インスタグラムの乗っ取り防止「二段階認証」ログインを設定する方法 リカバリーコードや認証アプリの使い方も

【インスタグラム】セキュリティ対策「二段階認証」の効果と設定法 リカバリーコードや認証アプリの使い方も

Instagramのパスワードを推測されやすいものにしていたり、他サービスと同じものを使い回したりしていると、アカウントを乗っ取られてしまう不正ログインの被害に遭いやすくなります。

乗っ取られれば自分のアカウントを失うだけでなく、フィード上で勝手に商品宣伝をされたりDMで友達の個人情報を探られたりと、他ユーザーにまで被害を及ぼす可能性もあります。

パスワードを堅固なものにするのは大前提ですが、アカウントのセキュリティを高めるのに有用なのが「二段階認証」です。本記事では、インスタグラムで二段階認証を設定する意味や、実際の設定方法について解説します。

Instagramの「二段階認証」とは? 設定する意味と効果

二段階認証とは、一般的に用いられるID(ユーザー名・メールアドレスなど)やパスワード入力に加え、別途セキュリティコードの入力や生体認証などによってログインを認証する方法のことです。認証方法を複雑化することで、アカウントに不正ログインされる可能性を減らすことができます。

インスタグラムの「二段階認証」とは?設定したほうがいいのか

アカウントのっとりにより、心当たりのない商品宣伝が投稿されている例

万が一アカウントが乗っ取られると、登録情報を変更されて自分のアカウントにログインできなくなるだけでなく、勝手に商品宣伝の投稿がアップされたり出会い系サイトへの誘導活動などに利用されたりと、他ユーザーにまで迷惑がかかるトラブルに巻き込まれる恐れも。

そこで、Instagramはセキュリティ強化の対策として、セキュリティコードを利用した「二段階認証」を導入しています。二段階認証を設定しておけば、第三者があなたのID・パスワードを不正入手したとしても、セキュリティコード(6桁の数字)を入力しない限りログインできなくなるのです。

二段階認証の設定をSMSでおこなう方法

自分のInstagramアカウントを守ることはもちろん、他ユーザーに迷惑をかけないためにも、二段階認証を設定しておきましょう。二段階認証は「SMS」または「認証アプリ」を用いておこないます。ここでは、SMSを利用した設定方法を解説していきます。SMSを利用せずに専用アプリを用いて二段階認証を設定する方法については後述しています。

1設定画面からセキュリティを開く

設定画面からセキュリティを開く 設定画面からセキュリティを開く

Instagramアプリでプロフィール画面右上のメニューボタン[]から設定ボタン[]をタップし、[セキュリティ]へと進みます。

2二段階認証をオンにする

二段階認証をオンにする 二段階認証をオンにする

続いて、[二段階認証]を選択します。次の画面で、下部に表示された[スタート]ボタンを押してください。

二段階認証をオンにする

セキュリティ(認証)コードの入手方法を選びます。「SMS」をオンにすると、登録した電話番号へSMS経由で認証コードが届くようになります。

まずは、一般的に利用されているSMSを選ぶことにします。サードパーティの認証アプリによる設定方法は後述しています。

3電話番号を追加し、SMSで届いた認証コードを入力する

電話番号を追加し、SMSで届いた認証コードを入力する

電話番号が登録されていない場合は、次の画面でSMSを受け取る番号を入力します。

電話番号を追加し、SMSで届いた認証コードを入力する 電話番号を追加し、SMSで届いた認証コードを入力する

SMSでセキュリティ(認証)コードが届きます。6桁の数字を確認したら、インスタに戻って数字を入力し[次へ]をタップします。

電話番号を追加し、SMSで届いた認証コードを入力する

以後、他のスマホやPCでログインする際には、必ずセキュリティコードの入力が求められるようになります。さらに[次へ]と進んでください。

4リカバリーコードをメモする

リカバリーコードをメモする

次の画面ではリカバリーコードが発行され、8桁の数字が5種類表示されます。このリカバリーコードは、スマホに不具合が生じてセキュリティコードが受け取れない場合に必要になるため、スクショやメモをして手元に保管しておいてください

誰かに見られたりした場合は[新しいコードを取得]をタップすれば、コードが新たに生成されます。

リカバリーコードが確認できる場所は?

リカバリーコードを取得する リカバリーコードを取得する

リカバリーコードをスクショまたは保管し忘れてしまった場合は、二段階認証設定画面の[リカバリーコード]をタップしてください。コードの確認が可能です。

二段階認証の設定を専用アプリでおこなう方法

利用中の端末でSMSが使えない場合は、二段階認証用のアプリを使ってセキュリティコードを取得することも可能です。インスタでは「Duo Mobile」や「Google認証システム」などの認証アプリに対応しており、今回はDuo Mobileを利用した方法を紹介します。

1二段階認証の設定画面で「認証アプリ」を選択する

アプリでセキュリティ(認証)コードを受信することも可能

Instagramアプリでプロフィール画面右上のメニューボタン[]から設定ボタン[]→[セキュリティ]→[二段階認証]と進み、[認証アプリ]をオンにします。

2専用アプリ(Duo Mobile)をインストールする

専用アプリでセキュリティ(認証)コードを受信することも可能 アプリでセキュリティ(認証)コードを受信することも可能

[アプリをインストール]をタップし、もう一度[アプリをインストール]を選択します。

専用アプリでセキュリティ(認証)コードを受信することも可能

App StoreまたはGoogle Playへ遷移するので、「Duo Mobile」アプリをインストールしてください。インストール後、Duo Mobileを開く必要はありません。

3インスタへ戻り、二段階認証画面で「認証アプリ」を再度オンにする

専用アプリでセキュリティ(認証)コードを受信することも可能 専用アプリでセキュリティ(認証)コードを受信することも可能

インスタグラムへ戻ります。二段階認証の設定画面で[認証アプリ]をオンにし、[次へ]と進みます。

4認証用コードを取得する

専用アプリでセキュリティ(認証)コードを受信することも可能

するとDuo Mobileが自動で起動し、画面上に自分のユーザーネームが表示されているはずです。

名前横にある[∨]を開き、6桁のコードを確認してください。

5インスタへ戻って認証コードを入力する

専用アプリでセキュリティ(認証)コードを受信することも可能 専用アプリでセキュリティ(認証)コードを受信することも可能

もう一度インスタグラムへ戻り、[次へ]をタップ。

コード入力画面が表示されたら、先ほどDuo Mobileで生成された数字を入力し、[次へ]を押してください。

専用アプリでセキュリティ(認証)コードを受信することも可能 専用アプリでセキュリティ(認証)コードを受信することも可能

コードが承認されれば成功です。「二段階認証はオンになっています」と画面に表示されるので[次へ]をタップし、リカバリーコードをスクリーンショットまたはメモなどに記録し保管しておきましょう。

以降、二段階認証を認証アプリでおこなうときは、同じ手順でコードを取得し、インスタグラムの画面で入力すればOKです。

二段階認証を介してインスタにログインする方法

二段階認証を設定していれば、認証済みの端末以外でログインする際に必ずセキュリティコードの入力が求められるようになります。

ログイン画面でID・パスワードを入力する ログイン画面でID・パスワードを入力する

インスタグラムのログイン画面でIDとパスワードを入力して[ログイン]をタップすると、次の画面でセキュリティコードが求められます。二段階認証設定で「SMS」を選択していれば登録した電話番号のSMS宛てに届いたコードを、「認証アプリ」を選択していれば専用アプリで生成されたコードを入力して[送信]すればOKです。

コード入力時に「このデバイスを信頼する」にチェックを入れてから認証をおこなうと、今後その端末での二段階認証は省かれます。

セキュリティコードが届かない場合の対処法(リカバリーコード)

設定した電話番号のSMS宛てにコードが届かないときに使えるのが「リカバリーコード」です。

リカバリーコードを取得する

セキュリティコードの入力画面で[さらにヘルプが必要な場合]をタップし、[リカバリーコードを使用]を選択します。

リカバリーコードを取得する リカバリーコードを取得する

左:スクショで保存していたリカバリーコード右:インスタの画面

事前にスクリーンショットやメモなどで保管しておいたリカバリーコードをどれでもいいので入力。あとは[認証]をタップすればOKです。

EDITED BY BOTAN