Twitterで自分のアカウントURLを確認してリンクをコピペする方法

簡単に自分のアカウントURLを確認できる3つの方法を紹介

自分のTwitterアカウントのURL(リンク)を、InstagramやFacebookなど他のSNSプロフィールに載せたい、シェアしたいという人もいるでしょう。そんなとき、自分のアカウントのURLを確認してコピーする必要があります。

本記事では、自分のTwitterアカウントのURLを調べる方法や、各種SNSにアカウントのリンクをコピペ(貼り付け)して共有する方法、アカウントのURLをQRコードに変換する方法を紹介します。

TwitterでアカウントURLを確認する3つの方法

Twitterアプリには、自分のアカウントURL(プロフィールページのリンク)を共有する機能は搭載されていません。そこで、自分のアカウントURLを抽出する必要があるわけですが、自分のアカウントURLを確認する方法は大きく分けて以下3つの方法があります。

    方法1:「https://twitter.com/」の後ろにユーザー名を加える

    アカウントのURLは「https://twitter.com/◯◯◯」になっています。この◯◯◯の部分に自分のユーザー名を加えれば、それがプロフィール画面へのリンクになります。

    ユーザー名を「https://twitter.com/」のURLの後ろに加える

    ユーザー名は、アカウント作成時に設定した「@〜」から始まる英数字や「_(アンダーバー)」からなる名前です。Twitterアプリのメニュー画面やプロフィール画面に表示されています。

    たとえば「@appllio_hanako」であれば、「https://twitter.com/appllio_hanako」がアカウントのURLになります(「@」は含めない)。

    方法2:ツイートのURLをコピーして不要部分をカットする

    自分が投稿した何かしらのツイートをコピーし、不要なURL部分をカットすることでもアカウントURLを確認できます。ユーザー名を手入力するのが面倒だという場合は、この方法がいいでしょう。

    なお、この方法は公開アカウントのみ利用できます。非公開アカウント(鍵垢)では利用できないので注意してください。

    自分が過去に投稿したいずれかのツイートの右下にある共有ボタンから[リンクをコピー]をタップ。これでツイートのURLがコピーされました。

    一度メモアプリなどに貼り付けて不要な部分(/status以下)をカットする

    続いて、メモアプリなどにコピーしたツイートのURLを貼り付けましょう。この段階ではアカウントURLではなくツイートのURLなどで、不要部分をカットします。

    「/status/○○○〜」以下を削除すれば、アカウントURL部分だけが残ります。あとはこのURLをコピーして好きな場所に貼り付ければOKです。

    方法3:Webブラウザでアカウントページを開いてURLをコピー

    Twitterアプリではなくブラウザ版Twitterにログインし、URLをコピーするという方法もあります。

    まず、SafariやChromeなどのブラウザアプリからTwitterにアクセスします。自分の電話番号/メールアドレス/ユーザーネームとパスワードを入力し、Twitterにログインしてください。

    プロフィール画面のURLをコピー

    自分のプロフィール画面を開いたら、アドレスバーのURLをタップしてコピーします。

    スマホからURLをコピーする際は、必ずプロフィール画面を表示させましょう。その他の画面(ツイート一覧画面やDMタブなど)では無効なURLしかコピーできません。

    PCブラウザでもプロフィール画面のURLをコピーすればOK

    PCブラウザ版Twitterを利用する場合でも、同様の手順でTwitteのアカウントURLをコピーできます。

    他のSNS等にTwitterのアカウントURLを貼り付けてリンク共有

    前述の方法でコピーしたTwitterのアカウントURLを、InstagramやLINE、Facebookといった他のSNSなどに貼り付けます。

    「自己紹介」にアカウントURLを入力してもリンクが正常に遷移しないので、必ず「ウェブサイト」欄に入力する

    たとえばインスタグラムでは、Instagramアプリのプロフィール画面でプロフィールを編集をタップします。編集画面では「ウェブサイト」の項目に、ツイッターのアカウントURLを入力(ペースト)します。

    インスタユーザーがURLをタップすれば、あなたのTwitterのプロフィール画面にアクセスできます。

    非公開アカウントだとツイートが非表示になる

    非公開アカウントの場合

    公開アカウントの場合

    Twitterアカウントを非公開にしている場合、インスタグラムのプロフィールなどに貼り付けられたアカウントURLをタップした際に投稿一覧は表示されません。アカウントURLを貼り付けて自分の投稿を公開したい場合には、非公開設定を解除しておいたほうが無難でしょう。

    Twitterアカウントを「QRコード」に変換する

    TwitterのQRコードを使って、自分のアカウントを共有する方法もあります。ただし、QRコードを変換できるのはスマホ版アプリ(iOS版/Android版)のみで、ブラウザ(PC/スマホ)には対応していません。

    また、Twitterのユーザー名を変更するとQRコード自体が変わるため、変更前のQRコードが無効になる点には注意が必要です。プロフィール画像を変更するとQRコードをスキャンしたときに表示されるプロフィール画像は変わるものの、これまでのQRコードを引き続き利用できます。

    自分のアカウントのQRコードを表示する方法

    TwitterのQRコードを表示するには、メニュー画面の右下にあるQRコードをタップします。

    QRコードが表示されるので、相手に読み取ってもらいましょう。画面下のQRコードボタンをタップすると、QRコードリーダーが起動します。

    QRコードは画像としてLINEなどで共有可能

    なお、画面右上の共有ボタンをタップして[共有する]を選択すると、LINEやメールなどの別アプリを経由してQRコードを画像としてシェアすることもできます。

    アプリ「Twitter」をダウンロード
    検証バージョン
    Twitter
    iOS
    8.92.2
    Twitter
    Android
    9.20.0-release.00
    EDITED BY
    AO