インスタグラムのDM「送信取り消し」は相手にバレるか──通知の変化や復元できるかなど徹底検証

インスタグラムのDM「送信取り消し」は相手にバレるか──通知の変化や復元できるかなど徹底検証

Instagramのダイレクトメッセージ(DM)には、送信済みメッセージを相手のスレッド上から削除できる「送信取り消し」機能が備わっています。ただ、気になるのは「相手にバレないか」また「通知上で内容を見られないか」といった仕様面でしょう。

そこで本記事では、インスタDMで「送信取り消し」が及ぼす相手側への影響を徹底検証しました。また、送信取り消しをされた場合に「相手が誰なのか知りたい」「メッセージ内容を確認したい」といった気になるポイントについても解説しています。

インスタのDMで「送信を取り消し」する方法

インスタDMにおける「送信取り消し」とは、自分が送ったダイレクトメッセージをお互いのスレッド上から削除する機能です。

自分が送ったものであれば、既読・未読関係なく、さまざまコンテンツが送信取り消し対象となります。また、LINEの送信取り消し機能と違い、送信後どれだけ時間が経過していても取り消せるのが嬉しいところです。

「送信取り消し」できるもの
  • メッセージ/絵文字/GIFスタンプ
  • 画像(写真)/動画
  • ストーリーへのいいね
  • シェアした投稿
  • メッセージへのいいね
  • ボイスメッセージ

インスタグラム 送信取り消しインスタグラム 送信取り消し

スレッド上で取り消したいメッセージを長押しすると、画面下部に[送信を取り消す]が表示されます。ここをタップすれば、自身と相手のスレッド上からメッセージが削除されます。

送信取り消しをすると相手にどう表示・通知されるのか検証

ここからは、インスタの送信取り消し機能の仕様面について詳しく解説します。

現象1:DMリストでスレッドが元の位置に戻る

インスタグラム 送信取り消しインスタグラム 送信取り消し

左:新着メッセージがある状態右:新着メッセージを送信取り消しした状態

新着メッセージがあると該当のスレッドがリストの最上部に表示されますが、送信取消後はスレッドの位置が元に戻るようになっています。

現象2:スレッド画面から対象のメッセージが消える

インスタ DM 送信取り消しインスタ DM 送信取り消し

「よろしく」メッセージを送信取り消したところ、跡形もなく消えた

インスタグラムのDMスレッド上では、送信取り消しの履歴・痕跡は一切残りません。取り消したメッセージがキレイに削除されるため、お互いのスレッド上で送信取り消しがバレる可能性は低いといえます。

現象3:新着メッセージを知らせる通知バッジが消える

インスタグラム 送信取り消しインスタグラム 送信取り消し

左:送信取り消し前右:送信取り消し後

新着メッセージがあると、「ホーム」タブ右上のメッセージアイコンに通知バッジと未読数が表示されます。

送信取り消しをすると、この通知バッジの数字も元の状態に戻りました(他に未読メッセージがある場合はバッジ上の数字が減り、ない場合は通知バッジごと消える)。

インスタ DM 送信取り消しインスタ DM 送信取り消し

左:送信取り消し前右:送信取り消し後

アプリアイコンに付く通知バッジや通知ドットも同じように元に戻ります。

現象4:プッシュ通知がまるごと消える

インスタ DM 送信取り消しインスタ DM 送信取り消し

送信取消の実行とほぼ同時にメッセージ通知が消えた

インスタグラムの通知設定次第では、プッシュ通知のバナー上にDM送信者(相手)の名前とメッセージ内容の一部がプレビュー表示されます。

筆者の検証したAndroid端末(末尾参照)とiOS 14搭載のiPhoneでは、送信取り消しを実行すると同時にこのプッシュ通知も消えました。したがって、送信取り消し済みのメッセージがロック画面上に通知として残る心配はないでしょう。

ただし、リアルタイムでスマホを操作している場合は、通知上で送信者とメッセージ内容を確認できてしまいます。

現象5:iOS版ではプッシュ通知の内容が「表示できなくなりました」に切り替わるケースがある

インスタグラム 送信取り消し

送信取り消し前

インスタグラム 送信取り消し

送信取り消し後

iPhoneでは送信取り消し後、通知内容が「送信者が送信を取り消したため、このメッセージは表示できなくなりました。」に変わるケースがあります(通知設定やOS・アプリのバージョン等によります)。

リアルタイムでスマホを操作中でない限りメッセージ内容は見られずに済みますが、「誰かが送信取り消しをした」ことは伝わってしまう可能性があるのです。

【結論】バレにくい仕様だが、相手の通知設定や閲覧タイミングによっては内容を見られる可能性もある

インスタ DM 送信取り消し

スマホの操作中はプッシュ通知をリアルタイムで見られる

前述したように、インスタでは送信取り消しをした痕跡はほとんど残らないため、相手にはかなりバレにくい仕様になっているといえます。

とはいえ、相手にメッセージ内容を見られていないとまでは言い切れません。スマホの操作中(ロック解除中)にDMのプッシュ通知が届いた場合は、画面上部に内容がプレビュー表示されるので、その瞬間は内容が確認できてしまうからです。

インスタ DM 送信取り消し

また、プッシュ通知をオンにしていなくても、Instagramアプリの操作中であればメッセージ内容が画面上部に表示されます(主にiOS版)。既読が付いていない状態で相手のスレッド上からメッセージを削除できたとしても、完全に内容を読まれていないとは限らないのです。

DMの送信取り消しに関するよくある疑問と答え

そのほか、インスタグラムのDMの送信取り消しに関して、よくある疑問点と答えをまとめました。

Q1:送信取り消しを実行した相手が誰なのか特定できる?

A:iOS版LINEなら特定できる可能性があります。

インスタグラム 送信取り消し

先に述べたように、iOS版Instagramアプリでは、送信取り消し後に「送信者が送信を取り消したため、このメッセージは表示できなくなりました。」と通知表示されるケースがあります。

このとき、送信者のアカウント名が通知上に表示されるため、ロック画面上に通知を表示させている場合、もしくはプッシュ通知をリアルタイムで確認した場合は、相手を特定できるでしょう。

Q2:送信取り消しされたメッセージは復元できる?

A:Androidユーザーであれば、サードパーティアプリを使って送信が取り消されたメッセージを読むことが可能です。ただし、アプリ使用前に受信したメッセージを復元して読むことはできません。

インスタ DM 送信取り消しインスタ DM 送信取り消し

左:インスタグラムアプリのスレッド画面右:「既読回避サポーター」のスレッド画面では取り消されたメッセージが表示されたまま

Androidスマホ向けには、LINEやインスタグラムなどで受信したメッセージを既読をつけずに読むことのできる「既読回避アプリ」がいくつか提供されています(残念ながら現状、iPhone向けにはこのようなアプリは存在しません)。

これらはメッセージ内容を独自に記録しておけるので、送信取り消しされたメッセージでも関係なく読むことができるのです。

ただし、アプリ使用前に受信したメッセージはさかのぼって確認できない点に注意。既読回避アプリが受信できるのは、アプリのインストール後、適切な設定が済んだ後に受信した新規メッセージだけです。それ以前に取り消されたメッセージを復元して読むことはできません。

インスタ DM 送信取り消しインスタ DM 送信取り消し

左:DM一覧画面右:相手のメッセージのみ表示される

おすすめは「既読回避サポーター」です。これ1つでインスタグラム、LINE、Facebookメッセンジャー、WhatsApp、カカオトークなど複数のSNSやメッセージアプリに対応しています。

なお、これら既読回避アプリは通知からメッセージ内容を取得する仕組みになっているので、利用する場合は端末の「設定」でインスタグラムのDMプッシュ通知をすべてオンにしたうえで、既読回避サポーターへの「通知へのアクセス」をオンにしてください。

アプリ「既読回避サポーター」をダウンロード
既読回避サポーター

Q3:送信取り消しとスレッド削除との違いは?

A:相手のインスタグラム上から消せるのが「送信取り消し」、相手のインスタグラム上から消せないのが「スレッド削除」です。

インスタ DM 送信取り消しインスタグラム 送信取り消し

左:iOS版では削除したいスレッドを左にスワイプして[削除]を選択右:Android版ではスレッドを長押しして[削除]をタップ

Instagramではスレッドごと削除ができる機能がありますが、これは「送信取り消し」とはまったくの別物です。

スレッドを削除しても自分のDM一覧から消えるだけで、相手側には何の影響も及ぼしません。DM画面を整理してスッキリさせたいときや、目視されたらまずい内容を隠したいときなどに有効でしょう。

検証したInstagramのバージョン:iOS版175.0.0.23.117、Android版175.1.0.25.119

検証端末:iPhone XS(iOS 14.1)、iPhone 8(iOS 13.4)、Pixel 3a(Android 11)、Galaxy A20(Android 10)、AQUOS sense plus(Android 10)

EDITED BY
MOEGI