Amazonで商品を返品する方法──申請・梱包のやり方、返金額や送料など詳しく解説

Amazonで商品を返品する方法──申請・梱包のやり方、返金額や送料など詳しく解説

Amazon(アマゾン)を利用していると、時には違うものが入っていたり、故障や不具合があったりといった理由で、返品や返金を考えることもあるでしょう。いざ返品するとなると「難しそう」「なんだか面倒そう」と躊躇してしまうものの、実はAmazon.co.jp発送の商品は簡単に返品・交換できます。

また、届いた商品に不備がないと返品ができないと思われがちですが、「間違って注文してしまった」「モデルが違った」「購入したけれどやっぱりいらなかった」などという理由でも返品を受け付けてくれます。

今回は、実際にアマゾンで購入した商品を返品する手順を詳しく紹介します。返品できる条件や送料などの気になる点も詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

Amazonで購入した商品の返品・交換の条件をチェック

まずは、Amazonで返品・交換できる商品の条件を解説します。項目ごとに自身の商品が当てはまるかどうか、チェックしていきましょう。

Amazon.co.jpが発送する商品であること

まず、本記事で紹介する返品・交換できるAmazonの商品とは、厳密にはAmazon.co.jp発送の商品を指します。

というのも、Amazonのサイト上には、Amazon.co.jpが販売する商品と、Amazonマーケットプレイスの出品者が販売する商品があります。両者は配送料や利用可能な支払い方法、商品の状態(新品、中古等)などが異なるので、返品・交換の条件や手順なども違う可能性があるのです。

以下の手順を参考に、返品したい商品のページから発送元を特定しましょう。

「Amazon.co.jp」が販売する商品の場合

Amazon.co.jpが販売する商品

原則、「在庫状況」の下に「この商品は、Amazon.co.jpが販売、発送します。」と表示される商品は、Amazon.co.jpが販売する商品です。

また、Amazonマーケットプレイスの出品者が発送する商品でも、以下に該当する場合は本記事で紹介する条件や手順で返品手続きが可能とされています。

Amazon.co.jp発送の商品と同様の返品手順を踏むケース
  • Amazonマーケットプレイスの出品者が発送する、Amazonプライム配送特典の対象商品
  • Amazonマーケットプレイスの出品者が販売しAmazon.co.jp が発送する商品(※ただし返金のみで交換は受け付けない)

Amazonマーケットプレイスの出品者が販売する商品の場合

マーケットプレイスの商品

Amazonマーケットプレイスの出品者が販売する商品、かつAmazonプライムの対象外

「在庫状況」の下に、「この商品は、○○(出品者名)が販売、発送します。」もしくは「出品者からお求めいただけます。」の表示がある商品は、Amazonマーケットプレイスの出品者が販売する商品です。

出品者の多くはAmazon.co.jp発送のケースと同等の返品・交換の条件を設定していますが、一部の出品者は独自の返品・交換の条件を設定しています。商品ページで出品者名をタップし、[返品・保証・払い戻し]を確認の上、返品手続きをおこなってください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazonマーケットプレイス商品の返品について

返品理由がトラブルや不具合によるものか、また購入者の都合によるものか

注文した商品と違う商品が届くなどのトラブルや、商品の故障や破損などの不具合などがあった場合は、無条件で商品代金(税込)や配送料、手数料、ギフトラッピング料を全額返金、または同一商品と交換してもらえます。

返品理由

一方、「間違って注文してしまった」「モデルが違った」「購入したけれどやっぱりいらなかった」など、購入者都合の理由による返品も可能です。

しかし以下で紹介するように、購入者都合の返品では、開封状況によって返金額が減額されたり、返品の送料を購入者が負担しなければならなかったりと、条件面が厳しく設定されているので注意が必要です。

商品が到着後30日以内であること(30日を過ぎると返金額が20%減額)

続いて重要になるのが、商品が到着してからの経過日数。到着後、30日以内に返品・交換を完了させなかった場合、返金額が20%減額されてしまいます。

なお、30日以内に返品手続きの申請をしなければ、商品の返品自体がおこなえなくなるので注意しましょう。

Amazon 返品期日 Amazon 返品期日

返品期日は、Amazon.co.jpサイトやアプリの「購入履歴」からかんたんに確認できます。

メニューボタン[]から[注文履歴]に進み、返品したい商品をタップします。ここで「商品の返品」の項目にある日付が返品期限です。

Amazonが定める「返品・交換ができない品」に該当していないこと

Amazonではほとんどの場合で返品・交換を受け付けてもらえますが、例外として返品・交換ができない商品が定められています。返品する前に、該当しないかを確認しておきましょう。

以下に挙げているのは、Amazon.co.jpのヘルプ購入者都合の返品・交換がおこなえないと案内されている主な商品です。

購入者都合の返品・交換ができない品の一例
  • 使用済みまたは開封済みの消耗品
  • 植物
  • 雑誌
  • ペット用品
  • ドラッグストア・ビューティー
  • 食品・飲料・お酒
  • 材木、大型の木製建築資材、発動機付き商品などのDIY・工具用品
  • Amazonパントリーの購入品
  • 30万円(税込)以上の開封済み商品

また、チケットやアマゾンギフト券などは、理由にかかわらずの返品・交換がおこなえないと案内されています。

理由に関わらず返品・交換がおこない品の一例
  • 金庫
  • アマゾンギフト券
  • イベントチケット、サービスチケット、プリペイドカードその他プリペイド式商品

購入者の都合で返品する場合は未使用かつ未開封であること(開封済なら返金額が50%減額)

パッケージの開封イメージ

購入者の都合で返品する場合、未使用かつ未開封なら商品代金(税込)を全額返金されますが、開封済なら返金額が50%減額されてしまいます。

以下で挙げているように、商品タグを外す、あるいは部品のビニール包装を開封する、といった程度でも開封済みとみなされてしまうので注意が必要です。

開封済みに該当するケース
  • メーカー既成の梱包を開封してある、または破損している
  • 商品を意図的に破損させるような再梱包がしてある
  • 商品タグが外されている
  • 部品のビニール包装が開封されている
  • ケーブルを固定するワイヤーなどが外されている
  • その他、商品自体に使用された形跡がある

ただし、服やファッション小物、シューズ、バッグ、30万円(税込)未満の腕時計やジュエリーなどは、試着後の返品が可能です。

試着をしてサイズが合わなかったり、色やデザインがイメージしていたものと違っている場合には、配送料・手数料などを除いた商品代金の返金、もしくは別のサイズのものと交換ができます(タグが外れていなかった場合)。

Amazonで購入した商品を返品する手順

ここからは、実際の返品手順について解説します。本記事では、不具合品の返品をおこないますが、購入者の都合で返品する場合も手順は同様です。

1注文履歴から返品手続きをおこなう

注文履歴から返品手続きをおこなう 注文履歴から返品手続きをおこなう

Amazonアプリ、またはAmazon.co.jpのブラウザのトップ画面から[注文履歴]をタップし、返品したい商品を選びます。該当の商品情報ページに移動したら、[商品の返品]を押してください。

注文履歴から返品手続きをおこなう

続いて、返品の理由を選択します。該当するものがない場合も近いものを選択してください。

返品後の対応を選択する 注文履歴から返品手続きをおこなう

返品後の対応を「交換」か「返金」か選び、[次に進む]をタップすると最後に確認画面が表示されます。チェックしながら下にスクロールし、[返送手続きを開始]をタップ。これで返品申請は完了です。

出品者に通知が送信され、出品者からEメールで返品方法が送られてきます。このメールが届き次第、案内に沿って返品手続きを進めていきましょう。

2返品に必要な情報を用意する

出品者からメールが届いたら、確認して返送手続きを始めます。

返品のメール

メールを開くと、すぐに表示される[返品ラベルと手順を印刷する]の項目をタップしてください。

返品用ラベル

すると、返送手順と返品用ラベルが表示されます。自宅や職場などのプリンターを利用できる場合、ラベル内に記載されている赤枠のバーコードと返品受付IDを印刷してください(ページ全体を印刷すればOK)。

印刷環境がない人は、上記の返品受付IDとバーコードに代わる情報として、以下のいずれかのものを用意しましょう。

「sp」で始まる番号が付いているバーコード

「sp」で始まる番号が付いているバーコード

「sp」で始まる番号が付いているバーコード

「sp」で始まる番号が付いているバーコードが梱包資材に貼られている場合、剥がさずその箱で返送してください。

返品受付IDを記載したメモ

返品受付IDを記載したメモ

前述した[返品ラベルと手順を印刷する]をタップして表示されるバーコードの下の数字「返品受付ID」をメモしましょう。

バーコードやお問い合わせ伝票番号が印刷された送り状ラベル、または納品書

梱包に貼られている、バーコードやお問い合わせ伝票番号が印刷された送り状ラベル、または納品書などでも代用できます。

3返品商品と「ステップ2」で用意した情報を一緒に梱包する

梱包イメージ

ステップ2で用意した情報のいずれかを、商品と一緒に梱包します。

梱包するときには、なるべく商品が届いた時と同じ状態に梱包するようにしましょう。商品がビニール袋に入っていた場合には、ビニール袋に入れ、タグや説明書なども一緒に梱包してください。

4集荷サービスや配送業者の宅配便で返送する

梱包が完了したら、集荷サービスや配送業者の宅配便で返送します。なお、返送先住所への持ち込みによる返品はできません。

購入者の都合で返品する際の送料は、原則として購入者が負担

「間違って注文してしまった」「モデルが違った」など購入者の都合で返品する際の送料は、原則として購入者が負担することになります。

Amazonに問い合わせたところ、基本的に返送料は一律で500円とのことでした。元払いで500円を支払うか、着払いで発送して返金額から500円が差し引かれるか、のどちらかになるようです。

返送料については、返品する商品の数量や大きさ、発送元の地域などによって異なることが考えられるため、心配であれば事前にAmazonに確認するのがいいでしょう。なお、トラブルや不具合による返品の場合は、着払いで発送すれば送料等はかかりません。

日本郵便の集荷サービスを利用して返送する場合

下記サイトまたは電話0120-275-333(スマホ・携帯からは06-7167-5984)で申し込んで集荷に来てもらいます。電話受付の対応時間は8時から18時までです。

配送業者の宅配便を利用して返送する場合

配送業者の宅配便を利用して返送する場合、着払いでの返送には、日本郵便 (ゆうパックのみ)、ヤマト運輸、佐川急便のいずれかが利用できます。それ以外の配送業者から着払いで返送された場合は受け取られず、逆に購入者に着払いで返送されてしまうので注意してください。

返品用ラベル

配送業者の送り状の「お届け先」欄に返品用ラベルに記載してある返送先住所を記入して返送してください(住所は返品商品ごとに異なる)。なお、届け先の電話番号の記入は不要です。

5返金・交換が実施される

返送した商品がAmazon側で受領され次第、商品の交換や返金の処理が開始されます。

申請時に「返金」を選択した場合

返送した商品がAmazon側で受領され次第、返金処理が開始されます。

Amazon 返金開始

返品後は、Amazonアプリ、またはAmazon.co.jpのブラウザのトップ画面から[注文履歴]をタップして返品手続きの状況をチェックしましょう。返品理由や商品の状態に問題がなければ、上の画像のように「返品完了」と記載されているはずです。

ただ、前述したように商品の返品理由(購入者都合か不具合か)や、返品・交換までの期間、開封済か否かなどによっては、商品代金全額の返金がされない場合もあります。

返金の方法やかかる日数は、注文時に使用した支払い方法によって以下の通り異なります。確認しておきましょう。

返金手段と日数
返金までの日数 返金の方法
クレジットカード 返送品を受領後、1〜3日程度 Amazonギフト券での返金、または購入時と同じクレジットカードへの返金
代金引換 返送品を受領後、1〜3週間程度 Amazonギフト券
コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い 返送品を受領後、1〜3日程度 Amazonギフト券
携帯決済 返送品を受領後、1〜3日程度 Amazonギフト券、または携帯決済サービス事業者経由での返金
Paidy翌月払い
返送品を受領後、1〜3日程度 Paidy経由での返金
Amazonギフト券 返送品を受領後、1〜2日程度 Amazonギフト券残高に戻る
Amazonポイント 返送品を受領後、1〜3日程度 Amazonポイント残高に戻る
パートナーポイントプログラム 返送品を受領後、3〜5日程度 Oki Doki ポイント (JCB) の残高に戻る

申請時に「交換」を選択した場合

トラブルや不具合のある商品の返品で、かつ申請時に「交換」を選択した場合は、同じ商品が届きます(返品可能な商品だった場合)。

購入者都合の返品で、異なる色やサイズの「別商品との交換」を選択した場合は、選択した商品が届くはずです。なお、交換商品が返品商品よりも高い場合は、超過分が請求され、交換商品が返品商品よりも安い場合は、差額が返金されます。

アプリ「Amazon ショッピングアプリ」をダウンロード
Amazon ショッピングアプリ
EDITED BY MOEGI