インスタグラム「QRコード」を作成・読み取りする方法

【インスタグラム】QRコードの使い方

Instagramでは、自分のアカウントを「QRコード」として生成できます。ユーザーネームやURLを伝えなくても、専用QRコードをカメラや専用アプリで読み取ってもらうだけで、簡単に自分のアカウントを紹介できる機能です。

インスタグラムのQRコードは、カラーの変更やオリジナル画像との組み合わせなど、編集や加工がおこなえるのも特徴です。本記事では、インスタグラムのQRコードの作り方・使い方を紹介します。

インスタグラムの「QRコード」とは?

インスタグラムの「QRコード」とは

インスタグラムでは、自分のアカウントをQRコードとして表示できる機能があります。そのQRコードを他ユーザーが読み取ると、あなたのInstagramアカウントが表示され、プロフィールを見たりフォローしたりできる仕組みです。

かつては「ネームタグ」と呼ばれる専用タグが用いられており、Instagram内のカメラからしか読み取りができませんでしたが、現在は標準カメラやQRコード読み取り専用アプリに対応している「QRコード」が作成できるようになっています。

QRコードは、LINEやTwitterなどのSNSや、メールなどでも送信可能なので、簡単にアカウント交換やプロフィール閲覧ができるようになるでしょう。

インスタのQRコードを作成する方法(出し方と共有)

インスタグラムのQRコードを生成し、端末に保存したり、他のSNSなどにシェアしたりする方法を解説します。

1設定画面または検索画面からQRコード生成する

設定画面または検索画面からQRコード生成する 設定画面または検索画面からQRコード生成する

プロフィール画面右上のメニューボタン[]から[QRコード]をタップします。それだけで、即座に自分のアカウント専用のQRコードが表示されます。

インスタのQRコードには、独自のデザインを楽しめる編集・加工機能が備わっていますが、詳しい利用方法は後述します。

2自分のQRコードを保存またはSNS(LINEやTwitterなど)でシェア

自分のQRコードを保存またはSNS(LINEやTwitterなど)でシェア 自分のQRコードを保存またはSNS(LINEやTwitterなど)でシェア

生成されたQRコード右上にある共有ボタンをタップすると、メニューが表示されます。

[画像を保存]を選択すればQRコードを端末(スマホ)に保存できますし、[LINE]や[Twitter]を選択すれば、各種SNSに向けてQRコードを送信できます。

自分のQRコードを保存またはSNS(LINEやTwitterなど)でシェア 自分のQRコードを保存またはSNS(LINEやTwitterなど)でシェア

[LINE]を選択すると、指定したアカウントのトークへQRコードが送信されます。

[Twitter]を選択すると、タイムラインへツイートする前の編集画面へと遷移するので、キャプションなどを入力し[ツイートする]をタップすれば投稿が完了します。

QRコードを読み取って相手をフォローする方法

受け取ったインスタのQRコードは、iOS標準カメラや読み取り専用アプリでスキャンする方法と、自分のスマホにQRコードを保存してInstagramアプリ上で読み取る方法の2つが用意されています。

インスタのQRコードをカメラやアプリで直接スキャン

フォローしたい相手と対面していたり、ポスターなどにプリントされたQRコードを読み取ったりする場合は、スマホカメラや専用アプリを使います。Instagram内のQRコード読み取り機能か、iOS標準カメラを利用するのがおすすめです。

ここでは、Instagramアプリ内の読み取り専用機能を使う方法を解説します。

インスタグラムアプリ内のQRコード読み取り機能を利用するパターン インスタグラムアプリ内のQRコード読み取り機能を利用するパターン

Instagramアプリの検索画面を開き、右上の読み取りマークをタップするとカメラが起動します。QRコード読み取り用の枠内に収まるように、QRコードを映せばOKです。

インスタのQRコードをカメラやアプリで直接読み取る場合 インスタのQRコードをカメラやアプリで直接読み取る場合

読み取りに成功するとアカウントが表示されるので、[フォローする]または[プロフィールを見る]を選択してください。

スマホに保存したQRコードをInstagramアプリでスキャン

LINEやTwitterでシェアされたQRコードを読み取る場合は、いったんスマホにQRコードを保存する必要があります。もしくは、QRコードをスクリーンショット撮影する手もあります。

端末に保存したQRコードをインスタアプリで読み取る場合

LINEなどで共有されたQRコードを表示させ、右下のダウンロードボタンをタップして端末へ保存するか、スクリーンショットを撮影します。

iPhoneで画面録画(スクショ動画を撮影)する方法──音声あり/なし設定、録画・録音できないときの対策も解説
Androidスマホでスクリーンショットを撮影する方法──保存先の確認、全画面撮影のやり方も解説

インスタグラムアプリ内のQRコード読み取り機能を利用するパターン 端末に保存したQRコードをインスタアプリで読み取る場合 端末に保存したQRコードをインスタアプリで読み取る場合

続いて、Instgaramアプリを開き、検索ページ右上の読み取りボタンをタップします。カメラが起動するので、画面右上の四角いボタンを押すとスマホに保存された写真・画像一覧(アルバム)が表示されます。

この中から、読み取りたいインスタのQRコード画像を選択してください。

インスタのQRコードをカメラやアプリで直接読み取る場合 インスタのQRコードをカメラやアプリで直接読み取る場合

読み取りに成功するとアカウントが表示されるので、[フォローする]または[プロフィールを見る]を選択すればOKです。

インスタのQRコードは加工・編集してオリジナリティが出せる

インスタのQRコードは、背景の色やデザインを変えて自分好みにカスタマイズすることができます。友達と一味違ったデザインのQRコードを作成してみてください。

QRコードのイメージカラーを変更する

QRコードのイメージカラーを変更 QRコードのイメージカラーを変更

QRコード上部のボタンが[カラー]になっていることを確認し、背景部分をタップすると色が変えられます。

グリーンやブルーなどの寒色系のグラデーションや、オレンジやイエローなどの暖色系のグラデーションがあるので、気に入ったカラーに設定してみてください。

絵文字を散りばめた背景にする

絵文字背景にする 絵文字背景にする 絵文字背景にする

QRコードの上の[カラー]ボタンをタップし[絵文字]に切り替えると、小さい絵文字が背景に散りばめられたデザインが楽しめます。

どこでもいいので背景をタップすると、全種類の絵文字が表示されるので、好きな絵文字を設定することができます。

セルフィーで撮影したものを背景にする

セルフィーで撮影したものを背景に セルフィーで撮影したものを背景に セルフィーで撮影したものを背景に

QRコード上部のボタンを数回タップし[セルフィー]へ切り替えると、自分の顔などをインカメラで撮影したものを背景にできます。

撮影画面中央の枠内に顔などを当てはめ、画面下のシャッターボタンを押すだけでOKです。背景をタップすれば、セルフィーのエフェクトが変更できます。

上手く撮影できなかった場合は、画面右上の[もう一度撮影]または[撮り直し]をタップすると、再度撮影が可能になります。

検証したInstagramのバージョン:iOS版157.0.0.23.119、Android版157.0.0.37.120

EDITED BY BOTAN