LINEのQRコードを印刷する方法、名刺や招待状などに便利

LINEのQRコードを印刷する方法、名刺や招待状などに便利

同窓会やイベントなど、多くの人が集まる場で全員とLINE(ライン)の交換をするのは面倒なもの。そこで、名刺やチラシ、招待状などの紙媒体にQRコードの画像を印刷・配布して読み取ってもらえば、一度に多くの人から友だち追加してもらえて、かなり手間が省けます。

そこで本記事では、LINEのQRコードが記載された文書をPC(パソコン)で作成し、紙に印刷する方法をわかりやすく紹介します。加えて、印刷に適したQRコードのサイズや、設定上の注意点などについても解説しています。

LINEアカウントのQRコードを印刷する方法

自分のLINEアカウントのQRコードを表示し、紙に印刷するまでを順番に説明していきます。なお、本記事で紹介する方法は、PCで文書を作成し、自宅や会社のプリンターで印刷することを想定しています。

利用できるプリンターが周囲になければ、下記の記事を参考にコンビニで印刷してみてください。

スマホにあるPDF・エクセル等の文書をコンビニで印刷する方法【セブン/ローソン/ファミマなど】

1LINEのマイQRコードの画像を端末に保存する

LINE QRコード 印刷 マイQRコードを保存する LINE QRコード 印刷 マイQRコードを保存する

LINEの「ホーム」タブから友だち追加ボタンLINE 友だち追加ボタン をタップ。友だち追加のメニューの中から[QRコード]を選択します。

QRコードリーダーが起動するので、右下の[マイQRコード]をタップします。

LINE QRコード 印刷 マイQRコードを保存する LINE QRコード 印刷 マイQRコードを保存する

続いて、iOS版LINEでは[∨]、Android版LINEでは[]をタップし、表示されたメニューの中から[端末に保存]を選択してください。

これで端末のライブラリやアルバムにマイQRコードの画像が保存されます。

2QRコードの画像をPCに送信・共有する

LINE QRコード 印刷 マイQRコードを保存する LINE QRコード 印刷 マイQRコードを保存する

端末に保存したQRコードの画像を、PC(パソコン)に共有します。iPhoneとMacなどApple製品同士ならAirDropが便利です。Androidスマホユーザーや、iPhoneとWindowsパソコンで共有する場合は、GoogleフォトなどのクラウドストレージサービスやSend Anywhereというファイル転送アプリを使ってみてください。

簡単すぎる、無料でケーブル不要のファイル転送テク パソコン・スマホ間で写真・動画データを送受信できる「Send Anywhere」【iPhone/Android/PC】

3PCでQRコードを文書内に挿入する

LINE QRコード 印刷 文書に挿入

Googleドキュメントで作成したQRコード挿入文書の一例

Microsoft WordやGoogleドキュメントなどの文書作成ソフトを使って、LINEのQRコード画像を文書内の任意の場所に挿入してください。

LINEの友だち追加専用QRコードには中心に「LINE」のロゴマークが入っていて、見た目もわかりやすいのが嬉しいポイントです。併せて「QRコードを読み込んでLINEの友だち登録をお願いします」などの一文を添えておくと親切でしょう。

LINE QRコード 印刷 文書に挿入

Googleスライドで作成したQRコード挿入名刺の一例

名刺に挿入すると、上記のようなイメージです。QRコードのサイズがあまりにも小さすぎると、読み込めなくなってしまいます。サイズについては後述しますが、名刺であれば2〜3センチ四方くらいがちょうどいいでしょう。

4作成した文書を印刷する

LINE QRコード 印刷 

文書が完成したら、任意のサイズに印刷して完了です。完成したものは、上のようなイメージになります。これを掲示したり、配布したりすれば、効率的に友だち追加できるでしょう。

LINEのQRコードを読み取る方法

LINE QRコード 読み取る LINE QRコード 読み取る

LINEの「ホーム」タブから友だち追加ボタンLINE 友だち追加ボタン をタップし、[QRコード]を選択。QRコードのリーダー画面が開くので、印刷されているQRコードに四角い枠をあわせます。ピンぼけしないように、距離感を調整しながらおこなってください。

読み取りが成功すると、すぐに友だち追加画面が開くので、[追加]ボタンをタップすれば完了です。

ちなみに、iPhoneであれば通常のカメラ、Androidスマホであれば他のQRコードリーダーアプリなどLINEアプリのQRコードリダー以外でも読み込みと友だち追加は可能です。

専用アプリなしで「QRコード読み取り」6つのお手軽な方法まとめ【iPhone/Android】

LINEのQRコードを印刷するときのサイズや注意点

LINEのQRコードは、サイズや色などに注意して印刷してください。また、読み取ってもらう側の設定や操作によっては、QRコードが無効になったり、メッセージが届かなくなったりしてしまいます。

QRコードのサイズはできるだけ大きく

QRコードの大きさは、用途や用紙に応じて自由に変えて大丈夫です。QRコードを開発した株式会社デンソーウェーブによると、印刷・読み取りともに可能な最小サイズは3.57ミリ四方程度とのこと。

LINE QRコード サイズ

小さすぎるとQRコードなのかどうかも分からない

ただ、あまりにも小さすぎると存在感がなく、また機種によっては読み取れない可能性もあるので、スペースの許す限りできるだけ大きく印刷することをおすすめします。QRコードを記載した文書や名刺を大量に印刷する前には、まず試しに1枚印刷して実際に読み取りテストをおこないましょう。

QRコードの色を変えたりイラストを重ねたりしない

印刷する際は、基本的に白の背景に黒で印刷してください。QRコードの文字色を黒以外に変えたり、イラストを重ねたりして変形してしまうと、読み取りできなくなったり、読み取りの反応が悪くなってしまう可能性があります。

また、黒は黒でも薄くなってしまうと読み取りに影響するため、できるだけ濃くはっきりと出力しましょう。

友だち追加してもらうまでLINEのQRコードは更新しない

LINEのマイQRコード画面からおこなえる[QRコードを更新]をタップすると、友だち追加に必要なQRコードが新しいものに変わります。

LINE QRコード 更新

QRコードを印刷して配布や掲示をした後、まだ相手が友だち追加をしていない状態でこの操作をおこなうと、更新前のQRコードは無効になってしまいます。つまり、せっかく印刷してもそのQRコードでは友だち追加できなくなってしまうわけです。

メッセージ拒否設定はオフにしておく

LINEのメッセージ受信拒否とは、友だちリストにいる相手以外からのメッセージを一切受信しない設定のことです。

印刷したQRコードを読み取ってもらっても、自分側は「知り合いかも?」の欄に表示されている状態でまだ友だちリストには追加されていません。

この時点でメッセージの受信拒否設定がオンになっていると、相手が自分にメッセージを送っても、一向に届かなくなってしまいます

LINE QRコード 設定

この設定にしている人は「知り合いかも?」の欄に表示されたらすぐに友だち追加ボタンを押して友だちリストに追加しましょう。

もしくは、念の為LINEの「ホーム」タブの設定ボタン[]から[プライバシー管理]に進み、[メッセージ受信拒否]をオフにしておくと安心です。

個人情報の漏洩に気をつける

QRコードを記載した紙媒体の扱いには、十分注意しましょう。どこかに置きっぱなしにしていたり、シュレッダーをかけずに捨てたりすると、LINEのアカウント情報がまったくの他人にも知られてしまう危険性があります。文書にも「友だち追加後はシュレッダーにて廃棄をお願いします」などの一文を追加しておくことをおすすめします。

もし自分のQRコードが思わぬところまで出回ってしまい、知らない人からメッセージが届いた場合には、上記で紹介しているQRコードの更新をおこないましょう。

検証したLINEのバージョン:iOS版9.8.0、Android版9.11.0

EDITED BY MOEGI