インスタグラム「IGTV」ってなに? 特徴や使い方をまるっと解説

【インスタグラム】IGTVってなに? 特徴や使い方をまるっと解説

インスタグラムの「IGTV」は、最大10〜60分の動画をフィードやストーリーに投稿できる機能。料理やメイクに関するビデオ、芸能人やアーティストなどの長尺動画をYouTubeのような感覚で投稿・閲覧できます。

本記事では、IGTVとはどんな機能なのか特徴を紹介したうえで、実際にIGTV動画を視聴したり自分で投稿(アップロード)したりする方法について解説します。

インスタグラムの「IGTV」とは?

インスタグラムのフィードに投稿できる動画は、最長1分以内に限られています。そんな中で「もっと長い動画を投稿・視聴したい」というユーザー向けに登場したのが、IGTV(Instagram TV)です。IGTVでは、最大で60分の長尺動画をインスタグラムで投稿・視聴可能になります。

Instagramアカウントを持っていれば誰でも利用可能

IGTVは、すべてのインスタグラムユーザーが利用できる機能で、「Instagram」アプリまたは「IGTV」アプリから簡単にIGTV動画を閲覧・投稿できます。

フォロー・フォロワーはそのまま引き継がれる

利用中のInstagramアプリから投稿するIGTV動画は、そのアカウントに紐づいてフォロー・フォロワーに対して公開されます。

IGTVアプリを利用する場合は、既存のInstagramアカウントと連携することで、そのアカウントに紐付いたフォロー・フォロワー情報も引き継がれます。

投稿内にリンクが貼れる

投稿内にリンクが貼れる 投稿内にリンクが貼れる

インスタグラムでは、フィード投稿やストーリーへのURL(リンク)掲載が原則できません。ところがIGTVであれば、誰でもURL(リンク)を貼りつけることが可能です。自分のサイトや、SNSへの誘導が簡単にできるため、重宝するはずです。

閲覧履歴(足跡)は残らない

インスタグラムのストーリーでは、投稿されて24時間以内は"閲覧履歴"が残る仕様になっています。そのため、投稿主は「誰がストーリーを閲覧したか」を確認することができます。

この点、IGTVには閲覧者リスト機能がついていないため、誰がIGTV動画を見たかどうかがわからなくなっています。

一般ユーザーが投稿できる動画は最大10分

IGTVでは最大60分の動画が投稿できますが、これは芸能人やアーティストなどフォロワー数1万人以上のユーザーに限ります。それに満たないフォロワー数のユーザーは、最大10分間の動画を投稿できます。

通常のフィード投稿では、1つの投稿につき最大1分間までの動画しか選択できませんから、それに比べれば10倍以上の長い動画を1回で投稿できるわけです。

アプリ内では撮影できない

ストーリーやフィード投稿では、Instagramアプリ内から直接動画を撮影することができます。しかし、IGTVではアプリから直接動画を撮影できる機能がないため、端末内に保存されている動画を投稿時にアップロードするという流れになります。

IGTVで動画を視聴する方法

IGTV動画を視聴するには、Instagramアカウントを保有していることが条件になります。その上で、Instagramアプリ上で視聴する、もしくはIGTVアプリをインストールして視聴します。

どちらを使っても機能に大差はありませんが、筆者のおすすめはInstagramアプリでの視聴です。IGTVアプリとは異なり、フィードやストーリーの通常投稿に混ざってIGTV動画が流れてくるので、そのままタップして視聴ができて便利です。

Instagramアプリで見る

InstagramアプリからIGTV動画を閲覧する方法は3パターンです。

1フィードやストーリー投稿から閲覧する

インスタグラムアプリで見る

フィード・ストーリーに流れてくる投稿にはIGTV動画も混ざっています。投稿の左下にIGTVマークがあれば、その投稿をタップしてIGTV動画を閲覧できます。

2検索画面からIGTV動画を閲覧する

インスタグラムアプリで見る

検索タブをタップし、画面上の[IGTV]から閲覧できます。IGTV投稿はランダムに表示されます。

3アカウントのプロフィール画面から閲覧する

インスタグラムアプリで見る

特定アカウントのIGTVを閲覧する方法です。

アカウントのプロフィールページを表示させ、投稿一覧の上にあるIGTVマークをタップすれば、当該アカウントがこれまでに投稿したIGTV動画一覧が表示されるようになっています。

IGTV専用アプリで見る

IGTV専用アプリを使って視聴する方法です。

IGTV専用アプリで見る IGTV専用アプリで見る

アプリを起動し、自分のInstagramアカウントでログインすると、IGTV一覧が表示されます。

ランダムに視聴するのはもちろん、画面上部の[フォロー中]からログインしたアカウントに紐付いたアカウントのIGTV動画に絞ったり、右上の検索ボタンから特定のユーザーアカウントのIGTV動画を検索したりできます。

IGTVに動画を投稿(アップロード)する方法

IGTVへの投稿は、Instagramアプリ内またはIGTV専用アプリからおこないます。

0IGTVに投稿できる動画の時間(長さ)やサイズなどの条件を確認

IGTVへ投稿できる動画の条件
動画の長さ 1分以上の動画が必要。10分以上の動画をアップロードする場合は以下の条件あり
・モバイルデバイスからアップロード: 15分まで
・ウェブからアップロード: 60分まで
動画のファイル形式 MP4
動画のサイズ 9:16の縦型動画か16:9の横型動画
動画の解像度 最小解像度は720ピクセル
ファイルサイズの上限 10分以内の動画:650 MB
10分以上の動画(最長60分):3.6 GB

上記の条件を満たしている動画がIGTVにアップロードできます。うまくアップロードできない場合は、条件に合っている動画かどうかを再度確認してみてください。

以下では、Instagramアプリを経由してIGTV動画をアップロードする手順を解説していますが、IGTVアプリでも手順はほぼ同じです。

1動画を選択する

インスタグラムアプリで見る 手順1:動画を選択し、追加する

Instagramアプリの検索(虫眼鏡)タブから、画面上部の[IGTV]を選択し、右上の[+]をタップします。

手順1:動画を選択し、追加する 手順1:動画を選択し、追加する

自分の端末に保存してある動画一覧が表示されます。1分以内の動画は選択できないようになっているので、1分以上の動画の中からIGTVへ投稿したいものを選択し、[次へ]をタップしましょう。

2カバー画像を設定する

次にカバー画像を設定していきます。カバー画像は、投稿するIGTV動画の表紙のようなものなので、どんな内容の動画なのかがひと目でわかる画像を設定しておくのがおすすめです。

手順2:カバー画像を設定する

画面下部の画像を左右にスライドしてカバー画像を決めるか、[カメラロールから追加]から端末内に用意しておいた画像を選び、[次へ]をタップします。

3タイトル・動画の内容を入力する

手順3:タイトル、動画の内容を入力する 手順3:タイトル、動画の内容を入力する

タイトルは、ひと目で動画の内容がわかるものにするといいでしょう。ユーザーの関心の引くようなワードを盛り込むなどの工夫をすれば、より多くのユーザーから閲覧されるかもしれません。

キャプションに当たる部分には、動画の説明を細かく説明すると同時に、「#◯◯」のようなハッシュタグをつけて、インスタグラムのタグ検索にもひっかかるようにしておくのがおすすめです。また、URLリンクを記載しておけば、WEBサイトやSNSへの誘導も可能です。

手順3:タイトル、動画の内容を入力する

入力した内容は、IGTV動画のタイトル横にある[▼]ボタンをタップすると展開される仕組みです。

4「シリーズに追加」からIGTV動画をカテゴライズ

手順4:「シリーズに追加」からIGTVをカテゴライズする 手順4:「シリーズに追加」からIGTVをカテゴライズする

IGTVでは、投稿する動画をいくつかのカテゴリーに分けて保存・公開ができます。例えば「旅行」「料理」「メイク」というようにジャンルごとにシリーズを作っておけば、動画をそのシリーズに追加して整理ができるのです。

[シリーズに追加]から任意のシリーズ名を入力したら、[作成する]をタップすればOKです。

5IGTV動画を投稿する

手順5:IGTVを投稿する 手順5:IGTVを投稿する

最後に右上の[投稿する]をタップすれば、IGTVへの投稿が完了します。

フォロワーのフィードには自動的に投稿が反映されますが、ストーリーにもIGTV動画を投稿したい場合は[ストーリーズにシェア]を選択してください。

手順5:IGTVを投稿する

自分のプロフィールページを開き、IGTVタブへ切り替えてみましょう。投稿したIGTV動画が表示されるはずです。

投稿したIGTV動画を削除する方法

一度投稿したIGTV動画を削除する方法を解説します。

投稿したIGTV動画を削除する方法

削除したいIGTV動画を再生し、画面下部にあるメニューボタン[]をタップします。

投稿したIGTV動画を削除する方法 投稿したIGTV動画を削除する方法

[削除]を選択し、次の確認画面でもう一度[削除]すれば、当該IGTV動画は完全に消えます。

検証したInstagramのバージョン:iOS版124.0.0.11.473、Android版124.0.0.17.473

EDITED BY BOTAN