「LINE Payカード」の使い方──発行申込からチャージ、コンビニ等での決済方法、LINEポイントの貯め方まで

2019-04-16 20:03
記事タイトルとURLをコピーする

「LINE Payカード」の使い方──発行申込からチャージ、コンビニ等での決済方法、LINEポイントの貯め方まで

LINE Pay(ラインペイ)カードは、コンビニやスーパーなどJCBと提携する国内外約3300万の実店舗で使えるプラスチックカード、またはオンライン専用のバーチャルカードが発行されています。いずれも使う分だけLINE Payの残高を事前にチャージするプリペイド(前払い)方式のカードです。

本記事では、LINE Payカードの発行申し込みから、残高のチャージや店舗等における実際の決済(支払い)方法、LINEポイントの貯め方まで、使いこなしの一連の流れを丁寧に解説します。

LINE Pay、Visaブランドで3%還元の提携クレジットカードを発行へ

LINE Payカードとは(メリット・デメリット)

サービス開始2週間足らずで20万枚の申し込みを突破するなど、話題となった「LINE Payカード」。LINE Pay社が発行するチャージ式のプリペイドカードですが、買い物に使える金額はその時点でチャージしてある金額だけとなり、使った分だけその場でLINE Pay残高から引き落とされる仕組みです。1回払いのみ利用できます。

LINE Payカードは、その場ですぐ発行されてJCBに加盟しているオンラインのみで利用できる「バーチャルカード」と、LINE上で申し込みをして郵送で入手する「プラスチックカード(LINE Payカード)」の2種類があります。併用する場合は同じカード番号を有し、利用するたびにLINEポイントが貯まります。

「LINE Pay」の使い方 超入門──仕組みからチャージ・決済方法、クレカ登録、本人確認まで解説

LINE Payカードのメリット

LINE Payカードでは、買い物やチャージなどお金の動きがあったタイミングでLINEに通知が届くので管理もしやすい上、入会金や年会費は無料。クレジット機能はないため、年齢制限や与信審査もありません。

LINE Payのマイカラープログラム
マイカラー 条件(1カ月のLINE Pay決済金額) ポイント還元率
グリーン 10万円以上 2%
ブルー 5万円〜9万9999円 1.0%
レッド 1万円〜4万9999円 0.8%
ホワイト 0円〜9999円 0.5%
LINE Payの画面には[マイカラー]タブがあり、自分のカラーを確認することができる

そして最大の特徴は、クレジットカードと同じように使うたびにLINEポイントが貯まることです。LINE Payカードのポイント付与については、利用頻度に応じてポイント還元率が上がる「マイカラープログラム」を採用しています。

LINEポイント 交換 LINEポイント 商品

貯まったLINEポイントは「1ポイント=1円」に換算され、ポイントを使ってLINEストア内でスタンプや着せかえを購入できるほか(LINEコインへの交換も可能)、Amazonギフト券やnanacoポイント等への交換、各種ギフト商品などに利用できます。

さらに1ポイント1円でLINE Payにチャージすることもできるので、加盟店での買い物や「LINE Pay 請求書支払い」、友だちへの送金などにも充当できます。

LINE Payカードのデメリット

一方でデメリットとしては、利用明細がLINEでしか閲覧できない点、不正利用などの損害が発生した場合30日以内に報告する必要があり、その補償が10万円までである点などが挙げられます。

LINE Payカードの発行申込と利用開始(登録)までの方法

LINE Payカードはかつてコンビニで購入することもできましたが、現在はLINE Payの画面からバーチャルカードを発行するか、郵送で届くプラスチックカードを申し込む必要があります。郵送申し込みの場合、カードが手元に到着するまで1~2週間程かかります。

いずれのカードも、使い始める前に簡単な手続きが必要です(詳細は後述)。

LINE Payカードのデザイン

LINE Pay カード 4種類のデザイン

LINE Pay カードには当初6種類のデザインが用意されていましたが、シンプルなデザインから可愛らしいLINEキャラクターをあしらったポップなものまで、選べるデザインは4種類となっています(2019年1月現在)。

LINE Payカードの申し込み手順

前述の通り、LINE Payカードは、JCBのオンライン加盟店で利用できる非接触型決済用の「バーチャルカード」と、実店舗で利用できるプラスチックの「LINE Payカード」の2種類があります。LINE Payカードの申し込み手続きをすると、自動的にバーチャルカードも発行されますが、バーチャルカードはLINE Payカードの利用開始手続き後に使用可能になります。

いずれもLINEアプリから申し込むことができ、ユーザーの情報を入力するだけの簡単な申込方法です。LINE Payにアクセスして、さっそく作ってみましょう。ここでは、iPhone版LINEの画面で説明していますが、手順はAndroid版LINEでもほぼ同じです。

LINE Payをはじめる はじめる

まず、LINEアプリの「ウォレット」タブを開いて、[LINE Payをはじめる]をタップします。

次の画面で[はじめる]をタップします。

すべてに同意 新規登録 LINEPay トップ画面

「LINE Cashアカウント利用規約」「プライバシーポリシー」「LINEユーザー情報提供ポリシー」を確認し、[すべてに同意]にチェックを入れた後で[新規登録]をタップします。

LINE Payの画面が現れます。

バーチャルカードを発行する

バーチャルカードはLINE Payカードと同じ番号・セキュリティコード・有効期限が設定され、パスワードを入力するだけでその場でカードが発行されます。ただし、LINE Payカードの利用開始手続きが完了するまでの間は、利用制限がかかります。利用開始手続き前に1時間だけ制限解除をすることができますが、その後は自動的に利用が制限されます。

バーチャルカードを発行 6桁のPayパスワードを入力

LINE Payの画面で[バーチャルカードをすぐに発行!]をタップします。カード申込の画面が現れるので[バーチャルカードを発行]をタップします。

パスワードの入力画面が現れるので、6桁のLINE Pay専用パスワードを入力します(同じ数字のみ・連続する数字・2種類の数字の繰り返しは使用不可)。

バーチャルカード 発行画面

バーチャルカードが発行されました。

LINE Payカード(プラスチックカード)を発行する

LINE Payカードは、LINEのアカウント1つにつき1枚のみ発行でき、再発行や解約の申込をした場合、バーチャルカードの情報も同時に変更されます。

申し込み後、1週間〜2週間ほどで登録した住所宛に郵送され、カード到着後に利用開始手続きをすることで使えるようになります。

プラスチックカードを申し込む プラスチックカード オンラインでのカード利用停止のポップ 確認

カード申込の画面で[プラスチックカードを申し込む]をタップします。

すでにバーチャルカードを発行済みの場合、LINE Payカードの利用開始手続きが完了するまでは利用を制限されます。[プラスチックカード]の欄をタップすると、次の画面で「プラスチックカードを登録するまで、安全のためオンラインでのカードの利用が停止されます。続行しますか?」のポップが上がるので[確認]をタップします。

LINEPayカード デザイン選択 氏名入力

カード(全4種類)のデザインを選んで、[次へ]をタップ。

利用者の名前を漢字で入力し、[次へ]をタップします。なお、実際に届くカード表面には、ここで入力した名前ではなく「LINE MEMBER」と表示されます。

都道府県入力 住所詳細入力

郵便番号を入力し、[次へ]をタップ。

住所を入力して、[申込確定]ボタンをタップします。

6桁のPayパスワードを入力 Face IDを使用する場合には確認をタップ

LINE Payを利用するためのパスワードを設定します。6桁の数字キーをタップ。

iPhoneなら、Face IDを使用する場合には[確認]をタップしてパスワードを入力します。

LINEPayカード 登録完了

手続きが完了。カードが届くのを待ちます。

現在、1~2週間ほどかかるようです(本稿執筆時には9日で届きました)。

バーチャルカードをすぐに発行!

なお、LINE Payをすでに利用している場合は、[バーチャルカードをすぐに発行!]をタップするとカードの発行手続きをおこなえます。

名前や住所、パスコードなどはすでに設定済みなので、あっという間に申し込みは完了します。

LINEPayから送られてくるキャンペーンメッセージ

LINE Payカードの申し込みやLINE Payの利用でキャッシュバックが受けられるキャンペーンなど、お得な情報は随時LINEに通知されます。

LINEの「ウォレット」タブ内にある「LINEポイント」のセクションをこまめにチェックしたり、「LINEポイント」のLINE公式アカウントを友だち追加しておいたりすると便利かもしれません。

カードが届いた後の登録手続き

カード部分をタップ プラスチックカード 登録

カードが届いたら、利用開始の手続きをおこないます。LINEの「ウォレット」タブから[LINE Pay]と進み、カード部分をタップします。

LINE Pay専用のパスワードを入力(またはFace IDなどの認証)後に表示される画面で、[プラスチックカード]→[登録]をタップします。

利用開始手続き

カードの裏面に印字されている「お客様番号」(QRコードの上に記載された15桁の番号)のうち、末尾3桁の数字を入力し、[確認]をタップします。

手続き完了後の画面

利用手続きが完了し、プラスチックカードのデザインが画面に反映されます。前の画面に戻ると、続けてチャージをおこなうことができます(後述)。

LINE Payカード(LINE Pay残高)にチャージする方法

LINE Payカードを使って買い物をするには、LINE Payの残高にチャージします。チャージ方法は主に以下の通りで、いずれもチャージ手数料はありませんが、クレジットカードでチャージすることはできません。

LINE Payにチャージする手段
  • 登録した銀行口座からチャージ
  • セブン銀行ATMでチャージ
  • ファミリーマート(Famiポート)でチャージ
  • ローソン等のレジ店頭で現金によるチャージ

今回は、最も手軽な銀行口座を登録してチャージする方法、またコンビニのレジで直接チャージする方法について紹介します(各種チャージ方法は下記の特集も参照)。なお、LINEポイントが貯まった場合、出金先に登録した銀行口座を利用することができます(ポイントの現金化)。

「LINE Pay」の使い方 超入門──仕組みからチャージ・決済方法、クレカ登録、本人確認まで解説

銀行口座を連携してチャージ

自分の銀行口座をLINE Payに登録することでチャージに利用できます。連携可能な銀行は、三菱東京UFJ、三井住友、みずほ、りそな、ゆうちょなど大手をほぼ網羅しているほか、地方銀行にも対応。一部の地方銀行を除いて手続きはリアルタイムで完了します。

生活費などをメインに使っている口座を1つ登録しておくと、現金引き出しの回数も減り、ATM利用手数料の節約にもつながります。

LINE Pay チャージ チャージ方法 銀行口座

LINE Payの画面を開きます。[チャージ]をタップします。

チャージ方法を選びます。ここでは[銀行口座]をタップします。

ワンポイントアドバイス
便利なオートチャージ機能

残高が利用金額を下回ってしまった場合、銀行口座から自動的にチャージされる「オートチャージ」機能が便利です。

LINE Pay オートチャージ オートチャージ 設定画面

設定は簡単。LINE Payの画面から[チャージ]→[オートチャージ]を[オン]にします。いくら下回ったらチャージするか(条件)、いくらチャージするか(金額)を1000円単位で自由に設定できます。

銀行選択画面 LINE Payの利用規約 同意します

利用している銀行を選びます。

LINE Payの利用規約を確認します。画面を最後までスクロールしてから[同意します]をタップします。

氏名や生年月日、口座番号や支店名などを入力

銀行口座を登録します。

氏名や生年月日、口座番号や支店名などを入力し、[次へ]をタップします。

規約確認画面 本人確認方法選択

口座振替申込受付サービスの登録に伴う、諸々の規定が表示されます。

確認後、「同意する」を選択すると、銀行口座(ネットバンキング)の本人確認画面が表れます。(例:三菱東京UFJ銀行)

口座情報登録 銀行口座登録完了 チャージをタップ

口座振替の申し込みをします。画面に従って生年月日やキャッシュカードの暗証番号、通帳最終残高等の必須事項を入力後、[実行]をタップします(銀行により操作方法は異なります)。

銀行口座の登録が完了したら、[チャージ]をタップします。

登録した銀行が表示されるので、タップ チャージ金額を入力

登録した銀行が表示されるので、タップします。

チャージ金額を入力し、[チャージ]をタップします。

LINE Payのパスワードを入力

LINE Payのパスワードを入力します。

iPhoneでFace IDを利用している場合は、入力の手間を省くことができます。

チャージ中画面 チャージ完了

[確認]をタップします。

チャージが完了し、残高が増えました。(連続でチャージをしたので左右の画面で金額が異なります。)

コンビニでの現金チャージ

LINE Pay残高へチャージする方法として、より身近で手軽なのがコンビニのレジにおける現金での直接チャージです。

全国のローソン(ナチュラルローソン・ローソンストア100含む)のほか、ドラッグストアのAINZ&TULPEで、1回につき1000円(AINZ&TULPEは1円)〜4万9000円までチャージが可能です。

LINE Pay カード チャージ コンビニ

レジで店員にLINE Payカードを渡してチャージする旨を伝え、チャージしたい金額の現金を渡すだけ。

店員側で操作後、LINE Payカードとレシートを受け取ります。チャージ完了時点で、手元のLINEアプリに完了のメッセージが届くという流れです。

セブン銀行ATMでの直接入金やアプリを使った入金も可能

セブン銀行ATMでLINE Payカードに直接入金することもできます。入金は現金のみで1回につき1000円から。1000円単位でチャージが可能です。

チャージ方法はとても簡単。セブン銀行ATMにLINE Payカードを挿入し、画面で「ご入金」を選択後に紙幣を投入します。チャージ完了後はリアルタイムでLINE Pay残高に反映されます。

さらに、LINEアプリを利用してセブン銀行ATMからチャージすることもできます。

LINE Pay チャージ コンビニ ATM

具体的には、LINEアプリを起動して、LINE Payメニューから[チャージ]→[セブン銀行ATM]と進みます。[次へ]をタップし、カメラを起動させた後にATMの画面で、[スマートフォンでの取引]ボタンを押します。

取引画面に表示されたQRコードを読み取った後、アプリに表示される4桁のコードを入力して、チャージしたい金額をATMに投入します。

ワンポイントアドバイス
セブン銀行ATMなら出金も簡単

LINE Payカードに4桁の暗証番号を設定すればATMで簡単に出金できます。手順は入金と同様、ATMにLINE Payカードを挿入し、画面で「ご出金」を選択。その後画面で暗証番号を入力し、1,000円~10,000円の範囲で指定の金額を入力すればOK。暗証番号の設定方法は次のとおりです。

LINE Pay カード 決済 カードの暗証番号設定

LINE Payのメインメニュー画面から、[カードの暗証番号]をタップし、次の画面で4桁の暗証番号を2回入力すれば完了です。

LINE Payカードで決済(支払い)する方法

LINE Payカードは、国内外のJCB加盟店約3300万店舗で利用できます(一部の店舗で利用できない場合もあります)。実店舗でLINE Payカード(プラスチックカード)を使って買い物をする方法はクレジットカードのときと同じです。

支払い時に「JCBカードで」と伝えて、カードを提示するだけ(必要ならサインをします)。支払回数は1回払いのみ利用可能です。

LINE Pay カード 決済

LINE Payカードが使える代表的な店舗。多岐にわたっている

また、オンラインでも利用できます。

クレジットカードを選択し、支払回数に必ず「1回」を指定します。カード名義を入力する必要がある時は自身の名前を入力し、カード表面16桁のカード番号と有効期限を入力しましょう。カード裏面のセキュリティコードが必要になる場合もあります。

残高が減った画面 カードを利用した旨の通知

LINE Payカードで支払いをすると、残高が減ります。

また同時に、LINEアプリにすぐにカードを利用した旨の通知が届きます。利用やチャージについて、LINEで通知を受け取れるのは認識しやすくて便利です。

LINE Pay カード 決済

店舗では、クレジットカードを利用した時と同じように「お客さま控え」が発行されます(セルフレジなどで発行されないこともあります)。

LINE Pay カード 決済

決済後は、LINE Payメニューの[決済履歴]をタップすると、カードを利用した履歴を確認できます。

LINE Payカードを使ってQUICPayで決済する方法

LINE Payカードは、Androidスマホ向けモバイル決済サービス「Google Pay(グーグルペイ)」に登録することで、JCBの非接触型決済「QUICPay(クイックペイ)」を利用することができます。

Google Payに登録 Google Payにカードが追加される画面

具体的には、おサイフケータイ(Felica)搭載のAndroid端末に「Google Pay」アプリをインストール後、LINE Payカードあるいはバーチャルカード発行手続きの画面でGoogle Payに登録をすると、その場でQUICPayとの連携が可能になります。

詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

LINE PayがQUICPayに対応、Androidスマホでかざして支払い可能に

LINE PayカードでLINEポイントが貯まる

LINE Payカードを使うと、LINE ポイントが付与されます。ポイントはすぐに反映されるわけではなく、利用店舗によって数日~数週間の時間がかかります。

LINE Pay メニュー ポイント

獲得したポイントの確認や交換は、LINE Payメニューから[ポイント]をタップします。

ポイント交換 ポイント履歴 ポイント獲得履歴

左:LINE Pay決済では1ポイントから利用可能右:LINEポイントの付与には数日~最大2ヶ月程度かかることも

ポイントの獲得履歴や使用履歴を確認したり、LINE Payのチャージ残高には1ポイント(=1円相当)から、その他では100ポイント程度から、様々なサービスに交換したりすることができます。

注意したいのは有効期限です。最後のポイント獲得日から180日以上経つと、ポイントが無効になります。

「LINEポイント」の効率的な貯め方と使い方(交換方法)、実質無料でスタンプ購入も【iPhone・Android】

EDITED BY SORA