PayPay(ペイペイ)でエポスカードは使える? 登録方法、還元率、注意点を解説

PayPayポイントやエポスポイントは貯まる?

PayPay(ペイペイ)ではエポスカードの種類を問わずに登録可能です。エポスカードを使う前に知っておきたいことと登録方法に加えて、PayPayで支払った際にPayPayポイントが付与される仕組みと注意点を解説します。

PayPayでエポスカードを使う前に知っておきたいこと

PayPayの決済手段としてクレジットカード払いを選択する際に、押さえておきたい情報をまとめました。

エポスカードならどの種類でもPayPayに登録できる

PayPayに登録できるクレジットカードの国際ブランドは、VISAとMastercardに限られています。エポスカードはVISAブランドを付帯したクレジットカードのみを発行しているため、どのカードであってもPayPayに登録可能です。

エポスカードにはスタンダードタイプの「エポスカードVisa」に加えてアニメやゲームとのコラボレーションカード、「エポスTOGETHERカード」「エポスゴールドカード」などの種類がありますが、これらの種類は問いません。どの種類でもPayPayのクレジットカード払いに登録できます。VISAまたはMastercardの国際ブランドを付帯したクレジットカードであればPayPayへの登録は可能です。

エポスカードは「PayPay残高」にチャージできない

エポスカードでは「PayPay残高」にチャージできません。「PayPay残高」が不足したときにすぐチャージできないのは不便です。例えば、食事の割り勘で友だちに送金したいときに「PayPay残高(PayPayマネーまたはPayPayマネーライト)」が不足していると送金できません。チャージ機能を利用できないのはデメリットです。

「PayPay残高」にクレジットカードからチャージできないのはエポスカードに限定されているわけではなく、どのクレジットカードも利用できません。例外としてPayPayカードだけはチャージ可能です。PayPayカードで「PayPay残高」にチャージした場合には、「PayPay残高」の種類はPayPayマネーライトになります。ちなみに、PayPayマネーライトは出金できません。

PayPayにエポスカードを登録する方法

PayPayアプリにエポスカードを追加するには、まず「アカウント」タブから[支払い方法の管理]→[クレジットカードを追加]と進みます。カメラが起動するのでエポスカードの表面を読み取り、最後にセキュリティコードを入力すれば完了です。

PayPayにクレジットカードを登録する手順は以下の記事でも詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

PayPay(ペイペイ)にクレジットカードを登録して支払う方法──メリット・デメリットも解説

エポスカードで決済するとPayPayポイントがもらえない? 還元率は?

PayPayにエポスカードを登録して決済した際、「PayPayポイントが付与されない」「還元率はどうなっているのか」と思う人もいるかもしれません。

本項目ではPayPayにエポスカードを登録して決済した時のPayPayポイント還元率について解説します。

PayPayポイントは貯まらず、エポスカード決済によるエポスポイント還元しかない

エポスカードをPayPayアプリに登録して決済しても、PayPayポイントは貯まりません。PayPayカード以外のクレジットカードによるPayPay決済はPayPayポイント付与の対象外となっているためです。この点で、PayPayではPayPayカードに利点があります。

なお、PayPayに登録したエポスカードで決済すると税込200円につき1ポイント(還元率0.5%)のエポスポイントは付与されます。しかし、これではPayPayポイントは付与されないため、効率の良いポイントの貯め方とはいえないでしょう。

効率良くPayPayポイントを貯めたいのであれば、PayPayカードがおすすめです(詳細は次項で解説)。

PayPayカードならPayPayポイントが貯まる

PayPayで決済した際に効率良くポイントを貯めたいのであれば、PayPayカードがおすすめです。

PayPayに登録できるクレジットカードのブランドはVISAとMastercardのみと解説しましたが、PayPayカードに限りVISA・Mastercard・JCBの登録が可能です。

PayPay(ペイペイ)を使うなら「PayPayカード」がおすすめの理由

PayPayカードは「PayPayあと払い」として登録する

PayPayカードは、PayPayで決済した際にPayPay支払い特典としてPayPayポイントがもらえる唯一のクレジットカードです。

エポスカードをPayPayに登録して決済してもPayPayポイントは貯まりませんが、PayPayカードを登録して決済すれば、0.5%〜1.5%のPayPayポイントが貯まります(付与率については次項で解説)。PayPayカードであれば、「PayPay残高」へのチャージも可能です。

PayPayカードを利用するには、「PayPayあと払い」に登録する必要があります。「PayPayあと払い」は、当月に利用した金額を翌月まとめて支払えるPayPayの支払い方法です(翌月27日に一括支払い、手数料は無料)。登録後、「PayPay残高」へのチャージと「PayPayあと払い」の利用が可能になります。

「PayPayあと払い」なら「PayPay残高」に都度チャージすることなく、PayPayカードによる決済ができます。

PayPayカードを新規発行後、PayPayに登録したPayPayカードで決済する場合は、必然的にPayPayあと払いによる支払いになります。

PayPayステップの対象で付与率アップも

前述の通り、PayPayにPayPayカードを登録して決済すれば付与率0.5%〜1.5%のPayPayポイントが貯まります。この付与率は「PayPayステップ」という仕組みによって変動します。

基本付与分は0.5%となっており、一定の条件を満たすと付与率がアップして最大で1.5%となります。現時点での付与率や付与率アップの条件は、「ホーム」タブの[PayPay Step]から確認できます。

エポスカードによる決済はPayPayステップの達成条件の対象外となっているため、エポスカードでいくら決済してもPayPayポイントの付与率はアップしません。

一方、PayPayカードによる決済である「PayPayあと払い」であれば達成条件に含まれるため、PayPayステップの内容次第ではありますが、付与率1.5%を目指せます。

付与率が0.5%の状態であれば、PayPayアプリに登録したPayPayカードで決済するのではなく、PayPayアプリを介さずにPayPayカードで決済したほうがお得です。PayPayカードの還元率は1%なのですが、PayPayアプリに登録したPayPayカードで決済するとPayPayステップの付与率が適用されてしまうためです。PayPayあと払いで支払うと、PayPayカードでのPayPayポイント獲得(還元率1%)はないので、注意が必要です。自身の付与率によって使い分けるのがいいでしょう。

PayPayポイントの貯め方ガイド 知っておきたい一気に貯める方法

Yahoo!ショッピングなどで還元率アップ

PayPayカードがあれば、PayPay以外にもYahoo!ショッピングでの付与率もアップします。Yahoo!ショッピングで買い物する際に支払い方法をPayPayカードに設定すると、合計3%のPayPayポイントが貯まります(2022年10月1日時点)。

エポスカードで決済してもエポスポイントとPayPayポイントの両方が貯まりますが、PayPayカードが対象となる特典でさらにアップする場合もあるので、トータルで考えればPayPayカードで支払った方がお得でしょう。

PayPayカードで決済
  • PayPayカード特典:PayPayポイント1%還元
  • Yahoo!ショッピング利用時のPayPayカード特典:PayPayポイント1%付与
  • Yahoo!ショッピング ストアポイント:PayPayポイント1%付与
エポスカードで決済
  • Yahoo!ショッピング ストアポイント:PayPayポイント1%付与
  • エポスカード特典:エポスポイント0.5%還元

PayPayポイントを利用するにはPayPayアカウントとYahoo! JAPAN IDの連携が必要

なお、Yahoo!ショッピングで実施している特典を活用すれば、さらにPayPayポイントを貯めることもできます。詳細は以下の記事を参照してください。

PayPayカード
年会費初年度:
0

2年目以降:
0
還元率
1.00%
ポイント
PayPayポイント
ウォレット
Apple Pay
電子マネー
QUICPay
申込条件
18歳以上(高校生不可)
審査/発行
最短2分審査
/
最短7分発行
支払い

毎月末日締め

/

翌月27日引落

  • 年会費無料でポイント還元率1%(1ポイント=1円相当)。PayPayポイント攻略に必携のクレカ

  • 横型・縦型の2タイプから選べる、スタイリッシュなデザイン

  • ナンバーレスで安心のセキュリティ

EDITED BY
AO