iPhoneストレージ容量の選び方 おすすめ容量は何GBモデル?【2022年最新版】

iPhone 14シリーズが新登場、64GBから1TBまで最適かつお買い得な容量を解説

新しいiPhone 14シリーズが登場しましたが、一部の旧モデルも継続して販売されています。現在AppleStoreで購入できるのは、iPhone 14、iPhone 14 Pro、iPhone 13、iPhone 12、iPhone SEの5シリーズです。さらに、miniやMaxなどのモデルを合計すると全8機種が購入できます。これは前シーズンと同じです。

iPhone 14ではminiがなくなり、iPhone 14 Plusという大画面モデルが登場しました。コンパクトなモデルが欲しい人は、継続して販売されているiPhone 13 miniを選ぶ手があります。

どのiPhoneを選ぶかに加えて、購入する時に悩むのがストレージの容量です。ストレージと容量は同じ意味で、データを端末内に保存できる量を示しています。音楽や写真、動画、アプリなどを保存するごとに、ストレージの空き容量は減っていきます。容量が不足すれば、新たに写真を撮ることすらできなくなってしまうのです。

iPhoneの空き容量を確保するために、大事な写真や動画を削除するのはとても残念です。とはいえ、あまりに大容量なモデルを買うのも無駄な費用がかかってしまいます。しかも、Googleフォトの無料での無制限利用が撤廃され、少ない容量でも工夫してたくさんの写真を保存しづらくなりました。

そこで本記事では、iPhoneの最適かつお買い得なストレージ容量の選び方を紹介します。今シーズンは64GB、128GB、256GB、512GB、1TBの5種類から選択できます。

結論:128GBか256GBがおすすめ

長いテキストを読むのが面倒な人のためにいきなり結論から述べてしまうと、以下のとおりです。

  • 64GBは敬遠すべき
  • 128GBか256GBがおすすめ
  • iPhone 14はそもそも10万円を超えるので、128GBのモデルに1万5000円足して256GBを手に入れるのも妥当
  • 写真・動画をたくさん撮るなら512GBや1TBも視野に

各ストアでiPhoneを確認する

以降では、各モデルどのような使い方をするかに応じて、おすすめのストレージ容量を解説しています。じっくり検討したい人は参考にしてください。

まずはiPhone各モデルの大まかな違いをチェック

最初に、iPhoneのモデルごとの基本的な違いをチェックしておくべきでしょう。ストレージ容量の差も重要ですが、それぞれの特徴をわかっていないと失敗になりかねません。

下記の各iPhoneシリーズには、発売された年を記載しています。iPhoneはほぼ毎年、OSのメジャーアップデートがおこなわれます。4〜5年程度は最新OSで利用可能なので、そこを頭に入れておいてください。たとえば2022年に登場した製品は、2026年〜2027年頃まで最新OSが使えると予想できます。

つまり登場時期が古いモデルほど、最新OSで使える期間が短くなります。OSが古くなっても現役モデルとして使えますが、だんだんと新モデルとの差が大きくなります。安価でも発売年が古いモデルは、当然寿命が短いと考えてください。

iPhone 14(2022年秋登場モデル)

iPhone 14

新しく登場したスタンダードモデルです。ディスプレイは6.1インチとなります。

チップはiPhone 13シリーズとほとんど変わらないA15 Bionic(GPUのコアが1つ増えたのみ)。iPhone 13からの大きな変化はほとんどないモデルです。

ただ、カメラは少し進化しています。新たな高画質化エンジン「Photonic Engine」が採用されて、美しい写真が撮影できるようになりました。また、バッテリー駆動時間が1時間ほど延びて20時間となっています。

iPhone 14 Plus(2022年秋登場モデル)

Image

iPhone 14 Plus

iPhone 14 Plusは、iPhone 14の大画面モデルです。画面サイズは6.7インチとなります。

ディスプレイ以外に内部の構成などに大きな変化はありません。ただ、本体も大きくなっている分、バッテリー容量もiPhone 14に比べて増えており、最大26時間の駆動が可能です。

また、本体の大きさに比して軽いのが特徴で、6.7インチの画面を搭載しながらも本体重量は203gとなっています。

iPhone 14 Pro(2022年秋登場モデル)

iPhone 14 Pro

iPhone 13 Proシリーズの後継として登場したモデルです。画面サイズは6.1インチで、最新チップのA16 Bionicを搭載しています。

最大の見どころはM型と言われたノッチが、楕円形のパンチホール「Dynamic Island」へと変わったことでしょう。また画面輝度も向上し、明るい屋外では最大2000ニトで表示可能に。ディスプレイの常時表示もできるようになっています。

メインカメラが48MPへと進化し、Photonic Engineも搭載しています。前世代モデルから多く進化ポイントがあり、間違いなく今シーズンの目玉機種です。

iPhone 14 Pro Max(2022年秋登場モデル)

iPhone 14 Pro Max

iPhone 14 Proと構成は同じで、画面サイズが6.7インチとなっています。iPhone 14 Proとの違いは、画面サイズやバッテリー駆動時間、本体価格程度なので、好みで選べば良いでしょう。

バッテリー駆動時間は、前世代モデルよりも1時間長い最大29時間となっています。

iPhone SE 第3世代(2022年春登場モデル)

iPhone SE 第3世代

iPhone SE(第2世代)のモデルチェンジ版で、外観は変わりません。チップが一気にA15 Bionicへと性能アップし、5Gにも対応しました。イマドキのiPhoneとして十分な性能を搭載したわけです。さらに、バッテリー駆動時間が延びるなど必要な機能はほぼ網羅しています。

価格は6万2800円からとあまり安く感じませんが、性能を考えると妥当です。カメラはシングルなので、撮影にこだわりのある人にはおすすめしません。また、画面も4.7インチと小さいので、コンパクトなモデルが好きな人にはおすすめです。逆に、広い画面で作業したい人には向きません。

iPhone 8やiPhone SE(第2世代)などを使ってきた人が安心して買い替えるのに向く製品です。

iPhone SE(第3世代)レビュー、抜群の安定感で長く使いたい人にピッタリ

iPhone 13(2021年秋登場モデル)

iPhone 13

2021年秋に発表された6.1インチディスプレイを採用するスタンダードモデルです。

iPhone 12に比べると、カメラの配置が斜めになっているのが外観上の最大の違いです。これは、カメラのセンサーが大きくなっているからです。見た目にもレンズ部分が大きくなっていることがわかります。カメラは明るくなり、手ぶれ補正も進化しているので、より簡単に美しい写真が撮れます。

動画撮影も進化して、シネマティックモードでの撮影が可能。複数の人が映っている際に、顔を認識して自動でフォーカスを合わせてくれます。チップはA15 Bionicを採用しています。

iPhone 13 mini(2021年秋登場モデル)

iPhone 13 mini

5.4インチディスプレイを採用する、コンパクトモデルです。重量も140グラムと軽いので、ポケットにやすやすと収まります。

カメラ機能やチップはiPhone 13と共通なので、小さいけれども機能・性能は文句なしです。iPhone 12 miniではやや不満となっていたバッテリー駆動時間が、2時間ほど延びています。

iPhone 13シリーズをレビュー、進化した点や無印・Proの違いを中心に

iPhone 12(2020年秋登場モデル)

2020年に登場したスタンダードモデルです。5Gに対応しているのが特徴です。ディスプレイは6.1インチの大画面ながら、狭額縁なので持ちやすくなっています。

iPhone 11から進化し、高解像度(2532×1170ドット)の有機ELディスプレイを搭載。CPUはA14 Bionicを採用しています。本体カラーは5色から好みで選べます。

「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」の注目ポイント・違いをレビュー

いまのスマホで使っている容量を調べよう

まず、いま使っているスマホの容量を確認しておきましょう。なお、最適な容量の選び方は後述します。

iPhoneでは、「設定」アプリで[一般]→[iPhoneストレージ]と進んで調べることができます。表示に少し時間がかかることがあるので気をつけてください。

このケースでは、約110GBの容量を消費している

Androidスマートフォンでも、端末の「設定」でデバイスケアのストレージなどから調べられます。

機種によって手順が異なるので、見つからない場合には設定メニューの検索で「ストレージ」で探してみましょう。

Androidスマホは機種などによって確認手順が異なるが、消費している容量は調べられる

現行iPhoneの容量ラインナップと価格(一覧表)

いまAppleストアで購入できるiPhoneの機種を容量別にまとめました(下表)。

全体に容量が増加傾向で、iPhone 11やiPhone 12 miniがラインナップからなくなったこともあって、64GBの選択肢が減っています。全モデルで128GBと256GBが選べるようになったのもポイントで、この2つが一般的には選びやすいモデルと考えてよいでしょう。

iPhone容量ラインナップと価格(税込)
  64GB 128GB 256GB 512GB 1TB
iPhone 14 - 11万9800円 13万4800円 16万4800円 -
iPhone 14 Plus - 13万4800円 14万9800円 17万9800円 -
iPhone 14 Pro - 14万9800円 16万4800円 19万4800円 22万4800円
iPhone 14 Pro Max - 16万4800円 17万9800円 20万9800円 23万9800円
iPhone SE 第3世代

6万2800円

6万9800円 8万4800円 - -
iPhone 13 - 10万7800円 12万2800円 15万2800円 -
iPhone 13 mini - 9万2800円 10万7800円 13万7800円 -
iPhone 12 9万2800円 9万9800円 11万4800円 - -

当然ですが、容量は予算が許すなら多いほうをおすすめします。iPhoneは、microSDカードなどによる容量追加には非対応です。つまり、どうしても容量が足りなくなったら、買い換えるか写真などを削除またはクラウドに退避させるしかありません。容量不足だとアプリのインストールさえできなくなります。

容量はちょうど使い切るのではなく、いま使っているスマホの容量を調べて余裕を持って選ぶのが賢明です。これから2〜3年使うことを考えると、消費量の倍以上のモデルが望ましいでしょう。つまり、いま100GB消費しているなら256GBが推奨です。動画を頻繁に撮る人は、さらに余裕のある512GBも視野に入ってきます。

ポイントは、モデルごとの容量が2倍に増えていることです。64GBと128GBの差は64GBですが、128GBと256GBの差は128GBなのです。つまり、1クラス上げるごとに倍の余裕が生まれるわけです。

なお、表を見てもわかるように128GB以上が主流となっているので、64GBはあまりおすすめしません。下取りでも不利になりそうです。スタンダードな容量は256GBへと移行するでしょう。

容量の価格差
  64GBと128GBの価格差 128GBと256GBの価格差 256GBと512GBの価格差 512GBと1TBの価格差
iPhone 14 - 1万5000円 3万円 -
iPhone 14 Plus - 1万5000円 3万円 -
iPhone 14 Pro - 1万5000円 3万円 3万円
iPhone 14 Pro Max - 1万5000円 3万円 3万円
iPhone SE 第3世代 7000円 1万5000円 - -
iPhone 13 - 1万5000円 3万円 -
iPhone 13 mini - 1万5000円 3万円 -
iPhone 12 7000円 1万5000円 - -

注目したいのは、容量と価格のバランスです。64GBと128GBの価格差は7000円、128GBと256GBの価格差は1万5000円、256GBと512GBの価格差は3万円です。本体価格への追加代金を考えても、256GBが頃合いです。

たとえばiPhone 14 Proは128GBが14万9800円ですが、256GBなら16万4800円なので、「どうせなら256GBにしよう」と思う人が少なくないでしょう。512GBにすると、19万4800円と急に高くなる印象を抱きます。ところが、容量は倍増えているので妥当なのです。

1TBは、512GBから3万円の追加で買えます。容量あたりの価格だけを考えるなら、比較的お得です。動画をたくさん撮るユーザーにはおすすめできます。

各ストアでiPhoneを確認する

最新モデルはビデオで容量を大きく消費する

いま買える最廉価モデルのiPhone SE(第3世代)でも、4Kビデオが撮影できます。家庭用のテレビも4K対応モデルが増え、YouTubeにも4Kでアップできるようになっています。徐々に4Kを使う環境が整ってきているのです。これから、ますます4K動画を撮影する機会が増えることでしょう。

画質は大変美しいのですが、4Kビデオは同じ時間(長さ)の動画を撮影しても2倍以上の容量を消費します。実際に撮影した動画を見ると、最高画質の「4K/60fps」の美しさにはうっとりしますが、容量は撮影時間が1分間で400MB、10分で4GB、100分なら40GBに上ります。64GBのモデルでは、合計30分程度の撮影が限界でしょう。

iPhone 11から、標準や2倍望遠撮影時にフレームの外側の写真を自動保存し、あとで編集に使える機能が搭載されました(ファイルは1カ月で自動削除)。こちらも、容量を消費する一因になるでしょう。なお、フレームの外側を保存するには「高効率」が前提になります。

美しい写真や新機能は魅力的なので、容量を気にせずに使いたいものです。また、新しいアプリは一般に容量が増えがち。「今まで通りにしか使わない」と思っていても、多めの容量を選択したほうが無難です。

「設定」アプリから[カメラ]→[フォーマット]で写真や動画のファイルの種類を選べる

動画や音楽、ゲーム好きならストレージ容量は多めに

iPhoneに保存された音楽や動画にも、たくさんの容量が必要になります。

最近は定額制の音楽配信サービス動画配信サービスが流行していますが、通信量が気になる場合は楽曲や動画をiPhoneにダウンロード保存し、オフライン再生して楽しむこともできます。また、ストリーミングサービス上にはないコンテンツは、iPhoneに保存するしかありません。

音楽は持ち歩く数が多くなると容量の消費が増える

音楽1曲あたりの容量は、実はそれほど大きくありません。マイケル・ジャクソンの『キング・オブ・ポップ』というアルバムの容量は、17曲で144MBでした。曲の長さや圧縮方法で容量は変わりますが、1曲当たり5〜10MB程度と考えてよいでしょう。

ところが、多くの音楽を持ち運ぶと容量がかなり消費されます。100曲で約1GB、1000曲だと10GBになります。アルバム50〜70枚程度で10GBになる可能性が高いのです。

マライア・キャリーの『All I Want For Christmas Is You』という楽曲をApple Musicからダウンロードすると、容量は9.1MBだった

映画・ドラマのダウンロードはHD画質の容量を前提に

購入(ダウンロード)した映画やドラマをいつも持ち歩きたいなら、こちらも容量には注意が必要です。映画の容量もタイトルによって大きく変わりますが、高画質な1080p HD映像だと1タイトルで4GBを超えることは珍しくありません。

いまや、1080p HDの動画が標準的な画質になったと言っても過言ではありません。とりわけ個別に購入する映画は、なるべく良い画質で見たいと思うでしょう。新しいiPhoneを買うなら、1080p HD前提で容量の必要性を考えてください。

映画の容量は、ダウンロード前にiTunesなどで確認できます。たとえば『インターステラー』の容量を調べてみました。1080p HDで7.15GB、SD画質で6.49GBです。映画コンテンツを10本持ち歩きたいなら、50〜70GBの容量は覚悟したいところです。

ストレージの管理の画面では、ダウンロード済みのビデオを管理できる。Apple TV+で『グレイハウンド』という映画をダウンロードすると、1.38GBの容量だった

ゲームは1本あたり5GBを超えるものも

ゲームもiPhoneの容量を食います。1本で5GBを超えるゲームもあるので注意が必要です。とはいえ、一般的には容量の大きなゲームをたくさん利用することは、さほど多くないでしょう。

プレイしなくなったタイトルは、削除していけばストレージ容量を節約できます。もちろん、ゲームが好きで多くのタイトルをインストールしておきたい人は要注意です。

このゲームは、本体とデータを合わせると5.75GBの容量

LINEや地図などのアプリも意外と容量を食う

使い方によっては、さまざまなアプリも容量を多く消費します。おなじみの「LINE」も写真などを多くやりとりすれば、容量を食うのです。このあたりは人によって異なりますが、思ったより大きな容量が必要だと考えたほうが無難です。

また、地図や電子書籍系アプリなども容量を多く消費します。新しく画面が美しいiPhoneでは、今まで使っていなかったアプリを使いたくなることもあります。

あなたが選ぶべき最適なiPhoneの容量は?

ずばり言ってしまうと、64GBは敬遠したほうがよいでしょう。繰り返しになりますが、128GBか256GBをおすすめします。

「写真はほとんど撮らない」「LINEで写真のやりとりもしない」といった人、ほとんど電話とメール、インターネットの閲覧くらいしかしない人なら64GBで妥協できるかもしれませんが、将来の下取りや買い取りでも64GBは不利になる可能性は低くないでしょう。もちろん型落ちや中古などでも、32GB以下のモデルはおすすめしません。

iPhone 13シリーズ以降は、128GB以上しか選択肢はありません。ビデオもさらに美しくなっているので、今後撮影の機会も増えるでしょう。そう考えると256GBもおすすめです。そもそもiPhone 13やiPhone 14シリーズは10万円を超えるモデルですから、128GBのモデルに1万5000円足して256GBを手に入れるのも妥当です。本体価格が高いほど、ストレージの容量を増やしたほうがお得感があります。

Googleフォトを有償で容量を増やすと100GBで2500円、200GBで3800円、2TBで1万3000円します(いずれも年払いの年額)。iCloudも50GBで130円、200GBで400円、2TBで1300円します(いずれも月額)。128GBから1万2000円追加して256GBを手に入れたとしても、3年ほど使えばクラウドストレージに費用を払うのとあまり変わらなくなります。

iPhoneを安心して使うためには、バックアップも大切です。すべてのファイルをバックアップするには、消費容量と同じストレージが要求されます。256GBのモデルを買って200GB使ったなら、パソコンにも200GB近い空き容量がなければなりません。iCloudへのバックアップも、基本的には近い空き容量が必要になります。本体の容量以外にも気をつけるポイントがあるわけです。

各ストアでiPhoneを確認する

なお本記事に関連して、iPhoneストレージ容量の選び方を下記動画でも解説しています。ぜひご覧ください。

構成・文
戸田 覚
編集
アプリオ編集部
EDITED BY
TOKIWA