Androidスマホのバックアップ方法まとめ 機種変更時の復元方法も解説

Androidスマホのバックアップ方法まとめ、機種変更時の復元方法も解説

Androidスマホに入っている写真・動画、連絡先などのデータは、端末の故障や紛失などで失われたら通常は戻ってきません。万一の事態や機種変更などに備えて、バックアップは必ず取得しておきたいものです。

そこで本記事では、Androidスマホで利用できるおすすめのバックアップ方法(保存先)を紹介。その上で、最も手軽かつ確実なGoogleアカウントを経由したバックアップ・復元の手順を詳しく解説します。

Androidスマホのデータをバックアップする4つの手段

Android バックアップ

バックアップを取るには、データの保存先を決める必要があります。

ここでは、4つのバックアップ方法を紹介します。それぞれの特徴を確認して、自分に合ったバックアップ先を選択しましょう。

手段1:Googleアカウント(クラウドストレージ)経由でバックアップする

Android バックアップ

メリット
  • スマホひとつで簡単にバックアップができる
  • 物理的なデータの破損や紛失の心配がない
  • 自動バックアップ機能により常に最新の状態で復元ができる
デメリット
  • 通信環境が悪いとバックアップ・復元がうまくいかない
  • 個別にアプリのバックアップが必要なケースがある
  • iPhoneへ機種変更する場合はデータを復元できない

Android OSのスマホには、標準機能としてGoogleアカウントによるバックアップ機能が実装されています。

写真や動画などのメディアファイルから、システム設定、標準アプリのデータ(SMS、連絡先やカレンダーなど)まで、まとめてGoogleアカウントに紐付けてバックアップ・復元ができます。

Android バックアップ

スマホの「設定」アプリから[システム](もしくは[バックアップ]等)→[バックアップ]と進み、[Google ドライブへのバックアップ]の項目をオンにする

特別な機材やアプリを必要とせず、スマホひとつでバックアップがおこなえるのが最大の魅力。また、自動で動作するため、定期的にバックアップを気にかける煩わしさはありません(必要に応じて手動でもおこなえる)。

ただ、iPhoneへ機種変更をする場合は、バックアップしたデータを復元できないので注意が必要です。実際のバックアップと復元の手順は、本記事の後述します。

手段2:SDカードにデータを保存する

Android バックアップ

メリット
  • 利用するSDカードの容量次第で、多くのデータを保存できる
  • SDカードを挿し替えるだけでスムーズにデータ移行ができる
デメリット
  • 物理的にデータが破損する可能性があるため取り扱いに注意が必要
  • SDカード非対応の端末への復元が難しい(カードリーダー等が必要)
  • アプリ内データのバックアップをできないものがある

スマホに直接挿入してデータが移行できるSDカードは、簡単かつスムーズにバックアップ・復元をおこなえるのが魅力です。

Android バックアップ

容量が多くなりがちな音楽や写真、動画ファイルの保存先を日頃からSDカードに設定しておけば、内部ストレージの節約にもなります。

ただし、Androidスマホであれば、すべての機種でSDカードが使用できるわけではありません。SDカードに非対応の端末も多いため、機種変更時に新端末で復元しようとしたら対応していない機種だった、という失敗が起こりがちです。

また、SDカードは紛失や破損したらデータを戻せなくなるため、管理には十分注意しましょう。

手段3:通信事業者提供のバックアップサービスを利用する

Android バックアップ

メリット
  • キャリア提供のためセキュリティ面が安心
  • 機種変更時にはケーブル不要のデータ移行機能が使える(ドコモ・ソフトバンク)
  • SDカードへのバックアップが簡単におこなえる
デメリット
  • 格安スマホ/格安SIMユーザーは利用できない
  • サーバーに保存する場合、同じキャリア同士での機種変更でしかデータを復元できない
  • サーバーへ保存する場合、データの種類や容量が制限されるケースがある

3大携帯電話会社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)で購入したAndroidスマホを使っている場合は、各キャリアが提供するバックアップ・データ移行専用サービスが利用可能です。

キャリアごとに、以下のアプリがプリインストールされているはずです。

通信事業者提供のバックアップサービス
キャリア サービス名 データ保存先 保存できるデータ
ドコモ ドコモデータコピー SDカードのみ※サーバーへの保存は2019年7月に終了 電話帳/+メッセージ/画像/動画/音楽/通話履歴/スケジュール/メモ(SDカード)
ソフトバンク あんしんバックアップ SDカード、ソフトバンクのサーバー 電話帳・S!メール(サーバーへの保存)、発着信履歴/写真/音楽/動画データ(SDカード)
au データお預かり SDカード、auのサーバー(1GBを超える場合は有料) 写真/画像/動画/電話帳・アドレス帳などの連絡先データ/カレンダー(スケジュール・予定など)SMS/+メッセージ/auメール

電話帳やキャリアメール、写真や動画、音楽、通話履歴などのデータを、各社のサーバーやSDカードにバックアップ・復元する機能が備わっています。

SDカードへのバックアップ機能は、いずれもデータを一括で管理できる上、直感的でわかりやすい操作性になっているため便利に使えるでしょう。

Android バックアップ Android バックアップ

「ドコモデータコピー」の操作画面

逆に、サーバーへのバックアップはどれもかなり使い勝手が悪い印象です。というのも、ソフトバンクの場合サーバーに保存できるのは電話帳とS!メールのデータのみ。auのバックアップサービス「データお預かり」は、無料では1GBまでしかバックアップをおこなえません。 ドコモに至ってはサーバーへのバックアップ機能が提供終了しています。

また、各社のサーバーにバックアップをした場合、いずれもソフトバンク⇄ソフトバンクなど同じキャリア間しかデータを復元できないため、携帯会社を変える場合は注意が必要となります。

手段4:スマホとパソコンをケーブルで繋いでデータを移動させる

Android バックアップ

メリット
  • 比較的大容量のデータを管理できる
  • スマホを紛失・破損しても特定のデータを守れる
  • 内部ストレージだけでなくSDカードのデータもバックアップできる
デメリット
  • バックアップできるデータの種類に限りがある
  • Windows PCでしかデータの取り込みができない(Macの場合は専用アプリなどが必要)

スマホとPCをUSBケーブルで接続して、画像、動画、音楽などのファイルをPC内に転送・バックアップをします。スマホの内部ストレージに限らず、SDカードに保存してあるデータもPCに移行可能です。

普段から画像や音楽のファイル保存先をSDカードに設定しつつ、都度パソコンに取り込めば、スマホの容量不足もかなり解消できるでしょう。

Android バックアップ

ただ、USBを使って直接転送できるのは、基本的に画像・動画・音楽などのメディアファイルに限られます。連絡先・メッセージ、通話履歴、アプリ、カレンダーなどのデータは、USB経由でのバックアップには対応していません。

別途データ管理・転送ソフトを利用してバックアップできないこともありませんが、他の手段と比べるとかなり手間がかかってしまいます。

スマホのバックアップとして利用するというよりも、写真や音楽など特定のデータの保険として活用するのがおすすめです。

Googleアカウントを経由してデータをバックアップする方法

ここからは、もっとも手軽で確実なGoogleアカウントを経由したバックアップ方法を解説します。

なお、本記事では機種変更を想定してかなり細かく手順を追っています。「バックアップのみで十分」という人は、部分的に手順を確認してください。

  1. Wi-Fiに接続する
  2. Googleドライブへのバックアップをオンにする
  3. Googleフォトに写真・動画をバックアップする
  4. Googleドライブにテキスト・音楽ファイルを保存する
  5. LINEやインスタなどのアカウント情報を確認しておく
  6. 個別にアプリのバックアップをとる(LINEのトーク履歴など)
  7. 機種変更の場合は直前におサイフケータイのデータをサーバに預ける

1. Wi-Fiに接続する

Android  復元

写真や動画のデータは「Googleフォト」そのほかのデータは「Googleドライブ」とGoogle提供のクラウドサービス使ってバックアップをおこないます。

どちらもスマホからネットワークを経由してバックアップデータを保存するため、念の為、Wi-Fiに接続に接続した状態でおこないましょう。モバイルデータの場合、取得に時間がかかったり、特定のデータが上手くバックアップができなかったりします。

2. Googleドライブへのバックアップをオンにする

Android バックアップ

まず、最も重要なのは「Googleドライブへのバックアップ」が確実にオンになっていること。ここがオンになっていれば、自動的に以下のデータがGoogleドライブにバックアップされます。

ほかのバックアップ方法と異なり、ホーム画面のアプリ配置や壁紙、システム設定まで細かく保存できるのが魅力です。

主にバックアップされるもの
  • 連絡先
  • 通話履歴
  • 画像・動画(Googleフォトにバックアップ)
  • Googleカレンダーの予定と設定
  • SMS テキスト メッセージ(MMSは除く)
  • Wi-Fiネットワークとパスワード
  • 設定してある壁紙
  • インストールしてあるアプリとアプリのデータ(最大25MBまで)
  • ホーム画面のアプリの配置
  • Gmailのデータと設定
  • 言語と入力の設定
  • 日付と時刻

インターネットに接続した状態であれば、更新がある度に自動でバックアップされます。

「Googleドライブへのバックアップ」初期設定で自動バックアップが有効になっているケースが多いですが、一度確認しておくと安心です。

Android バックアップ Android バックアップ

端末の「設定」アプリから、[システム(もしくはバックアップ等)]→[バックアップ]と進み「Google ドライブへのバックアップ」の項目がオンになっているか確認してください。

[今すぐバックアップ]ボタンを押せば手動でのバックアップも可能。念の為、最後に[〇〇(端末名)のバックアップ]を押して、最新のバックアップ項目と日付を確認しましょう。

3. Googleフォトに写真・動画をバックアップする

Android バックアップ

写真・動画は容量無制限で写真・動画を保存できるクラウドサービス「Googleフォト」にバックアップします。ほぼすべてのAndroidスマホにプリインストールされているため、利用しているユーザーも多いはず。

Googleフォト側で「バックアップと同期」がオンになっているか確認しましょう。そのほか、非同期になっている個別のフォルダがないかもチェックする必要があります。

Googleフォトのバックアップと同期をオンにする

Android バックアップ Android バックアップ

Googleフォトがインストールされていることを確認した上で、タップして起動します。

右上のアカウントアイコンをタップして展開したメニューに「バックアップがオフになっています」と記載されていた場合はタップして設定を変更します。

「バックアップが完了しました」の場合は正しくバックアップ設定ができているので、次の項目へ進みましょう。

Android バックアップ

バックアップと同期の設定に移ったら、アップロードする画像のサイズを「高画質(無料、容量無制限)」か「元のサイズ」に選択します。高画質モードでは画像が1600万画素、動画が1080Pに圧縮されますがスマホの画面で見る分には十分な高画質が保たれるでしょう。

初期設定では「モバイルデータでバックアップする」がオフになっています。オンにすると非常に多くのデータ通信量を消費してしまうので、オフのままにしておくのがおすすめです。

最後にバックアップ先のGoogleアカウントを確認したら、[確認]ボタンを押します。これでWi-Fiに接続されていれば、すぐにバックアップが開始されるはずです。

フォルダごとの同期設定をチェックする

Android バックアップ

Android版Googleフォトではデバイス内のフォルダごとに同期・非同期を設定できます。

個別のフォルダが非同期になっている場合、設定で同期がオンになっていてもバックアップはおこなわれません。「ライブラリ」タブのデバイス内の写真項目にある[すべて表示]ボタンをタップして、個別フォルダをチェックしましょう。

Android バックアップ
Android バックアップ

Googleフォトに同期していないフォルダは、雲マークに\(斜線)が入っています。非同期のフォルダがある場合はタップして開き、「バックアップと同期」をオンに切り替えてください。

4. Googleドライブにテキスト・音楽ファイルを保存する

端末内にダウンロード・保存されているドキュメントファイルや音声ファイルは、残念ながら自動バックアップの対象ではありません。少々手間ですが手動でGoogleドライブにバックアップする必要があります。

Android バックアップ Android バックアップ

「Googleドライブ」アプリを起動し、「ファイル」タブを開きます。画面右下にある[+]ボタンをタップし、展開したメニューの中から[アップロード]を選択してください。

Android バックアップ

ファイルアプリに推移するので、任意のファイルを選択してアップロードしてください。ファイルを長押しして複数選択することも可能です。

端末の画像と動画は前の工程でGoogleフォトに保存しているはずなので、ここではアップロードしなくてもOKです。

Android バックアップ

ちなみに、YouTube MusicやSpotifyなどの定額聴き放題(サブスクリプション)の音楽配信サービスを利用している場合、バックアップの必要はありません。

プレイリストやダウンロード済のコンテンツなどもすべて端末内ではなくサービス側で管理されています。改めてIDやパスワードでログインすれば、データを再取得できるはずです。

5. LINEやインスタなどのアカウント情報を確認しておく

Android バックアップ

LINEやInstagram、Facebook、TwitterなどID・パスワードでログインするようなサービスは、基本的に端末内ではなくサービス側でデータが保管されています。

データはすべてユーザーアカウントに紐付いているため、アカウント名やID、パスワードを入力してログインすれば、再び元通りに使えるようになります(LINEのトーク履歴は別途バックアップが必要)。

Android バックアップ

Facebookのログイン画面

とはいえ、端末の機種変更や初期化をするとアプリは一度アンインストール・ログアウトされてしまいます。各サービスのログインID(メールアドレス)やパスワードを一通り確認・記録しておくと安心でしょう。

LINEアカウントのログインには少しコツがいるので、下記記事で紹介している手順を参考に準備をすることをおすすめします。

6. 個別にアプリのバックアップをとる(LINEのトーク履歴など)

Android バックアップ

Android 6.0以降で、かつ「Googleドライブへのバックアップ」がオンの状態なら、アプリ内のデータや設定もバックアップされます。復元時は、インストールしていたアプリが自動で再インストールされるほか、ホーム画面の配置などもそっくりそのまま再現されます。

とはいえ、Googleドライブへのバックアップは1アプリ25MBまでの容量制限があります。加えて、「パズドラ」や「モンスト」のように、アプリ固有のバックアップや引き継ぎ方法が用意されているケースもあるので、すべてのアプリ内データのバックアップを標準機能だけでカバーするのは難しいといえます。

初期化前には、各アプリのヘルプページを見るなどしてバックアップ方法を確認しておくと安心でしょう。

Android バックアップ

LINEのトーク履歴はアプリ内でGoogleドライブへのバックアップ作業が必要

たとえばLINEのトーク履歴は、LINEアプリに対応した方法でバックアップを別途取得しておかないと、データを復元できません。以下の記事を参考にバックアップをおこなってください。

7. 機種変更の場合は直前におサイフケータイのデータをサーバに預ける

Android バックアップ

Androidスマホでおサイフケータイを利用している人は、機種変更前に忘れずに残高の移行作業をしましょう。

例えばモバイルSuicaの場合、旧端末にデータを残したまま新端末でログインしようとすると、上のような注意画面が表示されてデータにアクセスできません。

Android バックアップ

各サイトにアクセスし、(1) 登録した会員情報チャージ残高などのデータを一旦サービス事業者のサーバーに預けて、(2) 後にIDやパスワードでログインしてデータをサーバから受け取ります。

移行費用 引き継ぎ時に必要な情報
楽天Edy 1. Edy残高のみ(無料)
2. Edy残高とユーザー情報(税別100円)
ユーザーID、パスワード
モバイルSuica 無料 登録時のメールアドレス、パスワード
iD 無料 アクセスコード、パスワード
モバイルWAON 無料 機種変更反映用パスワード、本人情報
nanacoモバイル 無料 引き継ぎ番号、パスワード
QUICPay 無料 受け取りID、受け取りパスワード

データを受け取る際はアクセスコードやパスワード、ID番号などの情報を入力しなければならないため、しっかりメモを控えておきましょう。

Androidスマホにバックアップデータを復元する方法

Googleアカウントに紐付けてバックアップしたデータを、Androidスマホに復元する手順を解説します。

もし端末を紛失したり壊れたりしてしまっても、GoogleアカウントのIDとパスワードさえ入力すれば新しい端末ですぐに最新のデータを復旧できます。

ここでは、手元の4機種(記事末尾記載)で機能を検証しています。お手持ちの機種に該当しない場合でも、操作手順は似ていることも多いため、本記事を参考に試してみてください。なお、機種だけでなく、キャリアやOSバージョンなどによっても設定項目名や操作などが異なることがあります。予めご了承ください。

1. スマホを起動してWi-Fiに接続

Android  復元 Android  復元

Androidスマホを立ち上げると、「ようこそ」という画面が立ち上がるので、[開始]をタップします。

画面に表示される手順に沿って操作し、Wi-Fiまたはモバイルネットワークに接続します。データの復元はかなりの通信量になることが予想されるので、なるべくWi-Fiに接続しましょう。

2.クラウドからの復元を選択する

Android  復元 Android  復元

続いて、引継ぎやデータのコピーなどの画面に切り替わるはず。ここからは機種ごとに画面や選択肢が異なるので注意が必要です。

とはいえ、どの機種でも旧端末からデータ移行するのではなく、クラウドから復元する方法を選べばOKです

AQUOSは「データの引継ぎ」画面で[クラウドからバックアップ]。Pixelの場合は「以前のスマートフォンをご用意ください」の画面が表示されたら、一番下にある[以前のスマートフォンを使用できない場合]を選択します。

なお、Galaxy端末ではWi-Fi設定の前に「今までのデータを簡単に復元」画面が表示されるので、「今はしない」にチェックを入れてGoogleアカウントのログイン画面に進んでください。

3. バックアップをおこなったGoogleアカウントでログイン

Android  復元

次の画面で、Googleアカウントを入力してログインします。このとき、必ずバックアップをおこなったGoogleアカウントでログインしてください。

異なるGoogleアカウントでログインした場合は、データが復元できません。

4. データを選択して復元する

Android  復元 Android  復元

正しくログインできたら、「ようこそ」の画面とともに利用規約が表示されます。一読して問題なければ[同意する]をタップ。

続いて、Googleアカウントに紐付いたバックアップデータ(以前のスマホの機種)が検出されるので、間違いなければタップして進みましょう。

Android  復元 Android  復元

旧スマホに設定していたパスワードやパターン、PINなどを入力して本人確認をおこないます。無事認証されると、データの復元対象が一覧で表示されるので、任意のものを選んで[復元]ボタンをタップしてください。

5. 新スマホで自動バックアップ設定をする

Android  復元 Android  復元

続く画面で、「Googleドライブへのバックアップ」設定がおこなえます。ここでオンにしておけば、これまでと同様に新たしいスマホでもデータが自動的にバックアップされます。

最後に、新スマホにおける画面ロックのパスワードやパターン、PINを設定しましょう。

Android  復元

案内に従って最後まで進むと、旧スマホのデータが順次復元されていきます。アプリの配置から壁紙、アラームの設定といった細かいところまで、ほぼ完璧に復元できました。

6.「おサイフケータイ」のデータをサーバーから受け取る

機種変更前にサーバーに預けておいた「おサイフケータイ」の残高を受け取ります。

移行費用 引き継ぎ時に必要な情報
楽天Edy 1. Edy残高のみ(無料)
2. Edy残高とユーザー情報(税別100円)
ユーザーID、パスワード
モバイルSuica 無料 登録時のメールアドレス、パスワード
iD 無料 アクセスコード、パスワード
モバイルWAON 無料 機種変更反映用パスワード、本人情報
nanacoモバイル 無料 引き継ぎ番号、パスワード
QUICPay 無料 受け取りID、受け取りパスワード

案内に従ってアクセスコードやパスワード、ID番号などの情報を入力し、データを受け取ってください。

7. 各アプリにログイン・データの復元

バックアップデータの復元が完了した時点で、インストールしていたアプリが再インストールされるほか、標準アプリのデータ(SMS、連絡先やカレンダーなど)は元通りになります。

しかし、LINEやInstagram、Twitterなどのサービスでは、アプリを再インストールするとアカウントからログアウトされます。IDやパスワードを入力して再度ログインしましょう。

検証端末:Xperia 5(Android 10)、Pixel 3/Pixel 3a/Pixel 4(すべてAndroid 10)、AQUOS sense plus(Android 9)、Galaxy A20(Android 9)

EDITED BY MOEGI