Amazonギフト券「Eメールタイプ」の送り方/受け取り方 届かないときの対処法も

Eメール以外の手段(LINEやツイッターなど)でも送れる

誕生日や記念日、ちょっとしたお礼まで、さまざまなシーンで活用できる「Amazonギフト券」。なかでも、住所や配送日時の確認をせずに気軽に贈れる「Eメールタイプ」は人気が高く、アマギフの定番になりつつあります。

そこで本記事では、Amazoギフト券「Eメールタイプ」の買い方、送り方を紹介。相手に「届かない」場合の対処法についても解説しているので、参考にしてください。

Amazonギフト券「Eメールタイプ」とは?

まずは、Eメールタイプの特徴をメリットを踏まえながら詳しく解説します。

メリット1:発行から受け取りまですべてオンラインでおこなえる

Eメールタイプの一番のメリットは、思い立った瞬間にすぐ贈ることができ、最短5分で相手のもとに届けられる「手軽さ」でしょう。

Amazonギフト券は注文から発行、送信、受け取りまですべてオンライン上でおこないます。相手の住所を確認する、都合のいい受け取り日時を聞く、配送時間を指定する……といった「配送」にまつわる面倒な作業をせずに済むのです。ワンタップで残高を登録できるので、相手にも手間をかけさせません。 

メリット2:LINEやツイッターDMなど好きなツールで送信できる

Eメールタイプといいつつも、送信方法は「Eメール」だけではありません。「テキストを送る」機能さえあれば、どれでも好きな手段で送ることができます。LINEやSlack、Messengerなどのチャットツールをはじめ、ツイッター、インスタ、TikTokのDMなども利用可能です。

SNSやオンラインゲームでしか繋がっていない相手に、匿名でAmazonギフト券を送るのにも最適でしょう。

メリット3:15円〜20万円の間で額面を自由に設定できる

EメールタイプのAmazonギフト券は、最低15円から最高20万円まで1円単位で自由に額面を設定できます。

数あるAmazonギフト券のなかで、額面を500円以下に設定できるのはEメールタイプと印刷タイプだけです(チャージタイプを除く)。少額利用したい場合には、最適の方法だといえるでしょう。

また、余分な残高を残さずに金額分きっちり送ることができるので、チケットの譲渡代金や、オンラインゲームの代行報酬、有償イラストの支払いなど「お金」の代わりとして利用されるケースもよく目にします。

Eメールタイプの買い方/送り方/受け取り方

EメールタイプのAmazonギフト券の送信手段は、「メール」もしくは「SMS(ショートメッセージサービス)」のいずれかです。しかし、少し工夫すればLINEやツイッター、インスタなど任意の方法で共有することができます。

LINE/ツイッター/インスタDMなど任意のツールで送信する

まずは、任意のコミュニケーションツールを介して贈る方法を紹介します。「テキストを送受信する」という機能さえあれば、どのツールを使っても構いません。

任意の手段で送る場合は、自分に一度ギフト券を送ってから相手に送信する流れになります。相手に直接送るケースと比べると若干手間がかかりますが、宛先間違いなどのトラブルには対処しやすくなるでしょう。

  1. Amazonギフト券Eメールタイプの購入画面を開く

    Amazon公式サイト、もしくはショッピングアプリでAmazonギフト券Eメールタイプの購入画面を開きます(左リンクから遷移できます)。

  2. テンプレートデザインを選択する

    購入画面に進んだら、「イラスト」と「アニメーション」「画像・動画」の3つから好みのデザインを選択しましょう。

    「イラスト」と「アニメーション」には、「ありがとう」や「おめでとう」などのテンプレートが数十種類用意されており、プレビューを見ながら選べるようになっています。

    「画像・動画」を選んで、好きな画像をアップロードして表紙にするのもいいでしょう。

  3. ギフト券の額面を決める

    相手に贈りたい金額を指定しましょう。最低15円から最高20万円の間なら、自由に金額を設定できます。

  4. 自分の電話番号、もしくはメールアドレス宛に送信する

    「配送方法」の項目でテキストメッセージを選択し「電話番号」項目に自分の電話番号を入力します。このとき、頭の「0」とハイフンを抜いて入力しましょう(例:9012345678)。

    SMSが使えないデータ通信専用SIMユーザーは、Eメールの宛先に自分のメールアドレスを入力してください。

  5. SMSで届いたURL(リンク)をコピーする

    受け取り方法にSMS(電話番号)を選択した場合、URLが記載されたメッセージが届きます。このURL部分を長押ししてコピーしてください。

    自分のメールアドレス宛に送信した場合は、届いたメールにあるアカウントに登録するボタンを長押しします。iPhone、Androidともにコピーメニューが表示されるので、リンクをコピーしてください。

  6. 任意のツール(SNSなど)に貼り付けて送信する

    任意のツールにペースト(貼りつけ)して送信しましょう。ここではLINEを使いました。

  7. 受け取り側:「Amazonアカウントに適用」ボタンをタップして残高を取得

    「Amazonギフト券が届きました」メッセージをタップします。

    AmazonショッピングアプリもしくはAmazon公式サイトに遷移したら、必要に応じてメールアドレスとパスワードでログインしましょう。

    送信時に選択したデザインで金額、メッセージ、差出人が表示されるので、Amazonアカウントに適用ボタンをタップします。

    これで、ギフト券の受け取りは完了です。Amazonアカウントにギフト券残高が追加されます。

メール・SMSで送信する

続いて、メール・SMSで直接相手に送信する方法を紹介します。といっても、購入画面で相手のメールアドレスや電話番号を入力するだけなので、特に難しい作業はありません。

ただ、いずれも差出人が自分ではなく「Amazon」になる点に注意が必要です。メールの場合は「Amazon.co.jp Gift Card(gc-orders@gc.email.amazon.co.jp)」、SMSの場合は050-5370-4545から届きます(ユーザーによって異なる可能性があります)。

  1. Amazonギフト券Eメールタイプの購入画面を開く

    Amazon公式サイト、もしくはショッピングアプリでAmazonギフト券Eメールタイプの購入画面を開きます(左リンクから遷移できます)。

  2. ギフト券のデザインを指定する

    購入画面に進んだら、「イラスト」と「アニメーション」「画像・動画」の3つから好みのデザインを選択しましょう。

    「イラスト」と「アニメーション」には、「ありがとう」や「おめでとう」などのテンプレートが数十種類用意されており、プレビューを見ながら選べるようになっています。

    「画像・動画」を選んで、好きな画像をアップロードして表紙にするのもいいでしょう。

  3. ギフト券の額面を決める

    相手に贈りたい金額を指定しましょう。最低15円から最高20万円の間なら、自由に金額を設定できます。

  4. 相手のメールアドレス、電話番号に送信する

    配送の項目でEメールを選択した場合は相手のメールアドレス、テキストメッセージを選択した場合は相手の電話番号を入力します。

    さらに下にスクロールしてあなたの名前(ニックネーム可)、メッセージを250字以内で入力したら今すぐ購入ボタンをタップしましょう。最後に、注文確定ボタンを押せば購入完了です。同時に指定したメールアドレスもしくは電話番号宛にギフト券が送られます。

  5. 受け取り側:「アカウントに登録する」ボタンをタップして残高を取得

    メールの場合、「〇〇様からAmazonギフト券が届きました!」という件名でAmazon.co.jp Gift Card(gc-orders@gc.email.amazon.co.jp)からメールが届きます(SMS経由での受け取り方は前述)。

    自分宛てのもので間違いなさそうなら、アカウントに登録するボタンをタップしてください。

    必要に応じてサインインを済ませると、ギフト券の登録画面が表示されます。

    Amazonアカウントに適用ボタンを押せば、アカウントに残高が追加されて完了です。

EメールタイプのAmazonギフト券が届かないときの対処法

Amazonギフト券Eメールタイプは手元に届くまで「5分以内」としています。しかし、まれに「なかなか届かない」「処理中から進まない」といったトラブルが発生するケースがあります。

自分宛てにAmazonギフト券を再送する

EメールタイプのAmazonギフト券なら、最大5回まで無料でギフト券の再送ができます(未登録状態に限る)。「宛先を間違えた」「処理済みなのになかなか届かない」といったトラブルが発生した場合には、注文履歴のページから再送しましょう。

なお、再送する際はできるだけ「宛先」を変えることをおすすめします。相手のアドレスや電話番号宛に直接ギフト券を送った場合は、自分宛てに送信し直してみてください。

なお、送信手段は変更できません。たとえばメールで届かなかったからといって、テキストメッセージ(SMS)で再送することはできない仕組みになっています。

EメールタイプのAmazonギフト券を再送する手順

Amazon公式サイトのトップ画面でアカウントアイコンをタップします。展開したメニューで注文の追跡と管理を選択してください。

注文履歴からAmazonギフト券の注文内容を表示をタップ。再送ボタンを押せば、宛先の入力画面からやり直すことができます。

インターネットの接続状態、電波の受信状況を見直す

「再送しても届かない」「処理中になっていて再送すらできない」という場合は、通信環境を見直してみましょう。

メールはインターネット回線、SMSは電話回線を経由して送受信します。端末の上部、ステータスバーを確認してそれぞれの接続状況を確認してください。電波の受信状況があまりよくない場合は、場所を移動してしばらく待ってみましょう。

メールやSMSの受信設定を確認する

前述したように、Amazonギフト券を送った際のメールの差出人は自分のアドレスではなく「Amazon.co.jp Gift Card(gc-orders@gc.email.amazon.co.jp)」です。迷惑メールなどの設定によっては、届かないことがあるかもしれません。

また、フィッシングサイト対策として「URL(リンク)」が記載されたSMSのメッセージを受信しない設定などが有効化されている可能性もあります。一度、これらの設定を見直してみることをおすすめします。

Amazonカスタマーサービスに問い合わせる

1〜2時間経過しても処理中の状態から進まない場合は、Amazonカスタマーサービスに問い合わせるのが確実でしょう。

筆者が実際に問い合わせたところ、「Amazonギフト券のEメールタイプは注文順に処理されるが、金額によっては時間がかかる可能性もある」といわれました。担当の方いわく、なりすましや架空請求防止のため、高額のギフト券購入の場合は本人確認がされるケースがあるとのことです。

EDITED BY
MOEGI