【iOS 14】iPhoneが「ピクチャ・イン・ピクチャ」に対応、ムービーを再生しながら他のアプリが使用可能に

【iOS 14】iPhoneが「ピクチャ・イン・ピクチャ」に対応、ムービーを再生しながら他のアプリが使用可能に

iOS 14で待望の「ピクチャ・イン・ピクチャ」機能が追加されました。iPhoneで動画配信サービスやビデオ、FaceTimeのビデオ通話を見ながら、ネットサーフィンをしたり他のアプリを利用したりできます。

本記事ではピクチャ・イン・ピクチャの設定方法や基本的な使い方について解説します。

iPhoneで「ピクチャ・イン・ピクチャ」の設定をおこなう(初期状態でオン)

「ピクチャ・イン・ピクチャ」は初期状態でオンになっているため、事前の設定は不要です。

ここでは、オフにしたい人やオン/オフの状態を確認したい人向けに「ピクチャ・イン・ピクチャ」の設定方法を解説します。

iOS 14 ピクチャ・イン・ピクチャ 設定 iOS 14 ピクチャ・イン・ピクチャ 設定

「ピクチャ・イン・ピクチャ」の設定は「設定」アプリからおこないます。「設定」アプリの[一般]から[ピクチャ・イン・ピクチャ]を開きます。

iOS 14 ピクチャ・イン・ピクチャ 設定

「ピクチャ・イン・ピクチャを自動的に開始」のスイッチでオン/オフを設定する。初期状態ではオン

「ピクチャ・イン・ピクチャを自動的に開始」のスイッチで「ピクチャ・イン・ピクチャ」のオン/オフが設定可能です。

「ピクチャ・イン・ピクチャ」の操作方法

iOS 14 ピクチャ・イン・ピクチャ 操作

では実際に「ピクチャ・イン・ピクチャ」を使ってみましょう。とはいえ、特別な操作は必要ありません。ビデオを再生中にホーム画面に戻ったり、他のアプリに切り替えたりすると自動的に「ピクチャ・イン・ピクチャ」が開始されます。

なお、iOS 14の「ピクチャ・イン・ピクチャ」に対応していないアプリもまだ多くあります。筆者の手元では以下の9つのサービスで検証してみました。

  • Netflix
  • Hulu
  • Amazonプライムビデオ
  • YouTube(アプリ)
  • YouTube(ブラウザ)
  • U-NEXT
  • TVer
  • FOD
  • LINE(ビデオ通話)

上記の9種類のサービスのなかで「ピクチャ・イン・ピクチャ」に対応していたのは、NetflixAmazonプライムビデオ、YouTube(ブラウザ)のみでした(2020年9月時点)。今後、アプリのアップデートなどでの対応が望まれます。

どれがおすすめ? 動画配信サービス鉄板8サイト比較、ドラマ・映画・アニメがネットで見放題【2020年最新版】

「ピクチャ・イン・ピクチャ」の大きさを変更する

iOS 14 ピクチャ・イン・ピクチャ 操作

「ピクチャ・イン・ピクチャ」は再生画面をピンチイン/ピンチアウトすることで、自由に大きさを変更できます。

「ピクチャ・イン・ピクチャ」の位置を変更する

iOS 14 ピクチャ・イン・ピクチャ 操作

「ピクチャ・イン・ピクチャ」の再生画面の位置は固定ではなく、移動させられます。ただし、画面内の自由な位置に置けるわけではなく、画面の四隅のいずれかのみが配置できる場所となります。

「ピクチャ・イン・ピクチャ」を一時的に非表示にする

iOS 14 ピクチャ・イン・ピクチャ 操作 iOS 14 ピクチャ・イン・ピクチャ 操作

「ピクチャ・イン・ピクチャ」の再生画面を一時的に非表示にしたいときは、再生画面を画面外へとスワイプすればOKです。再生画面は非表示になり、画面横にツマミが出現します。なお、画面外にスワイプして非表示にしているときもムービーの再生は続いており、音声もそのまま流れ続けます。

再生画面を表示したいときは、画面横のツマミをタップすればOKです。

「ピクチャ・イン・ピクチャ」を終了する

iOS 14 ピクチャ・イン・ピクチャ 操作

「ピクチャ・イン・ピクチャ」でムービーの再生を終了したいときは、再生画面左上の[×]をタップします。「ピクチャ・イン・ピクチャ」の再生画面が消え、ムービーの再生もストップします。

「ピクチャ・イン・ピクチャ」での再生を終了して元の再生画面に戻りたいときは、再生画面右上のボタンをタップしてください。ムービーの再生は続けながら、元の再生画面へと戻ります。

YouTubeをバックグラウンドで再生する方法【iPhone/Android】

検証端末:iPhone X(iOS 14)

EDITED BY TOKIWA