「dTV」のメリット・デメリットは? 月500円で12万本超え、圧倒的コスパ

「dTV」のメリット・デメリットは? 月500円で12万本超え、圧倒的コスパ

家や外出先で好きな映画やドラマを思う存分楽しめる動画配信サービス。数ある中でも、リーズナブルな料金と国内最大級のコンテンツ配信数を誇り、コストパフォーマンスが飛び抜けて高いのが「dTV(ディーティービー)」です。

本記事では、dTVが提供するコンテンツの実際のラインナップや使いやすさはどうなのか、弱点も含めレビュー評価します。これを読めば、dTVのメリット・デメリットが見えてきます。

無料お試しはこちら

ドコモユーザー以外も使える国内最大手のサービス

dTV ラインナップ

dTVはNTTドコモが提供し、エイベックス通信放送(ドコモとavexの合弁)が運営している動画配信サービスです。

人気の秘密は何といっても、月額550円(税込)というリーズナブルな料金設定にあります。ワンコイン程の価格で映画やドラマが見放題(一部で視聴ごとに課金が必要です)。しかも12万もの膨大な数の作品が配信されており、おトクすぎる内容と言っていいでしょう。31日間の無料お試し期間も用意されています。

dTV dアカウント dTV デバイス登録

左:会員登録には「dアカウント」が必要右:利用登録できるデバイスは最大5台まで。複数デバイスでの同時視聴はできない

「dアカウント」を作成すればドコモユーザーでなくても利用できます。スマホ・パソコン・テレビなどのマルチデバイス対応で、場所を問わず楽しめるほか、最新映画のオンライン試写会やdTVプレミアムイベントへの招待など、会員だけの特典も用意されています。

ドコモが提供する映像サービスとのお得なセット料金プラン

dTV お得なセットプラン

「ナショナル・ジオグラフィック」や「ディズニージュニア ライト」など、CSで人気の専門チャンネルが観られる「dTVチャンネル」や、スポーツコンテンツが見放題の「DAZN for docomo」がdTVと合わせて視聴できるお得なセット料金プランも用意されています。料金体系に若干の違いはありますが、ドコモユーザー以外も申し込むことができます。

12万を擁するコンテンツ数、充実しているジャンルは?

12万というインパクトのある作品数を誇るdTVですが、その内容は多岐にわたっています。

dTV ジャンルを選択 dTV お好み登録

好きなジャンルを指定する「お好み登録」機能を使えば自分だけの「オススメ作品リスト」が生成される

洋画、邦画、音楽(ミュージックビデオやライブ映像)、アニメ、そして国内外のドラマ、韓流・華流、キッズ、教養・バラエティ、マンガ、エクササイズ動画など、幅広いジャンルの作品からお気に入りを検索することができます。放映中テレビアニメなどの見逃し配信もおこなっています。

dTVの人気作品(2020年7月)
  1. 名探偵コナン
  2. 鬼滅の刃
  3. コンフィデンスマンJP
  4. BLEACH
  5. 空から降る一億の星<韓国版>
  6. 病院船〜ずっと君のそばに〜
  7. ドラえもん
  8. NARUTO-ナルト-疾風伝
  9. キスマイどきどきーん!
  10. エヴァンゲリヲン新劇場版:Q

ミュージックビデオなどの音楽作品や韓流・華流も充実

dTV 音楽 dTV 音楽 プレイリスト

人気ミュージシャンのミュージックビデオが次々追加されている。プレイリスト作成機能も便利

他の動画配信サービスに比べて音楽コンテンツが充実しているのも大きな特徴です。話題のアーティストのミュージッククリップや、国内外のアーティストのライブ映像などを見ることができます。

桑田佳祐のミュージックビデオが配信開始されたほか、「MTV LIVE特集」や「歌詞を見ながら楽しめる!リリックビデオ特集」「2020年ドラマ主題歌」など特集も豊富。お気に入りの動画を集めた自分だけのプレイリストを作成することもできます。

dTV 韓流・華流

他の動画配信サービスでも人気が高い韓流・華流作品が揃う

このほか注目したいのは、韓流・華流(ドラマ/バラエティ)の作品数が520本以上(2020年5月現在/レンタル含む)と、非常に充実していることです。ラブストーリーやラブコメ、時代劇など幅広いジャンルの作品が配信されているので、ファンにはたまりません。

オリジナルコンテンツがおもしろい

dTV beeTV

BeeTVでは、ドラマのスピンオフ作品やスライドショームービーで視聴できる「マンガ」などがある

BeeTVはドコモがエイベックスグループと共同で提供している携帯電話向けの動画配信サービスですが、dTVではこのBeeTVの作品がすべて見放題です。

dTV オリジナル dTV オリジナル 不能犯

最近では、オリジナルドラマにも注目が集まっています。FODとの共同製作ドラマ『パパ活』『彼氏をローンで買いました』のほか、『婚外恋愛に似たもの』『花にけだもの』などがあります。

また、オリジナルのバラエティ『キスマイどきどきーん!』も人気です。

話題作をはじめ、有料のレンタル作品も多い

dTV レンタル作品

見放題のコンテンツに加えて、最新作や根強い人気タイトルなどの多くはレンタル(個別課金)で視聴できます。

たとえば見放題で視聴できる洋画のタイトルは700本強ですが、レンタル作は1700本強(2020年5月12日計数)。12万もの作品ラインナップを揃えるdTVですが、HuluやNetflixなど完全見放題の動画配信サービスとは異なり、レンタル作品の本数が多いことも意識しておかなければいけません。

dTV レンタル 見放題 選択

見放題/レンタル、いずれかを指定して作品を検索することもできる

レンタル料金は1本150円程度から。ドラマは1本300円、映画なら300~500円(いずれもHD画質)というのが標準的な価格設定です。英語の作品には吹替版も用意されています(一部を除く)。

『ジョーカー』など新作をすばやく配信

dTV 新作 ジョーカー dTV 新作 天気の子

配信スピードの早さに定評がある「U-NEXT」などと並び、dTVもまた最新作の配信が早い印象です。

第92回アカデミー賞主演男優賞受賞作、社会現象を巻き起こした『ジョーカー』のレンタル配信や、アニー賞でのノミネートも記憶に新しい新海誠監督の『天気の子』(2020年5月27日配信予定)など、注目度の高い作品が次々とラインナップに加わります。

また、劇場で公開される作品に合わせて、過去のシリーズがまとめて配信されることもあります。たとえば『バイオハザード:ザ・ファイナル』の劇場公開に合わせて、『バイオハザード』のI~Vが見放題になるといったケースなど、話題の映画の復習にぴったりです。

dTV 海外ドラマ

海外ドラマは、20世紀FOXやスタジオユニバーサル、ソニー・ピクチャーズ、ディズニー、ワーナー・ブラザースなどのスタジオ作品を見ることができます。『ウォーキング・デッド』『プリズン・ブレイク』など定番の作品は一通りありますが、Huluなどに比べるとラインアップは少なめです。

また、全シーズンではなく途中から配信されている作品もあり、最初から見たい時は困ります。さらに番組によっては途中で広告が流れるものも。海外ドラマ好きはやや不満を感じるかもしれません。また、以前は視聴することのできた「FOXチャンネル」は2018年8月で配信終了になりました。『ウォーキング・デッド』の最新作など、同チャンネルのリアルタイム配信が観られるのはU-NEXTとHuluのみになります。

作品は探しやすい? ダウンロード機能は?

dTV 特集 dTV 新着作品

「新着作品」コーナーでは近日配信予定の作品リストが表示され、ここをチェックするのも楽しい

12万もの作品があると、見たい作品を探すだけでも大変です。dTVでは検索機能として、ジャンル検索やランキング機能を用意しています。さらに、アプリを初めて起動すると好みのジャンルを聞かれ、設定した好みに合わせておすすめ作品が表示されます(「お好み登録」)。

時季や人気のキーワードに合わせた特集も豊富で、作品探しのヒントになります。新着作品の中からおもしそうなコンテンツを見つけるのもおすすめ。見放題作品を中心に、新作レンタルも毎月続々と追加されます。

dTV マイリスト

気になる作品がある時はハートマーク[]のアイコンをタップし、「マイリスト」に登録できます。

スマホ・タブレットなら出先でもオフラインで作品を楽しめる

dTV ダウンロード機能

画質を選んでダウンロードできる。ただし、ミュージックビデオやライブ映像など一部ダウンロードできない作品も

Androidスマホ/タブレット、iPhone/ iPad(mini含む)なら作品をダウンロードして再生できます。あらかじめ自宅などWi-Fi環境下で動画をダウンロードしておけば、外出先でも高画質で見ることができますし、通信量も気になりません。

一度ダウンロードすれば配信中の作品であればいつでも視聴できますが、レンタル作品には個別の視聴期限が設けられています(購入時に画面上で確認)。また、作品によってはダウンロードに対応していないものもあります。

テレビでも快適視聴、ただし画質が変更できるのはスマホ・タブレットだけ

dTV テレビで視聴

スマホやPCだけでなく、テレビでdTVを楽しむこともできます。専用端末の「ドコモテレビターミナル」のほか、dTV対応のスマートテレビ、Amazon Fire TVやFire TV Stick、Chromecast(クロームキャスト)、Apple TVなどのストリーミングデバイスに対応しています。

対応機種一覧|dTV -公式サイト

dTV ドコモターミナル

dTVのほか、「Disney DELUXE」や「dアニメストア」などドコモの全映像サービスに対応の「ドコモテレビターミナル」。リモコンのほか、専用アプリや音声認識などで操作できる。外出先からの録画予約も可能

スマホ・タブレットのアプリ上でのみ画質が変更できる

dTV 画像設定

アプリでの画質変更は、再生画面右上の設定ボタンから

テレビやスマホ、タブレットは一部の機種を除きHDR画質での再生に対応していますが、パソコンは非対応のため少しぼやけた画像になるのが残念なポイントです。

また、ストリーミング再生時の画質変更はスマホ・タブレットのアプリ上でのみ可能です。パソコンにはダウンロード機能がないほか、パソコン・テレビともに画質の変更ができない点も注意が必要です。

まとめ

月額550円(税込)という手軽な料金であることをついつい忘れてしまう充実した内容で、コストパフォーマンスの高さは抜群です。Huluなどと比べられることも多いですが、オリジナル番組の制作に力を入れている点や、音楽コンテンツが豊富といった強みもあり、ただ安いだけではないこともわかります。

dTVには31日間の無料お試し期間があります。自分の見たいコンテンツがあるか、まずはじっくり見定めてください。

無料お試しはこちら
EDITED BY SORA