LINE「ステータスメッセージ」を設定・変更する方法──活用例や通知・文字数などの仕様面も解説

LINE「ステータスメッセージ」の使い方──変更・設定の方法から活用例、通知や文字数などの仕様面まで

ステータスメッセージとは、LINEのプロフィールアイコンに続いて表示される短文メッセージのことです。画像だけでは伝わらない近況や気分、趣味などを多くの人に伝えることができるスペースとして利用できます。

そこで今回は、LINEのステータスメッセージの活用例や設定・変更方法などについて紹介します。自分に合ったひとことを見つけてみてください。

LINEのプロフィールを設定/変更する方法まとめ【アイコン画像/動画・背景・音楽(BGM)・誕生日・コメント・名前など】

LINEのステータスメッセージとは

まずは、LINEのステータスメッセージとはどんな機能なのか、設定したり変更したりするとどうなるのかなど、その仕様について見ていきましょう。

旧「ひとこと」がステータスメッセージになった

LINE「ステータスメッセージ」の使い方

ステータスメッセージは、友だちリストやプロフィール画面などに表示されるアカウントアイコンの脇に小さく表示される短文メッセージです。

以前は「ひとこと」という名称でしたが、「ステータスメッセージ」に変わりました。小さい表示ながら存在感があり、プロフィール画像だけでは伝わらない近況や気分、趣味などを多くの人に伝えることができます。

ステータスメッセージを設定/変更しても通知はされない

ステータスメッセージを設定する際に気をつけたいのが、「ブロック」している友だちも含めて、自分の友だち全員にステータスメッセージを更新したことが知られてしまう点です。

LINE「ステータスメッセージ」の使い方

最近更新されたプロフィールに掲載される

具体的には、ステータスメッセージを設定すると、自分の友だち全員のLINEの「友だち」タブにある「最近更新されたプロフィール」枠に24時間あなたのアカウントが表示されます。ステータスメッセージの更新が目立っては困る、というのであれば設定・変更はやめておくのが無難でしょう。

とはいえ、「更新されたプロフィール」枠に自分のアカウントが表示されるのみで、ステータスメッセージを設定・変更したことの「通知」が友だちに届くことはありません。

ステータスメッセージの制限文字数

ステータスメッセージは最大500文字まで入力できますが、友だちリストに表示されるのは全角で23文字(半角は0.5文字扱い)です。23文字を超える部分は「…」と省略されてしまいます。

ステータスメッセージの設定・変更方法

それでは、実際にステータスメッセージを設定してみましょう。

ステータスメッセージの初回設定・変更手順

LINE「ステータスメッセージ」の使い方 LINE「ステータスメッセージ」の使い方 LINE「ステータスメッセージ」の使い方

「友だち」タブに表示されている自分のアカウント名をタップし、ホーム画面から[プロフィール]を選択します。

または「友だち」タブの上部にある設定ボタン[]をタップし、[プロフィール]を選択します。

LINE「ステータスメッセージ」の使い方 LINE「ステータスメッセージ」の使い方 LINE「ステータスメッセージ」の使い方

プロフィールの設定画面が開いたら、「ステータスメッセージ」に入力しましょう。入力したら[保存]をタップして設定完了です。

【LINE】デコ文字をステータスメッセージ(ひとこと)に使う方法

LINE「ステータスメッセージ」の使い方

ステータスメッセージは一度設定すれば、以後ホーム画面から簡単に変更できます。「友だち」タブから自身のアカウントを選択後、ホーム画面に表示されたステータスメッセージ右隣にある[ペンマーク]をタップすると、すぐに変更可能です。

もちろん、「友だち」タブから設定ボタン[]→[プロフィール]で、プロフィールの設定画面から編集することも可能です。

LINE MUSICからBGMを追加することも可能

プロフィール設定画面では、ステータスメッセージの他にもLINE MUSICからBGMを設定することも可能です。設定には、LINE MUSICアプリのインストールが必要です。

LINE「ステータスメッセージ」の使い方

「友だち」タブから設定ボタン[]→[プロフィール]と進んだプロフィール設定画面で[BGM]をオンにします。LINE MUISCが起動したら、好きなアーティストの楽曲を選びましょう。

LINE「ステータスメッセージ」の使い方

自分が設定したBGMは、友だちが自分のプロフィールを開いたときに友だちのLINE上で流れます。BGMは画面左上にある[再生ボタン]をタップすると再生されます。

なお、LINE MUSICの有料会員でなくても、無料でBGMに設定する方法もあります。詳しい手順は以下の記事を参照してみてください。

ステータスメッセージの活用例

実際にステータスメッセージを設定するとなれば、どんな言葉を選べばいいのか悩ましいところです。そこで参考になりそうな例文をいくつかピックアップしてみました。ちょっとしたアレンジを加えて、自分に合ったメッセージを考えてみるのもいいでしょう。

モットー系

LINE「ステータスメッセージ」の使い方 活用例

自分が大切にしたい考えや目標などをメッセージにするパターンです。

「シンプル・スマイル!」「料理上手になりたい」「Take it easy(気楽にいこう)」などの言葉からは前向きな印象を受けますよね。さらに、自分自身の目に入るものでもあるので、大切にしたい思いを忘れないようにと設定する人もいるようです。

名言・かっこいい系

LINE「ステータスメッセージ」の使い方 活用例

モットーになる言葉が思い浮かばない場合には、偉人の名言や、本や映画の一説などを引用するのもおすすめです。

「未来とは、今である(マーガレット・ミード)」「Without haste, but without rest.(急がずに、だが休まずに/ゲーテ)」などの名言は、洗練されてかっこいい印象を受けますよね。

仕事や部活などの所属・肩書系

LINE「ステータスメッセージ」の使い方 活用例

会社の所属や肩書などをステータスメッセージにすれば、何をやっている人かが端的に伝わるため、仕事の幅が広がる可能性があります。

情報収集系

LINE「ステータスメッセージ」の使い方 活用例

友だち全員に広く情報を集めたい時にも活用できます。

「おいしいラーメン屋ない?」「梅がきれいな場所知らない?」などの情報を募ってもいいでしょう。「知ってる知ってる」「あそこの梅はすごくきれいだよ」なんてメッセージが寄せられるかもしれません。

趣味・近況・マイブーム系

LINE「ステータスメッセージ」の使い方 活用例

自分の近況やマイブームというのも取り入れやすいテーマです。

「ジム通いはじめました」「今家系ラーメンがマイブーム」などとすれば、同じ興味を持つ友だちから、「どこのジム行ってるの?」「どれくらいやってるの?」などといった連絡があるかもしれません。

特に意味はない・面白い系

LINE「ステータスメッセージ」の使い方 活用例

特に意味はなく、「たこ焼きにタコが入っていなかった」など、クスッと笑えるようなメッセージも好評です。

予定・イベント告知系

LINE「ステータスメッセージ」の使い方 活用例

イベントや趣味の予定を公表して、参加者を募る人もいるようです。

「◯月◯日高尾山、参加者募集」などと目的地や日時を公表しておくことで、希望者からの連絡が期待できます。

不在メッセージ系

LINE「ステータスメッセージ」の使い方 活用例

しばらくLINEに応答できない場合に、メッセージで告知しておくという活用法もあります。

「海外出張で○日まで不在です」「仕事が多忙のため返信は明日」などと不在告知をしておけば、相手に自分の状況を伝えることができます。

災害時の安否報告にも有効

LINE「ステータスメッセージ」の使い方 活用例

緊急時に備えてぜひ覚えておきたいのが、安否報告です。地震などの災害で電話やLINEのトーク・通話などもつながらないとき、ステータスメッセージで「無事です」などと報告すれば、友だちや家族に無事を伝えることができる可能性が高まります。

ただし、ステータスメッセージの更新は友だちタブの「最近更新されたプロフィール」に表示されるだけですので、相手が気づかない場合もあります。緊急時には「LINE災害連絡サービス」などの利用のほうが有効なケースもありそうです。

EDITED BY AO