Androidスマホを初期化する方法──注意点やバックアップ・復元まで徹底解説

Androidスマホを初期化する方法──注意点やバックアップ・復元まで徹底解説

機種変更などで使用していたスマホを手放す際や、スマホが不調になったときなどには「初期化(リセット)」をしなければならないことがあります。ただ、普段なかなか馴染みのない作業なので、戸惑う人も少なくないはずです。

そこで本記事では、Androidスマートフォンを初期化する方法について、初めてでも安心してできるように画像付きで解説。必要なデータをバックアップしておく方法や、バックアップから復元する方法など、初期化する上で必要な作業も詳しく紹介しています。

ここでは、手元の4機種(記事末尾記載)で機能を検証しています。お手持ちの機種に該当しない場合でも、操作手順は似ていることも多いため、本記事を参考に試してみてください。なお、機種だけでなく、キャリアやOSバージョンなどによっても、設定項目名や操作などが異なることがあります。予めご了承ください。

スマホの初期化(リセット)が必要な状況とは?

「初期化」と一言でいっても、どのようなシチュエーションで初期化をするのかによって、手順や注意点が異なるもの。まずは、自身がどちらに当てはまるのかをチェックしてみましょう。

端末の売却・譲渡・廃棄を目的とした初期化

Android 初期化

スマホを人に譲ったり中古ショップなどに売ったり、あるいは捨てたりするときには、端末内の写真や連絡先といった各データをきちんと削除するために、端末を初期化(リセット)します。

単に初期化するだけでなく、端末の暗号化やSDカードの処理、FeliCaチップの初期化などをおこない、個人情報を完全に消した状態にしなければなりません。完全に消されていないと、データにアクセスされてしまう危険性もあることから、中古ショップなどで買取を拒否される場合もあります。

不具合の解消などを目的とした初期化

Android 初期化

端末の初期化は、スマホの不具合を修復する手段としても使われます。スマホがまっさらな状態に戻ることから、動作の不安定さが解消したり、不具合が直ったりするなどの効果も見込めます。メーカー等のサポートに問い合わせた際に、最終手段として初期化を試すように案内された人も少なくないはずです。

初期化後もその端末を継続的に使用する場合は、暗号化やSDカード・FeliCaチップの処理などは必要ありません。バックアップさえしっかりできていれば、「設定」アプリからリセットを実行するだけでOKです。

ただし、不要なアプリを削除したり、写真や動画など内部ストレージを圧迫しているデータを削除することで不具合が解消する可能性も大いにあります。さまざまな手段を尽くした上で、奥の手として初期化を検討しましょう。

初期化する前にやっておきたい準備

Android 初期化

繰り返しになりますが、スマホの内部ストレージに保存されている画像や音楽などのファイルや、端末の設定・履歴などは、初期化によってすべて消えてしまいます。

初期化で消えるデータ・設定
  • 端末の内部ストレージに保存してある全データ:写真・ビデオ、音楽、連絡先、通話履歴、メッセージ履歴など
  • 端末の全設定:パスコード、生体認証(指紋・顔など)、Wi-Fi、Bluetooth、位置情報など

そのため、消えると困るデータは、初期化する前にクラウドサービスやSDカード、パソコンなどスマホ外の場所に保存(バックアップ)しておきましょう。Androidスマホのバックアップ方法は、以下の記事でも詳しく解説しています。

「Googleドライブへのバックアップ」を有効にしておく

Android iPhone 機種変更

最も重要なのは「Googleドライブへのバックアップ」が確実に有効になっていること。ここがオンになっていれば、自動的に以下のデータがGoogleドライブにバックアップされ、初期化後にGoogleアカウントにログインするだけでこれらのデータが復元されます。

Googleドライブへ自動バックアップできるデータ
  • 連絡先
  • 通話履歴
  • Googleカレンダーの予定と設定
  • SMS テキスト メッセージ(MMSは除く)
  • Wi-Fiネットワークとパスワード
  • インストールしてあるアプリとアプリのデータ(最大25MBまで)
  • 言語と入力の設定
  • 日付と時刻
  • Googleアカウントに同期されているサービスのデータ(Gmail,Googleドライブなど)

Android バックアップ Android バックアップ

「Googleドライブへのバックアップ」は初期設定で有効になっているケースが多いですが、一度確認しておくと安心です。

端末の「設定」アプリから、[システム(もしくはバックアップ等)]→[バックアップ]と進み「Google ドライブへのバックアップ」の項目がオンになっていればOKです。

ただ、自動バックアップは1日1回の実行となるので、最新のデータを取得したい場合は、[今すぐバックアップ]ボタンを押して手動でバックアップをおこなうといいでしょう。念のため、最後に[○○(端末名)のバックアップ]をタップし、最新のバックアップ項目と日付を確認してください。

スマホ内に保存されているデータをGoogleフォトやGoogleドライブにバックアップする

Xperia 機種変更 データ移行

スマホ内に保存されているメディアデータ(画像・動画・音楽・文書)は、前述した「自動バックアップ」の対象ではありません。初期化前に、必要なデータを「Googleドライブ」と「Googleフォト」に手動でアップロードしておきましょう。

また、GoogleフォトやGoogleドライブはクラウド上でデータを保管できるので、初期化後のストレージ容量節約にも効果的です。

Googleフォトに写真・動画をバックアップする

Android iPhone 機種変更 Android iPhone 機種変更

「Googleフォト」アプリを開き、右上のアカウントアイコンをタップ。展開したメニューで「フォトの設定」を選択し、[バックアップと同期]項目へ進みます。

Android iPhone 機種変更 Android iPhone 機種変更

ここで「バックアップと同期」のスイッチをオンにしましょう。

続いて[デバイスのフォルダのバックアップ]をタップ。Googleフォトへの同期がオフになっているフォルダがある場合は、オンに切り替えてください。これで端末のすべての画像・動画がGoogleフォトにバックアップされます。

Googleドライブに文書・音楽を保存する

Android iPhone 機種変更 Android iPhone 機種変更

「Googleドライブ」アプリを開き、画面右下にある[+]ボタンをタップして展開したメニューの中から[アップロード]を選択します。画面左上のメニューボタン[]→自身の端末名をタップしてください。

Android iPhone 機種変更 Android iPhone 機種変更

すると、スマホの内部ストレージに保存されているすべてのファイルが表示されます。「音声」や「ドキュメント」など、新端末に移行したいフォルダのジャンルをタップしてください。長押しで個別ファイルを選択し、最後に[選択]ボタンをタップすればGoogleドライブにアップロードされます。

端末の画像と動画は、前の工程でGoogleフォトに保存しているはずなので、ここではアップロードしなくてもOKです。

個別にアプリのバックアップをとる(LINEのトーク履歴など)

Android 機種変更 データ移行

初期化後に、インストールしていたアプリを一つひとつインストールし直すのはかなり面倒です。

この点、搭載OSがAndroid 6.0以降で、かつ「Googleドライブへのバックアップ」がオンの状態なら、新しいスマホでGoogleアカウントにログインするだけで、全アプリが自動でインストールされます。

Android 機種変更 データ移行

このとき、一部のアプリデータも一緒に復元されるので、設定した項目なども引き継ぐことが可能です。

ただアプリによっては、この方法でバックアップできないデータを保持しているものがあります。代表的なものとして、LINEのトーク履歴や「パズドラ」「モンスト」などが挙げられます。

このようなアプリは、アプリ内での引き継ぎ作業をあらかじめおこなっていないと、初期化後にデータが消えてしまう可能性があります。各アプリのヘルプページを見るなどして対策をしておきましょう。

特にLINEのトーク履歴は、バックアップを取らずに初期化してしまい後悔するユーザーが少なくありません。以下の記事を参考に、確実にバックアップをおこなってください。

チェック
各サービスのアカウント情報を確認しておくと安心

Android バックアップ

Instgram、Twitter、FacebookなどのSNSをはじめ、Amazon、楽天といったショッピングアプリ、動画や音楽のサブスク配信など、利用にログインを要するサービスのデータは基本的に端末内ではなく、サービス側でデータが保管されています。

データはすべてアカウントに紐付いているので、機種変更後にIDやパスワードを入力してログインすれば、再び元通りに利用できます。

Galaxy 機種変更 データ移行 Galaxy 機種変更 データ移行

左:Instagramのログイン画面右:Amazonアプリのログイン画面

とはいえ、機種変更後はアプリやサービスはすべてログアウトされた状態になっています。再びログインするために、各サービスのログインID(メールアドレス)やパスワードを確認・記録しておくと万全でしょう。

スマホの売却・譲渡・廃棄を目的とした初期化の手順

事前準備が完了したら、いよいよAndroidスマホを初期化します。ここでは、スマホの売却・譲渡・廃棄を目的とした場合の初期化手順を、注意点などを踏まえながら解説していきます。

1スマホを充電しておく

Android 初期化

出荷時の設定にリセットする場合、最長で1時間ほどかかることがあります。初期化が完了するまで、充電した状態にしておきましょう。

2SDカードを初期化もしくは抜いておく

Androidを初期化すると、端末本体の中に入っているすべての情報は消えますが、SDカードの情報はカード自体をスマホに入れたままでも原則残ります。

Android 初期化

SDカードをもう使わない場合は、初期化も忘れずにおこないましょう。

一方、引き続きSDカードを利用するなら、SDカードを抜いておけば初期化後にそのまま使えます。SDカードの初期化を同時におこなう機種もあるので、必ず初期化の「実行前」に抜いておきましょう。

3おサイフケータイのデータ移行/削除

Android 初期化

端末の売却や譲渡を目的にAndroidスマホを初期化する場合、必ず「おサイフケータイ」の各電子マネーの初期化・残高の移行作業をしてください。売却予定の端末に各電子マネー残高が残ったままだと、新しいスマホで残高を引き継げません。

また、別途FeliCaチップの初期化が必要なケースもあるので注意してください。

おサイフケータイの残高をサーバーに預ける

Android 初期化

電子マネーの移行作業は、(1) 登録した会員情報チャージ残高などのデータを一旦サービス事業者のサーバーに預けてから初期化し、(2) その後にデータをサーバから受け取る、という流れになります。

詳しい移行手順は各サービスの公式ページを確認してください。

移行費用 引き継ぎ時に必要な情報
楽天Edy 1. Edy残高のみ(無料)
2. Edy残高とユーザー情報(税別100円)
ユーザーID、パスワード
モバイルSuica 無料 登録時のメールアドレス、パスワード
モバイルPASMO 無料 Googleアカウントのメールアドレス、パスワード
iD 無料 アクセスコード、パスワード
モバイルWAON 無料 機種変更反映用パスワード、本人情報
nanacoモバイル 無料 引き継ぎ番号、パスワード
QUICPay 無料 受け取りID、受け取りパスワード

おサイフケータイを初期化する

また、端末を売却する場合は、別途おサイフケータイ用のICチップ(FeliCaチップ)の初期化が必要な場合があります。完全に初期化できていない場合、買い取りを拒否されるケースもあるようなので注意しましょう。

ただし、FeliCaチップはユーザー自身での初期化は難しいため、各キャリアショップに出向かなければなりません。メーカーで受け付けている場合もあるようなので、必要に応じて問い合わせてみるとよいでしょう。

DOCOPY(ドコピー) | NTTドコモ

4Googleアカウントをスマホから削除(取り除く)

続いて、スマホからGoogleアカウントを削除します。

端末にGoogleアカウントが残った状態で初期化をすると、再設定時に同じGoogleアカウントの入力を求められるケースがあることから、中古ショップなどで売却して他人が使う場合、初期設定ができなくなってしまいます。

Android 初期化 Android 初期化

端末の「設定」アプリから[アカウント]へと進み、Googleアカウントを選択。最後に[アカウントを削除]をタップすればOKです。

なお、あくまで端末からGoogleアカウントを「取り除く」だけなので、Googleドライブにバックアップ済みのデータなどが消えることはありません。

5端末の暗号化がおこなわれているか確認

Android 初期化 Android 初期化

左:「設定」アプリ→[セキュリティ]→[暗号化と認証情報]に進む右:「スマートフォンの暗号化」項目を確認

初期化をすると、一見すべてのデータが完全に消えているように見えます。しかし、実はファイルの「インデックス」と呼ばれる目次情報を削除しているだけ、というケースがあり、専門知識がある人ならデータを抜き出せてしまう危険性があるのです。

Android 5.0以降ではデフォルトで端末の暗号化が有効になっていますが、念のため上の手順で確認しておくと安心です。暗号化されていれば、たとえデータを抜き出されても復元するのに必要な情報がないので、中身を見られる心配はありません。

もし暗号化がされていなかった場合は、そのまま手動での暗号化を実行しましょう。

6「設定」アプリからリセットを実行する

ここまでできたら、いよいよスマホを初期化します。

Android 初期化 Android 初期化

端末の「設定」アプリにある[システム]もしくは一般管理]などからリセットの項目へ進みます。続いて、[すべてのデータを削除(出荷時リセット)]をタップしてください。

Android 初期化 Android 初期化

確認画面で内容を確認したら、[すべてのデータを消去]ボタンをタップ。パスワードやパターン、PINなどを入力して本人確認をします。

次の画面で再び[すべてのデータを消去]をタップすると、端末の初期化処理がおこなわれます。これで初期化は完了です。初期化が実行された後は、端末の再起動がおこなわれます(バックアップしたデータを復元したいときの手順は後述)。

7必要に応じてSIMカードを抜いておく

Pixel 機種変更 データ移行

SIM取り出し用ピンで、端末の横にある小さな穴をプッシュするとトレーを引き出せる

端末を売却・廃棄する場合は、SIMカードを忘れずに抜いてください。

キャリアやMVNOによっては、SIMカードの返却を求められることがあります。返却の要否は事業者によって異なるので、契約先に問い合わせて確認しましょう。返却しないで放っておくと、損害金を請求されるケースもあるので注意が必要です。

スマホの不具合解消などを目的とした初期化の手順

不具合の修正を目的とした初期化は、自分でスマホを継続的に使用することが前提です。バックアップ以外の準備は基本的に必要ありませんが、復元時にバックアップデータを確実に復元させることが重要になります。

1Googleアカウントを削除(取り除く)

まずは、AndroidスマホからGoogleアカウントを削除します。

端末によっては「端末保護機能」というロックがかかってしまうため、必ず端末からアカウントをログアウトさせてから初期化してください。

Android 初期化 Android 初期化

端末の「設定」アプリから、[アカウント]へと進み、Googleアカウントを選択。最後に[アカウントを削除]をタップすればOKです。

なお、あくまで端末からGoogleアカウントを「取り除く」だけなので、Googleドライブにバックアップ済みのデータなどが消えることはありません。

2「設定」アプリからリセットを実行する

Android 初期化 Android 初期化

端末の「設定」アプリにある[システム]もしくは一般管理]などからリセットの項目へ進みます。続いて[すべてのデータを削除(出荷時リセット)]をタップしてください。

Android 初期化 Android 初期化

確認画面で内容を確認したら、[すべてのデータを消去]ボタンをタップ。パスワードやパターン、PINなどを入力して本人確認をおこないます。

次の画面で再び[すべてのデータを消去]をタップすると、端末の初期化処理が実行されます。これで初期化は完了です。初期化された後は、端末の再起動がおこなわれます。

3バックアップからデータを復元する

初期化が完了したら、バックアップデータを復元させましょう。

Android バックアップ

Androidスマホを立ち上げると、「はじめよう」や「ようこそ」という画面が立ち上がるので、[→]や[開始]をタップして進みます。

Android バックアップ

画面に表示される手順に沿って操作を進め、Wi-Fiまたはモバイルネットワークに接続します。データの復元はかなりの通信量になることが予想されるので、なるべくWi-Fiに接続しましょう。

Android バックアップ

続いて、「アプリとデータのコピー」や「データの引き継ぎ」などの画面に切り替わるので、[コピー]や[次へ]を選択してください。

ここからは、機種ごとに画面や選択肢が異なるので注意が必要です。

Android バックアップ Android バックアップ Android 初期化

左:Galaxy中:Pixel右:Xperia・AQUOS

Pixel・Galaxyシリーズの場合は「以前のスマートフォンをご用意ください」の画面が表示されたら、一番下にある[以前のスマートフォンを使用できない場合]を選択します。

AQUOS・Xperiaシリーズは「データの引継ぎ」画面で[クラウドからバックアップ]をタップしましょう。

Android バックアップ Android バックアップ

次の画面で、Googleアカウントを入力してログインします。このとき、必ずバックアップをおこなったGoogleアカウントでログインしてください。異なるGoogleアカウントでログインした場合は、データが復元できません。

正しくログインできたら、「ようこそ」の画面とともに利用規約が表示されます。一読して問題なければ、[同意する]をタップして進みましょう。

Android バックアップ Android バックアップ

Googleアカウントに紐付いたバックアップデータ(以前のスマホの機種など)が検出されるので、該当するものをタップします。

旧スマホにパスワードやパターン、PINなどを設定していた場合は、本人確認が求められます。無事認証されると、データの復元対象が一覧で表示されるので、すべてにチェックを入れた状態で[復元]ボタンをタップしてください。

6自動バックアップ設定をする

Android バックアップ

続く画面で、「Googleドライブへのバックアップ」設定がおこなえます。

オンにしておけば、初期化後もGoogleドライブにデータが自動バックアップされます。故障や紛失に備えてオンにしておくのがおすすめです。

7コピー完了と同時にアプリのインストールが順次始まる

画面ロックのパスワード設定などのセットアップが終われば、初期化前と同じ状態で復元されるはずです。インストールされていたアプリも、順次ダウンロードされていきます。

なお、初期しても不具合が直らなかった場合は、端末が故障している可能性があります。メーカーやキャリアに問い合わせて、修理サービスを利用しましょう。

検証端末:Xperia 5(Android 10)、Pixel 3/Pixel 3a/Pixel 4(すべてAndroid 10)、AQUOS sense plus(Android 10)、Galaxy A20(Android 10)

EDITED BY MOEGI