【LINE】電話番号経由で友だち追加する2つの方法

【LINE】電話番号経由で友だち追加する2つの方法

現在、ほとんどのLINEアカウントは電話番号に紐づけされています。その仕組みを利用して、LINEでは電話番号によるユーザーの検索や電話帳の同期による友だち追加ができるようになっています。

QRコードやIDと違って、電話番号は幅広い世代になじみ深く、口頭やメモ書きなどでも伝えやすいため、とても使い勝手のいい友達追加方法といえるでしょう。ただ、いざ友だち追加しようとすると年齢確認を求められ検索機能が使えなかったり、意図しない相手までも友だち追加されてしまったりと、トラブルも発生しがちです。

そこで本記事では、LINE(ライン)で電話番号を使って友だち追加する2つの方法について、実際の手順を注意点などを踏まえながら詳しく解説します。

電話番号経由で友達追加する2つの方法

電話番号を使った友だち追加方法は、具体的に(1)電話番号検索、(2)友だち自動追加(電話帳データとLINEの同期)の2つがあります。まずは、それぞれの方法の特徴をざっくり確認しましょう。

方法1:電話番号検索で友だち追加する

LINE 友達追加 電話番号

LINEには、友だち追加する手段の一つとして電話番号によるLINEユーザーの検索機能があります。これは、電話番号をLINE上で入力することにより、該当するユーザーを友だちとして検索・追加することができる機能です。

電話番号であれば口頭でも伝えられるので、知り合い同士で友だち追加するにはとても便利な方法でしょう。ところが、検索する側はLINE上で年齢確認を実施する必要があり、利用できる人が限られてしまうのが難点です。

電話番号検索による友だち追加の特徴
  • LINEに電話番号を登録しているユーザーが対象
  • 検索機能は年齢認証が完了した18歳以上のユーザーのみ利用可能
  • 「友だちへの追加を許可」をオンにしているユーザーが検索の対象

方法2:電話帳(アドレス帳・連絡先)と同期させることで友だち追加する

LINE 友達追加 電話番号

「友だち自動追加」は、スマホの電話帳(アドレス帳・連絡先)に電話番号を登録している人を自動でLINEの友だちとして追加できる機能です。

年齢確認なしで利用できる便利な機能ですが、会社の上司や取引先の担当者、疎遠になっている知人など、プライベートではつながりたくない人までもLINEの友だちに追加されてしまうリスクがあります。

利用する場合は、あらかじめ自動追加したくない人を対象外にしておくなどの対策をしておくといいでしょう。

電話帳同期による友だち自動追加の特徴
  • LINEに電話番号を登録しているユーザーが検索の対象
  • スマホのアドレス帳(連絡先)に登録している電話番号がLINEと同期される
  • 「友だちへの追加を許可」をオンにしているユーザーが自動で友だち追加される

電話番号で友だちを検索して追加する手順

ここからは、実際に電話番号検索で友だち追加する手順を解説します。

1検索する側が年齢確認を済ませる

LINE 友達追加 電話番号LINE 友達追加 電話番号

電話番号検索を利用するには、大手3キャリア(ソフトバンク、ドコモ、au)もしくはLINEモバイル、ワイモバイル、IIJmio、mineo、イオンモバイルが提供するサービスを通じて年齢確認をおこなう必要があります。

「ホーム」タブから設定ボタン[]→[年齢確認]と進み、各キャリアごとに実施される年齢確認を済ませておきましょう。

なお、ワイモバイルやLINEモバイル以外のMVNO(格安SIM)を利用しているユーザーは年齢確認がおこなえません。この場合、後述する「友だち自動追加」機能を使うか、QRコードURLなど別の友だち追加方法を検討してください。

2検索される側に「友だちへの追加を許可」設定が有効になっているか確認してもらう

LINE 電話番号検索 できないLINE 電話番号検索 できない

左:「ホーム」タブの設定ボタン[]から[友だち]に進む右:「友だちへの追加を許可」スイッチをオンにする

検索する前に、検索したい相手側のLINEで「友だちへの追加を許可」設定がオンになっているか確認してもらいましょう。相手が「友だちへの追加を許可」設定をオフにしていると、いくら正しい電話番号を入力しても検索にヒットしません。

しかし、迷惑メッセージ対策などであえてオフにしていることも考えられます。その場合は、無理にお願いするのではなく、QRコードやURLによる友だち追加など他の方法を検討してください。

3友だち追加画面を開く

LINE 友達追加 電話番号LINE 友達追加 電話番号

「ホーム」タブで友だち追加ボタンをタップし、「友だち追加」画面で虫眼鏡マークを押してください。

4電話番号オプションを選んで番号を入力

LINE 友達追加 電話番号

検索画面で「電話番号」オプションにチェックを入れた状態で相手の電話番号を入力し、虫眼鏡ボタンをタップします。電話番号に該当するユーザーが表示されたら、[追加]ボタンを押してください。

これで、電話番号検索による友だち追加は完了です。同時に相手に「○○があなたを電話番号で友だちに追加しました。」という通知が届きます。

端末の電話帳(アドレス帳・連絡先)と同期させて友だち追加する手順

続いて、電話帳のデータ(電話番号)をLINEと同期することによる友だち追加(友だち自動追加)の方法を解説します。

1友だち追加したい相手の電話番号が電話帳(アドレス帳・連絡先)に登録されているか確認する

LINE 友達追加 電話番号LINE 友達追加 電話番号

左:スマホの電話帳や連絡先アプリをタップ右:相手の電話番号が登録されていることを確認する

友だち自動追加は、端末の電話帳(アドレス帳・連絡先)に登録されていて、かつ「友だちへの追加を許可」設定がオンになっている相手をLINEの友だちリストに追加する機能です。

まずは、自身のアドレス帳や連絡先に、相手の電話番号が確実に登録されているか確認しましょう。

2LINEでつながりたくない人物の登録名前に「#」をつける

LINE 友達追加 電話番号

スマホの連絡先には、気のおけない友人だけでなく、疎遠になってしまった知人、仕事上の取引相手、学校の関係者など、親密な人から単なる知り合いまで、立場も関係も異なる様々な人たちが登録されているのが普通です。

「友だち自動追加」をオンにするとそういった区別に関係なく、電話帳に登録されている人をすべて友だち追加の対象にしてしまいます。

LINE 友達追加 電話番号

そこで、友だち自動追加の対象から外したい人物がいる場合は、あらかじめ電話帳の登録名の前に「#(シャープ)」を追記しておきましょう。これで、特定の友だちを自動追加の対象外にできます(バージョン5.6.0以降の機能)。

ただ、すでに友だち追加されているユーザーの名前に「#」を記載しても、友だちリストから削除されることはありません。

3相手に「友だちへの追加を許可」設定がオンになっているか確認してもらう

LINE 電話番号検索 できないLINE 電話番号検索 できない

左:「ホーム」タブの設定ボタン[]から[友だち]に進む右:「友だちへの追加を許可」スイッチをオンにする

電話番号を保有していたとしても、相手が「友だちへの追加を許可」設定をオフにしていれば、友だちに自動追加されません。相手に連絡をとって状況を確認し、「友だちへの追加を許可」をオンに切り替えてもらいましょう。

しかし、迷惑メッセージ対策などであえてオフにしていることも考えられます。その場合は、無理にお願いするのではなく、QRコードやURLによる友だち追加など他の方法を検討してください。

4自身の端末で連絡先へのアクセスを許可する

LINE 電話番号検索 できないLINE 電話番号検索 できない

左:iPhoneでは「設定」アプリから[LINE]→「連絡先」をオンにする右:Androidスマホでは「設定」から「アプリ」→「LINE」→「権限」と進み「連絡先」をオンにする

LINEに電話帳(アドレス帳・連絡先)へのアクセス権限が許可されていないと、LINEアプリが電話番号など連絡先データを取得できないため、友だち自動追加機能も利用できません。OSごとに、上記手順でLINEによる電話帳へのアクセスを許可しましょう。

5自身のLINEで友だち自動追加の設定をオンにする

LINE 電話番号検索 できないLINE 電話番号検索 できない

最後に、「ホーム」タブの友だち追加ボタンから、「友だち自動追加」の[許可する]をタップすればOKです。アドレス帳の電話番号データとLINEが同期され、「友だちへの追加を許可」設定がオンになっている相手が友だち追加されます。

電話番号検索の場合と同じく、相手には「○○があなたを電話番号で友だちに追加しました。」という通知が届きます。

検証したLINEのバージョン:iOS版11.1.0、Android版11.2.0

EDITED BY
MOEGI