LINEのQRコードを瞬時に作成・表示する方法

LINEのQRコードを瞬時に作成・表示する方法

LINE(ライン)で友だちを追加する方法のひとつに「QRコード」の読み取りがあります。本記事では、LINEのQRコードをすばやく作成・表示する方法を解説します。

LINEで友達を追加する10の方法と注意点【2019年最新版】

LINE内でQRコードを表示する最もベーシックな方法

自分のQRコードを相手に読み取ってもらう場合、QRコードを画面に表示する必要があります。

LINE ホーム QRコードリーダー表示

通常、自分のQRコードはQRコードリーダー画面から表示させることができます。

[ホーム][トーク][ニュース]いずれかのタブからQRコードリーダーボタンをタップします。ホームタブから友だち追加ボタンLINE 友だち追加ボタン →[QRコード]をタップしても表示させることができます。

LINE マイQRコード LINE QRコード

コードリーダー画面で[マイQRコード]をタップすると、自分のQRコードが表示されます。

この他に、設定ボタン[]→[プロフィール]→[マイQRコード]の順にタップしても、QRコードを表示させることができます。

長押しでLINEのQRコードを瞬時に表示する方法

iPhoneではiPhone 6s/6s Plus以降の機種、Androidスマホでは主にAndroid 8.0以降を搭載する機種などであれば、クイックアクション機能を利用してより簡単にQRコードを表示させることができます。

LINE iPhone クイックアクション機能 LINE Android DeepPress機能

左:iOSの場合右:Androidの場合

クイックアクションとは、ホーム画面上のアプリアイコンを強めに押し込む(または長押しする)ことで、アプリ内の機能を直接実行できるショートカットを呼び出せる機能。iPhoneの場合、操作の際に「コツン」という振動を感じられるのが特徴です(3D Touch、触覚タッチとも呼ばれます)。

LINE iPhone クイックアクション機能

クイックアクションでは、強く押し込んだ指を離すことなく滑らせて、目的の選択肢で画面から離せばよい

LINEアプリのクイックアクションでは、「新規トーク」「コード支払い」「QRコードリーダー」「通知の一時停止」などのショートカットが用意されています。この中から[QRコードリーダー]を選ぶと、LINE起動からQRコードリーダー画面の表示までを一発で実行できるというわけです。

おそらく、これが最速でLINEのQRコードを作成・表示できる方法です。一度慣れてしまえば、時間にして3秒足らずでQRコードを表示できるようになります。

LINEのQRコードのスクショ・画像を作成・保存しておく方法(iOS/Android)

LINE QRコード 保存ボタン

QRコード右下の保存ボタン[]をタップするだけで写真アプリ内に保存される

QRコードは、スクリーンショットを撮影して保存することや、LINE内のメニューから写真ライブラリに画像として保存することができます。

スクリーンショットを撮影する際の便利な情報については、以下の記事で解説しています。

画像ファイル化したQRコードをスマホの画面上に表示できれば、わざわざLINEを開かなくてもQRコードを素早く表示できます。

画像を画面上に表示するまでの手順は異なるものの、その理屈自体はiOS版・Android版ともに共通です。

「写真」アプリ(iOS)や「アルバム」アプリ(Xperia)などの写真ライブラリで、専用アルバム(フォルダ)を作ったり、お気に入りに追加したりしておけば、QRコード画像に格段にアクセスしやすくなります。

LINE iPhone QRコード アルバム 保存 LINE iPhone QRコード アルバムから表示

iOSの例:アルバム「LINE QR」を新規作成し、QRコード画像を保存しておく

少なければ2タップでQRコード画像にアクセスできるだけでなく、LINE内で表示する場合に比べて画面上で指先が右往左往することも少なくなります。

もっとも、アルバムやお気に入りの数が多い場合、かえってQRコード画像を見つけづらくなってしまうこともあるでしょう。したがって、この方法は写真ライブラリがすっきりしているユーザー向けだと言えます。

検証したLINEのバージョン:iOS版9.18.1、Android版9.21.1

検証端末:iPhone XS(iOS 13.1.3)/HUAWEI P20 lite、Pixel 3a、Galaxy A20、Xperia 5(いずれもAndroid 9.0)

EDITED BY SORA