【インスタグラム】自分のアカウントのURLを調べてリンクを貼り付け共有する方法

【インスタグラム】自分のアカウントのURLを調べてリンクを貼り付け共有する方法

Instagramへの投稿をもっと多くの人と共有したい、あるいは他のSNSでつながっている人とインスタグラムでもつながりたいという時に便利なのが、自分のプロフィール画面に誘導する方法。ところが、インスタグラムのプロフィール設定などを見ても、そうした機能は見当たりません。

そこで本記事では、自分のInstagramアカウントのプロフィールページにアクセスできるURLを調べて、TwitterやFacebook、LINEなどにそのリンクをコピペ(貼り付けて)共有する方法について紹介します。

インスタグラムで自分のURLを調べる方法

Instagramアプリでは個別の投稿や他ユーザーのプロフィールページは簡単にシェアできても、自分のアカウントURL(プロフィールページのリンク)を共有する機能は搭載されていないのが現状です。そこでまず、自分のアカウントURLを抽出する必要があるわけですが、大きく分けて以下3つの方法があります。

インスタグラムで自分のURLを調べる3つの方法
  1. 「instagram.com」の後ろにユーザーネームを加える
  2. ウェブブラウザでアカウントURLを表示させる
  3. サブアカウントを利用してURLをコピーする

それぞれの項目をタップすると、該当の説明箇所へ遷移します

「instagram.com」の後ろにユーザーネームを加える

アカウントURLは、「https://www.instagram.com/◯◯◯◯◯」になっています。つまり、◯◯◯◯◯の部分に自分のユーザーネームを加えれば、それがプロフィール画面へのリンクになるというわけです。

「instagram.com」の後ろにユーザーネームを加える 「instagram.com」の後ろにユーザーネームを加える

ユーザーネームは、インスタグラムアプリのプロフィール画面の上部に表示されます。短いものなら手で入力してもそれほど手間ではありませんが、それが面倒な場合はコピーしましょう。

プロフィール画面で[プロフィールを編集]をタップすると、編集画面に移ります。ここでユーザーネームをコピーできます。

この例では、「https://www.instagram.com/sayutaro3123」がアカウントURLになります。

ウェブブラウザでアカウントURLを表示させる

アプリではなく、SafariやChromeなどのブラウザからインスタグラムを開き、プロフィールURLをコピーする方法もあります。

ウェブブラウザでアカウントURLを表示させる

SafariやChromeなどのブラウザアプリでInstagramにアクセスします。自分のユーザーネームとパスワードを入力し、インスタグラムにログインしてください。

インスタグラムで「ログインできない」ときの対処法まとめ

ウェブブラウザでアカウントURLを表示させる
iOS端末でブラウザからインスタグラムにアクセスすると、勝手にアプリ版インスタグラムに切り替わってしまうことがあります。その場合は、Instagramを長押しして[新しいタブで開く]を選択すると、Web版インスタグラムが表示されます。

ウェブブラウザでアカウントURLを表示させる ウェブブラウザでアカウントURLを表示させる

続いて、画面右下の人型マークをタップしてプロフィールページを開きましょう。ここで、画面上部のアドレスバーを長押しし[コピー]してください。

なお、スマホから見ると、フィード画面や検索画面などのタブでもアドレスバー上のURLは「instagram.com」の表示になっていますが、実際のURLは異なっています。必ずプロフィール画面を表示させてから、URLのコピーをおこないましょう

ウェブブラウザでアカウントURLを表示させる

パソコン(PC)でも同様の手順でおこなえます。この時、URLの末尾に「?hl=ja」と付いていますが、これはあってもなくても構いません。

PC(パソコン)版インスタグラムでできること/できないこと総まとめ【DM・複数投稿・ストーリーズなど】

サブアカウントを利用してURLをコピーする

第三者のプロフィールURLであれば、アプリ版インスタグラムからでも簡単にコピーできます。この仕様を利用して、サブアカウントに切り替えた状態からメインアカウントのプロフィールURLをコピーする方法を解説します。

インスタグラムで複数のアカウントを追加・切り替えする方法【サブアカウント管理】

サブアカウントを利用してURLをコピーする

プロフィール画面上部のユーザーネームをタップし、表示されたサブアカウントを選択してアカウントを切り替えます。

サブアカウントを利用してURLをコピーする サブアカウントを利用してURLをコピーする

サブアカウントの状態で、メインアカウントのプロフィール画面を表示させます。画面下の検索タブでメインアカウントのユーザーネームを入力すると見つかるでしょう。

プロフィール上部のメニューボタン[]から[プロフィールURLをコピー]をタップすれば完了です。iOS版インスタグラムであれば「リンクがクリップボードにコピーされました」と表示されます。

他のSNS等に自分のURLを貼り付けて共有する

コピーしたインスタグラムのアカウントURLを、実際にTwitterやLINE、Facebookなど他のSNSにリンクを貼ってみましょう。ここでは、Twitterを例に手順を紹介します。

他のSNS等に自分のURLを貼り付けて共有する 他のSNS等に自分のURLを貼り付けて共有する

Twitterアプリのプロフィールアイコンをタップし、[プロフィール]を選択します。次の画面で右上の[変更]から、プロフィール編集画面を開いてください。

他のSNS等に自分のURLを貼り付けて共有する 他のSNS等に自分のURLを貼り付けて共有する

左:プロフィール編集画面。自己紹介欄にペースト右:反映完了後の画面

自己紹介の部分に、コピーしておいたインスタのプロフィールURLをペーストして[保存]すれば完了です。URLをタップすれば、Instagramのプロフィール画面にアクセスできます。

他のSNS等に自分のURLを貼り付けて共有する

ただし、Instagramでアカウントを非公開にしている場合、投稿一覧は表示されません。アカウントURLを貼って自分のインスタグラム投稿を共有したい場合には、非公開設定を解除しておいたほうが無難でしょう。

インスタグラムで「非公開アカウント」にするとどうなるか──フォローや検索・DMなどの仕様や設定・解除方法などを解説

アカウントを教えるのに便利な「ネームタグ」とは

アカウントを教えるのに便利な「ネームタグ」とは

インスタグラムには「ネームタグ」と呼ばれる機能があります。自分のネームタグを、第三者がインスタグラムのカメラで読み込むと、簡単にアカウントをフォローできるというものです。

アカウントを教えるのに便利な「ネームタグ」とは アカウントを教えるのに便利な「ネームタグ」とは

LINEで友だち追加するのに利用できる「QRコード」のように、ネームタグを読み込むとすぐに相手のプロフィールが表示されます。[フォローする]あるいは[プロフィールを見る]を選択してください。

検証したInstagramのバージョン:iOS版121.1.0.22.122、Android版121.0.0.29.119

EDITED BY BOTAN