LINEで写真を高画質のまま送る2つの方法 オリジナルサイズで保存可能

オリジナル画質の共有・保存・選択ができない要因なども解説

LINEのトークやアルバムで写真を共有すると、自動で容量が圧縮され、どうしても画質が落ちてしまいます。しかし、送信時にある操作をするだけで、画質を落とさずオリジナルサイズを維持したまま写真を共有・保存することが可能です。

本記事では、LINEで共有した写真の画質がどのくらい落ちるのか、トーク・アルバムそれぞれで検証しました。そのうえで、画像の劣化を回避し、元の高画質を維持したままLINEで写真を送る方法を紹介します。

また、オリジナルサイズの画質の共有・保存・選択ができない要因なども解説しているので、参考にしてみてください。

LINEで共有した写真はどのくらい画質(解像度)が落ちる?

通常、LINEのトークやアルバムで写真を共有する場合、送信時の通信容量やサーバーの負担を抑えるために、サイズが自動的に圧縮されます。

一体どのくらい圧縮されるのか、iPhone XSで撮影した元画像のサイズと、LINEアルバム、LINEトークそれぞれからダウンロードした画像のサイズをざっくり比較してみました。

元画像

トーク画面から端末にダウンロードした画像

アルバムから端末にダウンロードした画像

上の画像を見て分かるように、LINEのトークで受信した画像を保存した場合、元画像の4分の1程度のサイズに圧縮されました。また、アルバムに保存された同じ画像を保存しても半分程度まで圧縮されています。

上記はiPhone XRで保存した際の検証結果ですが、Pixel 3aでも同じ写真を保存したところ、トークから保存した画像は1.51MB、アルバムから保存した画像は1.59MBでした。このように、機種などによっても保存後の画質が異なる場合があるようです。

なお、トークで送信した写真は一定期間経過すると消えますが、アルバムで共有した画像は半永久的に保存されます。一つひとつの画像サイズが大きくなると、サーバーの負担が大きくなってしまうためです。

左:元画像 右:LINEのトークから端末にダウンロードした画像

圧縮された画像もされていない画像も、スマホの画面で見る分にはさほど違いはわかりません。

ただ、拡大すると解像度の低さが目立ちます。プリントしてフォトブックを作成したり、大きい画面に投影したりするなら、なるべく画質を落とさずに共有したいところです。

画質を落とさずにLINEで写真を共有・保存する方法

オリジナルサイズのまま、LINEで画像(写真)を共有する方法を紹介します。

なお、元サイズのまま画像を送信・保存すると、アップロード時のデータ通信量の消費が通常時よりも多くなります。大量の写真を共有する際は、あらかじめWi-Fiに接続しておくといいでしょう。

方法1:送信するときに「ORIGINAL」オプションを有効にする

トークで写真を送信する際に「ORIGINAL」オプションを有効にすれば、画質を一切落とさずに写真を共有できます。

写真をシェアしたい相手とのトークルームでメッセージ入力窓の横にある写真アイコンをタップし、送る写真にチェックを入れてください。[ORIGINAL]ボタンをオン(緑色)にした上で送信ボタンをタップすれば、オリジナル解像度で写真が送られます。

ただし、あまりに容量の大きい写真や動画、LINEで編集した写真は、オリジナル画質では送れません。

写真を受け取った側が保存する際は、標準画質かオリジナル画質かを選択できる

受け取った側は、画像をダウンロードする際に「オリジナル」サイズか圧縮された「標準」サイズかを選択できるようになっています。

ダウンロード後に画像サイズを確認したところ、「ORIGINAL」オプションを有効にして送信した画像は、確かに元画像と同じサイズで共有されていました。

方法2:あらかじめ高画質モードに設定しておく

高画質モードに設定しておけば、いちいち「ORIGINAL」オプションをオンにしなくても、常にオリジナルサイズのまま画像が共有されます。

LINEの「ホーム」タブから設定ボタン​をタップし、[写真と動画]→[送信する写真の画質]の順に進みます。

デフォルトでは「標準」になっているので、「高画質」にチェックを入れましょう。これで、常に高画質(オリジナルサイズ)で画像が共有されるようになります。

LINEで写真の画質を落とさず保存・送信する際のよくある疑問と答え

LINEで送受信した画像(写真)を画質を落とさずに保存・送信する際によくある疑問点とその答えをまとめています。

LINEアルバムでもオリジナルサイズの画像を保存できる?

LINEアルバムに、画質を落とさずにオリジナルサイズのまま写真を保存することはできません。

LINEアルバムに画像を保存すると、元画像よりも画質が落ちた状態で保存されます。

前述の設定で標準モードから高画質モードに変更しておくことで、LINEアルバムに追加する写真の画質も多少改善されます。

元画像のサイズは3456×2304(1.6MB)。いずれにせよ画質は落ちる

同じ写真を「標準」と「高画質」でそれぞれLINEアルバムに保存してサイズを比較したところ、「高画質」のほうが少し解像度が高くなっていることが分かりました。

ただし、たとえ高画質モードに設定していても、LINEアルバムで共有する限りは必ず圧縮されてしまうので、絶対に画質を落としたくない場合はLINEトークで共有しましょう。

なお、「高画質」で保存したからといって、アルバムに保存できる上限枚数が減るわけではありません。また「高画質」は、「標準」に比べてアップロード時のデータ通信量の消費が多くなるので、Wi-Fiのない環境でたくさんの写真をアルバムに保存する際は「標準」に設定しておくほうが無難です。

トークでオリジナルサイズの画像を共有・保存できない?

元画像のサイズが大きすぎると、オリジナルサイズでトークに送信しても画質が落ちた状態で共有されてしまう場合があります。

元画像は10.6MBだが、オリジナル画質でも5.4MBまで画質が落ちた状態で共有される

たとえば10.6MBの画像を高画質モードでトークに送信したところ、共有された画像のオリジナル画質は5.4MBという結果になりました。

6〜7MB程度の画像であれば画質を落とさずに送信できましたが、それ以上のサイズだと前述した2つの方法で送信しても画質が落ちてしまうことがあるようです。

オリジナル画質を選択できない?

LINEのアルバムから端末に保存した画像を再びトークに送信した場合、保存する際に「標準」と「オリジナル」を選択できません。

アルバムに保存されていた画像を端末に保存し、トークに投稿した場合、保存時に標準/オリジナルを選択できない

すでにLINEのアルバムに保存された写真を端末に保存し、その写真を再びトークに送信した場合、[ORIGINAL]が選択されていたとしても、保存する側は「標準」か「オリジナル」を選択できません。

PC版LINEでもオリジナルサイズの画像を共有できる?

PC版LINEでもオリジナルサイズの画像をトーク画面に送信することは可能です。

画面左下にある​ボタン→[設定]→[トーク]と進みます。「写真の解像度」から「オリジナル」または「標準」を選択しましょう。

「オリジナル」を選択すれば、元画像と同じ画質でトークに送信できます。

「オリジナル」を選択していても20MBを超える画像を送信することは可能ですが、プレビューではなくサムネイルが表示される形で送られることになります。

アプリ「LINE」をダウンロード
検証バージョン
LINE
iOS
11.18.0
LINE
Android
11.18.2
EDITED BY
AO