LINEで通話できない? 権限やマイクなど原因別に対処法を解説

LINEで通話できない? 権限やマイクなど原因別に対処法を解説

今や通話ツールの定番となったLINE(ライン)。実質無料で音声・ビデオ通話を気軽に使えることから、電話代わりに愛用している人も多いでしょう。

しかし、LINE通話の発着信をする際に「権限がありません」「録音を許可しますか」といったエラーメッセージが表示され、通話できないトラブルに悩まされるケースが少なくないようです。

そこで本記事では、LINEの通話機能における発生頻度の高いエラーに沿って、通話できないときの原因と対処法を紹介します。

LINE通話で発信/着信できないときに表示されるエラーメッセージ

LINE通話で発信や着信・応答ができないといったトラブルが発生すると、その都度なんらかのエラーメッセージが表示されるはず。このメッセージ内容から、ある程度原因を絞り込むことができます。

なお、本記事で紹介した手順通りに操作しても利用できなかったり、別のエラーメッセージが表示されたりする場合は、LINEのサポートに相談してください。

エラーメッセージ別にみる通話できない原因と対処法

ここからは、LINE通話でよく表示されるエラーメッセージ別に、その原因と対処法を詳しく解説していきます。

「権限がありません」→ 端末の設定で電話とマイクの使用を許可する

LINE 通話できない 「権限がありません」と表示

AndroidスマホでのLINE無料通話の受信時と発信時に、「この機能を利用する権限がありません」と表示され、通話機能が利用できないことがあります。このトラブルの原因は、スマホの端末設定でLINEアプリに「電話の発信と管理」もしくは「音声の録音(マイクの使用)」を許可していないことにあります。

なお、iOS版LINEではこのようなトラブルは見受けられないので、Android版LINE特有のケースとみられます。

LINE 通話できない 電話を許可する LINE 通話できない マイクを許可する

これらの項目が許可されていない状態でLINE通話の発着信をしようとすると、「LINEに発信および発着信の管理を許可しますか?」もしくは「音声の録音をLINEに許可しますか?」というポップが立ち上がります。

ここで[許可する]を選択していれば問題ないのですが、[許可しない(次回から表示しない)]を選択してしまうと、次に通話機能を使う際に「権限がありません」と表示されてしまうのです。

LINE 通話できない 電話を許可する LINE 通話できない 電話を許可する

「電話の発信と管理」や「音声の録音(マイクの使用)」を許可するには、Androidスマホの「設定」アプリから[アプリと通知]もしくは[アプリ]へと進み、[権限マネージャ]、[アプリの権限]などの項目をタップ。

ここで[マイク]と[電話]の項目をチェックして、LINEアプリが拒否されていた場合は許可しましょう。

「応答できません」→ LINEアプリの設定で通話の着信許可をオンにする

LINE 通話できない 「応答できません」と表示

「○○からの着信がありました。通話の許可がOFFになっているため、応答できません」というメッセージがトークに表示されている場合は、LINEアプリで「通話の着信許可」の設定がオフになっていることが原因です。

いわゆる着信拒否の状態になるので、応答画面が立ち上がらず通話に出ることができません(自分から相手に通話をかけることは可能)。

LINE 通話できない 通話の着信許可をオンにする

着信を許可するには、LINEの「ホーム」タブから設定ボタン[]→[通話]と進み、[通話の着信許可]の項目をオンにします。これで問題なく通話に出られるはずです。

「マイクへのアクセスを許可してください」「音声の録音を許可しますか?」→ 端末の設定でマイク使用を許可する

LINE 通話できない マイクへのアクセス LINE 通話できない マイクへのアクセス

端末側の設定でマイクへのアクセスを許可していないと、発信/着信の際に確認のポップアップが表示されます。設定を変更しない限り、LINEの通話機能は使えません。

なお、Android版LINEでは「音声の録音をLINEに許可しますか?」と表示されるため不審に思うかもしれませんが、これはマイクへのアクセス権限を意味します。許可したところで、勝手に会話内容が録音されるわけではないので、心配することはありません。

iPhoneでマイクの設定をオンにする場合

LINE 通話できない マイクの設定 LINE 通話できない マイクの設定

端末の「設定」アプリから[LINE]へと進み、「マイク」の項目をオンに切り替えます。

Androidスマホでマイクの設定をオンにする場合

LINE 通話できない マイクの設定 LINE 通話できない マイクの設定 LINE 通話できない マイクの設定

Androidスマホの「設定」アプリから[アプリと通知]もしくは[アプリ]へと進み、[権限マネージャ][アプリの権限]などの項目をタップ。ここで[マイク]の項目をチェックして、LINEアプリが拒否されていた場合は許可しましょう。

「友だち追加後に通話が可能です」→ 相手を友だち追加する

LINE 通話できない 友だち追加されていない

友だちリストにいない人からLINE通話を受けた場合、「○○からの着信がありました。友だち追加後に通話が可能です」のメッセージとともに、着信が拒否されます。

状況としては、相手側だけが自分を友だち追加している状況での着信や、意図的に友だちリストから削除した人からの着信があると、このメッセージが表示されます。

対処法はいたって簡単。もし相手と通話したければ、トークルーム上部にある3つのボタンのうち、[追加]をタップしましょう。すると友だちリストに追加され、着信が受けられるようになります。

「通話できません」→ LINEアプリをアップデートする、PC版LINEを使う

LINE 通話できない 相手が通話機能に非対応

LINE通話の発信時に、「通話できません。○○は最新バージョンを利用していないか、通話機能に対応していないため応答することができません」というメッセージが表示されるケースがあります。

相手がフィーチャーフォン(ガラケー)版のLINEを利用していたり、LINEアプリのバージョンがあまりに古かったりすると、通話機能に対応していないために発信することができないのです。

また、相手がPC版LINE上で新規作成したアカウントを利用している場合でも、同様のメッセージが表示され、発信できません(着信は可能)。

アプリのバージョンが古い場合はアップデートすることで解決できますが、端末が問題の場合は機種変更するほかないでしょう。ただしパソコンを持っているなら、PC版LINEから通話するという手もあります。

「応答なし」がずっと続く → ブロックされている可能性あり

LINE 通話できない 応答なし

ブロックされている相手に通話をしても着信しないので、常に「応答なし(タイムアウト)」で終了します。ただ、単に忙しかったり着信に気づかなかったりというケースも考えられるので、一概にブロックが原因だとはいいきれません。

しかし、不自然なほど音信不通の状態が続いているなら、ブロックされていることも否めません。下記記事を参考に、ブロックされていないかチェックしてみましょう。

「サーバーへ接続できません」「通話することができませんでした」→ 通信環境やアプリの不具合など

LINE 通話できない 「サーバーへ接続できません」 LINE 通話できない 「通話することができませんでした」

左:iOS版LINE右:Android版LINE

「サーバーへ接続できません」「通話することができませんでした」といったメッセージが表示された場合は、インターネット環境(圏外やスマホの通信制限)やLINEアプリの一時的な不具合などが考えられます。

調子が悪いと感じたら、安定したWi-Fi環境に接続したり、場所を変えたりなどして再度試してみましょう。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.1.1、Android版10.1.1

EDITED BY MOEGI