LINEで「ログアウト」する方法とは?【iPhone/Android/PC/iPad/Chrome版】

LINEで「ログアウト」する方法とは?【iPhone/Android/PC/iPad/Chrome版】

LINE(ライン)の通知を切っていてもトークが気になってしまって集中できない、LINEアプリの調子が悪いなど、様々な事情からLINEで一時的に「ログアウト」したいと思ったことはないでしょうか。複数アカウントを使い分けたい、といったケースもあるかもしれません。

本記事では、そもそもスマホ版LINEアプリ(iPhone/Android)からログアウトできるのかについて解説。またログアウトと同等の状態や、PC(パソコン)版/Chrome拡張(ブラウザ)版/iPad版のLINEからログアウトする方法なども紹介します。

LINEで「ログアウト」はできるのか?

結論から言えば、スマホ版LINEにログアウト機能はありません。LINEを止めたいときの手段としてはLINEアプリのアンインストールもありますが、ログアウトとの違いについても解説します。

スマホ版LINEアプリにログアウト機能はない

LINEのスマホ版アプリ(iPhone/Android)の設定画面には「ログイン」という文言が使われていますが、アプリには「ログアウト」機能がついていません。

LINEは1台のスマホにつき1アカウントまでの利用が原則で、1台のスマホで複数アカウントを切り替えたり、もう1台のスマホでも同じアカウントでLINEを同時利用したり、といった使い方を想定していないためと考えられます。

【LINE】アプリにログアウト機能はない

LINEアプリのアカウント設定画面にもログアウト機能はない

実際、別のスマホにLINEをインストールし、同じアカウントでログインすると同時に、元々ログインしていた端末からは利用情報が削除されてしまいます(初期化されます)。

ただし目的にもよりますが、ログアウトに近い状態にする(LINEのログイン画面を出す)方法として、LINEアプリのストレージ消去やアンインストールが挙げられます。これらをおこなうと、トーク履歴やスタンプなどLINEの利用情報が消えてしまうことがあるので、慎重な操作が必要です。

LINEアプリの「ストレージを消去」する(Android向け)

前述の通り、LINEアプリ自体にログアウトの機能は備わっていません。しかし、AndroidスマホでLINEアプリのストレージを消去することで、LINEアプリをログイン画面から始めることができます。

なお、この方法でLINEアプリからログアウトする場合、必ず事前にトーク履歴のバックアップを取っておきましょう。バックアップがなければ、再びログインしたときにトークの内容を復元できません。

【Android】LINEのトークをGoogleドライブにバックアップする方法

【LINE】Androidのストレージ消去 【LINE】Androidのストレージ消去 【LINE】Androidのストレージ消去

【検証端末:Pixel 3a】 左:設定アプリからアプリ一覧を選択中:LINEのアプリ情報を開く右:ストレージを消去

ストレージ消去によるログアウト操作は簡単です。端末の「設定」を開き、[アプリ]または[アプリと通知]からLINEアプリを選択してください。

[ストレージとキャッシュ]に進んで、[ストレージを消去]をタップすると、LINEアプリのストレージが削除され、ログアウトと同等の状態になります。

【LINE】Androidのストレージ消去 【LINE】Androidのストレージ消去

左:ログイン画面右:電話番号かFacebookを使ってログイン

ストレージ消去後にLINEアプリを起動すると、ログイン画面が表示されます。再びログインするには[ログイン]をタップし、所定の方法でLINEを再開してください。

今回はPixel 3a(Android 11)で検証しましたが、手元のAQUOS sense plus(Android 10)、Xperia 5(Android 10)、Galaxy A20(Android 10)でも同様の手順でログアウトできました。同シリーズの端末であれば、同様の手順でログアウトできるものと考えられます。

LINEアプリをアンインストール(スマホから削除)する

【LINE】アプリをアンインストール 【LINE】アプリをアンインストール

左:iPhoneの場合右:Androidスマホの場合(画面はPixel 3a)

スマホ版LINEアプリをアンインストールすると、端末上からLINEの存在が消えます。とはいえ、友だちやスタンプ、アルバム、プロフィールなどの利用情報(アカウント)はまだLINEのサーバ上に残っています。

バックアップをとっておけば再インストール・ログイン後にトーク履歴も復元でき、アンインストールしていた状態で届いたトークなども再インストールすれば遡って見られます。一時的にその端末からLINEを見られないようにしたいという場合は、この方法が最もシンプルといえそうです。

なお、これらバックアップ機能やアンインストールを駆使して、1台のスマホで「複数アカウント」を扱うこと自体は可能です。この場合、LINEアプリのアンインストールが実質的な「ログアウト」の役割を果たすことになります(詳細は下記記事を参照)。

PC/Chromeブラウザ/iPad版LINEにおけるログアウト方法

例外的にログアウト機能がついているのが、PC(パソコン)版LINE、Chrome拡張版LINE、iPad版LINEです。

これらは、メインデバイスであるスマホ版LINEにログインしたまま、同じアカウントで同期して利用できるようになっています。パソコンやiPadをサブデバイスとみなして使うため、これらでLINEを使わない時にはログアウトすることが可能です。

なお、LINEを複数端末で使う方法は下記記事で詳しく解説しています。

PC(パソコン)版LINEのログアウト

【LINE】PC版LINEからログアウト

ログアウト方法はmac、Windowsいずれも同じ

PC(パソコン)版LINEでは、画面左下の[…]ボタンを選択し、[ログアウト]をクリックすれば完了です。

LINEのウィンドウを閉じただけではログアウトされない点に留意しましょう。

Chrome拡張(ブラウザ)版LINEのログアウト

【Chrome拡張版LINE】ログアウトする方法

Chrome拡張版LINEでは、画面左上の[LINE▼]→[ログアウト]の順にクリックするだけでログアウトできます。

iPad版LINEのログアウト

LINE ログアウト iPad

iPad版LINEなら、設定ボタン[]→[アカウント]→[ログアウト]をタップします。

確認のポップアップが表示されるので、[確認]を選択してログアウト完了です。

別端末でログイン中のLINEをログアウトさせる方法

LINEのiOS/Android版アプリには、それ自体のログアウト機能がないのは前述の通りです。しかし、同じアカウントでPC版やChrome拡張版、iPad版にログインしている場合には、それらをスマホアプリ側の設定で強制ログアウトさせることができます。

【LINE】ログイン中の別端末をログアウト

具体的には、LINEアプリの「ホーム」タブで設定ボタン[]→[アカウント]→[ログイン中の端末]と進みます。

ここで表示されているデバイスの[ログアウト]をタップするか、[すべてのサービスからログアウトする]をタップすれば、強制的にそれらの端末からログアウトさせられます。

ログアウトするとトーク履歴はどうなる?

サブデバイスとして利用中のPC(パソコン)版/Chrome拡張(ブラウザ)版/iPad版LINEでログインしたのち、これらからログアウトしてもトーク履歴が失われることはありません。

たとえば、PC版LINEで友だちとトークしてログアウトしても、トーク履歴は同期されているスマホ版LINEに残ります。ただし、スマホ版LINEのアプリをアンインストール(ストレージ消去含む)した場合は、バックアップを取っていないとトーク履歴が消失してしまうので要注意です。

また、iPad版LINEをメインデバイスとして(スマホ版LINEと同期させずに)利用している場合も、バックアップせずLINEをアンインストールするとトーク履歴が消失するので気をつけてください。

検証したLINEのバージョン:iOS版11.2.0、Android版11.3.1、PC版6.7.0.2482(mac/Windows)、Chrome拡張版2.4.1、iPad版11.2

EDITED BY AO