【LINE】複数枚の写真をまとめてタイル状で送る方法 受信側への通知もまとまる?

【LINE】複数枚の写真をまとめてタイル状で送る方法

LINE(ライン)のトークで複数枚の写真をまとめて送る際、トークルームへの表示のされ方が変わりました。以前はトークルームに1枚ずつ送られる形でしたが、複数枚がタイル状に並ぶブロックスタイルに変更されたことで、送受信した写真の内容がまとまったサムネイルとなり、見やすくなっています。

本記事では、LINEでアルバム機能を用いず、複数枚の写真をまとめてタイル状で送る方法を紹介。写真をまとめて送る際に注意したい点や、受け取る側にはどのように通知されるかについても解説します。

LINEで複数枚の写真をまとめて送る方法

LINEで写真をまとめて送る手順自体は以前とほぼ同じです。ただし、状況によってはアルバムを利用したほうがよい場合もあるため、使い分けも含めて解説します。

写真をまとめて送るには

LINEアプリで写真をまとめて送る方法は、以前とほぼ変わりありません。

LINE 写真 まとめて送る LINE 写真 まとめて送る

トークルームで写真ボタンをタップし、送信したい写真を複数枚選択するだけです。送信する写真を選択したら、右上の送信ボタンをタップしましょう。

LINE 写真 まとめて送る

まとめて写真を送るとタイル状に並ぶ仕様に

これで相手に写真をまとめて送れます。トークルームを写真1枚1枚で埋め尽くしてしまうことはなくなりました。

一度の送信上限は最大50枚まで

LINE 写真 まとめて送る

LINEのトークで一度に送信できる写真は50枚までです。それ以上の枚数を送る場合は、複数回に分けて送る必要があります。

1ブロック10枚までタイル状に並ぶ

LINE 写真 まとめて送る LINE 写真 まとめて送る

左:現在のトークルーム右:以前のトークルーム

複数枚の写真をまとめて送った際、トークルームにタイル状に写真が並んだことで一覧性が向上し、格段に見やすくなりました。以前は1枚ずつバラバラに表示されていたため、送信した枚数が多いとスクロールしなければすべての写真を見ることはできませんでした。

トークルームには最大10枚で1つのブロックとして表示されます。1度に最大50枚まで送信できるため、仮に50枚を送信すると5つのブロックが表示されることになります。

LINE 写真 まとめて送る

もし送信した枚数が奇数だった場合、最後に選択した1枚だけは横長に表示されます。

アルバムで共有する場合と何が違う?

多くの写真をまとめて送るなら、トークルームに送信するのではなく、アルバムに保存したほうが便利です。一覧性が高まるとはいえ、1ブロック10枚までなので、それを超えるケースではアルバムのほうが見やすいでしょう。

また、トークで送信した写真には保存期間があるため、一定期間が過ぎると写真を見ることができなくなってしまいます。対して、アルバムには保存期限はありません。アルバムには名前をつけたり並び替えたりできる機能もあるので、管理しやすいというメリットもあります。

LINE 写真 まとめて送る オリジナル

一方、トークでのまとめて送信のほうが向いているシーンとして、写真の画質を劣化させずに複数枚送りたい場合が挙げられます。最大50枚まで選択した写真は、[ORIGINAL]をタップすることでオリジナル画質でのまとめて送信が可能です。

LINEで写真を高画質のまま送る方法 受信した画像はオリジナルサイズで保存可能

多くの写真をまとめて送ると相手に大量の通知が届く恐れも

複数枚の写真を受信した側の通知も、これまで通りです。50枚の写真が送られれば50回の通知が届きます。写真ブロックの数に通知もまとまるというわけではありません。

LINE 写真 まとめて送る 通知

受信する側の通知がオンになっていると大量の通知が届くことに…

受信する側が通知をオンにした状態で50枚を一気に送った場合、通知が止まずに鳴り続けることになってしまうため、まとめて送る際には相手への配慮も必要です。

多くの写真を送る場合は何回かに分けるか、アルバムを利用するのがいいでしょう。

検証バージョン:iOS版9.16.1、Android版9.17.1

EDITED BY AO