの友達と手軽にチャットやビデオ通話ができる
  • 音声通話は最大50人、ビデオ通話は最大8人と同時接続が可能
  • エフェクトやビデオ通話で遊べるゲーム機能も用意
  • 位置情報をリアルタイムで共有する機能も

2015年にFacebookアプリから独立した無料のチャットアプリ「Messenger」。メッセージのやりとりに使っているユーザーが多いようですが、実は音声通話やビデオ通話機能もかなり優秀です。

Messenger

Messengerの利用には、お互いにFacebookアカウントが必須。Facebookアカウントは、原則本名で登録となるので、実生活の友達や家族とのやりとりや、会社でのミーティングなどがMessengerの主な利用シーンとなるでしょう。

Messenger Messenger

音声通話は最大50人、ビデオ通話は最大8人と同時接続が可能です。

フィルタやエフェクト、ARマスク、カメラを使って遊べるゲームなど、ビデオ通話を盛り上げる機能が豊富に揃うのも特徴のひとつ。通話中、リアルタイムで位置情報をシェアすることが可能で、友達同士での待ち合わせなどに活躍しそうです。

Microsoft 365との親和性が高く、ビジネスシーンで大活躍の「Microsoft Teams」

Office365との親和性が高い、ビジネスシーン向けのチャットアプリ「Microsoft Teams」

おすすめポイント
  • 音声・ビデオ通話は20人、チャットのみなら100人とやりとりできる
  • 画面共有機能でPowerPointを使ったプレゼンもできる
  • WordやExcelなどの閲覧や共同編集ができる

「Microsoft Teams」は、文字通りMicrosoftが提供しているので、Microsoft 365(旧Office 365)との親和性の高さが一番の特徴です。

WordやExcelを共同編集できたり、PowerPointの画面を共有してプレゼンができたりと、ビジネスシーン向けのアプリとなっています。

Microsoft Teams

アプリを使用するにはMicrosoftアカウントが必要です。Microsoftアカウントは、電話番号やメールアドレスを使って無料で登録できます。

Microsoft Teams Microsoft Teams

メッセージチャットなら100人と、音声・ビデオ通話は20人と同時にやりとりできます。招待リンクや招待メールを受け取って、かつ承認された人しかチームに参加できない仕組みので、セキュリティ面も安心。

画面共有機能を使えば、PowerPointや画像・動画などを通話の参加者に見せることができます。プレゼンはもちろん、文字だけのチャットでは伝わらない時に活用するといいでしょう。

EDITED BY MOEGI