LINEで友達を完全に削除(友だち解除)する方法

2019-03-19 14:17
記事タイトルとURLをコピーする

LINEで友達を完全に削除(友だち解除)する方法

LINEを使っていくなかで、特定の友だちとの関係を絶つために「ブロック」をした人は多いのではないでしょうか。

さらにブロックした相手をブロックリストから削除してしまえば、完全に関係を絶つことが可能です。その手順を紹介します。

友達を完全に削除する方法

ブロックしたユーザーはブロックリストに一覧化され、ここから削除すれば相手との関係を完全に断ち切ることができます。

1削除したい友だちをブロックする

まず、削除したい友だちをブロックします。ブロックする方法が分からなければ、以下の記事を参考にしてください。

すでにブロックしているのであれば、次に進みます。

2ブロックリストを表示する

LINEで友達を完全に削除(友だち解除)する方法LINEで友達を完全に削除(友だち解除)する方法LINEで友達を完全に削除(友だち解除)する方法

次に[友だち]タブから設定ボタン[]をタップし、[友だち]→[ブロックリスト]と選択します。

3削除したい友だちの[編集]をタップする

LINEで友達を完全に削除(友だち解除)する方法

ブロックした友だちが一覧になっているブロックリスト表示されます。

削除したい友だちの右側にある[編集]をタップしてください。

4[削除]を選択する

LINEで友達を完全に削除(友だち解除)する方法

続けて[削除]を選択します。この時点で友だちがブロックリストから削除され、LINE上から完全に友だちを削除できます。

[ブロック解除]を選択すれば、ブロックを解除して友だちリストに戻すこともできます。

友達から完全に削除したことは相手にバレない

相手をブロックした上で友だちリストから削除した事実は、相手にバレません。ただし、相手をブロックしたこと自体はバレる可能性があります。

ブロックの仕様については下記記事で詳しく解説しています。

完全に削除した友達にメッセージを送るには

削除した友だち宛に自分からメッセージを送るためには、削除した相手を友だちに再度追加し、友だちリストに復活させる必要があります。

なぜならば、友だちを完全に削除すると相手をブロックした状態のままブロックリストから削除されるため、友だちへの再追加によってブロックを解除する必要があるからです。

友だちの追加方法は下記記事で解説しています。

ブロック削除と非表示削除の違い

ブロック削除(ブロックしてから削除)と非表示削除(非表示にしてから削除)は、いずれも友だちリストから相手を削除できる点で共通しています。そのため、両者を混同して理解している人も少なくないようです。

しかし、ブロック削除と非表示削除の効果は大きく異なります。かんたんに言えば、ブロック削除は「相手をブロックした状態」が削除後も持続するのに対し、非表示削除は「相手を非表示にしただけの状態」が削除後も継続します。この違いが分かりやすいのはメッセージ受信の有無です。

友だち削除後のメッセージ受信の有無
  • ブロック削除後:相手をブロックしているため、相手からのメッセージを受信できない(1対1トークの場合)
  • 非表示削除後:友だちリストから相手が削除されただけであるため、相手からのメッセージを受信できる

そのほか、ブロック削除と非表示削除の詳細な違いについては、下記の特集を参照してください。

非表示の仕組みについては、下記記事で説明しています。

EDITED BY AO