【LINE】音声検索・操作の使い方──LINEアプリに話しかけて機能・サービスを呼び出せる

LINEで「音声検索」する方法──できない場合の対処法も解説【iPhone/Android】

LINEアプリ(iOS/Android)がAIアシスタント「Clova」を活用した音声検索・操作に対応しました。スマホに話しかけるだけで、LINEの各種機能を起動したり、ニュースを検索したりできます。気になる楽曲を調べることも可能です。

本記事では、LINE(ライン)の音声検索・操作を利用する方法や、使えない場合の対処法などについて解説します。

LINEの「音声検索」「音声操作」でできることは?

LINE 音声検索・音声操作とは

LINEの音声検索・操作は、LINEが提供するAIアシスタント「Clova(クローバ)」を活用した技術です。スマホに話しかけることで、LINEの一部機能の起動、天気・ニュースの検索などが可能です。

音声検索・操作で利用できる主な項目は以下の通り。たとえば自分のプロフィールを開く場合、「プロフィール」「プロフィールを開いて」「プロフィールを起動」などと話しかけてみましょう。

ニュース・天気検索
  • 今日の天気は?
  • ○○のニュースを教えて など
映画・テレビ番組・人物名検索
  • 「○○(映画名)」の映画館を教えて
  • 「○○(映画名)」のあらすじは?
  • おすすめの映画を教えて
  • 「○○(番組名)」の放送時間は?
  • 「○○(番組名)」はいつ放送された?
  • 「○○(人物名)」の誕生日は?
  • 「○○(人物名)」の出身は? など
LINE機能の起動
  • プロフィール
  • QRコードの表示
  • LINE Keep
  • オープンチャット
  • タイムライン
  • LINEスタンプ など
ファミリーサービス
  • LINE NEWS
  • LINE Pay
  • LINEマイカード
  • LINEカーナビ
  • LINE MUSIC
  • LINEゲーム など

上記以外にもさまざまな検索・操作が可能なので、いろいろ試してみましょう。なお、「○○(友だち)にメッセージを送って」と友だちを指定してトークを起動することはできないようです。

LINEの音声検索・音声操作を利用するには

LINE音声検索・音声操作を利用する方法

音声検索を利用した場合

LINEの音声検索・音声操作を利用するには、設定から試験機能「LINE Labs」を有効にしたうえで、表示されるマイクボタンから呼びかけます。

まずは「LINE Labs」の設定を確認

LINE Labsとは、LINEの最新機能を正式リリース前に試せるサービスです。つまりこの音声検索・操作の新機能は、実験的に提供されているものとなります(2020年4月時点)。

LINE音声検索・音声操作 LINE Labs設定 LINE音声検索・音声操作 LINE Labs設定

設定メニューから[LINE Labs]をタップ

LINE Labsの設定を確認するには、まず「ホーム」タブの設定ボタン[]から[LINE Labs]をタップします。

LINE音声検索・音声操作 LINE Labs設定

「LINE Labs」の設定画面で[音声検索・操作]をオンに

ここで[音声検索・操作]をオンにすれば、設定は完了です。規約を確認して同意すると、音声検索・音声操作を利用できるようになります。

LINEで音声検索・音声操作する方法

LINE音声検索・音声操作を利用する方法

LINE Labsで[音声検索・操作]を有効にすると、「ホーム」「トーク」「ニュース」タブの検索窓に新たにマイクボタンが出現します。このマイクボタンをタップすると、音声検索・音声操作を利用できるようになります。

LINE音声検索・音声操作を利用する方法

「お話しください」と表示されたら話しかけてみましょう

マイクボタンをタップすると「お話しください」というメッセージが表示されるので、あとはスマホに向かって話しかけるだけです。

現状「OK Google(オーケーグーグル)」「Alexa(アレクサ)」のように最初に呼びかけるウェイクワードはなく、アシスタントの起動にはマイクボタンをタップするしかないようです(「クローバ」と話しかけても反応せず)。

LINE音声検索・音声操作を利用する方法 LINE音声検索・音声操作を利用する方法

「今日の天気は」と音声検索した場合

たとえば、「今日の天気は?」などと音声検索を利用すると、アシスタントが反応してLINE検索の結果画面が表示されます。

LINE音声検索・音声操作を利用する方法 LINE音声検索・音声操作を利用する方法

「LINE Payで支払う」「プロフィールを開いて」といった音声操作も可能

「LINE Payで支払う」「プロフィールを開いて」といった音声操作の場合、その機能を起動したり当該画面が開いたりします。

多機能化しているLINEで、使いたい画面が下層にある場合には役立ちそうです。

音声検索で楽曲検索もできる

LINEの音声検索では、「この曲のタイトル、何だっけ?」というときにLINEに向けて楽曲を再生して情報を調べることが可能です。

LINE音声検索・音声操作 楽曲検索 LINE音声検索・音声操作 楽曲検索

音符マークをタップすると楽曲検索が可能

楽曲検索を利用するには、まず「ホーム」「トーク」「ニュース」のいずれかのタブでマイクボタンをタップし、左上の音符マークをタップします。

「楽曲を聴かせてください」という緑色の画面に切り替わるので、再生した楽曲を聴かせましょう。

LINE音声検索・音声操作 楽曲検索 LINE音声検索・音声操作 楽曲検索

楽曲検索した際の検索結果

「楽曲が見つかりました」というメッセージが出たのち、再生した楽曲のタイトル名などの情報が表示されます。

なお、検索するには実際の楽曲を聴かせるしかなく、楽曲のメロディを口ずさんで検索する鼻歌検索には対応していないようです。

音声検索・操作できない場合に考えられる要因

LINEで音声検索・操作が利用できない場合に考えられる原因と対処法をいくつか挙げてみました。

LINE Labsの設定が有効になっていない

LINEによる音声検索・操作は正式な機能ではなく、LINE Labsにおいて試験的に提供されているものです(2020年4月時点)。そのため、LINE Labsのメニューで音声検索・音声操作の設定が有効になっていないと利用できません(設定方法は前述)。

LINEのバージョンをアップデートしていない

LINEでの音声検索・音声操作を利用するには、LINEアプリがiOS版バージョン10.5.0以上、Android版バージョン10.5.2以上である必要があります。

もし上記のバージョン以下であれば、LINEアプリをアップデートしておきましょう。

LINEアプリのバージョンを確認する方法【iPhone/Android/PC】
LINEアプリをアップデートする方法【iPhone/Android】

マイクのアクセス・権限を許可していない

LINE音声検索・音声操作 マイクのアクセス・権限許可 LINE音声検索・音声操作 マイクのアクセス・権限許可

左:iPhoneの場合右:Androidスマホの場合(画面はPixel 3)

LINEの音声検索・操作は、スマホのマイクのアクセス・権限を許可していなければ利用できません。

LINE音声検索・音声操作 マイクのアクセス・権限許可 LINE音声検索・音声操作 マイクのアクセス・権限許可

左:iPhoneの場合右:Androidスマホの場合(画面はPixel 3)

もしマイクのアクセス・権限をLINEに許可していない場合は、端末の設定から許可してください。

検証したLINEのバージョン:iOS版10.5.0、Android版10.5.2

EDITED BY AO