LINEで動画を送ると画質が落ちる? オリジナルサイズで送る方法とは

LINEで動画を送ると画質が落ちる?オリジナルサイズで送る方法とは

LINE(ライン)で動画を共有をする際に注意したいのが、画質の劣化です。写真は「高画質モード」で送信できる機能が実装されていますが、動画は写真に比べて容量が大きいこともあり、現時点ではオリジナルサイズを保ったまま共有できません。

そこで本記事では、LINEで動画を送信した場合、どのくらい画質が落ちるのかを分かりやすく解説します。また、トーク送信とノート投稿で動画の圧縮率に差があるのかなど気になるポイントの解説や、オリジナルサイズで動画を送るおすすめのアプリやサービスも紹介しています。

LINEで動画を送ると画質が落ちる

LINEのトークで写真や動画を送ると、自動的に圧縮・リサイズされて送られます。この点、写真に限っては送受信時に画像の劣化を回避して、元の高画質を維持したまファイルを送信したり、ダウンロードしたりする方法があります。

しかし、残念ながら現段階でこの機能は動画には適用されません。LINEで動画を送ると無条件で圧縮され、画質が落ちた状態で送られてしまいます。

とはいえ、LINEで動画を共有する手段は1つではありません。それぞれで圧縮率に違いがあるのなら、少しでも高画質で送れる方を選びたいもの。

そこで以下では、LINEで動画を共有する主な手段である「トークルームで送る方法」と「ノートに投稿する方法」それぞれで圧縮率に違いがあるのかを調べてみました。

トークルームで送った場合

LINE 動画 画質 トークルームで送信 LINE 動画 画質 トークルームで送信

トークルームでの動画送信は、トークルーム左下のカメラマーク、もしくは写真マークからおこないます。

その場で動画を撮影したければ[カメラ]、端末に保存されている動画を使いたければ[写真]マークをタップしましょう。[写真]マークをタップするとギャラリー(カメラロール)が表示されるので、投稿したい動画を選択して、紙飛行機ボタンを押せば完了です。

端末への保存(ダウンロード)は、メッセージの横のダウンロードボタン[]からおこないます。

LINE 動画 画質 トークルームで送信 LINE 動画 画質 トークルームで送信

左:オリジナルサイズの動画右:LINEからダウンロードした動画

1920×1080サイズのフルHDのオリジナルの動画と、LINEのトークルームから端末にダウンロードした動画を比べると、約半分ほどのサイズに圧縮されていることが分かります。

サイズが半分に圧縮されるとどの程度粗く映るのか、ピンとこない人も多いでしょう。そこで、動画の圧縮前と圧縮後を拡大画像で比較してみました。

LINE 動画 画質 比較 LINE 動画 画質 比較

左:オリジナルサイズの動画の拡大図右:LINEからダウンロードした動画の拡大図

拡大すると、LINEからダウンロードした動画の画質の悪さが際立ちますが、スマホで見る分にはそこまで差は感じません。「スマホで見るくらいで、この程度の劣化なら許せる」というのであれば、動画共有の手段としてLINEを選択しても問題ないでしょう。

ただ、大きなモニターやスクリーンに表示する場合、このサイズだとかなり粗く写ってしまいます。そういった用途で動画を共有するのであれば、後述するオリジナルサイズのまま動画を送る方法を試してみてください。

ノートで投稿した場合

LINEで動画を共有する、もう1つの方法が「ノート」への投稿です。アルバムには動画を保存できない仕様になっているため、LINE上に動画を共有し続けるにはノートへの投稿が便利です(トークルームでは保存期間に制限がある)。

LINE 動画 画質 ノートに投稿 LINE 動画 画質 ノートに投稿

ノートに動画を共有するには、Android版LINEではトーク画面右上のノートアイコンをタップします。iOS版LINEでは[∨]アイコンをタップし、展開されたメニューの中から[ノート]アイコンを選択するか、トーク画面で左スワイプします。ノートの画面が開くので、右下にある緑の[+]ボタンを押して、投稿画面に移動します。

その場で動画を撮影したければ[カメラ]、タイムライン上で他のユーザーと共有したければ[リレー]、端末に保存されている動画を使いたければ[投稿]をタップしましょう。今回は投稿から端末に保存された動画を投稿してみます。

LINE 動画 画質 ノートに投稿 LINE 動画 画質 ノートに投稿

一番左のアイコンをタップするとギャラリー(カメラロール)が表示されるので、投稿したい動画を選択します。任意で位置情報やコメントを記載し、右上の[投稿]をタップするとノートに投稿が追加されれます。

LINE 動画 画質 ノートに投稿

ノートに投稿した動画をダウンロードしてそのサイズを確認したところ、トークルームに送信された動画とまったく同じサイズ(約半分)に圧縮されていました。ちなみに、LINE Keepへの保存も同様のサイズに圧縮されました。

結論として、LINEで動画を共有すると、どの手段でも必然的に同じだけ圧縮されてしまうことが分かりました。

オリジナルサイズのまま動画を送る方法

前述のように、LINEで共有した動画は問答無用で同じだけ圧縮されてしまいます。もし画質にこだわりたいなら、LINEにこだわらず別の手段を試してみるといいでしょう。

Send Anywhereを使う

動画をオリジナルサイズのまま送る方法として、おすすめしたいのが「Send Anywhere」というアプリです。Send Anywhereの最大の特徴は、無料かつ容量無制限でファイルを共有できるところ。つまり、どれだけ長い時間の動画でも、数が多くなっても、オリジナルサイズのまま共有できるというわけです。

さらに、iPhoneとAndroid、スマホとPCなどさまざまなデバイス間でファイルを送受信でき、会員登録やログインなど面倒な操作も必要ありません(共有リンク作成にはログインが必要)。誰でも簡単に使えるアプリですが、1対1と、1対複数人で共有方法が変わるのでそれぞれ紹介します。

1対1で動画を送信する

LINE 動画 画質 Send Anywhereを使う

1対1でファイルを送受信する際には、会員登録およびログインは不要。送信側と受信側どちらもアプリをインストールして起動するだけで、基本的な準備が整います。

下部のメニューバーから[送信]タブを選択すると、端末のライブラリに保存してある写真や動画が表示されます。動画ファイルの一覧から送信したい動画すべてにチェックを入れ、[送信]を押してください。

LINE 動画 画質 Send Anywhereを使う LINE 動画 画質 Send Anywhereを使う

左:送信者側の画面右:受信者側の画面

送信が完了すると、画面に6桁の数字とQRコードが表示されます。

ここで受信側のSend Anywhereアプリを開き、下部メニューから[受信]タブをタップして6桁の数字を入力するか、もしくは相手が目の前にいるならQRコードを読み取ってください。Send Anywhereアプリを起動させているデバイスを検知して、ワンタップで送ることもできます。

6桁の数字やQRコードには、[送信]ボタンを押してから10分間の有効期限が設けられているので、セキュリティ的にも安心です。

1人が複数人に動画を送信する

複数人に動画を送りたい場合、ファイルをサーバーに一時的にアップロードした後に、リンクでファイルを共有します。受信側はアプリをインストールしていなくても、ファイルをダウンロードすることができます。

LINE 動画 画質 Send Anywhereを使う LINE 動画 画質 Send Anywhereを使う

共有リンクを作成するには、送信側が会員登録を済ませてログインしておく必要があります。送信後に表示される画面で、[リンク共有]ボタンをタップすると、会員登録とログインの画面に誘導されるので案内に従って済ませましょう。

ログインできたら、あらためて[リンク共有]ボタンをタップします。すぐにファイルのアップロードとリンクの作成がおこなわれ、[マイリンク]タブに作成したURLが格納されます。

LINE 動画 画質 Send Anywhereを使う LINE 動画 画質 Send Anywhereを使う

このURLを、動画を共有したい人全員に送ります。URLの右上にあるメニューボタン[]から、[共有]をタップすると、メールやLINE、SMSなどのツールからURLを送信できます。

受け取る側はURLをタップしてブラウザで開けば、すぐに動画をダウンロードできます。ちなみに作成されたリンクは48時間有効で、期間内であれば何回でもダウンロード可能です。

AirDrop機能で共有(iPhone同士の場合のみ)

LINE 動画 画質 Airdrop

AirDropで送信可能なデバイスが表示される

送信側と受信側がiPhoneなどApple製品同士で、かつ相手がBluetootやWi-Fiの通信範囲内にいる場合では「AirDrop」機能が便利。お互いにアプリをインストールしたり、ファイルをアップロードしたりする手間もなく、さくっと動画を共有できます。

容量制限もないので、画質を落とさずオリジナルサイズを保ったまま送受信が可能です。詳しい使い方や注意点は、下記の記事を参照ください。

クラウドストレージを経由する

インターネット上にファイルを保存できるクラウドストレージ(オンラインストレージ)を使う手もあります。クラウドストレージを使えば、端末にダウンロードすることなく動画を閲覧できるので、スマホの容量を圧迫せずに済みます。

さらに、複数人が写真や動画を追加できる「共有アルバム」を作成できるのもメリットのひとつ。大人数で参加したイベントや旅行の動画や写真を、1つのアルバムにまとめたいときに便利です。

一方、LINEほどではありませんが大きい動画は圧縮されてしまうケースがあり、完全なオリジナルサイズを求める場合はおすすめできません(圧縮率はサービスによって異なる)。また、共有にはお互いに同一のアカウントを所有している必要があり、気軽にやりとりできないのが少々面倒といったところです。

このような事情を考慮した上で、クラウドストレージサービスを使って動画共有をしたいのであれば、「Googleフォト」をおすすめします。

LINE 動画 画質 グーグルフォト

Googleフォトで作成した共有アルバム

Googleフォトは、Googleアカウントを持っていれば無料かつ無制限で写真や動画の保存が可能なサービスです。動画のアップロードは1080p(1920×1080のフルハイビジョン画質)までと制限がありますが、1080pあれば一般的に利用する分にはほとんど困らないでしょう。

検証したLINEのバージョン:iOS版9.8.0、Android版9.12.0

EDITED BY MOEGI