【iPhone】削除してしまった写真を復元する4つの方法

【iPhone】削除してしまった写真を復元する4つの方法

せっかく撮れたベストショットを間違えてiPhoneから削除してしまった。子どもがiPhoneを触っているうちに写真やビデオを削除してしまった──。こんな悲劇が起こっても、iPhoneから写真を復活させる方法を知っていれば無駄に慌てなくて済みます。

そこで今回は、iPhoneから削除してしまった写真を復元する方法を4つ紹介します。100%確実ではありませんが、削除してしまった写真を取り戻せるかもしれません。

iPhoneの写真をバックアップする6つの方法【パソコン/iCloud/iTunes/Googleフォトなど】

方法1:iPhoneの「最近削除した項目」から復元

まず確かめてほしいのが、「最近削除した項目」です。iPhoneの「写真」アプリで「アルバム」タブをタップし、[最近削除した項目]を開いてみましょう。

「最近削除した項目」から復元する 「最近削除した項目」から復元する

ここには、削除した写真が30日間保存されています。つまり、写真を削除しても30日以内であれば、写真を復元できるのです。

復元したい写真やビデオが見つかったら、タップして開きます。画面右下にある[復元]をタップして[写真を復元]を選択すれば、写真をカメラロールに復元できます。

「最近削除した項目」から復元する 「最近削除した項目」から復元する

複数の写真をまとめて復元することもできます。一覧画面で右上の[選択]をタップして写真にチェックを入れてから、[復元]をタップするだけです。選択せずにすべての写真の復元もできます。

「最近削除した項目」から復元する

注意したいのは、「最近削除した項目」では“完全削除”もできるということ。[削除]→[写真を削除]をタップして削除した写真やビデオは、本当に復元できなくなります。

「最近削除した項目」から復元する 「最近削除した項目」から復元する

絶対に復元しない写真は完全に削除して空き容量の確保もできる

iPhoneで写真を一括削除(全削除)する方法

方法2:メッセージやメール、SNSなどから写真を復元

よく撮れている写真ほど、身近にいる人に送っていたり、SNSなどに投稿していたりするものです。過去の送信履歴や、SNSに作成されている写真アルバムなどを確かめてみましょう。もしかすると、写真が残っているかもしれません。

「メッセージ」アプリから復元する

iPhoneの「メッセージ」アプリでは、各ユーザーと送受信した画像ファイルを端末に保存することができます。「詳細」画面で一覧で表示して、画像を複数選択してまとめて保存すると楽でしょう。

メッセージやメール、SNSなどから復元する

詳細画面はユーザー名をタップして、[i]をタップします。

iPhone 写真 復元 メッセージやメール、SNSなどから復元する メッセージやメール、SNSなどから復元する

写真をタップして開いたら、アクションボタンをタップし、[画像を保存]を選択してください。

「メール」アプリから復元する

メールで送受信した画像ファイルを端末に保存するのも選択肢の1つ。添付ファイル付きメールはメールの先頭にクリップのアイコンが表示されるので、ほかのメールと区別できます。

【iOS 14】iPhoneのデフォルトアプリ(Safari・メール)を変更する方法

SNS(LINE、Twitter、インスタグラム等)から復元する

LINEやTwitter、Instagramなどのサービスで写真や動画を共有していれば、端末に再ダウンロードできる場合があります。LINEとTwitter、インスタグラムでの画像・動画の保存方法は、下記記事にてくわしく解説しています。

【LINE】写真・動画の保存期間は? 期限が切れると保存・復元できない、予防策を解説
Twitterの動画をダウンロード保存する方法 アプリでiPhoneやAndroidスマホに保存
インスタグラムの画像・動画を保存する3つの方法

方法3:DropboxやGoogleフォトなどのクラウドサービスから復元

DropboxやGoogleフォトなどがインストールしてあれば、写真のアップロード機能がオンになっている可能性があります。これは、「写真」アプリに追加された写真のバックアップをオンラインストレージに保存する機能です。身に覚えがなくても、初めてアプリを起動したときに設定しているかもしれません。

こうしたクラウドストレージ系アプリは、バックグラウンド通信でのバックアップに対応しているので、設定がオンになっていれば写真が自動で保存されている可能性が高いです。アプリを開いて写真が保存されていないか確かめてみましょう。保存されていれば端末にダウンロードすることもできます。

Dropboxから復元する

Dropboxから復元する
Dropboxであれば、[写真]を開いてメニューから保存できます。

Dropboxから復元する Dropboxから復元する

写真を開いたら右上の[…]をタップして[エクスポート]を選択します。このあと、共有オプションから[画像を保存]をタップすれば、端末に写真がダウンロードされます。

Dropboxから復元する

ちなみにDropboxアプリのアップロード機能は、「アカウント」タブ→[カメラアップロード]で設定します。「カメラアップロード」がオンになっていると、新しい写真やビデオが自動でDropboxにアップロードされます。

カメラアップロードは、PC向けのデスクトップアプリをインストールしているか、Dropbox Proにアップグレードしている場合に限り利用できます。

Googleフォトから復元する

Googleフォトの場合、同じ端末で撮影した写真をアプリから直接ダウンロードできません。Safariで「Google フォト」にアクセスして写真をダウンロードします。

Google フォトから復元 Google フォトから復元

一覧から写真を開いて、右上のボタンをタップ。[ダウンロード]を選択します。

写真のバックアップという点で、こうしたクラウドサービスはかなり有効です。とくにGoogle フォトは、容量の制限なしに写真やビデオのバックアップを作成できます(容量無制限の場合は画像が圧縮されます)。もし利用していないなら、これを機にインストールしておくと、今回のような事態が起きても安心できます。

Googleフォトの使い方 超入門──容量無制限で写真・動画をバックアップ【iPhone/Android/PC】

iCloudフォトライブラリは復元には役立たず?

ところで、iCloudの「iCloud写真」や「マイフォトストリーム」も端末の写真をクラウドに保存するという点で、バックアップと言えます。しかし、iCloud写真やマイフォトストリームの写真はiPhoneと同期される仕組みになっています。そのため、iPhoneから削除した写真は少なくとも30日間はアカウントに保管されるものの、最終的にはiCloud上でも同様に削除されてしまいます。

iCloudフォトライブラリ

iCloudストレージがいっぱいだと「最近削除した項目」から復元できない

また、iCloudのストレージが上限に達しているときiPhoneで写真を削除すると、「最近削除した項目」にも保存されません。写真は即座に削除されて、30日以内であっても復元できないので注意が必要です。

iPhoneの容量が足りない? iCloudストレージを購入する方法と解約方法を解説

方法4:iCloud/iTunesのバックアップから写真を復元

これは最後の手段で、難易度は高めです。iCloudやiTunesに保存されているバックアップを復元し、写真を取り戻す方法も残されています。

バックアップデータの作成日時によっては、写真を復元できないばかりか、最近撮影した写真やデータなどがごっそり削除されてしまう危険があります。バックアップファイルから任意の写真だけを復元するということができないため、このワザを使うかどうかは慎重に判断すべきです。

バックアップの作成日時を確認

必ず確認すべきなのは、バックアップデータの作成日時です。削除してしまった写真が保存されているかどうか、バックアップの日付で判断します。

iCloud/iTunesバックアップから復元する

バックアップ日時と「フォトライブラリ」のオン/オフは必ず確認する

iCloudバックアップは、iPhoneの「設定」アプリで画面上部のユーザー名をタップし、[iCloud]→[ストレージを管理]→[バックアップ]→[このiPhone]を開きます。前回のバックアップ日時を確かめられます。

また「フォトライブラリ」がオンになっていることも確認します。iCloudストレージの容量が足りなくて、この項目をオフにしている人も多いかもしれません。その場合、iPhoneを初期化しても、iCloudバックアップから写真やビデオを復元できません。

「iCloud写真」がオフになっているか

iCloud/iTunesバックアップから復元する

もう1つ大事なのは、「iCloud写真」がオフであることです。iCloud写真の設定は、[iCloud]→[写真]で確認します。

iCloudバックアップでは、「iCloud写真」がオフの時に限り、写真やビデオをバックアップします。iCloud写真を利用している(スイッチがオン)場合、写真やビデオは「iCloud.com」に保存されるので、こちらで復元を試すことになります。

復元する前に最新データを退避させておきたい

iCloud/iTunesバックアップから復元する

PCにバックアップを作成しているなら、Finderの同期画面にある[バックアップを管理]ボタンや、iTunesのメニューから[iTunes]→[環境設定]→[デバイス]の順にタップします。過去に作成したバックアップの作成日時を確認できます。iPhoneを同期するのと同時にバックアップを作成する設定になっているなら、タイミングによっては新しいバックアップが作られているかもしれません。

仮に復元するとなった場合、復元前に最新のデータを別途バックアップしておきましょう。写真やビデオは、「イメージキャプチャ」などを使ってUSB経由でパソコンに取り込んでおきます。復元を実行すると、バックアップの時点までデータが戻ってしまいます。削除してしまった写真を取り戻す代わりに、最近撮った写真をすべて失ってしまうとしたら笑えません。そのほか、アプリのファイルや重要なメッセージなど、iCloud/iTunesバックアップ以外のあらゆる方法を使って必要なデータを退避させます。

ちなみに、使っていないiPhoneがあれば、そこにiTunesのバックアップを復元するという手もあります。この場合、メインで使っているiPhoneはそのまま残るので、最新データを退避させるという手間を省けます。買い替えなどで古い端末をそのまま残しているなど、2台以上のiPhoneを持っている人限定のワザです。古い端末にデータを復元したら、メイン端末に必要な写真を何らかの方法で移動させればOK。大した枚数でなければ、「AirDrop」を利用すれば簡単に移動できます。

検証端末:iPhone X(iOS 14)

EDITED BY TOKIWA