LINEのグループを完全に削除する方法──退会する順番との関係

2019-05-23 18:59
記事タイトルとURLをコピーする

LINEのグループを完全に削除する方法──退会する順番との関係

LINEの「グループ」には、グループそのものを削除したり、解散したりする機能は備わっていません。個人的に退会(退出)する、あるいは自分のトークリストから非表示/削除することはできますが、それだけでは他のメンバーは引き続きグループトークを使えてしまいます。

実は2種類、LINEのグループの作り方──複数人トークとの違いも解説【iPhone/Android/PC対応】

必要なくなったLINEグループを完全に削除したい、これ以上使えないようにしたい場合には、メンバーを全員退会させてから自分も退会するという方法をとります。今回はその「完全な削除」の手順から、削除後に及ぶ影響までをまとめました。

LINEで友達を「削除」するとどうなるか──相手への通知の有無、復活させる方法、友だちリストやタイムラインの変化などを徹底解説

グループを完全に削除するための正しい手順

グループを完全に削除するためには、グループに参加しているメンバーを全員退会させた上で、最後に自分が退会(退出)する必要があります。また、グループに招待中の友だちがいる場合、招待をキャンセルしておきます。

1. グループメンバーを全員退会させる

削除したいグループのポップアップメンバー一覧 編集

グループメンバーを退会させるには、友達リストから削除したいグループのポップアップを開き、メンバーの横の数字(メンバー数)をタップします。

するとグループメンバーの一覧が開きます。ここで、右上の[編集](Android版ではメニューボタン[]→[編集])をタップします。

メンバー一覧 ーボタンメンバー 削除

左側の[-]ボタンをタップしてから[削除](Android版ではそのまま[削除])ボタンをタップすると、確認画面が表示されます。

[削除](Android版では[はい])を選択すれば、そのメンバーを退会させることができます。

退会させた側のトーク画面退会させられた側のトーク画面

左:退会させた側のトーク画面右:退会させられた側のトーク画面(退会後のやり取りを見ることはできない)

メンバーを退会させると、「○○が××を退会させました」という通知がトーク上に表示されます。つまり、誰が誰を退会させたのか、グループのメンバー全員に伝わることになります。

当然、退会させられた側にも表示されますから、あらかじめグループを解散するための退会という旨を伝えておいたほうが無難でしょう。

2. グループへの招待はキャンセルする

削除したいグループに招待中の友達がいたら、招待をキャンセルする必要があります。メンバーを退会させる時と同様、グループメンバーの一覧画面からキャンセルできます。

編集 ーボタン 削除確認画面 削除

右上の[編集]をタップしてから、名前の左側に出てくる[-]ボタン→[削除]の順でタップ(Android版ではそのまま[削除]をタップ)。

確認画面が表示されるので[削除](Android版では[はい])を選択すれば、招待のキャンセル完了です。

○○が××の招待をキャンセルしました 通知

招待をキャンセルすると、「○○が××の招待をキャンセルしました」と通知されます。

メンバーを退会させたり招待をキャンセルしたりする操作は、グループ作成者や招待した人に限らず誰でもおこなえます。つまり、この方法でのグループ削除はメンバーなら誰でもできるのです。

3. 最後に自分がグループを退会する

メンバーを全員退会させ、招待もキャンセルしたら、最後に自分も退会します。

トークルーム 右上 メニューメニュー 設定

トークルームの右上の[V]をタップしてメニューを開き、[設定]をタップします。

設定 グループを退会確認画面 退会

[グループを退会]をタップ。確認画面が表示されるので、[退会](Android版では[はい])を選択すれば退会できます。

グループのポップアップ 設定グループ長押し 退会

左:グループのポップアップ画面→設定ボタン[]から退会する右:グループ名を長押しして出てくるメニューから退会する

あるいは、友だちリストからグループのポップアップを開き、設定ボタン[]→[グループを退会]をタップして退会することもできます。

また、同じように友だちリストから該当のグループを長押し(iPhone/Android共通)して、[退会]を選択しても結構です。

これで、当該グループにはメンバーが1人もおらず、誰も参加していない状態になりました。このグループはこれ以上使えなくなったので、完全に削除されたというわけです。

グループ削除後は自分や相手にどう見えるか

グループ削除といっても、あくまでもメンバーが全員退会することによってグループの機能を使えないようにしているだけなので、削除後の影響も退会した/させられた場合と同じです。削除後にトークリストに残ったグループトークの履歴には、どのような影響が及ぶのかまとめました。

元メンバー視点(退会させられた側)

退会させられた元メンバー側 トーク画面

退会させられた元メンバー側では友だちリストからグループが消えますが、トークリストに残った履歴から、自分が退会になるまでのトーク内容を見ることができます。もちろんメッセージは送れません。

グループ名には「メンバーなし」、メッセージ入力欄には「トーク相手がいません」と表示されます。

退会後 トーク履歴 ボタン グレーダウン

また、トーク履歴からノートやアルバムを見ようとすると、ボタンがグレーダウンしてタップしても開けないようになっています。

残しておきたい写真などがあれば、事前に保存しておきましょう。反対に、グループを削除する人は、それくらいの時間的猶予をメンバーに与える気遣いが必要かもしれません。

グループを削除したユーザー視点(自分)

自らグループを退会した場合、友だちリストやトーク画面にグループ名自体が表示されなくなり、ノートやアルバムだけでなく、トーク履歴も閲覧できなくなります。

トーク履歴をフルバックアップしても、グループ自体が削除されてしまうと復元できないため、取っておきたいトークは事前にスクリーンショットやテキストデータなどで保存し、写真はアルバムなどからダウンロードしておくようにしましょう。

検証したLINEのバージョン:iOS版9.7.0、Android版9.7.6

EDITED BY SORA