インスタで流行中「ドーナツ加工」のやり方 CapCutアプリで簡単に作れる

ちょっと不思議でかわいい

インスタグラムを中心に流行している「ドーナツ加工」。どうやって作るのかはパッと見ただけではわかりませんが、実は動画編集アプリ「CapCut」を使うと簡単に作れます。

今回はインスタでトレンドの「ドーナツ加工」について、基本の作り方はもちろん、かわいいドーナツ加工にするアイデアなども紹介します。

「ドーナツ加工」ってどんなもの?

ドーナツ加工の例

ドーナツ加工とは、上の画像のように文字などがドーナツ型になっている加工のことです。

ドーナツ加工の例(動画バージョン)

静止画(写真)だけでなく動画でもOKなので、インスタのフィード、ストーリーリールTikTokなどの投稿におすすめです。

CapCutアプリでドーナツ加工を作る方法

画像や動画にドーナツ加工を施すには、無料の動画編集アプリ「CapCut」を使います。iPhone・Androidスマホともにインストール可能です。

アプリ「CapCut」をダウンロード

CapCutアプリで新しいプロジェクトを作成する

アプリを起動したら「編集」タブから[新しいプロジェクト]をタップします。端末内のアルバムが一覧できるので、編集したい写真または動画を選んで[追加]を押してください。

テキストを入力する

ドーナツ状にする文字を[テキスト]→[テキストを追加]から入力します。

タブを[フォント]や[スタイル]などに切り替えると、文字のフォントや色などを自由に変えられます。

アニメーションでドーナツを選択する

文字を入力し終えたら「アニメーション」タブをタップし、「ループ」の中にある[ドーナツ]を選択すると、あっという間にテキストがドーナツ状になります。

ドーナツが動く速さを調整したら完成

ドーナツの文字が動く速度は画面下のバーを左右に動かして調整できます。ドーナツの位置やサイズを調節し、最後に画面右上の矢印ボタンをタップすれば端末に保存されます。

端末のアルバムには、ドーナツが動く動画の状態で保存されるため、静止画にしたい場合はその動画のスクリーンショットを撮りましょう。

ドーナツ加工をさらにかわいくするアイデア

ここではドーナツ加工をさらにかわいくするちょっとしたコツ・アイデアを紹介します。

テキストに絵文字を入れる

文字と文字の間に絵文字を入れるとカラフルになってキュート。チューリップやハート、宝石などの絵文字を散りばめてみましょう。

ドーナツで人や物を囲ってみる

ドーナツの中心に人や物が来るように配置して、輪の中に入っているように見せる加工もかわいくて人気です。

友達同士やカップルでくっついて撮った写真にもこの加工方法はおすすめで、2人の仲良しな雰囲気を自然にアピールできます。

顔を隠したい時にも便利

ドーナツ加工は、写真の顔を隠したい時にも使えます。太字にしたり下線をつけたりすると、隠せる範囲が広がります。普通のスタンプで顔隠し加工するのでは何だか物足りない…という時に使ってみてください。

丸いものと一緒に組み合わせる

ドーナツの大きさや位置は自由に変えられるので、丸いドリンクのフタやカップケーキなど円状のものと合わせても◎。シンプルになりがちな写真も華やかに仕上がります。

余白のアクセントに使う

余白が多い写真にドーナツ加工を入れることで、シンプルな写真のアクセントにもなります。たとえば上の画像のように、空の余白部分にドーナツを配置すると、まるでドーナツが空に浮かんでいるようなかわいい写真になります。

アプリ「CapCut」をダウンロード
検証バージョン
CapCut
iOS
6.3.1
CapCut
Android
6.3.0
EDITED BY
MIKAN