Amazonギフト券を匿名で贈る3つの方法(Eメール/コンビニ/配送)

個人情報を明かさずにやりとりするには?

SNSやオンラインゲームでしか繋がっていない相手に、Amazonギフト券を送りたい場面は以外と多いもの。

本記事では、本名や住所などの身元を明かさないまま、匿名でAmazonギフト券を送る方法を紹介します。チケットの譲渡や、オンラインゲームの代行報酬、有償イラストの支払いなど、さまざまなシーンで活用できるでしょう。

ここでは、スマホのブラウザ版Amazonの画面で解説しています。アプリ版やPC版とはボタンの位置や項目名が多少異なる可能性がありますが、操作手順はほとんど同じです。

方法1:Eメールタイプのギフト券をDMやチャットで贈る

匿名でAmazonギフト券を送りたい場合に最適なのが、「Eメールタイプ」のAmazonギフト券です。発行から受け取りまですべてオンライン上でおこなえる上、ツイッターやインスタのDM、LINEなど好みのツールを介して送信できます。

もちろん、送り主のアカウント名や住所などの情報は伏せられます。ただ、EメールタイプのAmazonギフト券はクレジットカードでしか購入できません。クレジットカードが手元にない人は利用できないのが難点です。

ギフト券のデザイン、金額を指定する

以下のボタンからEメールタイプの購入画面に進みましょう。

購入画面に進んだら、「イラスト」と「アニメーション」「画像・動画」の3つから好みのデザインを選択しましょう。

「イラスト」と「アニメーション」には、「ありがとう」や「おめでとう」などのテンプレートが数十種類用意されており、プレビューを見ながら選べるようになっています。

「画像・動画」を選んで、好きな画像をアップロードして表紙にするのもいいでしょう。

続いて、相手に贈りたい金額を指定します。最低15円から最高50万円までの間なら、自由に金額を指定できます。

差出人とメッセージを入力して自分の番号宛に送信する

TwitterやインスタのDM、LINEなど好みのツールでAmazonギフト券を送信したい場合は、テキストメッセージでの送信が便利です。

配送方法の項目でテキストメッセージでの送信を選択し、「電話番号」項目に自分の電話番号を入力してください。

差出人(ニックネーム可)、メッセージを250字以内で入力したら今すぐ購入ボタンをタップします。最後に、支払い方法をクレジットカードに指定して注文を確定するボタンを押せば購入完了です。

なお、SMSが使えない場合は後述するメールでの送信方法を試しましょう。

SMSで届いたURLをコピーして任意のツールで送信

5分ほどで自身の電話番号宛てにSMSでAmazonギフト券のURLが届きます。このURLを開かずにコピーしてください。

任意のツールにペースト(貼りつけ)して送信しましょう。ここではTwitterのDMを使いました。

これで送信側の操作は完了です。

相手に「アカウントに適用」ボタンを押してもらう

届いたメッセージをタップすると、AmazonショッピングアプリもしくはAmazon公式サイトに遷移します。

必要に応じて、メールアドレスとパスワードでログインしてください。

送信時に選択したデザインで金額、メッセージ、差出人が表示されます。

あとはアカウントに適用ボタンをタップすれば、ギフト券の受け取りは完了です。なお、送り主のアカウント名や住所、電話番号などの個人情報は一切表示されません。

補足:SMSが使えない場合はメールアドレス宛に送信してギフト券番号を共有する

データ通信専用プランを契約しているなどの理由でSMSが使えない人もいるでしょう。その場合は、配送先をEメールに指定してください。

宛先には自分のメールアドレスを入力します。あとは前述した手順と同様、差出人・メッセージ・金額などを指定して注文を確定します。

入力したメールアドレス宛にAmazonからメールが届きます。

届いたメールの一番下にギフト券番号が記載されているので、この文字列をコピーして任意のツールで送信しましょう。

受け取り側は、共有されたギフト券番号を直接アカウントに登録します(手順は後述)。

方法2:カードタイプのギフト券を購入してギフト券番号を共有する

前述の方法は手軽かつ便利ですが、クレジットカード保有者しか利用できません。

クレジットカードを持っていない場合は、コンビニや家電量販店、ドラッグストアのラックなどに陳列されているカードタイプのギフト券が便利です。カード購入後、裏面のギフト券番号を任意のツールで送信するだけで残高を送れます。

店頭販売されているタイプは、3000円・5000円・1万円・2万円のほかバリアブルタイプがあり、現金でのみ購入可能。バリアブルタイプなら、レジでの購入時にギフト券の金額を1500円から5万円の間で自由に指定できます。

カードの裏に記載されているギフト券番号を確認する

店頭で購入できるタイプのギフト券は、裏面のギフト券番号が銀色のカバーで隠れています。

コインなどでカバーをこすって、アルファベットと数字からなる14〜15桁のコードを確認しましょう。

ギフト券番号を任意のツールで送信する

記載されていたギフト券番号の文字列を、任意のツールで相手に共有します。

なお、1文字でも間違っているとギフト券を登録できないので、間違えないように注意して入力してください。

相手にギフト券番号をアカウントに登録してもらう

受け取り側は、ギフト番号をAmazonアカウントに登録することで、商品の購入に使えるようになります。

トップ画面のメニューボタン​からアカウントギフト券の残高を管理の順に進みましょう。

ギフト券番号を登録するをタップして、文字列を入力します(ハイフンは不要)。

[アカウントに登録する]を押して、ギフト券残高のアカウント適用は完了です。確認画面が表示され、増えた分の残高が表示されます。

方法3:欲しい物リストから購入・配送する

ボックスタイプや封筒タイプなど「モノ」として存在するAmazonギフト券を配送したい場合は、「ほしいものリスト」機能を活用しましょう。

ほしいものリストから購入した商品は、リストを作成した人の元に直接配送されます。

このとき、リスト作成者の届け先住所や電話番号は伏せられるうえ、工夫すれば贈り主の情報も非表示にできます。

お互いに個人情報を一切知られることなく、Amazonギフト券を贈ったり、受け取ったりできるというわけです。

ただ、匿名の届け先を設定したり、支払い方法をクレジットカード以外に指定したりと、完全匿名でやり取りするには手間がかかります。手軽に済ませたい場合は、あまりおすすめできません。

EDITED BY
MOEGI