【LINE】アイコンを囲む緑のリングの意味は? 表示される理由や注意点を解説

【LINE】アイコン周りに表示される緑のリングの意味は? 現れる理由や注意点を解説

LINEの友だちリスト画面で、友達や自分のアイコンが緑色ベースのリング(輪っか)で囲われている現象を目にするようになりました。このリングは何を意味しているのか、タップして閲覧しても相手にバレないのかなど、戸惑ってしまう人もいるでしょう。

そこで本記事では、LINEの友だちリストのアイコンに表示される緑のリングが表示される理由や、確認時に注意したい“足跡”などの仕様について詳しく解説していきます。

アイコンを囲むリング表示はストーリーの投稿を意味する

LINE アイコンの緑色のリングは何

LINEの友だちリストでアイコンに緑色のリングが表示されるのは、その友だちがLINEストーリーを投稿したことを意味しています。

LINE アイコンの緑色のリングは何

ストーリーを投稿した友だちのアイコンに緑色のリングが表示される

LINE アイコンの緑色のリングは何

ストーリーを閲覧するとリングの色がグレーに変わる

緑色のリングが表示されている状態でアイコンをタップするとその投稿を閲覧することができ、閲覧するとリングの色がグレーに変わります。インスタグラムのストーリーと似たような仕様です。

ちなみに、閲覧すると足跡がつくため、自分がその投稿を閲覧したことが相手に知られることになります。

自分のアイコンにも緑色のリングは付く

LINE アイコンの緑色のリングは何

自分がストーリーを投稿した場合、自分のLINE画面で自分のアイコンにも緑色のリングが付きます。自分でその投稿を閲覧すると、リングの色はグレーに変わります(友達のLINE画面では変わりません)。

友達のアイコン右上に付く「緑の点」との違いは?

LINE アイコン 緑色のリング 緑色の点との違い

緑の点はアイコン画像、ステータスメッセージ、プロフィールBGMを変更すると表示される

友だちリストのアイコンには「緑の点」が表示されることもあります。緑の点と緑のリングには、以下のような違いがあります。

緑色のリングと緑の点の違い
  • 緑の点:LINEのアイコン画像、ステータスメッセージ、プロフィールBGMのいずれかを変更した場合に表示される
  • 緑色のリング:ストーリーを投稿した場合に表示される

もしLINEのアイコン画像、ステータスメッセージ、プロフィールBGMのいずれかを変更し、かつストーリーも投稿していた場合、その友だちのアイコンには緑の点とリングの両方が付くことになります。

アイコンに表示される緑色の点については下記の記事で詳しく解説しています。

アイコンを変更しただけでリングが表示されてしまう理由

LINEでアイコン画像を変更しただけにもかかわらず、緑色のリングが表示されてしまうケースがあります。これは、アイコン画像の変更をストーリーに投稿するオプションが有効になっているためです。

LINE 緑色のリング アイコン変更時に表示させない

[ストーリーに投稿]にチェックを入れなければ緑色のリングは表示されない

アイコンの設定画面で[ストーリーに投稿]にチェックが入っていない状態で[完了]をタップすれば、設定したアイコンがストーリーに投稿されず、緑色のリングが付くこともありません。

[ストーリーに投稿]がチェックが入った状態で設定を完了すると、意図せずアイコン画像がストーリーに投稿されることになるため、緑色のリングが付くというわけです。

特定の友だちに自分のリングを表示させたくない場合

自分がストーリーを投稿した際、通常はブロックをしている友だちにも緑色のリングが表示されてしまいます。もしブロックしている、あるいは特定の友だちに緑色のリングを表示させたくない場合、ストーリーの投稿時に公開範囲を設定しておきましょう。

LINE 緑色のリング ストーリー 公開範囲設定 LINE 緑色のリング ストーリー 公開範囲設定

ストーリーの編集画面

ストーリーの編集画面で公開の設定を開き、「友だちまで公開」の横にある[>]ボタンをタップします。

LINE 緑色のリング ストーリー 公開範囲設定 LINE 緑色のリング ストーリー 公開範囲設定

特定の友だちにストーリーを公開したくない、あるいは緑色のリングを表示させたくない場合

友だちのユーザー名の横にある[非公開]をタップすると、その友だちは「公開」タブから「非公開」タブに移動。その友だちへは、ストーリーが公開されることはなくなります。

公開範囲から除外しているため、ストーリーを投稿してもその友だちには緑色のリングが表示されることはありません。

検証バージョン:iOS版9.18.0、Android版9.18.1

EDITED BY AO