「iCloud」の使い方──容量やログイン方法、バックアップ、iCloud Drive利用、写真共有、メール、ミュージックライブラリなど

「iCloud」の使い方まとめ──容量やログイン方法、バックアップ、iCloud Drive利用、写真共有、メール、ミュージックライブラリなど

Image:Apple

iPhoneを使っていれば、一度は目にしたことがあるはずの「iCloud(アイクラウド)」という文字。LINEトーク履歴なども含めた各種データのバックアップ(復元)のほか、iCloudメールやメモ、予定の同期、なくしたiPhoneを探せるなど多彩な機能を備えています。「iCloud写真」や「iCloud Drive(アイクラウド ドライブ)」を活用することで、写真やファイルの同期も可能です。

本記事では、そもそもiCloudとは何なのか、どのように便利に使えるのかなどについて詳しくまとめてみました。

iCloudとは? 容量や料金、対応機種

iCloudは、Appleが提供しているクラウドサービスの名前です。メールや予定、写真などのデータをインターネット上に保存し、他の端末のデータと同期させることができます。どの端末でデータを更新しても、変更がリアルタイムに反映され、いつでも手元に最新のデータを呼び出すことができます。

iCloud - Apple(日本)

それだけでなく、置き忘れたiPhoneを追跡する「iPhoneを探す」や、システム全体のバックアップと復元をおこなえる「iCloudバックアップと復元」、WebサイトのユーザーIDやパスワードを記録する「iCloudキーチェーン」といった様々なサービスを含んでいます。オンラインストレージとして活用するための機能「iCloud Drive」もこのiCloudに含まれています。

iCloud 料金 容量

iCloudのアップグレード料金とストレージ容量

iCloudは無料で使えるサービスで、容量は5GBです。最初は十分ですが、端末やデータが増えて容量が足りなくなった場合は、有料プランへアップグレードして容量を増やすことができます。有料プランは、50GBで月額130円、200GBで月額400円、2TBで月額1300円(いずれも税込)です。

容量 料金 特徴
5GB 無料 連絡先、カレンダー、メモなどの保存向け
50GB 月額130円 売れ筋。写真、ビデオ、ファイル、アプリのデータや、端末のバックアップにも
200GB 月額400円 写真などが多い人向け。家族で使う場合にも適している
2TB 月額1300円 ヘビーユーザー家族向け。ほとんどのものを保存できるが料金は高い

iCloudはiPhoneやiPadではもちろん、MacやWindowsパソコンでも使うことができます。同じApple IDでサインインすることで、iCloudの様々なサービスにアクセスできる仕組みです。iPhoneからは「設定」アプリで最上部の「ユーザー名」をタップし、[iCloud]→[ストレージを管理]→[ストレージプランを変更]と進んで購入できます。

iCloudの対応機種

iCloudが利用できるデバイスは以下の通りです。

iOS端末 iOS 5以降を搭載したiPhone 3GS以降、iPod touch(第3世代以降)、iPad Pro、iPad Air以降、iPad以降、iPad mini以降
Mac OS X Lion v10.7.5以降を搭載したMac
Windows PC Windows 7以降を搭載したWindowsパソコン

iCloudを設定:サインイン(ログイン)してメールも使える

さっそくiCloudを利用してみましょう。

iCloudを設定する iCloudを設定する

iCloudを利用するには、「設定」アプリの[iCloud]を開いて、Apple IDとパスワードを入力します。

Apple IDとパスワードを入力し、[サインイン]をタップするとiCloudが設定されます。

iCloudを設定する

Apple IDの確認コード(2ファクタ認証を設定している場合)やiPhoneのパスコードを入力します。またSafari、リマインダー、連絡先のデータをiCloudにアップロードして結合するか訊かれますので、特に問題なければ[結合]を選んでおきます。

iCloudを設定する

iCloudが設定されます。

他にもiOS端末がある時は、同じようにApple IDとパスワードを入力し、iCloudへサインインを済ませます。なおApple IDがない場合は、iCloudのサインイン画面で[Apple IDをお持ちでないか忘れた場合]をタップし、その場で作成もできます。

iCloudメール(@icloud.com)も使える

Apple IDを作成すると、「@icloud.com」というメールアドレスも付いてきます。

@icloud.comのメールアドレスはApple IDを新規に作成する時に設定できます。

iCloudを設定する iCloudを設定する

[無料のiCloudメールを取得]をタップして、好きなメールアドレスを任意で入力します。ここで作成したアドレスが、Apple IDのアカウントIDになります。

新規アカウントの作成と同時に、メールの設定も完了します。iCloudにサインインしているだけで「メール」アプリでiCloudメールを送受信できるようになります。なおアカウント作成時に[現在のメールアドレスを使用]を選んだ場合も、あとでiCloudメールを作成することができます。

iCloudの使い方1:メモや予定を同期する

iPhoneとiPadというように、複数のiOS端末を持っている時に便利なのが、データの同期機能です。iCloudをオンにすると、メモやカレンダー、連絡先などのアプリに保存したデータがクラウドにも保存され、同じApple IDのアカウントに紐付けられている端末に反映されます。

メモや予定を同期する

たとえば、iPhoneのカレンダーを起動して、新しい予定を作成します。

メモや予定を同期する

別の端末でカレンダーを起動すると、新しい予定が作成されているのが確認できます。

メモや予定を同期する

iCloudで同期するデータは「設定」アプリの[ユーザー名]→[iCloud]で設定します。

オンになっている項目はクラウドにアップロードされ、他の端末と同期されます。オフにして同期を解除することも可能です。

同期できるアプリ

  • メモ
  • メール
  • カレンダー
  • リマインダー
  • Safari
  • 連絡先
  • 株価
  • ホーム

iCloudの使い方2:iCloudバックアップと復元

iPhoneがクラッシュした時や、機種変更などで新しいiPhoneを利用する場合に、これまで使っていたアプリの再インストールや設定を繰り返すのは面倒です。iCloudの「バックアップ」を利用すると、写真やメッセージ、ボイスメモ、アプリの設定などをクラウドに保存し、いざという時に復元することができます。

iCloudバックアップと復元

iCloudのバックアップは、iPhoneを使っていない時を見計らって自動で作成してくれる優れものです。iTunesを使ったバックアップを作成していない時でも、大事なデータを安全に保護します。

バックアップの対象を自由に選べるのも特徴の一つです。無料プランでは5GBしかないため、容量をオーバーする時は、バックアップが不要なデータや、サイズの大きすぎるデータなどをバックアップの対象から外すことで対処します。

iCloudバックアップと復元

バックアップをおこなうには、「設定」アプリで[ユーザー名]→[iCloud]→[バックアップ]と開いて[今すぐバックアップを作成]をタップします。

毎回バックアップを行わなくても、通常は、1日に1回自動でバックアップされます。

iCloudバックアップと復元

復元をおこなう時は、iPhoneを一度リセットする必要があります。

「設定」アプリから[一般]→[リセット]と進んで[すべてのコンテンツと設定を消去]をタップします。リセット完了後、iOS設定アシスタントが表示されて、iCloudバックアップから復元できます(下記の特集を参照)。

なお、iCloudの復元にはWi-Fi接続が必要です。復元が完全に完了するまで、Wi-Fiと電源に接続したままにしておくことをおすすめします。Wi-Fiの速度にもよりますが、1GBあたりで1〜4時間程度かかることがあります。

Wi-Fiが途切れると、一部のアイテムを復元できないことがあります。この場合でもしばらく待っていれば復元されます。どうしても復元できない場合は、もう一度iPhoneをリセットして復元し直すとよいでしょう。

iCloudの使い方3:なくしたiPhoneを探す

iCloud iPhoneを探す

「カバンに入れたはずのiPhoneが見当たらない」「iPhoneを部屋のどこに置いたか忘れてしまった」といった経験は誰にでもあるはず。「iPhoneを探す」は、なくなったiPhoneを追跡することができる機能です。iCloudにサインインするだけで、自動的にオンになっています。

「iPhoneを探す」を使うと、探したい端末の現在地を地図上に表示することができます。そして、必要なら音を鳴らして見つけやすくすることや、ロックをかけたりデータを消去したりして、iPhoneから情報が漏れてしまうのを防ぐことができます。

なくしたiPhoneを探す

端末を探す時は、「iPhoneを探す」アプリ(標準でインストールされています)を使うか、またはiCloud.comにアクセスしてiCloudにサインインします(詳しい手順は下記の特集を参照)。

アプリ「iPhoneを探す」をダウンロード
iPhoneを探す

iCloudの使い方4:写真を共有する(アルバム)

イベントの写真などを、家族や友人と共有したい時に便利なのが、iCloudの「共有アルバム」です。共有アルバムを作成すると、選んだ写真やビデオを特定メンバーとだけ共有したり、もしくはURLを通じて不特定多数のユーザーに対して公開したりできます。

写真アルバムを共有する

写真共有を利用するには、「設定」アプリで[ユーザー名]→[iCloud]と進んだ画面で[写真]を開き、[共有アルバム]をオンにします。

写真アルバムを共有する 写真アルバムを共有する

次にアルバムを作ります。

「写真」アプリを起動して[アルバム]タブを開きます。左上の[+]→[新規共有アルバム]をタップし、アルバムに名前を付けましょう。

共有相手がApple IDユーザーなら、相手を直接指定してアルバムを作成できます。

写真アルバムを共有する 写真アルバムを共有する

作ったアルバムを開きます。[+]をタップして、共有したい写真やビデオを選択して追加します。

また、Apple IDを持っていない相手と共有したい時は、[メンバー]タブを開きます。

写真アルバムを共有する

[公開Webサイト]をオンにし、[リンクを共有]をタップするとURLを送信できます。アルバムのURL(すぐ下部に表示)を相手に教えるだけで、アルバムの写真を共有できます。

1つのアルバムに保存できる写真とビデオは合計5000件です。また写真共有にアップロードされた写真やビデオの容量は、iCloudストレージを消費しません。

iCloud写真共有の詳細は、下記記事で解説しています。

iCloudの使い方5:「iCloud Drive」でPC上のファイルを管理

PCのファイルを外出先でも開きたい、ということはよくあります。そんな時は、PCに作られている「iCloud Drive」フォルダへファイルをドラッグ&ドロップしておきましょう。iPhoneから簡単にアクセスできるようになります。

iCloud Driveには、プレゼンテーション、スプレッドシート、PDF、写真など、あらゆる種類のファイルを保存できます。iCloud Driveに保存したファイルは対応アプリ(KeynoteやNumbers、Pagesなど)から直接開くことができ、複数のアプリで1つのファイルを共有することも可能です。

iCloud DriveでPC上のファイルを管理

PC上に作られる「iCloud Drive」にファイルを保存します。

Windows PCの場合は、Windows用iCloudをダウンロードしてセットアップすることで、PC上にiCloudを設定できます(エクスプローラーにiCloud Driveが表示されます)。

Windows用iCloudの設定と使用 - Apple サポート

またMacの場合は、「システム環境設定」から[iCloud]を選択してApple IDでサインインしたあと、iCloudの設定画面から[iCloud Drive]にチェックを入れて利用できます。

iCloud DriveでPC上のファイルを管理

「iCloud Drive」フォルダにコピーしたファイルは、「ファイル」アプリから取り出せます。先に「設定」アプリを開いて、[ユーザー名]→[iCloud]の[iCloud Drive]をオンにしておきます。

iCloud DriveでPC上のファイルを管理 iCloud DriveでPC上のファイルを管理

「ファイル」アプリを起動して、[ブラウズ]タブにある[iCloud Drive]を開くと、「iCloud Drive」に保存したファイルに直接アクセスできます。

iCloud DriveでPC上のファイルを管理

ファイルをタップすると表示できます。共有メニューを使って、対応アプリで開くことも可能です。

iCloudの使い方6:LINEのトーク履歴をiCloudにバックアップ

iPhone版のLINEでは、iCloud Driveをオンにした場合、トーク履歴を手動でバックアップすることが可能です。PCでiTunesを使わずとも、新旧iPhone間による機種変更時やLINEアプリを再インストールする際に、LINEのトーク履歴を引き継いで復元することができます。おもな手順は以下のとおりです。

  1. 旧iPhoneでiCloud Driveをオンにする
  2. LINEのトーク履歴をiCloudにバックアップする
  3. 新iPhoneでLINEにログイン後、iCloudからトーク履歴を復元する

LINEのトーク履歴をiCloudにバックアップ

iCloudにサインインしている状態で旧iPhoneの「LINE」アプリを開きます。[友だち]タブから[設定](歯車マーク)→[トーク]→[トークのバックアップ]と進みましょう。

[今すぐバックアップ]をタップすると、トーク履歴のバックアップが始まります。

続いて新iPhoneで、LINEログイン(アカウント引き継ぎ)の作業を進めます(先に、新iPhoneでもiCloudにサインインしておく必要があります)。

LINEのトーク履歴をiCloudにバックアップ

LINEのアカウント引き継ぎ時の認証番号入力(本人確認)のステップを済ませると、トーク履歴の復元をおこなう画面が表示されます。

ここで[トーク履歴を復元]をタップすれば、トーク履歴の復元が行われます。詳しい手順は、下記の特集も参照してください。

iCloudの使い方7:「iCloudキーチェーン」でパスワードを自動入力する

「iCloudキーチェーン」は、同じApple IDでサインインしている複数の端末で、WEBサイトのログイン情報などを共有できる便利な機能です。

Safari上で入力したIDやパスワードを記憶し、2回目からは自動で入力できるようになります。アカウントのほか、Wi-Fiのパスワードやクレジットカード番号も、業界標準の暗号化技術によって安全に管理できるとされています。

パスワードを自動入力する パスワードを自動入力する

「設定」アプリから[ユーザー名]→[iCloud]→[キーチェーン]と進み、[iCloudキーチェーン]をオンにします。

2ステップ確認または、セキュリティ質問を設定している場合は、Apple IDの入力を行ったあと、画面の指示に従ってiCloudセキュリティコード(6桁のコード)を設定します。セキュリティコードには画面ロックのパスコードを流用できます。

パスワードを自動入力する パスワードを自動入力する

オンにしておくと、2回目以降の入力の際にはキーボードに[パスワード]という項目が表示されます。これをタップするとIDやパスワードが自動入力されます。

パスワードを自動入力する

登録したパスワードを端末から削除したい時は、[iCloudキーチェーン]をオフにしたあと、[iPhoneから削除]を選びます。

iCloudの使い方8:「iCloud写真」で写真やビデオを同期する

「iCloud写真」とは、写真とビデオを同期するための機能です。[iCloud写真]をオンにすると、端末に保存されている写真とビデオをすべてクラウドにアップロードし、どの端末からもアクセスできるようにします。

また[iPhoneを最適化]というオプションを使うことで、ストレージを劇的に節約することや、バックアップとして使うことでiPhoneが突然クラッシュした時でも、大事な写真がなくなってしまうという最悪の事態を防げます。

写真やビデオを同期する

iCloud写真は、「設定」アプリから[ユーザー名]→[iCloud]→[写真]を開いて、[iCloud写真]をオンにします。

なお、iCloud写真をオンにすると、iTunes経由で転送した写真は端末からすべて削除されます。

写真やビデオを同期する

アップロードされた写真は、iCloud.comやMacの「写真」アプリなどから参照できます。

なお本格的に使うには、容量のアップグレードが必要でしょう。

iCloudの使い方9:「iCloudミュージックライブラリ」に音楽を追加する

好きな音楽を追加するiCloudミュージックライブラリ

Apple MusicやiTunes Matchに登録しているユーザーが利用できるのが「iCloudミュージックライブラリ」です。iCloudミュージックライブラリを利用することで、Apple Musicのユーザーは好きな曲を自分のライブラリに追加できるようになります。

また、オフラインにあるライブラリ全体の音楽をiCloudにアップロードして、好きな時にクラウドから聴きたい曲を再生したり、端末にダウンロードしたりということができるようになります。ストリーミング再生を利用することで、端末のストレージ容量を劇的に減らすことが可能です。

こちらも、本格的な利用にはApple MusicまたはiTunes Matchの登録が必要となります。

検証端末:iPhone X(iOS 12.2)