【LINE】複数枚の写真をまとめてタイル状で送る方法 受信側への通知もまとまる?

【LINE】複数枚の写真をまとめてタイル状で送る方法 受信側への通知もまとまる?

LINE(ライン)のトークで相手に写真を送る際、複数枚の写真をまとめて送ることができます。複数枚の写真を送ると、写真がタイル状に並ぶ形式で送られるため、送受信した写真の内容がまとまったサムネイルとなり、見やすくなっています。

本記事では、LINEでアルバム機能を用いず、複数枚の写真をまとめてタイル状で送る方法を紹介。写真をまとめて送る際に注意したい点や、受け取る側にはどのように通知されるかについても解説します。

LINEで複数枚の写真をまとめて送る方法

LINEで写真をまとめて送る手順を紹介します。状況によってはアルバムを利用したほうがよい場合もあるため、使い分けも含めて解説しています。

いずれもiOS版LINEで解説していますが、手順や仕様はAndroid版LINEも同様です。

写真をまとめて送るには

さっそく、LINEアプリで写真をまとめて送る方法を紹介します。

【LINE】写真をまとめて送る 【LINE】写真をまとめて送る

送信したい写真を選択

トークルームで写真ボタンをタップし、送信したい写真を複数枚選択するだけです。送信する写真を選択したら、右上の送信ボタンをタップしましょう。

【LINE】写真をまとめて送る 【LINE】写真をまとめて送る

全画面表示すると写真を選びやすい

写真は6枚程度がプレビュー表示されており、上下にスライドすることができますが、画面右下のタイルボタンをタップすると、全画面表示に切り替えられます。

全画面表示で写真を選んだら、画面右下の送信ボタンをタップすれば送信完了です。

【LINE】写真をまとめて送る

まとめて写真を送るとタイル状に並ぶ

これで相手に写真をまとめて送れます。写真がタイル状に送られ、サムネイルでどの写真を送ったのかをひと目でわかるようになります。

一度の送信上限は最大50枚まで

【LINE】写真の送信上限

LINEのトークで一度に送信できる写真は50枚までです。それ以上の枚数を送る場合は、複数回に分けて送る必要があります。

1ブロック10枚までタイル状に並ぶ

【LINE】タイル状に並ぶ

10枚ごとに1ブロック表示される。11枚だと2ブロックになる

複数枚の写真をまとめて送った際、トークルームにタイル状に写真が並んだことで一覧性が向上し、格段に見やすくなりました。以前は1枚ずつバラバラに表示されていたため、送信した枚数が多いとスクロールしなければすべての写真を見ることはできませんでした。

トークルームには最大10枚で1つのブロックとして表示されます。1度に最大50枚まで送信できるため、50枚を送信すると5つのブロックが表示されることになります。

【LINE】タイル状に並ぶ

もし送信した枚数が奇数だった場合、最後に選択した1枚だけは横長に表示されます。

アルバムで共有する場合と何が違う?

多くの写真をまとめて送るなら、トークルームに送信するのではなく、アルバムに保存したほうが便利です。一覧性が高まるとはいえ、1ブロック10枚までなので、それを超えるケースではアルバムのほうが見やすいでしょう。

また、トークで送信した写真には保存期間があるため、一定期間が過ぎると写真を見ることができなくなってしまいます。対して、アルバムには保存期限はありません。アルバムには名前をつけたり並び替えたりできる機能もあるので、管理しやすいというメリットもあります。

【LINE】オリジナル画質

トークだとオリジナル画質のまま送信できる

一方、トークでのまとめて送信のほうが向いているシーンとして、写真の画質を劣化させずに複数枚送りたい場合が挙げられます。最大50枚まで選択した写真は、[ORIGINAL]をタップすることでオリジナル画質でのまとめて送信が可能です。

多くの写真をまとめて送ると相手に大量の通知が届く恐れも

複数枚の写真を大量に送るときは、受信する相手への配慮が必要です。もし50枚の写真を送った際、相手の通知がオンであれば50回の通知が届きます。通知もまとまるというわけではありません。

LINE 写真 まとめて送る 通知

受信する側の通知がオンになっていると大量の通知が届くことに…

受信する側が通知をオンにした状態で50枚を一気に送った場合、通知が止まずに鳴り続けることになってしまいます。

多くの写真を送る場合は、あらかじめ伝えた上で何回かに分けるか、LINEアルバムを利用するのがおすすめです。

検証バージョン:iOS版10.21.3、Android版10.21.5

EDITED BY AO