「Vプリカ」をコンビニで買う方法・使い方 金額やチャージなどについても解説

プリペイドカードだから使い過ぎを防げて安心、明細も把握できる

「Vプリカ」は、国内在住であれば審査の必要がなく誰でもすぐに発行でき、ネット上のVISA加盟店で気軽に使えるプリペイドカードです。

コンビニなどで購入して簡単なオンライン登録をするだけで、クレジットカードを持っていなくてもネットショッピングやオンラインコンテンツが楽しめます。2022年2月22日からは、18歳未満であっても親権者の同意があれば利用可能になりました。

この記事では、コンビニでVプリカを買って利用する手順を解説。また、購入前に知っておきたいVプリカの特徴や使用上の注意点などもわかりやすく紹介します。

「Vプリカ」とは?

「Vプリカ」は、ライフカード株式会社が発行するインターネット専用、使い切り型のプリペイドカードです。通常クレジットカードの発行に必要な事前審査や本人確認書類の用意、銀行口座の登録など手間のかかる手続きは不要。購入日に即発行され、残高の範囲内でVISA加盟店サイトやオンラインゲームの課金などに幅広く活用できます。

VISA加盟店で使えるオンライン専用プリペイドカード

Vプリカが利用できるのは、VISAのクレジットカードが使えるオンライン加盟店です。Amazonや楽天、Yahoo!ショッピング、ZOZOTOWNなどメジャーなECサイトはもちろん、「VISA」のマークがあれば海外サイトでも利用できます。オンラインゲームにも最適です。

ただし、毎月利用代金が発生する電話料金や電気料金のほか、FX取引、サブスクリプションサービスなどには利用できません。

Vプリカの特徴
  • アカウントを開設し、会員専用ページでVプリカ発行手続きをすることで利用可能になるバーチャルカード
  • コンビニ、ホームページの他、インターネットバンキングから24時間いつでも購入・発行できる
  • 国内在住であれば誰でも申込可能。ただし、18歳未満は親権者の同意が必要
  • 有効期限は発行日(購入日)から1年後の月末
  • カード名義にニックネームが使用できる
  • 同時に保有できるカード枚数は10枚。合算できるのは最大5枚。限度額は10万円まで
  • 会員専用ページでは、利用明細や残高の確認だけでなく、不正使用を防ぐためのセキュリティロックやカード番号の再発行なども可能

豊富な金額・券種と選べるデザイン、こんなときに便利

バーチャルカードでありながら、デザインが豊富に用意されているのもVプリカの特長です。サイトから購入する際や、カードの発行手続きをする際に好きなものを選択できます。

購入できる券種(利用可能額)は500円〜3万円まで。購入方法によって次のように異なります。Vプリカの販売金額は、実際に利用できるカードの金額よりも割高になるため注意が必要です。

Vプリカ公式サイト、インターネットバンキング

  • 500円(販売金額:700円)
  • 1000円(販売金額:1200円)
  • 2000円(販売金額:2200円)
  • 3000円(販売金額:3200円)
  • 5000円(販売金額:5200円)
  • 1万円(販売金額:1万200円)
  • 2万円(販売金額:2万200円)
  • 3万円(販売金額:3万200円)
セブン−イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ
  • 2000円(販売金額:2200円)
  • 3000円(販売金額:3200円)
  • 5000円(販売金額:5200円)
  • 7000円(販売金額:7280円)
  • 1万円(販売金額:1万390円)
セイコーマート
  • 3000円(販売金額:3200円)
  • 5000円(販売金額:5200円)

また、Vプリカが役立つケースとしては次のようなものがあげられます。

Vプリカはこんな時に便利
  • クレジットカードを持っていないが、決済時に不便を感じている
  • クレジットカードを申し込みたいが、審査や必要書類の提示など事前準備が煩わしい
  • オンラインゲーム内の課金を一定の金額に抑えたい
  • 海外サイトや初めて利用するショッピングサイトにクレジットカード情報を入力するのが不安
  • 食費や趣味、お小遣いなど、目的や金額を決めて支出管理をしたい

プリペイド式なので使い過ぎ防止になる点や、使い切りカードのため、クレジットカード以上にセキュリティ面で安心感を強く感じられる点がメリットになるでしょう。

Vプリカとクレジットカードの違い

Vプリカはクレジットカードのように利用できますが、プリペイド式であることのほかに以下の点で違いがあります。

Vプリカと一般的なクレジットカードの違い
  Vプリカ クレジットカード
カードの申し込み方法 ウェブサイト/ネットバンキング/コンビニ ウェブサイト/店頭/郵送など
事前審査 -
カードの発行にかかる時間 即日 翌営業日〜2、3週間ほど
カードの発行形態 カード情報のみ(リアルカードはなし) プラスチックカード
カード名義 ニックネームで登録可能 本人名義
利用可能額 残高の範囲内 与信額の範囲内
引き落としのタイミング 商品購入時(一部例外を除く) カード会社が定めた期日
年会費 - 一部必要

申し込み時に本人確認書類や銀行口座の登録、審査が不要なほか、本名以外のニックネームでもカードを発行できます。リアルカードは発行されず、バーチャルなカード情報のみ。それでも豊富なカードデザインから選べるのがポイントです。

Vプリカが買えるコンビニ・取り扱い店

Vプリカはコンビニのほか、会員専用サイト「Myページ」からも購入できます。いずれも24時間いつでもアクセスできるのが利点です。

Vプリカをコンビニで買う際には、後述のように店頭の各種マルチメディア端末を操作して払込表を出力し、レジで支払いを済ませます(セイコーマートを除く)。また、Vプリカの利用には事前のアカウント登録が必須です。

Vプリカ取り扱い店舗
  • セブンイレブン
  • LAWSON
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • セイコーマート

「Vプリカギフト」ならアカウント開設不要、コンビニ店頭ですぐに買える

コンビニ店頭の陳列棚で販売されている「Vプリカギフト」なら、購入後のアカウント開設は不要(任意)です。カードに記載されている認証番号とカード番号下4桁を専用サイトで入力したら、Vプリカと同じ要領ですぐに使い始めることができます。

また、Vプリカの場合、利用していない期間が3カ月を超えると「休眠カード維持費」として毎月残高から125円が引き落とされますが、Vプリカギフトは一部を除いて、休眠カード維持費は発生しません。

販売金額と取扱店舗は次の通り。コンビニのほか、「VプリカOnline Shop」からも購入できます。

券種・販売金額

  • 3000円(販売金額:3250円)
  • 5000円(販売金額:5290円)
取扱店舗
  • LAWSON
  • デイリーヤマザキ
  • セイコーマート
  • NEWDAYS
  • ディスカウントストアMr Max
  • サツドラ
  • Wonder GOO
  • BOOK EXPRESS
  • 快活CLUB
  • animate
  • サンエー
  • コクミン
  • VOLOR DRUG STORE

Vプリカをコンビニで購入する方法

Vプリカをコンビニで買うには、まず店頭の各種マルチメディア端末を操作して払込票を出力し、レジで支払いを済ませます。その後「発行コード」が印字されたサービスチケットを受け取ります。

Vプリカの会員専用「Myページ」に発行コードを入力すれば各ECサイトで使えるようになるので、コンビニでVプリカを購入する前にあらかじめアカウントを開設しておくとスムーズです。

ここでは、セブン-イレブンでの操作手順を例に解説しますが、各コンビニによって端末の操作方法は次のように異なります。

コンビニ別マルチメディア端末操作手順(発行コード入手手順)
コンビニ名 店頭端末 画面上の操作手順
セブンイレブン マルチコピー機 「プリペイドサービス」→「Vプリカ」
ローソン・ミニストップ Loppi 「各種サービスメニュー」→「携帯・国際プリペイド」→「ネット用マネー」→「Vプリカ」
ファミリーマート Famiポート 「プリペイドの購入」→「オンラインマネー(電子マネー)」→「Vプリカ」
セイコーマート - 店頭にあるサンプルカードをレジで提示して支払う

マルチメディア端末を操作して払込票を出力する

セブンイレブンの場合、店内マルチコピー機のメニュー画面で[プリペイドサービス]を選択します。

次の画面で[Vプリカ]を選択します。Vプリカの商品説明、注意事項を確認後、OK同意するの順にタッチしましょう。

セブンイレブンの場合、2000円(販売金額:2200円)〜1万円(販売金額:1万390円)まで5種類の券種が表示されます。希望の券種を選択してください。

次に必要な枚数を選択し、OKをタッチします。

最後に申し込み内容確認画面でOKをタッチすると、コピー機から「プリペイドサービス代金払込票」が出力されます。払込票の有効期限は発行後30分間です。

レジで支払いを済ませ、発行コードを受け取る

セブンイレブンでは、コピー機から「プリペイドサービス代金払込票」が出力されます。ローソンやミニストップなどの場合、店内端末「Loppi」からレシートが、ファミリーマートの「Famiポート」では端末自体から申込券が出力されます。

払込票をレジに持参し、30分以内に支払いを済ませましょう。ちなみに、セブンイレブンでVプリカの購入ができる支払い方法は現金かnanacoのみ。クレジットカードは利用できません。

レジで代金を支払うと、「発行コード」が印字されたサービスチケットが手渡されます。

Vプリカの会員専用ページで発行コードを入力すれば、すぐに利用できるようになります。この発行コード自体に有効期限はありませんが、Vプリカ発行手続き完了後、1年を経過したその月末に有効期限を迎えます。

Vプリカの使い方(発行手続き・決済での利用方法)

Vプリカの利用を開始するには、まずVプリカホームページでアカウントを開設し、会員専用「Myページ」にログインして発行手続きをおこなう必要があります。ここではスマホブラウザでの操作方法を例に解説します。

専用サイトでアカウントを開設する

アカウントの開設は、入力したメールアドレスに送信される本登録用のURLにアクセスしておこないます。

  1. Vプリカのサイト内「アカウント開設」でメールアドレスを登録する

    まずはVプリカのサイトにアクセスし、アカウント開設をタップ。

    次の画面で内容を確認し、3つのチェックボックスすべてにチェックを入れてから次へをタップします。

    メールアドレスと画像認証を入力後、確認をタップ。

    事前登録確認の画面でメールアドレスに誤りがないかどうかを確認し、登録をタップしましょう。

    事前登録が完了すると、入力したメールアドレス宛てに本登録用のURLが記載されたメールが送信されます。

    受信メールに添付されたURLをタップし、本登録をおこないましょう。

  2. 受信したメールから本登録用URLにアクセスして、必要事項を入力する

    本登録用の入力フォームに必要事項(姓名/性別/生年月日/居住地/電話番号/ログインID/ログインパスワード/秘密の質問を選択/秘密の質問の答え/カード名義/画像認証)を入力し、確認をタップします。

    登録内容を確認後、登録をタップすると、登録完了画面に移行します。

    ログインをタップすると、会員専用ページ(「Myページ」)にログインできるようになります。Myページで発行コードを入力し、Vプリカの利用開始登録をおこないましょう。

Myページで発行コードを入力する

アカウントの開設が終わったら、会員専用のMyページにログインし、購入したVプリカの発行手続きをおこないます。コンビニで購入したコードを入力後、SMS/電話認証をすれば完了です。

  1. Myページにログインし、発行コードを入力する

    まずはVプリカのサイトでログインをタップします。

    次のページでログインID・パスワード・登録電話番号の下4桁・画像認証を入力後、ログインをタップして進みます。

    Myページでコード入力をタップし、チケットに記載された「Vプリカ発行コード」を入力します。

    入力したら、次へをタップしましょう。

  2. カードデザインを選択後、SMS/電話認証して発行手続きを完了させる

    「Vプリカ発行手続き」画面で、まずは好みのカードデザインを選択します。

    画面を下にスクロールし、登録した電話番号に誤りがないかどうかも含め、必要に応じてSMS認証/電話認証についての概要説明をチェック。

    内容を理解した上で、特に問題がなければ次へをタップしましょう。

    SMS認証/電話認証とは

    「SMS認証」は、“070” “080” “090”から始まる携帯電話の番号を登録している場合、ショートメッセージで認証番号を確認する方法です。

    また「電話認証」は、携帯電話を含む固定電話番号を登録している場合に選択でき、電話認証サービス(0570-099-888)へ登録した電話番号から発信することで認証を完了させます。

    画面を下にスクロールし、SMS認証/電話認証のいずれかにチェックを入れた上で、次へをタップします。ここではSMS認証を選択しています。

    SMS認証を選択した場合、携帯電話番号宛てにSMS(ショートメッセージ)が送信されます。

    受信後10分以内に、SMSに記載されている4桁の認証番号を入力し、次へをタップしましょう。

    Vプリカの発行手続きが完了し、カード番号や有効期限、セキュリティコード、残高などのカード情報がMyページで確認できるようになります。

VISA加盟店のサイトにカード情報を入力して決済する

Vプリカの発行手続き完了後は、Myページに前述の方法でログインすれば、カード番号やセキュリティコード、有効期限、カード名義などの情報がいつでも確認でき、手元にリアルカードがあるような感覚で利用できます。

Myページに表示されたカード情報を入力後、カードを追加

新たな支払い方法としてVプリカ(VISAカード)が登録される

代表的なVISAオンライン加盟店であるAmazonでの使用例を見てみましょう。カートに商品を追加し支払い方法を選択する際、新しい支払い方法としてVプリカのカード情報を入力します。あとは、支払い方法としてVプリカを選択するだけ。そのまま決済できます。

なお、カード名義にニックネームを使用できるのがVプリカの大きな特徴の一つ。Amazonのアカウント情報とカード名義が異なる場合には、「アカウントの名前を使用」のチェックを外し、カード名義を改めて入力するのを忘れないようにしましょう。

VISA認証サービス(3Dセキュア)が必要な場合

クレジットカード決済時に、番号やセキュリティコードだけでなく、カード発行会社にあらかじめ登録したパスワードを入力して不正使用を防ぐ「VISA認証サービス(3Dセキュア)」を導入しているショッピングサイトもあります。

VISA認証サービス画面が表示された場合には、VプリカのログインIDとパスワードを入力すればOKです。

Vプリカギフトの使い方(購入後の利用手続き)

Vプリカギフトは、台紙に掲載されているQRコードから専用サイトにアクセスし、カード裏面に記載されている認証番号とカード番号下4桁を入力すれば、すぐに利用できるようになります。Vプリカのようにアカウントを登録する必要はありません。ここでは、スマホブラウザでの操作方法を例に解説します。

カード裏面のQRコードから専用サイトにアクセスする

カード台紙の裏側に掲載されているQRコードをカメラで読み取り、「カード情報確認画面」へアクセスしましょう。

カード情報確認画面で認証番号とカード番号下4桁を入力する

Vプリカギフト(または「カード情報確認画面」)をタップし、カード情報確認画面にアクセスします。

「Vプリカギフト利用規約」を確認し、同意事項3項目のチェックボックスにチェックを入れたら、次へをタップしましょう。

カード裏面にある「認証番号」「カード番号」の欄をコイン等で削って確認し、カード情報確認画面に入力します。画像認証も合わせて入力後確認をタップしましょう。

カード情報を確認し、必要に応じてVプリカアカウントに登録する

有効期限、セキュリティコードをカード裏面に記載しておこう

カード情報画面下部のリンクからアカウント開設(ログイン)画面に遷移

Vプリカのカード情報が確認できます。カードの裏面に、有効期限とセキュリティコードを書き写しておきましょう。インターネット上のVisa加盟店でクレジットカードと同じように利用可能です。

なお、上述の方法で「Vプリカアカウント」に登録することで、セキュリティロック、ニックネームの変更などができるようになります。すでにVプリカアカウントを開設済みの場合には、現在所有しているカードとの合算も可能です。異なるアカウントで発行されたVプリカ残高をまとめることはできないので、必ず既存アカウントの「Myページ」から合算の手続きをしましょう。

コンビニでVプリカにチャージする方法(新たにコードを発行し残高をまとめる)

使い切り型のプリペイドカードであるVプリカは、既存のカードに残高をチャージして繰り返し利用することができません。ただし、残高が不足したらその都度新しいカードを発行(購入)し、同じアカウント内にある複数のVプリカの残高を合算して1枚にまとめることで継続的な利用が可能です。

残高合算の上限金額は10万円、1度に最大5枚まで可能です。残高を合算した後に発行されるVプリカは、カード情報(カード番号・有効期限・セキュリティコード)が毎回新しいものになります。

ここでは、コンビニで購入したVプリカを既存のVプリカと合算して使用する方法を、スマホブラウザを例に解説していきます。

コンビニで新たにVプリカを購入し、Myページに発行コードを入力する

まずは前述の方法で、コンビニで新たにVプリカの発行コードを入手、あるいはVプリカギフトを購入します。

コードを入手したら、Vプリカのホームページでログインをタップ。Myページにアクセスします。ID・パスワード・登録電話番号の下4桁・画像認証を入力し、ログインしましょう。

続いてMyページでコード入力(Vプリカギフトの場合はVプリカギフト登録)をタップします。

新たに購入したVプリカの発行コード(Vプリカギフトの場合はカード番号)を入力し、次へをタップします。

既存カードの残高と合算し、カード情報を更新する

Vプリカの発行手続き画面に移行します。

まずカードデザインを選択し、合算したい既存のVプリカにチェックを入れます。Vプリカをすでに複数枚所有している場合、最大5枚まで合算することができます。最後に次へをタップしましょう。

Vプリカの発行確認画面が表示されます。

合算内容に誤りがなければ発行をタップしましょう。画面上部に「電話番号によるSMS認証/電話認証を行います。」という案内書きがありますが、合算手続きの場合には認証が不要な場合もあるようです。

合算前

合算後

残高が合算され、新しいVプリカが発行されました。

カード番号、有効期限、セキュリティコードなどがすべて新しいものに変わるため、既存のカード情報をショッピングサイトの決済方法として登録している場合には、変更が必要です。

Vプリカに関するよくある疑問と答え

Vプリカについて、よくある質問と答えをまとめています。

分割払いやリボ払いはできる?

Vプリカの支払い方法は1回払いのみです(詳細)。

支払い方法として分割払いやリボ払い、ボーナス一括払いなどは利用できません。

年会費や手数料、有効期限は?

Vプリカは年会費、手数料ともに無料です。有効期限は発行日(購入日)から1年後の月末。有効期限が過ぎると、カード番号は無効となり残高も失効します(詳細)。

Vプリカの年会費は無料ですが、販売金額はカードの金額よりも割高になります。

また、利用していない期間が3カ月を超えた場合、「休眠カード維持費」として毎月25日に残高から125円が引き落とされます。ただし、Vプリカの残高を超えて引き落としされることはありません。また、Vプリカギフトは一部を除いて休眠カード維持費は発生しません。

Vプリカが利用できないサービスはある?

Vプリカは毎月利用代金が発生する電話料金や電気料金のほか、FX取引、サブスクリプションサービスなどに利用することはできません(詳細)。

Vプリカが利用できないサービスには、具体的に次のようなものが挙げられます。

Vプリカが利用できないサービス
  • VISAオンライン加盟店以外のサイト
  • 実店舗
  • FX取引や旅行小切手などの現金取引
  • 毎月継続的に支払いが発生するサービス(公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/新聞や電子書籍、音楽、一部の動画配信サービスなどの購読料/保険料/レンタルサーバー/通信教育など)
  • 後日カードの提示が求められるサービス(航空券やフェリー、高速バスなどのチケット、ホテルの事前予約など)
  • その他、一部の加盟店

Vプリカのデメリットは?

Vプリカには、有効期限が短い、「休眠カード維持費」がある、など注意しなければいけない点がいくつかあります。

コンビニなどで気軽に入手でき、審査や年会費不要で利用できるVプリカですが、デメリットとしては次のような点が挙げられます。

  • 有効期限がある:購入から1年後月の月末まで
  • 実店舗での利用のほか、公共料金や月額サービスの支払いには利用できない
  • 「休眠カード維持費」がある:Ⅴプリカの発行または最終利用月から3カ月を経過すると、翌月25日から毎月125円の維持費がかかる。ただし、残高が0円の場合や、別カードに残高を加算した場合、Vプリカギフト(一部)を除く
  • クレジットカード各社が展開しているようなポイント還元システムがない

「Myページ」にログインできない

ログインID、パスワードの再設定を試してみましょう。

ログイン画面下部にあるログインID・パスワードをお忘れの方はこちらにアクセスし、次画面で必要事項を入力しましょう。

再設定用URLが添付されたメールが送信されます。ログインIDもメールから確認することができます。

Vプリカに専用アプリはある?

Vプリカアプリは現在サービスを停止しています(2022年8月現在)。

Vプリカアプリは、2020年12月9日から現在(2022年8月時点)に至るまで、アプリを一時停止しています。カード情報の確認アカウントの開設MyページへのログインはすべてWebサイト上でおこなう必要があります。

EDITED BY
SORA