LINE「ログイン中の端末」は自分? 不正アクセスかどうかをチェック

LINE「ログイン中の端末」に見知らぬ端末・場所からのアクセスがあった場合の対処法

LINE(ライン)では、アカウントや関連サービスにログイン中の端末をスマホから確認できます。不正アクセスを洗い出すために用意されている機能ですが、アクセス場所やログイン名の表示が紛らわしく、自分でアクセスした場合も不正アクセスを疑ってしまう人が多いようです。

そこで本記事では、どのような場合にログイン中の端末に記録されるのか、そのパターンと仕様を詳しく解説。加えて、万が一不正アクセスが発覚した場合に実行すべき対処法も紹介しています。

LINEの「ログイン中の端末」に表示されるケースとは?

LINEアカウントへのアクセスは、メールアドレス・パスワードの入力のほか、初めてログインする端末では本人確認コードの入力も求められる二重のセキュリティ対策が施されています。

そのため、もしLINEの「ログイン中の端末」に見覚えのない履歴やアクセス場所が表示されていたとしても、多くのケースでは自分自身でログインした記録であり、第三者から不正ログインされた可能性はかなり低いといえます。

不正アクセスされているかどうか調べるためにも、まずはどのような場合にログイン中の端末に記録されるのかをチェックしましょう。

PC版、iPad版、Chrome版LINEでLINEアカウントにログインした場合

ログイン中の端末は、「ホーム」タブの設定ボタン[]から[アカウント]→[ログイン中の端末]の順にタップすると表示されます。

LINE ログイン中の端末

ログイン中の端末には、LINEアカウントへのアクセスを指す「LINEにログイン中の端末」とLINEストアなど関連サービスへのログインを指す「LINEのサービスにログイン中の端末」の2種類が表示されます。

このうち「LINEにログイン中の端末」に記載されるのは、スマホ以外のPC版、iPad版、もしくはGoogle Chromeの拡張機能として提供されているChrome版LINEからのログインです。

LINEはもともと1つのアカウントに2台以上のスマホではログインできない仕組みなので、「LINEにログイン中の端末」欄にiPhoneやAndroidスマホが記載されることはありません。

LINE ログイン中の端末

表示のされ方としては、画像上からChrome版LINE、PC版LINE(Mac/Windows)、iPad版LINEです。PC版、iPad版LINEは端末の種類や端末名もしっかり表示されますが、Chrome版LINEは「Unknown Device」と記載されます。

LINE関連サービスにブラウザからログインした場合

たとえば、ブラウザのSafariからLINEストアにアクセス・ログインした場合のように、LINE関連のサービスにログインしたときもLINEにログイン中の端末のなかにある「LINEのサービスにログイン中の端末」欄に記録されます。

LINE ログイン中の端末

通常は「Safari」や「Google Chrome」などの使用されたブラウザ名が記載されますが、まれに「LINE IAB」と書かれている場合があります。

見覚えがないため不正アクセスかと怪しむ人が多いようですが、これはLINE In App Browser(LINEの内部ブラウザ)のこと。LINEアプリに組み込まれているWEBブラウザから、LINEの関連サービスにログインした場合などに「LINE IAB」と表示されます。

LINE IABからのアクセス LINE IABからのアクセス

考えられるのは、LINEストアの公式アカウントトーク画面から[LINE STOREを見る]をタップして、LINEストアに移動・ログインした場合などです。

LINEアプリを操作しているうち知らぬ間にログインしていたケースが多そうですが、まったく心当たりがないログイン履歴があった場合には、LINEストアなどに不正アクセスされている可能性も否めません。

早急に以下で紹介する対処法を実行してください。

過去にLINEアカウント・LINEの関連サービスにログインしたことがある場合

現在ログイン中の端末だけでなく、過去にログインした履歴も残ります。実際に筆者が確認したところでは、2週間前にログインした履歴が残っていました。

過去のログイン履歴

なお、ログインの履歴にはログインした場所が記録されますが、これはあくまでIPアドレスから割り出したおおよその位置情報です。同じ市の違う地区が表示されるといった現象が起きる可能性は大いにあるでしょう。

ログインの位置情報はおおよそ

実際に、同じ場所の同じ端末からログインしていても、アクセスするタイミングによって表示される位置情報は異なっていました。

ただ、行った覚えのない遠くの県が表示されているなど、明らかに誤差ではない位置情報を発見した場合は、不正アクセスされた可能性が考えられます。以下で解説する対処法を実施しましょう。

LINEに不正アクセスされた可能性が高いときの対処法

以上のケースを踏まえてもなお、「LINEにログイン中の端末」や「LINEのサービスにログイン中の端末」にまったく身に覚えのない端末があるといった場合、不正アクセスされた可能性があります。

LINEに不正アクセスをされると、トーク履歴や写真などプライベートな情報が見られてしまうだけでなく、勝手に友だちに悪質なメッセージを送られたりと、二次被害の危険性もあるため、早急に対処しなければなりません。

強制ログアウトさせる

LINEアプリでは、不正にログインした端末を強制的にログアウトさせることができます。

LINE 強制ログアウト

方法はいたってかんたんで、ログイン中の端末画面で端末ごとに表示される[ログアウト]ボタンをタップするだけでOKです。もし複数表示されていたら、[すべてのサービスからログアウトする]をタップして一気にログアウトできます。

LINE 強制ログアウト

ログアウトさせると、PC版、iPad版、Chrome版LINEには上の画像のようなメッセージが表示されるとともに、強制的にログイン画面に戻ります。また、LINEストアを強制ログアウトさせた場合も、特にメッセージなどは表示されませんがすぐにログアウトされました。

ログイン許可設定をオフにする

スマホ版LINEでログイン設定をオフにしておくと、PC版、iPad版、Chrome版LINEでアカウントでのログインを阻止できます。自らがPC版LINEを使わないときは、この設定をオフにしておくと安心です。

LINE ログイン許可設定

設定を変更するには、「ホーム」タブから設定ボタン[]→[アカウント]で[ログイン許可]の項目をオフにしましょう。

ただ、ログイン許可設定がオフになっていても、LINEストアなど関連サービスへのログインは阻止できませんでした。LINE関連サービスへのログインを阻止するには、後述のパスワード変更が最も効果的でしょう。

パスワードを強固なものに変更する

ログイン中の端末に表示されている、ということはすでにパスワードが漏れてしまっているということ。「ホーム」タブの設定ボタン[]→[アカウント]からすぐにパスワードの変更をおこないましょう。

LINE パスワード変更 LINE パスワード変更

他のインターネットサービスのアカウント情報を不正に入手し、それを使ってLINEアカウントへログインされた「リスト型攻撃」の可能性も考えられます。複数のサービスでメールアドレスやパスワードを使いまわしていると、LINEだけでなく、他のサービスにも被害が広まってしまうリスクがあります。

LINE以外のサービスのパスワードも強固なものに変更することをおすすめします。

PC版LINEの自動ログイン設定を見直す

初めてログインする端末(PCなど)では、本人確認コードをスマホ版LINEに入力しなければログインできません。しかし、過去にログインしたことがある端末であれば、確認コードの入力が求められず、メールアドレスとパスワードの入力のみでログインが可能です。

さらに、PC版LINEの「自動ログイン」をオンにしておくと、メールアドレスとパスワードを入力しなくても、PCを立ち上げると同時にLINEが開くようになるため、セキュリティ上リスクのある状態といえます。

自動ログイン設定にしない

共有しているパソコンでLINEを使うこと自体あまりおすすめしませんが、自動ログイン設定をするのは特に避けたほうがいいいでしょう。

PC版LINEの自動ログイン設定については、以下の記事に詳しくまとめています。

検証したLINEのバージョン:iOS版9.18.1、Android版9.20.1

EDITED BY MOEGI