Amazon Pay(アマゾンペイ)とは? メリット・デメリット、お得な支払い方法など全解説

実はとても便利な支払い方法

Amazon Pay(アマゾンペイ)は、Amazonアカウントに登録されている支払い情報や住所を使ってオンライン決済ができるサービスです。出前館やBUYMA、コジマ、ふるさとチョイス、まんが王国など約1万社以上のサイトで利用できます。

複数サイトにクレジットカード情報や住所を登録する必要がなく、支払いの手間が省けてとても便利。Amazonギフトカード(Amazonギフト券)との組み合わせでポイント還元もあるので、お得に買い物をしたい人にもおすすめの支払い方法です。

この記事では、Amazon Payの基本的な使い方と利用の流れを紹介。そのうえでAmazon Payとは何なのか、メリット・デメリットを踏まえながら詳しく解説します。

Amazon Payの使い方と利用の流れ

Amazon Payの使い方はとても簡単です。さっそく利用の流れを紹介します。

  1. 対応サイトで「amazon pay」ボタンをタップ

    Amazon ペイ

    Amazon Payでの支払いに対応するサイトで[amazon pay]ボタンを探してタップします。

  2. 本人認証を済ませる

    本人認証
    セキュリティコード

    Amazon Payの利用が初めての場合は、本人認証が求められます。Amazonに登録しているメールアドレス宛に届く6桁の認証コードを入力してください。

  3. 支払い方法を選択

    本人認証を終えると、Amazonに登録中の住所と支払い方法が表示されます。

    支払い元の選択
    支払い元の選択

    [支払い方法]ボタンをタップし、任意の手段を選びましょう。Amazon Payで利用できるのは以下3つの支払い方法です(詳しくは後述)。

    • Amazonギフトカード残高
    • クレジットカード/デビットカード(プリペイドカードやバーチャルカードも含む)
    • あと払い(ペイディ)

    「Amazonギフトカード残高」で支払うと、特典として0.5%〜1%分のAmazonギフトカード残高が還元されます。お得に買い物をしたい人は、Amazonギフトカードに商品の金額に足るようチャージしてからAmazon Payを利用するとよいでしょう。

  4. 決済完了のメールが届く

    決済の完了メールが届く

    あとは各サイトの案内にしたがって注文を完了させましょう。決済が完了し次第、Amazon Payからメールが届きます。

Amazon Payのメリット・デメリット

ここからは、Amazon Payを使ってわかったメリット・デメリットを紹介します。

メリット1:決済情報・住所の入力を省ける

前述したように、「Amazon Pay」が利用できるサイトならAmazon.co.jpに登録中の決済情報・住所を使って買い物ができます。

支払い方法

オンラインの決済時にイチからクレジットカード情報や住所を登録する必要がないので、支払いの手間がかなり省けます。

また、複数のECサイトにクレジットカードを登録しなくて済むのもメリットのひとつ。決済情報の登録先をAmazonに一本化させることで、カード情報流出のリスク軽減が期待できます。

メリット2:Amazonギフト券との組み合わせで0.5〜1%が還元される

Amazon Payメリット

Amazon Payの最大のメリットは、Amazonギフトカード(Amazonギフト券)との組み合わせでお得に買い物ができることです。

「Amazonギフトカード残高」を支払い方法に設定してAmazon Pay決済をすると、特典として決済金額に応じたAmazonギフトカード残高が還元されます(通常会員は0.5%、プライム会員は1%分)。たとえば、Amazonギフトカード残高を使ってAmazon Payで1万円の買い物をした場合、100円相当のAmazonギフトカード残高がもらえます。

Amazonギフト残高

また、プライム会員がクレジットカード/デビットカードを使ってAmazonギフトカードに5000円以上をチャージすると、さらに0.5%分のAmazonポイントが還元されますクーポンコードの入力が必要)。

うまく活用すれば、上図のように「クレジットカード側の特典」+「Amazonギフトカードチャージの特典」+「Amazon Payの利用特典」の三重取りも可能です。お得に買い物したい場合は、あらかじめAmazonギフトカードに残高をチャージしてからAmazon Payを利用してみてください。

メリット3:手数料無料で現金支払いができる

前述したAmazon Payの支払い方法のひとつである「Amazonギフトカード残高」は、コンビニやATMを経由した現金購入(チャージ)が可能です。

利用するサイトに「代金引換」や「コンビニ払い」といった現金での支払い方法がない場合でも、Amazon Payを利用すれば間接的に現金による支払いが可能になるというわけです。

Amazonギフトカード残高 現金チャージ

通常、代金引換では注文ごとに300円程度の手数料が発生してしまいます。対して、Amazonギフトカード残高の現金チャージでは手数料は一切発生しません。

また前述したように、Amazonギフトカード残高を利用したAmazon Pay決済では0.5〜1%分のAmazonギフトカード残高が還元されます。現金でチャージした場合も対象となるので活用したいところです。

メリット4:返品・返金申請がしやすい

返品・返金の申請が簡単なのも、Amazon Pay利用メリットのひとつです。

Amazon Pay

確認メールから「利用履歴」をタップ

Amazon Pay

「お問い合わせ内容」を選択

Amazon Pay

申請内容を選択する

Amazon Payを利用して購入した商品の返品・返金の申請は、Amazon Payの利用履歴から簡単におこなえます。各サイトのヘルプや問い合わせ先を調べる必要がないので、申請までの手順が非常にスムーズです。

また、上記手順で申請をしても販売業者から返品・返金がおこなわれなかった場合、Amazonマーケットプレイス保証に基づいてAmazon側が返金に対応してくれます(上限30万円)。初めて使うショッピングサイトでも、安心して買い物ができるでしょう。

Amazonでは、購入者に常に安心してAmazon Payを使用していただきたいと考えています。購入者から販売事業者への異議申立てが発生すると、購入者はまず販売事業者に直接連絡して問題の解決を図ります。双方での話し合いで問題を解決できない場合、購入者による異議申立てプログラムでは、購入者はAmazonマーケットプレイス保証などを利用できます。

デメリット1:実店舗でのQRコード決済が使えない(サービス終了)

QRコード決済

Amazon Payは現在、ネットショッピングや電子書籍、旅行予約サイトなどネット上で決済をおこなうサービスでのみ使えます。

かつてはAmazon PayにもPayPayのような「QRコード決済」機能があり、コンビニなどの実店舗でも使えました。しかし、このQRコード決済機能は2022年1月31日をもって提供終了しています。これ以降、「ネット上での決済に限って利用できる」という仕様になりました。

デメリット2:Amazonで利用できるすべての支払い方法が使えるわけではない

Amazonでは全部で9つの支払い方法がありますが、そのすべてをAmazon Payで利用できるわけではありません。

前述のように、Amazon Payの支払い元として利用できるのは「Amazonギフトカード残高」「クレジットカード/デビットカード」「ペイディ(あと払い)」の3つのみ。携帯決済(キャリア決済)やPayPayはAmazon Payの支払い元に設定できません。また、貯まったAmazonポイントも消費できないので注意してください。

Amazon Payの支払い方法と設定手順

Amazon Payの支払い方法として利用できる「Amazonギフトカード残高」「クレジットカード/デビットカード」「ペイディ(あと払い)」の設定手順について解説します。

方法1:Amazonギフトカードを使う

繰り返しになりますが、Amazon Payの支払い元として一番おすすめなのは「Amazonギフトカード」です。通常会員は0.5%、プライム会員なら1%分のAmazonギフトカード残高が付与されます。

支払い方法

支払い方法の項目に料金分の「Amazonギフトカード残高」が記載された状態でAmazon Payでの決済をおこなえば、後日特典がもらえる仕組みです。

エントリーなどは必要なく、特典の付与上限もありません。Amazonギフトカード残高は、原則として注文の2カ月後中旬ごろに付与されます(例:10月の注文であれば通常は12月中旬に付与)。

Amazon Pay

「Amazonギフトカード」はさまざまな種類・買い方がありますが、自己使用向けなら使い勝手がよくてポイントも貯まる「チャージタイプ」がおすすめです。

モノとして存在するカードタイプのような額面使い切り型ではなく、サイト内の購入ページから自身のAmazonアカウントにチャージして使います。Amazon専用のプリペイド式電子マネーのようにイメージしてもらえればよいでしょう。

Amazonギフトカード残高へのチャージ方法
  • 方法1:クレジットカード/デビットカードで支払う
  • 方法2:プリペイドカードで支払う
  • 方法3:コンビニで現金を支払う
  • 方法4:電子マネーで支払う
  • 方法5:ATM経由で現金を振り込む
  • 方法6:ネットバンキングによる口座振込で支払う
  1. Amazonギフトカードチャージタイプの購入画面にアクセス

    まずは、Amazon公式サイトのギフトカード購入ページにアクセスします。上のボタンから直接アクセスできます。

    Amazonギフト券

    購入画面が開いたら、チャージ金額を指定して今すぐ購入ボタンを押しましょう(このボタンを押してもすぐに決済が完了するわけではありません)。100円から50万円までの間で1円単位で自由に金額を指定できます。

  2. 支払い方法を選択して注文を確定する

    Amazonギフト券チャージタイプ

    支払い方法の選択画面が表示されたら、支払い方法を選択して続行をタップしてください。

    スクロール
    注文を確定

    注文確認画面が表示されたら下にスクロールします。前述したAmazonポイント0.5%還元キャンペーンに参加する場合は、クーポンコード「F4CP4Y5GRTY7」を入力して適用を押してください。

    最後に、注文を確定するボタンをタップすればOKです。

  3. ギフトカード残高がチャージされているか確認する

    ギフトカードの残高
    ギフトカードの残高

    残高のチャージが完了し次第、メールが届きます。

    メールに記載されている[ギフトカード残高をチェック]ボタンをタップして、自身のアカウントに残高が追加されているか確認しましょう。

方法2:Amazonに登録しているクレジットカード/デビットカードを使う

クレジットカード イメージ

Amazonに登録しているクレジットカードで決済することも可能です。利用できるクレジットカードは以下の通り。日本国内で一般的に扱われているブランドのほとんどに対応しています。

  • American Express
  • Mastercard
  • Visa
  • Diners Club
  • JCB
  • 銀聯

ただし、クレジットカードの単体決済ではAmazon側からの特典は何も付与されません。

クレジットカードでAmazonギフトカード残高にチャージしてからAmazon Payで買い物をすれば通常会員は0.5%、プライム会員は1%還元を得られます。せっかくAmazon Payを利用するなら、少しでもお得な支払い方法(Amazonギフトカード)を選ぶのが賢明でしょう。

  1. 支払い方法の追加画面を開く

    人形アイコン
    すべてを表示

    Amazonのサイトにアクセスし、トップ画面右上の人型アイコンをタップ。「アカウントサービス」の横にあるすべてを表示ボタンを押しましょう。

    支払い方法
    支払い方法

    お客様の支払い方法に進んだら、お支払い方法を追加ボタンを押してください。

  2. クレジットカード/デビットカードの情報を登録する

    クレジットカード
    クレジットカード

    クレジットカードまたはデビットカードを追加をタップして、16桁のカード番号、セキュリティコード、有効期限といった情報を入力しましょう。

    請求先住所の指定
    保存

    クレジットカードの請求先住所を指定したら、保存ボタンをタップ。これでAmazonの支払い方法にクレジットカードを追加できました。

方法3:ペイディ(後払い)を利用する

Amazon あと払い
Image

買い物ごとの利用代金を翌月にまとめて支払える、あと払いの決済サービス「ペイディ」を利用することも可能です。

現在、Amazon Payでペイディを利用すると300円分のAmazonギフトカードがもらえるキャンペーンが開催中(2022年11月30日まで)。ペイディを利用予定の人は、以下のボタンからエントリーしてキャンペーンを活用してください。

ペイディ

ペイディは利用金額を後日まとめて精算するあと払いのサービスです。利用金額は翌月1日〜10日にまとめて精算します。

たとえば、9月10日に5000円のバッグを購入、9月20日に2000円の洋服を購入、9月28日に3000円の帽子を購入した場合、購入総額の1万円を10月1日〜から10日間の好きなタイミングで支払うイメージです。

ペイディの精算方法
  概要 手数料 精算期間
コンビニ支払い コンビニのレジで現金を支払う 356円(税込) 毎月1日〜10日の間
銀行振込 メールで届く請求書に記載されている口座に振り込む 銀行により異なる(多くは数百円程度) 毎月1日〜10日の間
口座振替 登録した銀行口座から自動で引き落とされる 無料 毎月12日

ペイディの利用料金は、「コンビニ支払い」「銀行振込」「口座振替」のいずれかの方法で精算します。口座振替なら手数料が発生しないので、手数料無料で利用したい場合は買い物をする前に振り替え用の口座設定をしておくのがおすすめです。

ペイディの詳しい使い方やAmazonとの連携方法などは、以下の記事を参照してください。

EDITED BY
MOEGI