LINEタイムラインの写真・動画を保存する方法 保存しても相手にバレない【iPhone/Android】

LINEタイムラインの写真・動画を保存する方法 保存しても相手にバレない【iPhone/Android】

写真やテキストで友だちに近況を報告したり、勉強会やイベントの告知をしたりと、さまざまな使い方ができるLINEのタイムライン。友だちと遊んだときに撮影した動画や、参加したイベントの写真などがタイムラインにアップされる機会も多いでしょう。

本記事では、LINEのタイムラインに投稿された画像や動画を保存(ダウンロード)する方法をまとめました。保存時に相手に通知などでバレるのかといった気になる仕様面についても解説しています。

LINEのタイムラインとは? 基本の使い方から応用テクまで全ガイド

タイムラインの写真を保存する方法

タイムラインに投稿された「写真」を保存する方法を紹介します。iOS版で解説していますが、Android版でも手順は同様です。

タイムラインの写真を保存しても相手にはバレない

タイムラインに投稿された写真を保存しても、投稿者に通知が届くことはありません。通知以外に保存を示唆するような表示がされることもないため、相手にバレる心配は無用です。

タイムラインの写真を保存する

【LINE】タイムラインの写真を保存 【LINE】タイムラインの写真を保存

タイムラインの写真を保存する方法は非常に簡単です。

「タイムライン」タブから保存したい写真の投稿を選択し、ダウンロードボタン[]をタップすれば完了です。ここでは、タイムラインから保存する手順を紹介していますが、同じ要領でホーム(プロフィール画面)からでも保存できます。

保存した写真は、iPhoneであれば端末の写真アプリで、Androidスマホならギャラリー・アルバム系のアプリやファイルアプリなどで確認できます。

タイムラインの動画を保存する方法

LINEアプリにはタイムラインの動画を保存する機能は備わっていません。そこで、代替策となる方法をiPhone/Androidスマホ向けにそれぞれ紹介します。いずれの方法で動画を保存しても、投稿主に通知が届くなどしてバレることはありません。

LINEアプリにタイムラインの動画を保存する機能はない

繰り返しになりますが、LINEアプリにタイムライン投稿の動画を保存する機能は用意されていません。以前は、タイムラインに投稿された動画をトークに転送する機能を活用できましたが、仕様変更によりその手法も利用できなくなっています。

どうしてもタイムラインの動画を保存したいのであれば、外部のダウンロードアプリやスマホの画面録画を使う必要があります。

代替策1:Clipbox+アプリで保存する(iPhoneのみ可能)

あまり知られていませんが、LINEのタイムラインにはWebブラウザ版(LINE TIMELINE)が提供されています。ダウンロードアプリの定番である「Clipbox+」を利用すれば、ブラウザ版LINEタイムラインから動画を保存できるのです。

ただし、この方法を使って保存できるのは、そのユーザーが投稿した最新の動画のみです。最新の動画よりも前に投稿された動画は保存できません。

1Clipbox+でタイムラインのブラウザ版を開く

まずは、Clipbox+でブラウザ版LINEタイムラインを開きます。

【LINE】clipboxでタイムラインの動画を保存(ブラウザ版を開く) 【LINE】clipboxでタイムラインの動画を保存(ブラウザ版を開く)

[サーチ]→[ブラウザ]と進んでブラウザ画面を開きます。

【LINE】clipboxでタイムラインの動画を保存(ブラウザ版にログイン)

ブラウザ版タイムラインのURLを入力します。下記URLをコピーして、画面上部のオムニボックスに貼り付けてアクセスしてもOKです。

https://timeline.line.me/

ブラウザ版タイムラインを開いたら[ログイン]をタップします。

2ブラウザ版タイムラインにログイン

【LINE】clipboxでタイムラインの動画を保存(ブラウザ版にログイン)

ブラウザ版LINEタイムラインにログインします。ログイン画面で、LINEに登録しているメールアドレスとパスワードを入力してください。メールアドレスをまだ設定していない場合は、LINEアプリから設定しましょう。

LINEでメールアドレスを新規登録・確認・変更・解除(削除)する方法
LINEでパスワードを忘れたときの変更方法 確認はできないので再設定が必要

【LINE】clipboxでタイムラインの動画を保存(ブラウザ版にログイン) 【LINE】clipboxでタイムラインの動画を保存(ブラウザ版にログイン)

左:Clipbox+に認証番号が表示される右:LINEアプリで認証番号を入力する

ブラウザ版LINEタイムラインにログインする際、本人確認のため認証番号の入力を求められることがあります。4桁の認証番号が画面に表示されたら、LINEアプリを開いて入力すれば本人確認完了となります。

全体公開の投稿ならメールアドレス・パスワードの入力は不要

保存したい動画投稿の公開範囲が「全体公開」であれば、Clipbox+アプリでLINEのメールアドレス・パスワードを入力せず動画を保存できます。

【LINE】clipboxでタイムラインの動画を保存(全体公開の場合) 【LINE】clipboxでタイムラインの動画を保存(全体公開の場合)

左:ブラウザでURLをコピー右:Clipbox+にURLを貼り付け

Safariなどのブラウザアプリでブラウザ版タイムラインを開いてからLINEアプリと連携(ログイン)し、保存したい動画を投稿したアカウントのURLをコピーしてClipbox+アプリから開きます。その後の手順は以下と同様です。

実は見られてる? LINEタイムラインの非公開設定(公開範囲)と、意図しない勝手なシェアを避ける方法

3動画を保存したいアカウントを選択

【LINE】clipboxでタイムラインの動画を保存(アカウントを選択) 【LINE】clipboxでタイムラインの動画を保存(アカウントを選択)

「あぷりお花子」が投稿した2つ目以降の動画は保存できない

タイムラインから保存したい動画を投稿したアカウントを選択します。たとえば上の画面のケースでは、「あぷりお花子」が投稿した最新の動画を保存することになります。

4Clipbox+に保存

【LINE】clipboxでタイムラインの動画を保存(動画を保存) 【LINE】clipboxでタイムラインの動画を保存(動画を保存) 【LINE】clipboxでタイムラインの動画を保存(動画を保存)

画面下部の[+]ボタン→[Are you ok?]→[Really?]の順にタップします。

【LINE】clipboxでタイムラインの動画を保存(動画を保存)

動画を保存するフォルダを選択し、[OK]をタップします。これでClipbox+アプリ内に、タイムラインの動画が保存されました。

ここでは「マイコレクション」を選択していますが、Clipbox+アプリからフォルダ間を移動させたり新しいフォルダを作成したりすることもできます。

5動画を端末に保存

Clipbox+アプリ内に保存されたタイムラインの動画を端末に保存します。

【LINE】clipboxでタイムラインの動画を保存(端末に保存) 【LINE】clipboxでタイムラインの動画を保存(端末に保存)

[マイコレクション]を選択し、画面右上の[Action]をタップ。

【LINE】clipboxでタイムラインの動画を保存(端末に保存) 【LINE】clipboxでタイムラインの動画を保存(端末に保存) 【LINE】clipboxでタイムラインの動画を保存(端末に保存)

保存したい動画をタップして選択し、画面下部の「選択されたアイテム」を左方向にスワイプ。[カメラロール]をタップします。

これで端末への保存は完了です。保存した動画は、写真アプリで確認できます。

代替策2:画面録画を使って保存する(Android・iPhone)

前述のClipbox+を使った方法では、アカウントが投稿した最新の動画しか保存できないため、それよりも古い動画は保存できません。またAndroidスマホでは、Clipbox+によるタイムライン動画の保存がうまくおこなえない状況です。

そのためiPhoneでもAndroidスマホでも、OS標準の画面録画(スクリーンレコード)機能や専用アプリを利用します。投稿されたタイムライン動画の再生画面と音声をまるごと録画(保存)するわけです。

Androidスマホで画面録画アプリを使ってタイムライン動画を保存(録画)する

Android 11未満のスマホでタイムラインの動画を保存する際は、画面録画アプリ「AZスクリーンレコーダー」を利用します。

アプリ「AZ スクリーン レコーダー」をダウンロード
AZ スクリーン レコーダー

【LINE】AZスクリーンレコーダーでタイムラインの動画を保存 【LINE】AZスクリーンレコーダーでタイムラインの動画を保存

ホーム画面からAZスクリーンレコーダーアプリを起動し、動画を保存したいタイムラインの投稿を開きます。録画ボタンをタップすると録画が始まります。

【LINE】AZスクリーンレコーダーでタイムラインの動画を保存 【LINE】AZスクリーンレコーダーでタイムラインの動画を保存 【LINE】AZスクリーンレコーダーでタイムラインの動画を保存

AZスクリーンレコーダーアプリの編集機能で余白をカットしたりトリミングしたりできる

録画を終了させるとポップアップで収録した動画が表示されるので、再生して確認できます。トリミングや差分カット、GIF変換などさまざまな編集もおこなえます。共有や削除も可能です。

Android 11ならOS標準の画面録画機能が使える

Android 11以降のスマホでは画面録画機能が標準搭載されているため、専用アプリがなくても画面録画が可能です。

【LINE】Android 11の録画機能でタイムラインの動画を保存 【LINE】Android 11の録画機能でタイムラインの動画を保存

検証端末:Pixel 3(Android 11)

クイック設定パネルを開き、ペンアイコンをタップして[スクリーンレコード]をパネルに追加します。

【LINE】Android 11の録画機能でタイムラインの動画を保存 【LINE】Android 11の録画機能でタイムラインの動画を保存

パネルに追加した[スクリーンレコード]を選択し、[開始]をタップすると画面録画を開始します。あとはAZスクリーンレコーダーと同様にタイムラインの動画を撮影し、トリミングやカットなどの編集をおこないましょう。

iPhoneの画面収録を使ってタイムライン動画を保存(録画)する

【LINE】画面収録機能でタイムラインの動画を保存 【LINE】画面収録機能でタイムラインの動画を保存

左:コントロールセンターから画面収録ボタンをタップ右:画面収録中

iPhoneによる画面収録は、コントロールセンターからおこないます。

ホームボタンのないiPhoneであれば画面右上から下方向にスワイプ、ホームボタンのあるiPhone(iPhone SE 第2世代またはiPhone 8未満の機種)であれば画面下から上方向にスワイプしてコントロールセンターを表示。画面収録ボタンをタップすると、画面収録が始まります。

【LINE】画面収録機能でタイムラインの動画を保存 【LINE】画面収録機能でタイムラインの動画を保存 【LINE】画面収録機能でタイムラインの動画を保存

写真アプリの編集機能で余白をカットしたりトリミングしたりできる

画面収録が終了したら、冒頭部分や終わり部分などをトリミングしたり、余計な部分をカットしたりするといいでしょう。カットやトリミングは写真アプリを開き、[編集]からおこなえます。

タイムラインの写真を保存する際の注意点

タイムラインの写真を保存する際に注意したいポイントについてまとめています。

タイムラインの写真は複数枚を一括で保存できない

タイムラインには、1回の投稿で最大20個まで写真・動画を添付できます。しかし、複数枚の写真が投稿されていても、保存は一括でおこなえない仕様になっています。

【LINE】タイムラインの写真は複数枚を一括保存できない

投稿をタップすると写真が1枚1枚表示されるので、面倒ですが上記の手順で順番に保存していくしかありません。

タイムラインに投稿された写真を保存すると画質が落ちる

【LINE】タイムラインの写真を保存すると画質が落ちる 【LINE】タイムラインの写真を保存すると画質が落ちる

左:オリジナル画像右:タイムラインから保存した画像

タイムラインに写真をアップロードすると、画像サイズが圧縮されてしまいます。タイムラインに投稿された写真とオリジナルの写真を拡大して比べてみると、両者の違いがよく分かります。

スマホの小さい画面で見る分にはさほど気になりませんが、大画面でのスライドショーや紙に印刷するなどの用途で写真を使いたい場合は、タイムラインから保存した画像は避けたほうがいいでしょう。

公式アカウントが投稿した広告画像は保存できない

【LINE】広告投稿

公式アカウントによる広告投稿には「Sponsored」と表記されている

企業などの公式アカウントが投稿した広告画像は、通常の投稿のように端末に保存することはできません。どうしても保存したい場合は、スクリーンショットの機能を利用しましょう。

動画も同様に保存できません。前述した方法で保存してください。

iPhoneでスクリーンショットを撮る方法
Androidスマホでスクリーンショットを撮影する方法

検証したLINEのバージョン:iOS版11.2.0、Android版11.3.1
検証したClipox+のバージョン:iOS版2.2.6、Android版1.8.4
検証したAZスクリーンレコーダーのバージョン:Android版5.8.8

検証したLINEのバージョン:iOS版9.8.0、Android版9.8.1

EDITED BY AO