オーディオブック比較「audible」と「audiobook.jp」おすすめはどっち?

オーディオブック比較、人気の「audible」と「audiobook.jp」おすすめはどっち?

書籍の内容を朗読してくれるオーディオブックが人気を集めています。とりわけアマゾンの「audible」とオトバンクが提供する「audiobook.jp(旧FeBe)」の業界2強から、どちらを選ぼうか迷っている人も少なくないでしょう。

本記事では、「audible(オーディブル)」と「audiobook.jp(オーディオブックジェーピー)」を様々な視点から比較していきます。どちらのサービスが自分にあっているか、悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

本を耳で楽しむ「オーディオブック」とは、おすすめアプリ3選

料金プランの柔軟性は「audiobook.jp」に軍配

オーディオブック比較、「audible」と「audiobook.jp」おすすめはどっち?

左:audiobook.jpの画面右:audibleの画面

まずは料金プランの比較です。audibleは月額料金が1500円で、毎月1つ付与される「コイン」を使って好きなタイトルを購入可能です。1500円以下の本を購入する場合や、コインを消費してしまった後などは、全タイトルを表示価格の30%OFFでお得に購入できます。

1コインしか付与されないのに、もし操作ミスで違う本を購入してしまったり、本選びに失敗したりしたらと心配になるかもしれませんが、audible会員であればタイトルを何度でも返品・交換できて安心です。また会員であれば、audible Stationというビジネスブック、落語、瞑想、英語ニュース記事といった気軽に聴けるコンテンツを追加料金なしで聴けます。

料金プラン比較
audible 会員特典プラン 月額1,500円
audiobook.jp 聴き放題プラン 月額750円、月額会員プラン 月額300円~

対するaudiobook.jpは、月額750円で一部の対象オーディオブックを聴き放題できるプラン、そしてポイントを定期購入できる2つのプランを用意。ポイントプランでは、1ポイント=1円でオーディオブックの購入に利用可能です。購入したタイトルは退会後も聴き続けられます。月額300円からのプランに加入すると、毎月ポイントをおトクに定期購入できます。

聴き放題とポイント購入という2つプランから、用途に応じて選べる点、ポイントの購入額を自分の予算で決められる点でaudiobook.jpがおすすめといえそうです。

公式サイトで見る

機能性やアプリの使いやすさは「audible」がリード

機能面においては、「audible」が一歩リード。コンテンツのレビューが読めたり、スリープモードやドライブモードが搭載されていたりと、便利な独自機能が準備されています。また、スリープタイマーの時間を自由にカスタマイズできるのも嬉しいポイントでしょう。

対する「audiobook.jp」は、機能の数では劣るものの「早送り・巻き戻し」や「再生倍速」を「audible」より細かく調整できる利点があります。

両サービスの機能比較
audible audiobook.jp
レビュー
サンプル再生
あらすじ・解説
作品の収録時間
スリープモード
ドライブモード
早送り・巻き戻し 前後30秒 前後10秒
再生速度 0.5x、0.75x、1x、1.25x、1.5x、1.75x、2x、2.5x、3x、3.5x 0.5x〜4xまで0.5x刻みで設定
スリープタイマー 8分、15分、30分、45分、60分、章の終わり、カスタマイズ 5分、10分、20分、30分、40分、50分、60分、チャプターの終わり
主な対応デバイス パソコン、Android端末、iOS端末、Echoシリーズ パソコンやAndroid端末、iOS端末

利用できる端末

audibleは、パソコンやAndroid端末、iOS端末、Amazon Echoシリーズで利用可能です。Kindle端末では使用できませんが(Fireタブレットではブラウザから利用可能)、スマートスピーカーで利用できるのは優位性が高いでしょう。

またaudiobook.jpは、パソコンやAndroid端末、iOS端末で利用可能です。PCからダウンロードした音声ファイルを転送すれば、ウォークマンやiPodなどのmp3対応端末で利用することも可能です。

レビューが読めるのは「audible」だけ

audible コンテンツのレビュー audible コンテンツのレビュー

ナレーターの評価がチェックできる。誤読を指摘するレビューなども有り

本や映画などをセレクトする際、レビュー内容を気にする人も多いでしょう。audibleにはレビュー機能が搭載されておりコンテンツ選びの参考になりそうです。

その他にコンテンツ選択に役立つ機能として、「あらすじ・解説」「作品の収録時間」の表記や、「サンプル再生」機能がaudibleおよびaudio.jpの両サービスともに用意されています。

「audiobook.jp」は再生速度、早送りをより微調整できる

audiobook.jp 倍速 audiobook.jp 画面

audiobook.jpの画面

audibleは再生倍速を0.25x刻みで調整できるのに対して、audiobook.jpは0.1x刻みと非常に細かい調整に対応。また早送り・巻き戻しは、audibleが30秒に対して、audiobook.jpは10秒単位となっています。

再生倍速や早送り等の機能では、より微調整ができるaudiobook.jpが優位といえます。

スリープ/ドライブモードは「audible」だけ

audibleには「スリープモード」と「ドライブモード」が搭載されています。

目の疲れを軽減できる「スリープモード」

audible ダークモード audible ダークモード audible ダークモード

就寝前などに、スリープ(ダーク)モードに切り替えることで、画面の色を黒基調に変更できます(画面は通常、白色です)。就寝前に切り替えることで目が冴えるのを防止したり、目の疲れを軽減できます。

運転中に使える「ドライブモード」

audible ドライブモード audible ドライブモード

また、運転中にオーディオブックを聴く人には「ドライブモード」が便利。ドライブモードの画面では、再生・30秒巻き戻しなどの操作アイコンが大きく表示されており、タップしやすいよう配慮されています。

日本語コンテンツのラインナップでは「audiobook.jp」が優位

audible 画面 audiobook.jp 画面

左:audibleの画面右:audiobook.jpの画面

日本語コンテンツのラインナップでは「audiobook.jp」が勝っています。その数は2万3000冊以上で、『嫌われる勇気』『もしドラ』といった少し前のベストセラーをカバーするほか、2019年6月からは親子で楽しめる絵本のオーディオブック1100作品を配信開始しています。

また、「audiobook.jp」は書籍以外のオリジナルコンテンツも取り揃えています。10分〜30分程度で聴ける外国語講座や講演会の音声などもあるので、移動のスキマ時間を有効活用するのにもピッタリです。ただし、これらコンテンツのすべてが聴き放題対象というわけではありませんので注意してください。

一方の「audible」は、日本から購入できるコンテンツは38カ国語22万タイトル以上で、うち1万3000点以上が日本語コンテンツとなっています。ドラマ化された池井戸潤の『陸王』(声・高川裕也)や、近藤麻理恵の『人生がときめく片付けの魔法』(声・田澤利依子)なども揃っています。

作品数・カテゴリー
作品数(日本語) カテゴリ
audiobook.jp 2万3000冊 ビジネス・自己啓発・教養・語学・実用・資格・文芸・落語・アニメ・講演会・ロマンス
Audible 1万3000冊 名作文学・現代文学・時代小説・ミステリー・ホラー・SF・ファンタジー・古典・神話・絵本・児童書・詩歌・自己啓発(生き方・人生論)(成功法)(人間関係・コミュニケーション)・ビジネス(マネー・資産運用)(マーケティング・セールス)(キャリア・マネジメント)・ライトノベル・BL・声優・落語・寄席・演芸・語学・学習・教育・科学・テクノロジー・社会・政治・宗教・哲学・評論・対談・歴史・地理研究・地理・旅行・エッセー・自伝・暮らし・健康・趣味・ヒーリング・エンタメ・カルチャー・ラジオ・ラジオドラマ・官能・アダルト・洋書

声優・ナレーター陣の数・豪華さは「audible」が勝る

audibleは、声優やナレーターに有名俳優などを起用する作品が多く、対するaudiobook.jpは、声優を中心に起用している印象です。ナレーターにこだわりがない人は別ですが、好きなナレーターが多いサービスを選ぶのも手でしょう。

ナレーター陣の詳しい紹介は、Audible公式サイトおよびaudiobook.jp公式サイトを確認してください。

主なナレーター陣(一部抜粋)
audiobook.jp audible
中村正俊
金谷ヒデユキ 高良 健吾
劇団ひとり 田辺 誠一
堤真一 中村 蒼
作久間レイ 田中 麗奈
吉永ユカ 城田 優
水樹奈々 早乙女 太一
北林きく子 上川 隆也
茶川亜郎 小澤 征
清水圭吾 柄本 佑
小林範雄 大久保 佳代子
市村徹 三田 佳子
山田晴久 宮沢りえ
西村不二人 坂口憲二
河口薫 夏木マリ
吉川雅子 糸井重里
大塚明夫 朴 腎美
石塚麻路 雨宮 天
山口由規乃 茅野 愛衣
矢島雅弘 釘宮 理恵
北林きく子 中井 和哉
中西進 置鮎 龍太
小野大輔 緑川 光
Peter Novak 野島 健児

audibleがおすすめの人、audiobook.jpがおすすめの人は?

以上、audibleとaudiobook.jpを比較してきましたが、最後に各サービスのおすすめユーザーをまとめたいと思います。

まずaudibleですが、読み放題プランではないものの、幅広いカテゴリの書籍がバランスよく用意されています。また、ナレーターに力をいれているので、好きな俳優の音声で聴きたい人におすすめです。洋書のコンテンツが40万冊以上なので、外国語でオーディオブックを聴きたい人にももってこいです。

audiobook.jpは、一般書籍に加えて、オリジナルコンテンツを楽しみたい人や、とにかく定額でオーディオブックを利用したい人に向いています。また、子どもの読み聞かせにオーディオブックを利用したい人は日本語の絵本が豊富なaudiobook.jpがぴったりでしょう。

無料トライアルを確認
EDITED BY CK