「PayPayボーナス」とは? ややこしいPayPay残高「ボーナスライト」「マネー」「マネーライト」との違いを整理して解説

「PayPayボーナス」とは? ややこしいPayPay残高「ボーナスライト」「マネー」「マネーライト」との違いを整理して解説

PayPay(ペイペイ)にチャージしたり買い物時に支払ったりする際、PayPay残高が増減しますが、ひとくちに「PayPay残高」と言っても実は4種類に分かれています。

PayPay残高には「PayPayボーナスライト」「PayPayボーナス」「PayPayマネーライト」「PayPayマネー」があり、名称も似ているため混同してしまう人も多いかもしれません。

本記事では、これら4種類のPayPay残高の違いや、PayPayボーナス・PayPayボーナスライトの使い方をわかりやすく解説します。

PayPay残高には4つの種類がある

PayPay残高の違い

PayPay残高は、現時点で「PayPayボーナスライト」「PayPayボーナス」「PayPayマネーライト」「PayPayマネー」の4種類に分かれています。

4種類のPayPay残高の違い
付与条件 支払い時の優先順位 有効期限 送金・割り勘 出金
PayPayボーナスライト ヤフー関連サービスの利用特典として付与 1番目 付与日から60日間 × ×
PayPayボーナス 基本還元やキャンペーン、特典などで付与 2番目 無制限 × ×
PayPayマネーライト 銀行口座などからのチャージ 3番目 無制限 ×
PayPayマネー 本人確認・銀行口座などからのチャージ 4番目 無制限

上表でまとめたように、利用できる用途や付与条件、有効期限、支払い時の優先順位などもそれぞれ異なります。

以下、それぞれの特徴を解説していきます。

【PayPayボーナスライト】ヤフー関連サービスの利用特典として付与される残高

PayPayボーナスライトの特徴
  • ヤフー関連サービスの利用特典として付与される残高
  • 有効期限は付与日から60日間
  • 支払い時は最も優先的に使用される
  • 送金、割り勘、出金は不可

PayPayボーナスライトは、主にヤフオク!やYahoo!ショッピング、PayPayフリマ、PayPayモールなどのヤフー関連サービスによる利用特典として付与される残高です(キャンペーンなどヤフー関連サービス以外で付与されることもあります)。送金、割り勘、出金に利用することはできません。

その他の残高は有効期限が無制限であるのに対し、PayPayボーナスライトのみ付与日から60日間の有効期限が設けられています。そのため、支払いの際は他のPayPay残高よりもPayPayボーナスライトが最も優先的に使われる仕様となっています(優先順位の変更は不可)。

これまで、ヤフオクやYahoo!ショッピング、LOHACOなどのヤフー関連サービスでは「期間固定Tポイント」が支払い金額に応じて付与されていました。2019年8月以降、付与特典は期間固定TポイントからPayPayボーナスライトに変更されています。

【PayPayボーナス】キャンペーンや特典で付与される残高

PayPayボーナスの特徴
  • 基本還元やキャンペーン、特典などで付与される残高
  • 有効期限は無制限
  • 送金、割り勘、出金は不可

PayPayボーナスは、PayPayで決済すると特典として付与される有効期限のない残高です。送金、割り勘、出金に利用することはできません。

PayPayの基本還元率は1.5%です。PayPay残高で支払った場合、決済金額の1.5%分にあたるPayPayボーナスが付与されます。PayPayボーナスの付与時期は、決済日の30日後です。

なお、PayPayが定期的に実施しているキャンペーンの対象になると、基本還元率の1.5%分に加えてより多くのPayPayボーナスを獲得することもできます。

【PayPayマネーライト】銀行口座などからチャージした残高

PayPayマネーライトの特徴
  • 銀行口座などからチャージした場合の残高
  • 有効期限は無制限
  • 送金は割り勘は可能、出金は不可

本人確認未完了のユーザーが、銀行口座やセブン銀行ATM、ヤフオク!・PayPayフリマの売上金からチャージすると、PayPayマネーライトとしてPayPay残高に追加されます。送金や割り勘は可能ですが、出金することはできません。

PayPayマネーとPayPayマネーライト

本人確認が完了しているユーザーが銀行口座、セブン銀行ATM、ヤフオク!やPayPayフリマの売上金からチャージすると、出金可能な「PayPayマネー」としてチャージされます。

なお、本人確認が完了している状態でも、Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)または「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」を利用してチャージした場合、PayPayマネーライトとしてチャージされます。

【PayPayマネー】出金可能な残高

PayPayマネーの特徴
  • PayPay残高のうち唯一、出金可能な残高
  • 本人確認手続きが完了したユーザーが銀行口座などからチャージした場合の残高
  • 有効期限は無制限
  • 送金、割り勘、出金いずれも可能

PayPayマネーは、2019年9月30日に追加された出金可能な残高です。本人確認手続きを完了したユーザーが銀行口座、セブン銀行ATM、ヤフオク!・PayPayフリマの売上金からチャージすると、PayPayマネーとしてチャージされます。

あくまでも出金できるのはPayPayマネーのみで、決済やキャンペーンの特典として付与されるPayPayボーナスライトやPayPayボーナス、本人確認未完了のPayPayマネーライトは出金できません。

出金は100円から可能。手数料は、ジャパンネット銀行に出金する場合は無料で、その他の金融機関に出金する場合は100円かかります。

なお、本人確認手続きが完了したユーザーがヤフーカードやソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いによるチャージをおこなった場合、PayPayマネーライトとしてチャージされ、出金はできません。

PayPayボーナス・PayPayボーナスライトの使い方は?

PayPayボーナスやPayPayボーナスライトが付与された際、「付与されたPayPayボーナスはどうやって使うのか」「PayPayボーナスライトの使い方は?」と困惑してしまう人が多いようです。

まずPayPayボーナスおよびPayPayボーナスライトの使い道は、実店舗またはオンラインショップなどで決済するしかありません。送金や出金はできないため、決済で使うしかないということです。

次にPayPayボーナス・PayPayボーナスライトの使い方ですが、決済時に「PayPay残高のうちPayPayボーナスだけを使う」「PayPayボーナスライトは貯まっているけど決済時に利用しないようにする」といった設定はできません。

そもそも、4種類あるPayPay残高の利用幅の広さはPayPayマネー>PayPayマネーライト>PayPayボーナス>PayPayボーナスライトの順となっているため、支払い時は利用幅の狭いほうから優先的に使われます。

これは、決済時にPayPayマネーやPayPayマネーライトをPayPayボーナスやPayPayボーナスライトよりも優先して決済に使う理由がないためです。特にPayPayボーナスライトは付与日から60日間の有効期限しかないため、決済時に最優先で使用される仕組みとなっています。

PayPayボーナス・PayPayボーナスライトの確認方法

PayPayボーナス 確認方法 PayPayボーナス 確認方法

PayPayボーナスやPayPayボーナスライトを含むPayPay残高の内訳は、[残高]タブから[>]ボタンをタップすると確認できます。

このうち付与予定のPayPayボーナスは「付与中」として金額が表示されています。ただし、「付与中」の金額は一度にすべてが付与されるわけではなく、あくまでも今後付与されるPayPayボーナスの合計金額です。

EDITED BY AO